法律適用事例・ネットトラブル/誹謗中傷と侮辱の違い/荒らしなどの逮捕

掲示板荒らしや嫌がらせ

ネットが広がる前、雑誌や本の読者投稿欄は盛衰を繰り返し、
存在やテーマを変えながら消える事は有りませんでした。投稿する人々がいた限りは。

新たにインターネットが登場し、瞬時に反映する掲示板が投稿者の心を捉えました。
雑誌では有った検閲部門の編集部が無く、匿名での投稿で、自由意思に任せられるので、
爆発的に広がりました。

今まで自己主張できなかったのに、広く一般に流布できる!創作意欲を刺激される!

「インターネット文化は掲示板だ」とまで言われるようになりました。

特に特徴的なのは、「セックス・アブノーマル系」「攻撃系」という
雑誌や本の投稿では採用されにくいジャンルが大変流行っている事でしょう。

チカンやレイプ、アラシ…。

下手をして警察沙汰になってネットから消えて行った人がいても、新しい人が次々と入ります。
願望や欲望の発散として良いかもしれませんが、行きすぎてしまった危険君も散見できます。

一応書き込み側とは無縁のネットショップ運営の皆さんには、
荒らされた時などの簡単なウンチクをご紹介しましょう。

ID、パスワードの盗用 無罪
パスワードの売買 無罪
他人名義の銀行口座作成 有印私文書偽造罪
メールの盗聴 無罪
カード等の番号勝手に使用 電子計算機使用詐欺罪
他人のパスで不正購入 電子計算機使用詐欺罪
データ改ざん・消去 電磁的記録不正作出罪
メール爆弾・ウイルス感染 電子計算機損害等業務妨害罪
わいせつ画像を不特定多数へ わいせつ物陳列罪
わいせつ画像をFD等で販売 わいせつ画像販売罪
市販ソフトコピーで不特定多数へ配る 著作権法違反
掲示板等の不特定多数へ誹謗中傷 名誉毀損
女性の実名・電話番号を掲示板へ 侮辱罪
国内でインターネットカジノ開設 賭博場開帳図利罪
そのお客になった 賭博罪
販売するといって実際に販売せず閉鎖した場合 詐欺罪

注)

