掲示板は要るのか論争

この項目では、そもそも掲示板は要るのか?の話をしたいと思います。
こういった件はネットショップが一番神経を尖らせますが、
一般の趣味サイトでも役に立つと思いますので(サイト名から見てもらえないし)、
どうぞ友人知人に教えてあげてください。

必要に決まってる?の巻

至る所のビジネス掲示板(フォーラム)で定期的に質問が出て盛り上がるのがこのテーマです。

最後はいつも同じですが、発言力のある人が出てきて「ウチはやっていない」
「やってる」と言って決まります。各掲示板のラストで発言力のある人によって
違った結果が出るのが面白いところです。

それを読んでいるショップ・オーナーはどう思っているのでしょう。
最初に質問する人の傾向は掲示板を設置したら荒らしがあるのが怖いという
気持ちからのものが多そうです。

さて、私の下した結論は「ネットの双方向性」という観点から必要に決まってるジャン…です。
そもそも、掲示板が要るいらないを誰が決めたのでしょう?
少なくとも購買候補や読者では無いはずです。そうです。オーナーさんですね。
経営方針っていう言葉がキメです。(これが出ると議論にならないんですよね。)

しかし、そのショップが採用していないから要らないと後輩に指示するのは
後輩思いではありません。赤字ショップがはるかに多いこの状態なら、
何でもやってみる必要があります。

そのショップに合わなくとも別のショップには合うかもしれません。
ちなみに、要らないというアドバイスを後輩に言うショップオーナーが居ましたら、
ズバリ、そのオーナーさんの性格のせいでクレームが多く、
荒れてしまうから無い方がましということがホンネでしょう。

この事は間違っていないと思います。

また、お客さんやお客さん候補、読者とコミニケーションをとって
アクセスを稼ごうとするのではなく、バナー広告や楽天などの有料モールで宣伝しているから
掲示板を必要ないとして省くという意味もあります。

設置していないオーナーさんのセリフは「私のところはちょっと荒れやすい商品だから…」と
商品の傾向で掲示板を必要かどうかをアドバイスする様です。
女性オーナーの場合も設置しない場合がたまにありますね。

ストーカーが現実多いので…。

しかし、シベリア級にサブくても、閑古鳥が鳴いていようが、
「あまり盛り上がっていませんが、ご意見をいつでも書いてくださいネ」と
掲示板を設置しているほうが読者に対しての前向きな姿勢が伺えます。

是非、設置しましょう。

また、掲示板は盛り上がったり、盛り下がったり上下します。
私自身運営が上手いわけではありませんのでアドバイスは出来ませんが、
主目的は「気軽に意見を下さい」です。

掲示板の存在自体が運営者の姿勢になっていると私は考えているので、
盛り上がったり下がったりは、別の物と思います。
ただし、個人サイトやリンク集、コミュニティーサイトでは重要な位置を占めますので
盛り上げ方などの方法はマスターしておいた方がいいですね。

アクセス数=広告料金のためにも。

盛り上がったり、下がったりを気にしないように

とにかくショップ・オーナーは盛り上がったり、盛り下がったりでアレコレ考えるよりも、
商品の解説やサイトの使い勝手などの本来のお客さんのサービスに力を入れましょう。
また、オーナーの性格がウケて盛り上がりまくってしまった場合、多忙になります。
その際はどうしましょう?

そうなった時には自分の労力を考えながらバランスを取ってください。

追伸:自分の掲示板に書き込んでくれた場合、その人にサイトのアドレスがあれば
相手先に行って掲示板の在る無しを見ます。
掲示板があればサイトの感想を入れてお返しをするのがマナーです。
(私は「相互リンク先訪問〜」というような感じで定期訪問して書き込んでいました。)

HPマスター養成講座
仲間の増えるメールの書き方

ネットの争い(掲示板の荒れについて)

現在では、まだまだ現実社会とネット社会の区別が付きにくく、
そのためにどこの掲示板などでも争いなどが起きています。

しかし、パソコン通信の時代にはすでにこのようなことは経験済で、
10年ほどかけて「無理に反論しない」「言葉と文章は違う」など
争いごとを上手く回避して行く形が出来上がりました。

しかしながら、ネットが発展するうちにパソコン通信のパターンが復活。
パソコン通信での経験をしていない人たちがどっと参加して、
また最初に戻ってしまったのだと言います。

