私的臨時メモ:新型でなくてもコロナ感染症は普通に厄介

人間、犬猫そして魚類に至るまでのコロナウイルスについて

ある病気の治療をしていると、ある時急に治癒傾向から悪化の道をたどり、治癒せずに亡くなってしまう。
病巣から検体を採取して電子顕微鏡で見ると、本来の病原菌に加えて太陽のコロナに似た姿をしたコロナウイルスが
多く見つかることがあります。急に薬が効かなくなる現象を何度か確認し、論文を繰って調べまくりました。
どうやら病気の悪化を促進させる連動性がコロナウイルスにあるのではないか?と疑惑をもっていたのが約20年前の私です。

このページにある病気一覧をご覧ください。常在菌であるエロモナス菌との部分で2か所記しています。
水中の魚類にも伝染が生じることから湿度には強いかと思われます。しかも昔から多々ある病気のうちの一つです。
コロナ系の特徴として厄介なのは変異が多いこと。そして単独としては毒性の弱いウイルスです。風邪の15%ぐらいが単独での原因。
これが混乱を巻き起こすだろう罠となります。

沢山の薬を試して、とある治療薬に効果があると分かった頃にはウイルスが変異してしまって、新薬⇒効果的⇒悪化。
再度、最初から薬の選択をしなければなりません。ワクチンも同様で、絞り込んで特定や抽出が大変。
猫のコロナウイルス感染症は有名でウェットとドライがあり、ウェットは胸水や腹水を起こして惨たらしい亡骸となります。
ドライから何らかのキッカケによって目を覚ましたコロナが細菌やウイルスと連動してウェットとなるようです。

2019年12月に騒がれ始めた新型コロナウイルス(Covid-19)は、コロナ系の特徴「単独では弱いが連動すると怖い」の
微妙なインフルエンザウイルス等との違いが理解されきれず「単独では弱い」だけが独り歩きしたような初期報道でした。WHOまでも。
従って「風邪よりちょっと強いだけ」とか「インフルよりちょっと強いだけ」みたいな表現になったと思われます。
普通のコロナ類と新型との違いはDNAのPCR検査で分類しますが、ある程度のウイルス量が必要なので少量だと誤差頻発。
培養、管理が厳しいので手間がかかる。そのDNAデータを集めているのが国立感染症研究所・感染情報センターです。

何らかの細菌や他のウイルスなどと連動するという事は、コロナウイルスというのは血管やリンパ管に潜み、心臓への影響をはじめとする、
肺や腎臓や肝臓、脳、皮膚などの臓器に炎症・腫瘍が出来ると悪化させるという事で、症状としては肺炎、腎炎、皮膚炎、味覚異常など様々。
脳梗塞(血栓で急に倒れる〜武漢の初期動画のアレです)、脳炎、髄膜炎、エボラ出血熱やHIV(エイズ)から膠原病に至るまで、
他の疾患と同じような観察も病巣の箇所によって出来るだろうと推察でき、それゆえ本来の疾病・病原菌たちとの区別が必要で、
安易に「免疫システムが全滅、エイズDNAをコロナに組み込んだ」などというのは早計で飛びついてはいけません。
こういうことは全て研究結果待ちとなります。

猫や魚類にもコロナ感染症があると初めて知った人も多い筈です。元気そうでも普通に体内に存在したりします。

治療のコストと労力の制限から、どう頑張っても治療できない現実。体内にあるコロナウイルスが目覚めないように祈ります。
そもそもコロナ感染症は癌のような圧倒的メジャー疾病とは違うので、そういう点でも扱いが難しいものです。
SARSやMERSは、無症状や発症への潜伏期間が短く、早めに重篤化するので研究が盛んにされました。
この二つもコロナ系ウイルスです。新型でなくてもコロナ感染症は普通に厄介なので区別がつけにくいです。
新型インフルエンザの際にもあった「集団免疫」の概念は、変異の多いコロナウイルスでどうなるかも注目です。

私は現在の新型コロナが更に強毒性に変異することを恐れています(ダイヤモンドプリンセス号の段階)。2020年2月10日

課題その他

・ウイルス、細菌には種類による温度が関係する。気温の上昇での増減はどうか?4月から増え5月の効果的な紫外線
 ということで5月以降の感染者数減少を期待している。それまでに大きな変異が起きないことを願っている。
 湿度30%〜60%で活性が鈍るらしい(要確認)、温度60℃でも活性を保持している新型コロナが存在、SARSは42℃ぐらいで活性が止まる、
 温度では夏場でも難しそうだが、梅雨があることに加え、紫外線が強くなるので経過観察がすこぶる重要となりそう。
 紫外線には3種類あり、その中の強力な殺菌作用を持つものが5月から降り注ぐのです。理屈としては感染者は減っていきます
 魚病ページで紹介している芽胞菌、これはウイルスを超える最強な存在ですが、それすらも紫外線(C線)には耐えられません。
 オゾン層破壊によって地上に到達したC線は、人類にとって良いのか悪いのか論議する機会を設けたいと雑感を持つ今。