無罪になっているハッキング行為などの多くは、
荒らし対策で犯人?の住所等を割り出す為に行ったケースが多く、
防衛行為だったという解釈です。

ハッキングにご注意

ハッキング…、一昔前のハッキング事件といえば、アメリカペンタゴンやIBM、
日本の防衛庁などが挙げられます。ほとんどは公的機関や大企業の24時間接続。

そうです。ハッキングをする方にとっても、IPが変わらない、
常時24時間接続のパソコンを狙うのが当然です。

パスを読んだり、手間がかかりますから、「やっとハッキング出来たぜ」と思った矢先に、
プッチンと接続を切られては努力の甲斐が無いというものです。

ということで、しょっちゅう変わるIPの個人や小規模ショップのパソは狙われにくかったのです。

しかし、最近では常時接続が可能となり、点けっぱなしの方も増えています。
狙われるかもしれません。時々接続を切ったほうが良いと思います。

嫌がらせ対応の基準は、IP増50以上

2ちゃんねるやヤフー掲示板といえども、ロムが少なく、
1人5役ぐらいでにぎわっている様に見せかける場合があります。

アクセスが少ない場合は無視で充分。

私怨の場合、正義感ぶる演技をして書き込まれますが、
一般の読者はそれほどだまされないと思います。

私怨を、いかにも一般の評判や評価のようにカモフラージュしたスレッドの場合、
IP増は10以下(感知できないほど)が多いです。

ただ、私怨ゆえ、ヒルのようにしつこいでしょう。

民事だけではなく、刑事事件にも出来る

嫌がらせやアラシの場合は、通常は民事訴訟です。
しかし、更に強力な警察介入が有る刑事訴訟があります。

これは、自分が動くのではなく警察が動いてくれるので、ラクチン・バージョンと呼んでいます。

アラシ行為は私怨を持った人の場合が多いので、
無視を続けていますとエスカレートして電話番号などの個人情報が書き込まれたりします。

実例:つい2ちゃんねる記事に乗せられてしまって
悪意もなかったのに電話番号を2回書きこんでしまった学生


お待ちしておりましたって気分にはならないかな?
2ちゃんねるやヤフー掲示板に電話番号が書き込まれた時点で、
掲載された事を示すコピーやメールなどがあれば、
そのスレッドの書き込み者全員を警察が捜査できます。

電話番号などを書き込んでしまう人は、アラシ入門者ですので、
根本のスキル上級者も連れられて検挙されるのはこのパターン。

それを避ける為、速攻で該当部だけ消去されますが、書き込まれた実績を示せれば大丈夫。
警察は動いてくれます。

下手にあなたが独自に動きますと、スレッド全体を消す依頼をだされたり、
社内ルートを消されますので(スキル上級者)、捜査が終わるまで無視しておきます。

書き込み者が会社LANであり、”ルート”も消されなければ
簡単に会社が判明しクビになります。刑事告発をした後で民事の名誉毀損で訴えます。

ただ、私怨ゆえ、逆恨みを更に買う場合があります。
したがって、IP増が10程度ならば、無視が最善です…。

<再掲>

2ちゃんねるでの逮捕者一覧
いまだに逮捕されるようなこと書いている人が多くいます。
所詮、人間は争い大好き。

完全匿名じゃない、2ちゃんねる管理人ひろゆき氏語る
最近では、ログ提出などを面倒くさがる普通のサイトBBSが匿名性が高かったりします。

名誉毀損にならない場合は「侮辱罪」

嫌がらせと紙一重なのが、被害者らしき人が(本当は)悪いことをしていた場合
(=書き込んだ人が正しかった場合)、嫌がらせではなく、告発になります。

このケースは、名誉毀損には当たりません。
ワンランク軽い罪の侮辱罪で争う事になります。

従いまして、書き込まれた内容が否定できなければいけません。
しかし、良いところも有り、悪いところも有る微妙なことがこの世の現実ですから、
総合的に裁判官の心証や審理に任せます。

たとえ証拠が無くても、事実の起きた順番などで自然か不自然か…等を総合的に判断し、
審理してもらえます。証拠が無くたって、知らぬ存ぜぬ…をかまされたって、
泣き寝入りはする必要は無いです。裁判官は、鋭いです。ハイ。

目の動き(左上を見る、右上を見る)などの動作でうそを言っている、怪しい等、
分かってもらえるものです。あきらめないようにしたいところです。

内容証明郵便で脅し・脅され

内容証明郵便が送られてきた場合、通常の方(知識がない)はビビってしまいます。
ところで、内容証明郵便って?

「確かに配達しましたよ」と郵便局が証明してくれるものです。

法律の本によりますと、内容の強制力は持たないそうです。
しかし、訴訟とは無縁の人の場合、その”名前”でビビリます。

逆にいえば、ビビらせるのが目的です

実際の効果は、「こういう内容の文面を送った」と郵便局が証明してくれますので、
訴訟に入った場合に証拠として採用できる事です(それだけ)。

ゆえに、弁護士銘で出すものは、「次は訴訟ですよ」という意味がこめられているので怖く、
個人名で出すものは、「ビビらせよう」です。

だいたい、法律の解説本に載っていますので、読んでくださいネ。

ネットでのメジャーな例

例1

田代砲…、といいますか、田代まさしの伝説の話。
2ちゃんねるで「マンオブザイヤー」の投票がネットで出来る事が流れ、田代まさしで一斉投票。

なんと!ダントツの1位に輝いてしまいました。

急遽キャンセルになってニューヨーク市長に確定しました。
⇒お咎め(注意レベルか?)を受けたのは、2ちゃんねる(=法人として?かな)