わたしはなるほどと思いますが、今後は携帯からのアクセスも増えますから
もっと荒れるのではないかと心配しています。

例:2ちゃんねる

バスジャックのネオ麦茶の書き込みでニュースステーションで管理者が出演

気軽に紹介されたアドレスなどをクリックするとブラウザクラッシャーが作動するときが
ありますので、あれこれとクリックされないように。

名セリフ「ウソがウソと判る人でないと…」を残した。


2ちゃんねるについては、記述が古くなっています。
(アングラ入門用の時期’98〜99年に書いたものです)

現在では一般の読者も多く、無差別アラシ依頼でスレッドを立ち上げると
「私怨か、プ」などで一蹴されて自然と参加者=住人自体で整理が行くようになってきました。

スレッドもクシのヘンなものでは立ち上げれなくなりました。
祭り上げられるのは管理人がイタイ場合が多くオモチャの感じが強くなっているようです。

サイト作成板やビジネス板、ウオッチ板では、最新の情報が仕入れる事が出来ますし、
荒れ放題だったオカルト板は最新情報の宝庫(?)にもとれます。

@age、sageなど独自ルールがありますので、よく注意事項を読まないとダメ。

@特にfusianasanトラップなどにかかる初心者がいます。ご注意を。

例:アラシ3倍付け!時計掲示板←閉鎖

管理者さんによりますと、 「掲示板だけは閉鎖しません(キッパリ)」とのことでした。
この荒れ状態を逆に楽しむほどの器量・柔軟さは必要と思います。保存版

この荒れ方というのは内容がかなりジョークやアイロニーも
効いていて面白いのですが、わかりますか?

他の掲示板からコピーして転載する人がペリカン便とかクロネコ便って名乗っていますし、
IP職人という生IPを抜く人もいます。雑誌の批判やブランドなどの当て字もいろいろと出ていて
最初に見た人は面食らいますがクオリティーの高い荒れた掲示板です。
しかも、結構それぞれが言っている事は正しいところもあります。
(荒らすほうもレベルが高いということと判断できる掲示板の例でした)

まず、日常生活でしゃべる「バカタレ」とか「おまえなぁ」とかを文章上で使いますと
確実に荒れます。言葉はすぐに消え去りますが、文章では残るからですね。

ビジネス系ではアイロニー(皮肉)などがスタートで荒れ状態に発展しているようです。
「はいはい。あなたのショップ(組織)はすごいですね〜」などの言葉で
オーナーはカチンと来るようです。

みなさんもメールを使っていて気づかれると思いますが、自分の書いたメールの内容は
すぐに忘れていませんか?そして、貰ったメールの内容は結構細かく覚えていませんか?

このところがポイントと思うのですが、非難中傷、罵声などは
文章で書かれますと、いつまでも、いつまでも頭の中でグルグル回り、
忘れたくても忘れれません。
従いまして書いた相手をものすごく恨みます。

いつまでも頭から離れないものです。

しかし、書いたほうは気軽なもので、相手がそんなに傷ついているかどうか
実感も想像もしていないのが普通です。
これ、ポイントですね。

普段部下に「あまえなぁ、死ね!!」とか言っていても一瞬で過ぎてしまい
言われたほうも「またかよぉ」とかで真剣な恨みをもちません。
(たまに真剣になって殺人に発展していますけど…)

まぁ、そんなわけで言うは易し、言われるは物凄い…という基本で、
もしも、貴方が攻撃?されたら無視するとか、無理に反論しないというのが正解のようです。
または、攻撃と攻撃のスゴイ掲示板で”言われ慣れる”という手もありますが。

ネットをめぐるお話をしましたが、「買う立場ばかりの経験」でものを言う人間が
「ヤフオクなどで販売もやってみたら」言うことがガラッと変わってしまった…
ということはよくあります。

わたしの発言でも、よく考えずに書いてしまって「あれはマズかったな」と思うことがあります。
そういう時は、気にしないで下さいね。

いえいえ、素早く謝るとか対処しないと、想像を超えた大きな問題になるか…。

荒らし用タグとは?