・専門的、科学的な論理を具現化するのが理想だが、財政などマネージメントが必須。
 どうするかの目標設定により調整が決まる。例えば……
 死者を増やさない=医療崩壊を防ぎ死者を相対的に少なく努力する、反面、収束期間は伸びる。(日本の方針はこれだと思われる。)
 早く収束させる=感染者を完全に隔離する。国民の無知な分野を啓発する。隔離人数が多いため医療の手薄な死者は増加。
 上記の日本の方針は少人数の保健所の処理能力を超えていて結果的に医療崩壊を防いだという幸運だったと言えましょう。
 他国よりも遥かに時間が稼げたのですから、その分の充実したフォローが現実化できることを期待しています。
 その結果、世界で最も成功できた国が「日本」となるように目標にしてほしいと願います。

・新型インフルで開発されたウイルス増殖を阻害するアビガンは早い時期での投与で効果的な報告がある。
 催奇性については先の魚病ページのサルファ剤でも触れているし代表的なのはサリドマイド製剤で胎児に催奇形性の問題。逆に利点もある。
 催奇性の有無を調べるのは実験動物です。アビガンの場合は実験マウスで一部に観察されましたが人間で生じた事例はまだありません。
 見ての通り簡単な説明は困難で、ちゃんとした解説を試みると冗長化してしまう。重要なのはアビガンの早期治療実施、これが課題。
 ウイルスの重要部位であるスパイクが変化すればせっかく作ったワクチンも効果が無くなるので、こちらでも時間との戦いという面が強い。
 大量検査方式(通称ドライブスルー)は、かつて日本でも新型インフルエンザで行われて効果を発揮したが、
 他国の一部では検体の管理、採取方法の管理が行き届かず感染者を増やしてしまった。この危険性の認識を持って採用すべき。
 あくまで私見ですが、日本での死者数からしますと一般のコロナ類との大きな差があるとは感じません。ただですら厄介なので。
 しかし欧米の凄まじさとの差に驚愕しています。特にイタリアの3/22報告、発症から死去まで平均8日間ということから早期治療が益々重要。
 (私の医療機関勤務時代。人工心肺装置を付けている間、患者さんには昏睡してもらいますが、7日間ぐらいで拒否反応を示すケースがあり、
 外さねばなりません。その際に亡くなるとイタリアの平均8日の発表と重なります。細かいことはニュースには掲載されませんが関連ありかと。)

・無知な人の意見を聞きすぎると間違いなく混乱する。判断材料となるデータを適切に提供し勉強してもらうのが早道。
 医療などの専門分野を部外者に理解させるのは短期では無理なので、日常的に正確な知見に触れるようにしておくべきだった。
 また過去の新型インフルエンザの際にもあった一般的に理解しずらい専門用語会見&報道が復活しているのは歓迎できません。
 ネットの匿名部分を悪用するコミュニティが多い。改革が必要と感じる。(欠点をつつくのはこの世で最も容易な仕事である。)
 カード詐欺の対策さえできればネット実名化へ改革する時期に来たかもしれません。そして某SNSではお約束の専門家下げが激しい。
 自分たちの狙いの発言を妨げるのが本当の専門家の意見。都合が悪いのでどんな件でも初期から専門家下げパターンに抜かりがない。
 また露出が多い専門家の発言がブレすぎる。科学はそんなにブレては科学ではなくなる。3.11原発や新型インフル狂奏曲が同様。
 マスクや電車について書いている。なぜ同じことを繰り返すのか、どうしてそう持って行くのか、甚だ疑問に感じている。
 しかし3月末までの雑感としては政府の動きが納得いかず、どうも首相や上層部まで正確な情報が上がっていないような気がする。
 厚生労働省、感染症学会の動きがいまいちに見える。広報がしっかり出来ていないのかメディアが敢えて報道しないのか、気がかりだ。
 人命が関わっている緊急時に科学的な理想に近づける努力をそらす人たちの多さに驚く。特にネットは無知な人を煽る工作が氾濫している