例2

F5アタック祭りでコンピュータソフトウェア著作権協会ACCSへ攻めこんだ2ちゃんねらー。

⇒ZDNet JAPANによると、匿名クシなどがスレにて紹介されていたにも関わらず
生IPで攻めこんだ勇者(リンク切れにつき↓に転載)が出ていたもよう。

ACCSのWebサイトが10時間ダウン――「DoS攻撃なら法的措置も」

ACCSのWebサーバが,2日深夜0時頃,
アクセス集中により約10時間にわたってダウンした。
同時間帯,2ちゃんねるでは【聖戦】と題して,
ACCSへの「F5アタック」を呼びかける祭りが起きていた。


 4月2日深夜0時頃,コンピュータソフトウェア著作権協会(ACCS)のWebサーバが
アクセス集中によりダウンした。復旧したのは同日午前10時。
10時間にわたって,ACCSのWebサイトはアクセス不能になった。

 ACCSでは現在,昨晩のアクセス記録の解析を行っており,
「悪意のあるユーザーによる攻撃だと判断された場合には,
電子計算機損壊等業務妨害容疑で攻撃者を被疑者不詳のまま
刑事告訴することもあり得る」(ACCS)としている。

 ACCSは,「DoS攻撃を受けたかどうかはまだ断定できない」としているが,
ACCSと因縁の関係にある2ちゃんねるの「ダウンロード板」(通称,ダウソ板)では,
同時間帯,【聖戦】と題したスレッドが立ち,ACCSのWebサイトに対して
「F5アタック」を仕掛けようという祭りが起きていた。
同スレでは深夜0時頃,「F5アタックしている人は何人いますか?」
「(F5キー)連打と押しっぱなしどっちがいいんですか?」などと
異様な盛り上がりを見せていた。

 このスレッドはすぐに削除されてしまったが,
ダウソ板の「ACCS必死だな(藁) 」というスレッドには,
今も「すぐ落ちたな」「あっけなかったな」「ACCS轟沈!!」などと
勝利宣言する書き込みが存在する。
こうした状況を見る限り,ACCSが祭りの参加者から
DoS攻撃を受けた可能性は「非常に高い」(ACCS)ようだ。

 2ちゃんねるでは以前,迷惑メール送信事業者に対して,
DoS攻撃を仕掛けた実績があるが,その時はF5アタックを煽るのではなく,
攻撃用スクリプトのURLが複数公開されていた。

なお,【聖戦】スレッドではプロキシサーバを紹介していたにも関わらず,
ACCSによればプロキシサーバを通さずにダイレクトにアタックをかけてきた
“ツワモノ(?)”も少なくなかったという。

この結果、逮捕者が続出した有名な事件になりました。

<一言>

人間、一生懸命に生きていますと、その姿は「こっけい」に見えるものと思っています。
こっけいに見えるのは、一生懸命な証拠。

そういう一生懸命な人を、バカにしたりする人間がいるのは悲しい現実です。

<補足>

ネット上の力関係

完全匿名者>クシ匿名者>匿名者>サイト運営者>ネットショップ運営者

本来は、悪口を書きこんだり、悪いことを敢えてする場合に正体が見破られない様に、
完全匿名者になるようスキルを磨いたケースばかりだったはずです。

しかし、中途半端な匿名(クシレベルの匿名)で悪口を書きこんだりするひとの何と多い事か。
中には匿名性に慣れたため生IPでトンデモないことを平気で書き込んでしまう人も多くなっています。