タグというものには非情に有効になるものが一杯あります。
紹介すれば誰もが使えてしまいます。

ちゃんとした目的がある機能でも、ちょっと使い方を変えれば破壊力満点のツールに。

タグを使えなくするのは基本です。
でも、タグが使えなくしてある掲示板でもパスが破られればアウチ。

パスワード突破⇒タグ仕様へ改変⇒ページ全体を吹き飛ばすETC。

・すべての書き込みを斜体にするタグ
・すべてを太字にするもの
・巨大なスペースを作るもの
・背景と文字を同色にしてしまうもの
・・・・・・・・・等々

★荒らし用タグ例↑は削除しました。

タグ仕様にしていなくてもパスワードが突破されればお手上げです。
削除用パスに加えて、掲示板の仕様変更パスの2段階ある掲示板がオススメ。


掲示板荒らしなどに対するであろう刑法と警察報告の手順


刑法第233条

虚偽の風説を流布し、又は偽計を用いて、人の信用を毀損し、
又はその業務を妨害した者は、三年以下の懲役又は五十万円以下の罰金に処する。

---------------------------------------------------------------

●相手の所属する会社に対しても(雇用責任があるから)訴えることができます。
(情報ByR・Oさん)

コレが1番有効だね。


●罰金なら5年、懲役刑なら執行猶予切れてから
10年は「前科」としてまとわりつきます(刑法第34条2項)
(情報ByFUMINGさん訪問者に優しいWebサイト作り

ポイント1)

ただし、ネットでは私のように本人の個人情報を公にしたり、
会社の住所などを明確に記した「訪問販売法」などを載せている場合が有効で、
ハンドルネーム同士の場合は基本的に難しく、せいぜい「お詫び文」ぐらいの
程度になると思います。

顔写真の掲載でなった場合は、個人を特定できなくもないですが…どうなんでしょうね。

ポイント2)

荒らし行為があなたのサイト(掲示板)であった場合、普通は即行で削除しますよね?
アドバイスとしては、掲示板などの記事は削除してはだめです。

まずは、一時的に掲示板を一般の人に見えなくするだけにします。
ログの保存のために、サーバー管理者へ報告、受理された後で記事を削除して
掲示板を再度アップします。(削除前にコピーを必ずしておくように!)

また、別のサイトの掲示板であっても、その掲示板のサーバー管理者へ
連絡すればいいです。注意点は掲示板管理者ではありません!
掲示板のサーバー管理者です。

T−cupの掲示板なら、掲示板の管理者ではなく、T−cupのサポートへメールをします。
掲示板管理者へは、ログの保存後に削除をお願いすればOK。

その後、「該当個所のログを欲しい」と掲示板サーバー管理者へGoサインを伝えます。
該当個所のログを入手できますので、警察へ提出します。

ポイント3)

本人へ苦情を言ったりしても、自己反省する人や、他人の状況を把握できる人なら
もともと意味の無い荒らしなどしません。すぐに開き直ります。
ですので、損害賠償は所属する会社へ言いましょう。
サラリーマンの一番の怖いところは会社です。

ただ、上の知識がないと企業の総務は手強いですから、忘れないようにネ!

意味の無い荒らし=逆恨み、しっかりとした理由がない

意味の有る荒らし=法的にマズイものを告発すると言う感じか…

ただ、荒らしは荒らし。

法的にまずい相手なら、なんとか法的に処分してもらう活動をするのが筋と思う。

ポイント4)

アクセス解析は、普段の視聴率調査で気軽に使いやすいですが、
機械のバージョンで「見れない人が多いかなぁ」程度の調査のものです。
過信しないようにしましょう。

私は最近は殆ど見なくなっちゃいました。ログが多過ぎ…

●最高のデータを手に入れるための手順だけは、しっかりと把握しておきましょう。

書き込みを消さず、すぐにサーバー管理者にアクセスログを保存させます。
この記事の後半部分に「診断君」がありますが、あれに出る情報以上が
たくさんアクセスログに載っています。

一時期「海外を通過した串を使っているものは海外サーバー管理者のログ提出が難しく、
犯人まで辿るのは至難の技」と言われていましたが、現在はそうでもないと思います。

ただ、被害の程度によってログ提出が行われる、行われないと言うことだけは、
今も昔も変わらないかな…。

ポイント5)

アクセスログさえあれば、発信場所、CATVや回線の契約者(犯人)&会社なら
その識別機を特定するのは電話よりも簡単です。

それでも所在を判らせない、超一級のスキルの持ち主が凄腕のハッカーですが、
そういう人は悪戯や荒らしなどしない場合が多いですネ。

ポイント6)

インターネットカフェからいたずらされてる場合は、さっさとあきらめて
ネットから離れましょう(え?ダメ?)。

身分証明書の提出を必要としようなど、あれこれ考えられている様ですが、
最新情報は手にしていません、どうなるんでしょうね。

その後⇒身分証明書の提示などが必須になりました。

ポイント7)