・島津製作所の新型コロナ検査キット(医療機関向け)が4月20日に発売開始。検査結果への時間が手間と共に大幅に短縮される。
 アパホテルグループは4月3日、軽症感染者らを受け入れる方針を明らかにし、同日には日本財団が簡易受入れ施設を作ると発表。
 阪大大学院医学系研究科の予防DNAワクチンは大枠の「S型」「強毒L型」の2つに対して「原理的に両方に効く」、
 北里大の抗寄生虫薬「イベルメクチン」、アメリカの重症用エボラ出血熱の治療薬レムデシビルなど効果があるという報告、
 そしてWHOによれば3月末時点で予防ワクチン候補は50を超しているという。・・・準備は整ってきたと思えます。2020年4月21日
 ⇒残念ながらWHO候補47件は”効果なし”との結論となりました。

・多くの質問から一つ。「新型と旧型は何が違うんですか?」というもの。驚かれるかもしれませんが新旧の差をあまり感じておりません(日本限定)
 同じコロナ系の共通点として想像できるのは例えばSARS(重症急性呼吸器症候群)が完治と言われてから10〜12年は体調不良で苦しみます。
 イメージとしては時々体内のコロナが目覚めるかのような感じでしょうか。通常、体内の重要な臓器は免疫からも外されています。
 脳(関門橋にて仕分け)、目、毛髪、精液など。眼球や精液の中に新型コロナウイルスが存在したという報告がありますので、
 治癒と言いましても完全にウイルスを退治できたというわけではなく、残存していれば消え去るまで同程度の予後が必要と思われます。
 抗体の免疫作用が3か月ほどで消失するらしく、免疫外臓器に潜伏していたウイルスが再増加すれば症状が再度現れてくるでしょう。
 脳の関門橋を突破するのはアルコールやメトロニダゾール云々と魚病ページでも解説していますが、何はともあれ新型はこれから。
 冒頭に書いている通り「旧型でも厄介」、陰性だったのに陽性に転じる要因の一つ。最新の知見は最前線の方々の発信をお待ちください。
 新でも旧でも早期治療でウイルス量を少なくし、免疫外の臓器のウイルス残存量を少なくすれば予後は短くなります。これは変わりません。
 平たく言えばキャリアー。これなら皆さんもお聞きになられたことがあるでしょう。金魚やコイをはじめヘルペス、人間では亜種で帯状疱疹、
 肝炎をはじめ結構ありますので、いい機会ですから他のウイルスについて調べてみるのもお勧めです。

日々増える感染者が欧米のように数千人ではない日本でも、退院者数に注目すれば退院までに凄く時間が要ることが分かります。
入院(感染者増加)と退院(減少)の割合は先読みできる資料ですから、病院内部ではいつ限界が来るか頭を痛めているところが多い筈。
文中に記していたように欧米よりも時間稼ぎが出来たのですから、そのための準備がしっかりとなされていることを期待しています。
(感染症対策は20年前にマニュアル化して出来上がっていたのですから、行うべき理想に対して現実を近づけていくだけです。)

昨年(2019年)12月より注目してきましたが、4月21日時点では、日本の死者は欧米に比べてすこぶる少ないです。
有効だったのは「検査が医療感染者を増やす」のを管理を慎重に行い防止した点、限定的とはいえウイルス増殖阻害剤を投与できた点。
塩素の入った水道水、それに加え国民性が清潔を好み、靴を履いて屋内・寝室ベットにあがらない、手を洗う習慣がある、
うがい、マスク常備、握手・ハグやキスなどのスキンシップが少ない等で感染が押さえられ医療が成立したまま進んだことが言えるでしょう。
4月後半の紫外線(A、B線)でも充分に効果的だったという部分も期待通りだったと言え「作戦勝ちだった」と評価できるといいですね。
それでも死者数が少なすぎると感じます。保険制度や現時点では不確かではありますがBCGはじめ何らかの追加要因があるかもしれません。

印象的な出来事

東京都世田谷区の会社員50代男性、九州に妻を置いて単身赴任中。
彼は4月初めに発熱し咳が出始めた。一足先に上司がコロナ陽性と判断されたため、
会社からも「濃厚接触者として保健所へ電話するように」と指示された。

発熱してから何回と保健所や世田谷区相談センターへ電話するも繋がらず、
妻へ「コロナかもしれない、保健所に電話が繋がらない、会社からも指示された」等々の報告連絡を入れた。
「胸が苦しい」旨の連絡が最後に途絶えた。次の日、会社寮の同僚が部屋を訪れ亡くなっているのが発見された。

警視庁が不審死として捜査したところ、コロナ陽性と判った。
(警察では科学捜査研究所や警察病院にてPCR検査を実施している。)