ケンカ両成敗ではありません。被害者が実名であれば、心傷が大きくなるゆえ、
トラックX自家用車の過失割合みたいな違いがあり、天秤にかけられます。

実名X実名は両成敗もありえますが。

一般的スキルレベル

完全匿名者>ネットショップ運営者>クシ匿名者>サイト運営者>匿名者

完全匿名者は、サーバーのルートを押さえてしまっていたり(ハッキング中)、
第三者のパスを抜いているため、”何にでも変身できる神”になっています。

その次には意外なことに、ネットショップの運営者。総じてスキルが高いです。
真剣に1〜2年も運営している人は、かなり勉強して相当なハイレベルになります。

ショップを守る為、あらゆる所から知識を詰めこみますので、
通常のスキルアップとは比較にならない上達ぶりでビックリします。

一般的に、自他ともに認められているのはヤフーのインターネットカテゴリー
審査登録者を頂点とする巨大ピラミッド。

ハッカー上級スキルを持っているのは前提で、さらに飛び抜けたものがあります。
個人と言うよりも、たくさんのスキル上級者が集まる為、総合的なハイスキルとなっています。

当サイトも当然ながら、たくさんの人に助けてもらって成り立っています。

悪さをしたひとのIP、個人情報をプロバイダーが発表できる

2002年4月から、サーバーの管理会社が、
独自に悪さをしたひとのIPや名前などの個人情報を発表できる様になりました。

以前は荒らされている側が、警察の捜査令状を提示する手配をしなければいけなかった所、
プロバイダーに頼めば内容によって知らしてくれたり、発表してくれたりできます。
大変な進歩です。

手間のかかり具合が大変軽減され、訴訟へもスムーズになります。

善が悪に勝てないのなら、こっちも完全匿名で反撃!?

警察が動いてくれない!!

こういうケースは、メルマガに勝手に登録されるなどの相手が見つけにくいケース、
本当に被害に遭っているのか分かりにくいケース(メールが単純に多いだけとか)、
アクセス数が少なく被害になりようが無いケースなどが挙げられます。

そういう場合はもちろん泣き寝入り。
それなら、自分も完全匿名者になって悪には悪を!としたくなるのも気持ち分かります。

実は、完全匿名へのテクニックは詳しく解説できないのです。
理由は法律を犯すからです。一応、知らないと対応できないということからご紹介。

1、初心者の同僚や知人のパスワードをさりげなく聞いたりして入手。

サーバー管理者、ユーザーへ「パスワードを確認させてください」とか理由をつけ入手。
実はこれが完全匿名者の8割です

パソをいじっている人の後ろから覗いていてゲットするのも基本。
まともに、ハッキングしてやるケースは少ないです。

不正アクセスや嫌がらせをして見つかっても、その人を踏み台にしているので、
いざとなるとその人がつかまる!恐ろしいテクニックと言えましょう。

2、以前は、インターネットカフェが大変有用でした。

しかし、最近は免許証などで登録してから使用するパターンが増えてきました。
免許証・保険証を偽造して登録するという手間がかかります。

⇒かなり時が経って、厳しくなりましたが、今度は偽造免許などが出回りました。

3、パスワード解析ソフト(裏)、あらゆる言語解析ソフト、転送用ソフト、
番号解読ソフトなどを入手。


ポートスキャン法と言うやり方で、大本(サーバー)パスをゲット。
海外の辞書機能などを使い、パスワードの計算式を推定しながらしたり、
メール転送のフォームの不備を見つけて進入etc。⇒ハッカーの1割

@元々はサーバー管理者が登録会員の検索に利用しやすいように作られたソフトなどが、
悲しい事にハッキングツールに有用になるケースが多いです。

サイト内関連記事

掲示板の必要性と荒らし保存編:困っている方は必読

誹謗中傷テクを紹介、逮捕は知人友人:やる側に行ってみる?

法律専門家のおすすめサイト(相互リンク先)

破産スキル
弁護士の先生が作成されているサイト。自己破産・訴訟などの裏話も。

(お金の無い方)
弁護士協会などで補助金の申請などをして弁護士費用を立て替えてもらえます。

一応色々と紹介しましたが、反撃する事は絶対にしない方が良いと思っています。
警察の説得を頑張って続けるのが得策です。
また、そうこうしているうちに嫌がらせが無くなったりしますから…。



戻る