直接攻撃のメール爆弾やスパム、ファイル付メールはよく言われる通り開かずに、
ヘッダー部やソースなどありとあらゆるメールの情報を保存しておきます。


(閑話休題)掲示板あれこれ

休み中に貯めに貯めたメールを完了し、いやぁ、達成感を感じました。
こういうコトって、サイトを運営されると時々感じますよね。
「ああー、私は結構やったなぁ〜」ってな感じで。

仕事の方では別の感覚になるのかもしれませんが、
何はともあれ、これで正月も潰れたバタバタ状態が収まり、
遅かれながら正月休を取ろうと目論んでいます。

昨年は一度も行けなかった渓流へ釣りに行こうか、
ボ〜〜〜っと、何も考えずに毎日過ごしてみようか…。

・・・と、一方、メール休み中から脱出したぞ…という事で、
メールを控えていた方々から、どどんぱと束が参りました。

うーむ、これもウンチク系サイトの宿命なのでしょう。
いや、当然の成り行きといいますか…。嬉しいですよ。

サイトの形を変えてみて、こんな風に日記テキストっぽく
コツコツとやっていきたいと思っています。

一応、更新も終了して「読み物サイト」で置いておこうかと
思ったのですが、徐々に今風に切り変えてみようかなと、
そんな気持ちも有り、ワケワカラナイですね。失礼。

・・・と、最初の心構えっぽく書いてみました。

たまにBBSにおじゃまさせて頂いておりましたヤマモトと申します。

BBS閉鎖ということで、一言、今までのお礼を申し上げたく
メール致しました(用件はそれだけですので、
返事は不要ですのでご安心を(笑))。

ウチは分野で言うとe-ラーニングになりますので、
販売前のテキストを作る段階の作業は、本当につらいも がありました。

特に去年の夏の、あの暑い中、エアコンも ない自宅での作業は
効率も上がらず、散々、イヤ気が差したものでした。

そんな中、相談所&BBSを息抜きに拝見させて 頂いて、諸先輩方の
パワーあふれるサイトを見ては、 力をもらっていたんです。。

ショップ部分のTOPページも、それを参考に何度も作り 直しました。
10カ月以上という長帳場でのテキスト作りをやり通す事ができたのは、
相談所の存在が少なからずあると 思って感謝しております。

周囲にはネットショップなどやっている方は皆無でして、皆無だけならまだしも、
興味を持ってくれる方さえおらず、 本当に誰にも相談できない、
孤独な戦いでしたので(笑)

・・ ・ お陰様で2月から始めた正式販売はスタートダッシュとも言えるような、
順調な滑り出しです。

しかし、今後、もし 壁に当たったら、BBSで相談させて頂こうと
ちゃっかり 考えておりましたので、閉鎖は本当に残念です。

しかし、これまで本当にお疲れ様でした。

引き続き、相談所の方が息抜きがてら、閲覧させて頂きます ので、
これからもよろしくお願いします。

実践的AutoCAD使い方研究
独学AutoCAD身につけ方研究

ヤマモトさん、サイトも覚えていますよー。支援サイト集に後で…

CADがらみの会社さんとMTGをした時に、
丁度ヤマモトさんの書き込みがありましてタイミングがいいなぁと。

MTGっていっても、私の独演会みたいな感じが多く、なかなか…。
(知人から知人へと紹介されるので、出張るのですが、
私個人の仕事とかとではなく、雑談をしに行くだけでして)

BBSはビジネス系での扱いは非常に難しくて、
表に出ない苦労が多かったです。

この辺りは、1サイトだけならば管理も容易でやれますが、
機械式時計研究会のBBSを閉鎖し、それでも労力が…。
ということで、現在はUMAサイトにしかBBSはありませんが、
あっちでもよろしければ遊びに来てください。

ただ、動物ネタ、不思議ネタ、自然界、宇宙系じゃないと、
少々辛いかもしれないですね(笑

なんだか久しぶりウイルス付き投稿が…

サブサイトのBBSに来ていた最近は見かけない「ウイルス誘導リンク投稿」。
トロイの木馬だったとイチ早くもきちさんが発見、情報を保存しました。

掲示板の荒れ分析で書いていますが「ウイルス誘導リンク投稿」と
小窓が開き巻くって容量不足で終了の「ブラウザクラッシャー」は
威力妨害みたいな形で逮捕されやすいので、見かけることが少なくなっていました。

管理人1=私

管理人2=もきちさん

削除 投稿者:管理人1 投稿日:2005/11/27(Sun) 07:14 No.211
【注意】悪質な誘導です mokichi 管理人2- 2005/11/26(Sat) 22:34 No.210