大規模な感染症対策の場合は少人数の職員しかいない保健所への電話は繋がりにくくなる。
職員を増やすか、地域の中核病院である国立病院、公立病院が検査施設とスタッフの教育で
カバー体制を充実させ対応を増やさねばならない。東京都医師会ではPCRセンターを47か所設置する予定。
世田谷区ではようやく電話を4回線から6回線に増やした。#世田谷は「区」ではあるが大都市クラスの人口。

高額な税金を払っているのに、いざという時に電話が繋がらずに死亡するなどあってはなりません。
今年の夏は何をしようか、来年の夏は何をしようか、まさか今月に元気だったのが亡くなるなんて、無念と思う。

初期の頃の結論として

5月の紫外線による激減があるかどうか、秋口からの第二波への心配をどうするか、季節が逆の南半球からの食糧調達、
東京の一極集中、帰国者等の強制的に隔離できない人権問題、いろいろと過去に指摘された問題が世間に露出しました。
行政のデータに関するプレゼンテーション不足、メディアやネットの不思議な流れや煽りなども再認識されました。
また欧米の惨状は一部欧米メディアの「DP号対処批判」によってマスク不要論まで出る始末。これらの煽りも一要因でしょう。
WHOの権威失墜は昔から見ている人間からすると信じられない出来事。科学に政治が入り込んで歪むというのは最も避ける点。
通常のコロナ感染を知っていれば容易に人対人の感染はありうると判る筈。警戒宣言遅延、初期の発言は見逃せません。

尚、関東圏、特に東京都につきましては検査データの量が相対的に少なく、無症状入院患者への検査保険適用がされた為、
4月後半に検査能力が一時的に外来へ回せなくなったりしました。その程度で新規感染者が大きな割合で減っています。
収束に向かっているとはデータ上では評価しずらく、日本全体の傾向で東京都の状況を把握する必要があると思われます。

・アビガンが5月末にスピード承認となる見込み。これで早期発見、早期治療の医療本来の状況になるだろうとホッと一息です。
 ちなみにアビガンというのはウイルスが増殖するのを阻害する薬なので基本的にどんなウイルスにも早期に効果が出ます。
 また、スズメバチで有名なアナフィラキシー……のような免疫暴走(サイトカインストーム)すら抑える作用もあるとの事です。
 重症用のレムデシビルはいち早く5月初に承認されました。現在入院されている方々が治癒するかどうかが致死率で重要。5月9日追記

・この後で話題で出てくるだろうことは、お馴染みの特効薬云々の民間療法的なもの、効果がないほど薄めた薬剤の商品など。
 今回は以前のインフル狂騒曲より煽りもひどいので、知識のある人以外が見抜くことは容易ではありません。ご注意を。
 最近覚えた専門用語ばかりで薄っぺらい話、容易な説明が出来ない人(知ってもらおうというスタンスが少ない)など共通項が多くある。
 コロナウイルス感染症に選択的に効果のある薬剤があるなら10数年前に私ですら魚を使って研究しています。あまり近づかないこと。5/11

 またSNSで常識かのように語られる内容と専門家の発言が異なる場合、即否定ではなく医学的に何故かを考えてみてください。
 マスクや電車など新型インフル狂騒曲(2009年)にて理屈を解説しています。否定ばかりより知識も向上していきますから一読ください。

結論・考察

政府・行政やニュースでの動きは、ここのページ解説のどの部分に拘るかで差が生じます。
真逆に見える方針があったとしても医学から大きく逸脱しているわけではないです。
ただ新情報や新研究が出ましても、20年前の研究から新知見となるものは出ていないと感じています。
(医学の空白の20年みたいに、過去に戻ったような、やり直ししているような感覚です。)

特別にお知らせすることがある際は追記いたします。

・7月16日、東京都で新感染者の発見が280人以上の記録更新となり、全国でも多目に散見できるように新感染者が増加しています。
 私は5月〜6月の紫外線による減少データと密集地での増加の相殺がどうなるかを分析していますが(秋の2次流行に向けて)、
 現在、増加が上回っていますので危惧しています。反面、4月に比べ重症患者がかなり少ないデータがあるので、実態はどうか。
 類似コロナの予後の期間(10〜12年)や医療保険・税金負担に関わる国籍別新患者数、感染経路の理屈が報道不足と思います。

魚病の種類と治療マニュアル〜手術方法まで:外科手術まで行う作者の治療法の基礎をご紹介。
新型インフルエンザ狂奏曲(当時の修正報道前):マスクは口鼻に触るのを防ぐための有効アイテム。
地球温暖化の意味は”気象メチャめっちゃ化”:これが正解。CO2の意味が理解できて嬉しいはずだよ。



戻る