ネット価格と一般の市場変化

ネットではバックから文房具、無農薬野菜、美術刀など
いろいろな物が売られています。ほんとうに色々ですね。
エッチ系や非合法の薬などもありますし。

値段的にはどうなのでしょうか。
みなさんもすぐに一般の店舗よりも「安い」と思い浮かべれるはずです。

そうです。ネットでは現実の店舗よりも安いイメージがあります。

しかし、これが日常の感覚とリンクしますと一般の店頭市場の価格が
「高過ぎ」とか「ボッタクリ」というような感覚にもなってしまう場合があります。

これは、ネットに慣れてきますと薄れていくようですが、
まだネットに慣れていない方には強烈にこれが精神を支配するようです。

一般市場価格というのは「すべての人が気軽に見て買える」というのが前提です。

ネットでは正直まだまだ「すべての人が気軽に見て買える」ということは言えないと思います。
ネット出来ない人も多いわけですから(1998〜2000年)。
ゆえに、まだ一般の市場価格とはいえません。
「ネット独自の値段」という言い方が正確ですね。

一緒のように考えていた方はここで訂正しましょう!!別物だと。


さて、ネットの値段はいったいどれぐらい安いのかを考えてみました。
これは結構簡単に表現ができます。

私のネットショップの「機械式時計研究会」がいい題材なのですが、
このサイトの売上は(当時)日本全体の販売サイトの中ではトップクラスです。
個人売買として限定すればダントツです(サイバービジネス研究機関による)。

もちろん時計ジャンルだけの話ではありません。
すべての販売のサイトの中で、です。

すごいですねーーー。でも、実は…

正直、利益は悪いです。サラリーマン時代の年収を稼ぐだけで精一杯です。
少し前に、ヘッドハンティングに遭いました。5社から年収1500万円でのスカウトです。
思わず行こうって思ってしまいました。時計ではなくネット・サイバービジネス成功者として
個人の能力を評価していただいたわけでその年収は魅力でした。
(断りましたが…)

以前の情けない話ですが、リクルートの人材バンクで

「海外出張経験60カ国(民間企業経験)以上あり」
「社会保険病院の事務長経験あり」

で申し込みましたが年収500万円でも一社も来ませんでした。
このときは大ショックでしたが、ネット販売で成功しただけで
この高評価に変わったことはすごいですね。

でも、ショップとして成功していてもこの年収でクラクラしてしまうのです。
いかに利益がキツイかが分かっていただけるでしょうか?

この「ダントツ」だった「機械式時計研究会」ですらです。

現実の店舗のあるサイトさんでは、利益を度外視の宣伝目的で
運営されているのが多いというのも現実です。

この様な事情を知っていれば、ネットでの値段が現実の市場価格と一緒だと
考えてはいけないことがわかると思います。しかし、ネットを中心に見ている人ですと、
雑誌などに出ている値段をネットでの値段と比較して「高すぎ」「ボッタクリ」と感じるのは
しょうがないかなとも思いますが、現実にネット上で非難したりしますとこれは
ちょっと…とも感じてしまいます。

よく大手掲示板で書いてあるのを見れますけどね!

▲ネットではリアルの会社を非難することが簡単に出来ます。
それゆえ後半に出てきますが、誹謗中傷・侮辱罪で逮捕される人も続出。

しかし、国民の全員が気軽にネットで見て買うことができるようになりますと
一般の市場価格という事で見てもいいと思います。

その場合は百貨店の外商部が自宅に出入りしている人まで入ってくるわけですから
ネットの値段も高くなるでしょう。

そういうことを考えれば現在の一部だけの人によるネットの世界であるわけですから
今はお得な価格状態であるわけです。

◆年収500万円で一社も申し込みが無かった時は、勤務していた間は自分が偉そうに出来たのは
所詮会社や病院の立場としてのバックがあるからだと噛み締めました。会社の看板を取ったら
貴方は何ができますか?と人を見る形が決まったのもこういう経験からでした。
転職経験のある方は似た経験をされていらっしゃるのではないでしょうか。


仕入れて売る…が消費者も出来るようになってしまった危険性

昔の商人というのは、別の国へ旅をして自国に無い面白いものや凄いものを
手に入れてきて、自国に戻ったときに旅行費などすべてひっくるめて高くして
売ることで成り立っていました。現在も似たようなものですが、今後ネットの
発展によって楽しみなのがこのパターンがどうなるか?だと思います。

海外などで地元に無い、いいものを仕入れて自国(地元)で売るという基本が
ネットで消費者すべてが出来るようになるわけですから基本から崩れていきます。

これは、作者のサブサイト「ザ・懐中野郎」でも一緒ですが、読者さんが
すべての知識を蓄えて私の様にされると「ザ・懐中野郎」での販売は成り立ちません。

知識料としてバナーをクリックして頂くだけになってしまうでしょう。
2−3ヶ月で5千円です(延べ4万アクセス)。
生活費にもネット接続代にも満たないです。

しかし、このことは現在では朗報でもあるわけです。

リストラなどで厳しい仕事事情のサラリーマンでも、簡単に商人になれる訳です。
海外など自国に無い物を見つけ出して地元で店舗を借りれば
いい商売ができると思う次第です。

そうです、これは自分の力を試すいい環境ができるということですね。
そこで先のネットの値段とリンクするのですが、ネットの価格が一般市場価格になってしまうと
この商売はなりたちません。商売というと普通ですが、カッコ良く言いますと「ビジネス」ですね。

この世のすべては仕入れ、宣伝、販売(3つの約束)になると簡単に考えればOKです。
この3つの約束がきちんと出来る人なら成功間違いなしです。

サラリーマンを辞めて独立するのも一考ですよ!

一方、失敗しがちな人の傾向は「批判」が得意な人とずばり言えると思います。
いままでの人生でわたしが接してきた人たちでは
批判が得意な人は確実に自分で生み出すことが苦手でした。

しかし、批判が得意な人は優秀な知能・知識を持った人が多いというのも事実
・・・と思いますので組んですると成功しやすいと思います。

ただ、これは店舗を持つということが前提です。実際にビジネスになる種類でいえば
ネット上の小売はきついです。前出の理由の通りです。

一番おいしいのはプログラム。
なにか面白い役立つプログラムを作ればそれを売ったり利用してもらうことによって
いくらでもお金が入ってきます。代表例はビルゲイツですね。
またはヤフー創設の二人のアメリカ人。

小売では残念ながら利益が生まれにくいのが現状です。

しかし、サラリーマン!こういうことは応用が利きます。がんばろう!!

ところで、どの企業でも先の”3つの約束”が大前提というのはどなたでもご存知です。
しかし、倒産の企業が多いのも事実ですね。分かっていても出来ない…。
机上の理論が実践で役立っていないことの典型と思います。

社員としてこの3つはいつも注意して見ておくと役員への道は近いかもしれません。
倒産が早めにわかりますし…ネ。

会社の機密・マル秘で分からない?それは考えてみればおかしいですぞ。
だっていい経営状況のところはどんどん前面に好調なところを出しますでしょ?
今季はこうだった・・・と社長が威張るはずです。

そうそう、四季報は株屋さん用のものですから、社員さんはあまり気にしない方が良いです。
理由は架空取引(空伝=カラ伝票)の区別が無く出ていますから。


現在ではプログラムでも食えない場合が多いと聞いてます。
記事の古さが際立つ事も書いてありますね。

いやはや、99年に書いたものですから、お許し下さい。