ネット風評対策がビジネスになった!?

ネットでの嫌がらせ(特に私怨による捏造の誹謗中傷)に対して、
防御の要みたいな、Web110みたいなサービスが広がってるそうです。
依頼すれば、お金がどれぐらい掛かるか分かりませんが、経営者も一応ホッとできるのかな。

しかし、今まで既に大量の閉鎖企業があり、自殺を考えた(実際にした含む)経営者、
彼らのことを考えれば、出てくるのが遅いぞって感じがしないこともない。

もっとも、個人サイトでもリンクを断られた、断った、BBSでのレスが有る無い、
メールの返事・表現…などで私怨が起こり、そういう人は如何にも読者の代表みたいに言及し、
悪口を書き始めたりします。

悪口バトルの結果、悲しい結末になってしまった管理人も忘れてはいけないと思う。
本来、必要としているのは誰か?企業ではない筈です。

ネット風評被害把握へ 監視体制に70企業が契約
FujiSankei Business i. 2006/5/9

インターネットによる風評被害や情報流出が増える中、
企業が掲示板などの書き込みを把握できる監視サービスの導入を進めている。
ネット上の憶測や中傷、ウイルス感染による機密情報の流出は
「株価や製品の売れ行きに影響しかねない」(大手家電役員)ためだ。

 ヘラクレス上場の監視サービス最大手ガーラの「イーマイニング」は、
多数の掲示板やブログ(日記風ウェブサイト)を検索。
登録した社名や商品名などが書き込まれた場合、契約企業にメールで通知する。
導入先は大手家電や銀行など約二百社に上る。

 一方、ベンチャー企業のピットクルー(東京都中央区)は
「人の目による監視サービス」が売り物だ。

 二百五十人が二十四時間態勢でネットを巡回し、依頼企業の風評や流出情報を監視。
「システムでは判断できない隠語も見つけ出せる」(松本公三社長)という。

 掲示板の中傷が過熱した場合には、書き込みで誘導し、悪意を緩和させる措置も取る。
きめ細かなサービスが受け、契約企業は七十社を超えた。

 監視サービスを利用することで、企業は情報漏れやうわさを早期に発見し、
風評被害を最小限に抑えることができる。
ただ、松本社長は「情報の大半は社内から漏れる」と指摘。
情報流出を防ぐには企業の意識改革も不可欠と強調する。

http://www.business-i.jp/news/ind-page/news/200605090018a.nwc

このニュースの内容的には、当サイトが昔やっていた「BBSレスキュー」(無料)が同じようなもの。
思い起こせば、たった1件でも対応作業はめちゃめちゃ大変でした。

上手く行かない事も多かったし、真剣に「私怨」かどうかを判断できる材料がなければ、
逆に燃料投下になってしまうし、「上手く行って当然」という依頼者の場合は厄介で、
「無料なのにそんな風な態度にならなくても」とか「そういう風だから私怨になるんじゃ」、
…などと私達まで愚痴ってしまう事が多々ありました。

なんにせよ、これはネットに張りつけれない経営者にはホッとしたシステムなんでしょうけど、
自作自演で悪口を書いて、自分でフォローしてノルマを達成するなんていう、
考えたくないお馬鹿さんサービス企業も出現するでしょうし、なんとなく今後を注目したいです。

ここまで誹謗中傷が問題になったのは、経営者の自殺が追徴課税の夏に集中していたのに、
最近は、幅広い季節に広がっている事が上げられるかもしれない。
(何年連続で年間3万人を超えている事やら)

スルーしておけばいいという方法が選択できない人には朗報と思われますが、
出費がどれほど掛かるのか、まだ発表されていないので分かりません。
競合するサービス他社が参入して価格が下がるのを期待した方が賢いと思います。

ケンカや誹謗中傷・侮辱などを普通にやってる側の人は、いつも通り言い訳するでしょう。
「一般人が仮面をかぶって匿名で息抜するのは良い面もある」とかいう一見すると正当な主張。

ああ、相も変わらずネットバトル議論は続いて行くのでしょうかね。

ネットから1歩離れることができる人は、バトルがあっても自分の全てをITへ依存さえしなければ、
精神的にOKと思いますが、悪口をBBSで書かれれば、口頭で言われるより、
いつまで経ってもグルグルと中傷エコーが反響しますから大変だよね。誰しもが感じるバトル時。

大企業なんかは小規模企業に比べてダメージも異質だし難しくない、悪口だって個人に来ないし、
クレーム処理で給料を貰っているなら、2chあたりの荒れではビクともしないと思う。
それとも、結構、担当者の自殺級ダメージがあるのかなぁ。