上記サイトにアクセスすると、トロイの木馬がダウンロード
されるようになっていました。
リンクを変更しましたが、踏まないでください。後日削除します。
以下、書き込み「58.22.224.41」の検索結果。
inetnum: 58.22.0.0 - 58.23.255.255
netname: CNCGROUP-FJ
descr: CNCGroup FuJian province network
descr: China Network Communications Group Corporation
descr: No.156,Fu-Xing-Men-Nei Street,
descr: Beijing 100031
country: CN
admin-c: CH444-AP
tech-c: CH444-AP
remarks: service provider
mnt-by: APNIC-HM
mnt-lower: MAINT-CNCGROUP
mnt-routes: MAINT-CNCGROUP-RR
status: ALLOCATED PORTABLE
remarks: -+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-++-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+
remarks: This object can only be updated by APNIC hostmasters.
remarks: To update this object, please contact APNIC
remarks: hostmasters and include your organisation's account
remarks: name in the subject line.
remarks: -+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-++-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+
changed: hm-changed@apnic.net 20050429
changed: hm-changed@apnic.net 20050504
source: APNIC

route: 58.22.0.0/15
descr: CNCGroup FuJian province network
country: CN
origin: AS9929
mnt-by: MAINT-CNCGROUP-RR
changed: abuse@cnc-noc.net 20050504
changed: hm-changed@apnic.net 20050504
changed: hm-changed@apnic.net 20050504
source: APNIC

person: CNCGroup Hostmaster
nic-hdl: CH444-AP
e-mail: abuse@cnc-noc.net
address: No.156,Fu-Xing-Men-Nei Street,
address: Beijing,100031,P.R.China
phone: +86-10-82993155
fax-no: +86-10-82993144
country: CN
changed: abuse@cnc-noc.net 20041220
mnt-by: MAINT-CNCGROUP
source: APNIC

Re: 削除 管理人1 - 2005/11/27(Sun) 07:18 No.212

もきちさんの文だけ残しました。

トロイの木馬をだすとは相当な…。

どうも語句検索「画像掲示板」で来ていたみたい。
何回かあるようなら対応しますが困ったモンです。

変な動作があった方で、ウイルス対処のソフト、
ウイルスバスターやンモートンなどが入っていない人は
超簡単ウイルス確認・対処をどうぞ。

ネットは顔を隠す。2004年6月3日オマケ追記

世間さまを巻き込み、ネットでは激震が走った幼女殺傷事件。
これはネットのトラブルがキッカケで幼女同士が殺しあってしまった震撼もの。

容疑者の同級生(女の子)はネットの書き込み(チャット)が原因で
「殺そうと思った」…とのことです。
女の子は個人サイトを作っており、ネットに慣れていないPTA方がサイトを見て、
「本当に小学生か?信じられない…絶句」と驚くような内容でした。

暴言・心情発散表現も多々あったようです。

でも、そのサイト。
私が見た所、その娘のサイトは普通にネット界隈に存在しているレベルでした。

’90年代なら、ほとんどのサイトが心情吐き出し系でしたので、
ネットは怖い世界と呼ばれていた程。

当サイトではネット恋愛という古い記事があります。
TVニュースでも評論家さまが同じ事を述べていたのですが、アマイ。
その娘が特殊とかではなく、以前から、いまだに”同じ”なんですよ。

顔がボケるというのはパソコン通信時代、ネット初期にはとっくに言われていました。

少し前、拘束事件大騒ぎinイラクで拿捕されたボランティア被害者達を
自己責任で自業自得だと攻撃するなど酷い(特に2ちゃんねるに対して)と
マスコミがチャンスを得たとばかり言っていましたが、まだまだネットは発展中。

普段見えない人間の心情が露呈されることは、たいへん面白のが事実でもあります。

しかしTV局がネットをネガティブ・イメージにさせればさせるほど、
消費者は「ネットじゃ物を買わない」傾向を強めさせ、
正統派のE-コマースの中小企業たちはダメージを受けます。今後どうなるか。

▲イラク関係:無事に戻ってきた3人+2人ではなく、
殺害された2人の日本人ジャーナリストを考えると、
自分も毎回「帰って来れないかも」と思っていたなとしみじみ思う。



さて、BBSの荒れが大変だと心配する方々、
基本的にサイトを開いて掲示板を置けば誰もが経験します。
貴方だけ特殊ではない…それを感じた上で次のページへどうぞ。



戻る    表紙     ⇒もっと詳しく Part2(2ちゃんねる研究)