大企業なんて全然大丈夫じゃないかと思っていたけど、以前、クレーム処理係の話を聞いた時は、
これほど凄まじいクレーマーさんが多いとは、みたいに思ったことも確かです。
ウツになる人も多いとは知ってるけど、個人に対するバトルはそれを軽く超える激しさなんだよなぁ。

私は強く思っています。個人を救う方が優先したい事案だと思うのに、
多分、個人では払えない設定金額でしょうから、全く持って所詮正義感では無さそうだ…
つまり、守る側に愛が無ければダメってこと、なんてことを考えさせられました。

<サイト内関連記事>
以前は検索や参考サイトでウチの記事が出ていたのに、今見るカケラもないですが。

BBS荒れ・分析と対応

・悪さをしすぎた後でこうむる判例は簡単法律!の項へ。

・文字の破壊力「顔がボケる!!!」残酷さ上昇ネット恋愛

・レスキュー隊の荒らし相談担当は作者(終了)。

読者さんの通販トラブル経験例

ワンクリック詐欺のエロ攻撃
自動検出で投稿されるんで勘弁してよ〜とサスガにお手上げ。


その1年数ヶ月後:続出した類似企業

当初、誘導する書き込みが逆に「燃料投下」になるから、サービス会社(ピットクルー)は
早いうちに倒産か撤退するだろう、そんな推測とは逆で、他企業まで新規参入し、
気が付けば7社もあったりするほど広がって、ビジネスとして流行っているようです。

わたくしに先見の明が無くてスミマセン。訂正してお詫びいたします。

しかし、バトルは少なくならず、誘導が燃料投下になって2chはますます流行ってる状態。
なんだか、当初の私の考えは甘くて、結果としては2chが流行り、サービス企業が儲かる、
ひょっとして裏で手を結んでいたのではないか。な〜んて疑ったりして。(それが狙いだったのかも)冷笑

766 名前:名無しさん 投稿日:2007/05/08(火) 02:50:16

2chで、このスレ変だな。とか、なんか醜いレスが目立つな、っと思ったら
たいていこいつらの仕業。

=========================================
ピットクルー 株式会社
株式会社 ガーラ
イー・ガーディアン 株式会社
株式会社 ガイアックス
日本エンタープライズ
株式会社 ライトアップ
=========================================

結構もうかるので、最近この手の会社が増えてきた。
つまり、このスレでもこいつらは、相当数活躍しているということ。

一人おかしいヤツが居たら、最低20人はコイツラが潜んでいると 思ったほうが良い。

まぁ何というか、1年経っても、誰しもが同じ感想を抱くとは興味深いです。

そもそも誹謗中傷や侮辱というのは正義感で対応しなければダメな世界だから、
金儲けの道具(仕事化)としての意識でやるのは無理です。

サービス企業側のイタイ誘導が多くなれば、2chが逆に流行るようになるのはお約束過ぎる筈。
なぜ、そんな感覚が最初から分からなかったのか、やっぱり、最初から承知で狙ってたのだろう。

サービス企業の経営者はネット通なのだろうけど、どうも怪しい気もします。
「1chTVの隆盛」程度すら知らずに荒れ対処のサービスを柱に起業したのであれば、
ちゃんとした知識のある人ではないでしょうし、同期であれば当サイトのバトル編を知ってるはず。

経営者がこういう誹謗中傷の基本対処を知っていたとしても、知らなくとも、
荒れている火消しは、原因(書き込む人たち)をナントカするしかないから、
匿名性が強く、特定するための書き込みログを大量に提出しない2ch相手には
起業しないと思うんですよね。

1,被害者(依頼企業)が悪いのなら、経営者に反省させること。

2,加害者(書き込み側)が悪いなら、書き込みログの提出をさせること。

両者に対して反省させずに、スレの流れの誘導だけというのは無理じゃないでしょうか

そもそも何回も書くけど、本当に困ってるのは、私怨を受け悪口を書かれてる非匿名の個人。
これを忘れちゃ困る。企業なら生死に関わるのは先の話だけど、個人なら自殺は近い。

まぁ、本来は犯人を法に則って逮捕するだけだけど、依頼殺到で対応しきれない警察官も悪い。
給料が高いのなら低くして人数を増やせと言いたいほど、対応してれば防げた自殺が多いだろう。
まぁ、頑張ってもらいたいものです。

逆恨みの私怨なら、泣き寝入りが普通の個人サイトたち。

この個人の私怨に対してこそ、誘導ビジネスの企業さんたちに入って欲しいけど、依頼する金は高く、
もしも、個人レベルを対象にしているのなら、上のようなことは2chで書かれない筈。

PS:「1chTVの隆盛」は語句検索すれば、すぐヒットして起承転結が分かります。



表紙へ