古さを感じさせない良い記事とは思うけど…

エンターテイメントの考察
Entertainment(エンターテイメント、又はエンターテインメント)


広告業界がネット開始初期の時代にはかなりの羽振りを見せ付けていましたが
現在は大変厳しい時代に突入しています。

無料でビシバシあった「広告費で運営しています」という広告収入費での
サーバー運営者(社)がその煽りを受けて突如消えるということが頻繁です。

もちろん、突如消え去りますのでせっかく作ったサイトを始め、無料CGI(掲示板など)は
涙を飲むしかありません。

これも広告関係がもう維持できないと広告配信を撤退することから始まります。

ちょっと解り難い話から入ってしまいましたが、要は無料で使っているものは
突如消えても仕方がないということを最初に頭の隅に入れておかないといけません。
(タイミングよく?この記事のアップ直前に評価シート待機中のベトナム館さんの掲示板が
そのパターンに遭われてしまわれたようです。)


どうして現実社会では強さを誇る広告代理店、広告業界なのにネットではダメなのか?
多分、評価とネット法人会の記事で書いたネット(サイト)を単純に宣伝広告媒体と考えている
からだと私は思います。原因はズバリそれでしょう!(言い切るか〜←突っ込まれるなぁ多分)
いや、単純に書くとこういうことだったと考えてくださいネ。

しかし、それなら広告業界はネットではどうすればいいのか?

そんなことは私の知ったことではありませんのでご自身で考えてチョ!と思うわけです。


とはいえ、このページは薀蓄を書く部分ですし、題を見れば判ってしまいますけどネ!

エンターテイメントッッ!

そうです。分析・評価は簡単ですが作り上げる際に一番出来ないのがこれです。
私自身も永遠のテーマで取り組んでいます。といいますか、これが出来れば
苦労はないですからね〜。楽に、どんなビジネスでも成功してしまうでしょう。

一番最初に取り掛かるのは何がいいでしょうか。

専門単語を簡単な言葉に置き換えるのも一種のエンターテイメントでしょうか。

@エグゼクティヴ、ハイソサイティー

社会的地位の高い方

A米国法人設立と日本国納税者番号申請

アメリカに株式会社を創立して代表取締役社長になって女性(男性)にモテモテ

Bニューロ・ヘーマル・オーガン(神経分泌突起)

ホルモンを分泌する器官。君のアドレナリンは燃えているか!?

ただ、内容が薄いのに簡単な言葉ばかりですと、運営者の脳みそも軽く思われてしまいます。
内容が薄いときには専門用語を多用して言葉も重くして、内容が濃くなってから簡単な言葉に
するのが好いでしょう。



ネットを分かりやすいもので連想してみますと映画があります(だいおう的にネ)。

映画をネットとしますと、スピルバーグのジョーズはカテゴリーのサメになります。
皆さんはジョーズを何作まで見ていますか?実は最近でも「ジョーズ復活」とか
「ジョーズ’99(だったかな)」も出ています。いやぁ、サメのカテゴリーはいまだに強いですね。

でも、最近のは観られてもいないし、聞きもしないとなると今のネットのサイトにも
当てはめれます。

そう、最初のカリスマサイト達はヤフーに載りやすく、最近の類似サイトは載りにくいというのが
同じですよね〜。私なんかも自分では作れもしないのに「つまらんなぁ、最近のジョーズは」なんて
思ったりして。(←観ているじゃん)

最初のカリスマであるスピルバーグが作ったものはエンターテイメントしていますね〜。
------------------------------------------------------------
エンターテイメントの例@

サメ退治の専門家と共に地元を恐怖の渦に巻いた大型のサメを退治に行く主人公が
初めてターゲットのサメを見て言います。
「ち、小さすぎる…」
そう、自分たちが乗っているボートのことですね。このセリフは怖いですよ!

観ていた観客は頼もしいサメ退治のベテランとともに、今まで出てきたどの船よりも大きい船で
出航したので、これなら大丈夫、サメはやっつけられると感じていたわけです。

観客「・・・「小さい」なんて。(いや、それほどそのサメが大きいなんて…)意外っっ!!」

------------------------------------------------------------
エンターテイメント例A

また、古いアニメで恐縮ですが「うる星やつら・ビューティフルドリーマー」では

閉じられた世界に入り込まされた主人公たちは車、バス、電車で一旦出ようとしますが
なぜか元の場所に戻ってきます(電車は環状線ではないという注釈付)。
そこで、最後の手段の飛行機(しかも、ハリアーだっ!)を使って脱出を試みます。

観ていた観客は多分、当然?思うわけですよね。電車などが駄目でも飛行機なら脱出できるでしょう!と。

離陸してすぐに見えたものは大きな亀に乗った町の姿でした。これは脱出できませんネ。

観客「おお〜〜〜、飛行機なら脱出できると思ったのに意外っっ!!」

------------------------------------------------------------

結論

スミマセン。長くなりました。

結局、スピルバーグも、うる星やつらのもヒットした映画も身近な感覚を起こさせつつ
意外な普通では想像できそうにない部分をくすぐるんですね。
それをサイトのテキストで
作ってみると考えましょう。

ご注意:映画とネット上にあるサイトでは分量や数がまったく比較になりません。
大ヒットを飛ばすことを自分でも出来るという勘違いは大変な隔たりがあります。
この相談所もインパク・パビリオンですし、ヤフーの2カテゴリーに登録されていても
ヒットしている訳でもありませんからね〜。厳しいですよね。

@ザ・懐中野郎の例

この懐中時計を喫茶店の机の上においてみてください。友人やウエートレスさんも
つい見てしまうことでしょう。それほどの質感をブランドが関係ないにも関わらず
オーラとして出してます。いい気分ですよ!ただし!!トイレに行くときはお気をつけて。
よく無くなりますから。

という感じで解説を書くと読者がその懐中時計を持った時のイメージを伝えることが出来ますね。
トイレに行くと無くなるというのが意外という感じでしょうか。

補足

懐中野郎では素材のページ飛行機の機体の素材まで書いているのもこれの一種かもしれません。
ここまで来た読者さんは「懐中時計のサイトで…意外ッッ」と。

@下着の場合

店長お勧め
この試着したときはスカッとして、今まで使っていた下着よりもなんだか脇も締まりますし、
違和感や皮膚のずれが気になりません。揮発性もよくてムレる感じが抜群になく爽快な気持ちに
なります。今までは毛が何%、綿が何%、アレルギーがうんぬんと細かく気にしていましたが
そんな感覚を忘れた装着感です。親戚の同じ年頃の女性に見せたら下着跡が無いわよと言われ
ビックリです。人に因るとは分かっていますが個人的に店主のお勧めとしています。


下着跡までないというのはありえませんが、ちょっとさくだいおうの想像力のなさで
ありふれた解説文章になりました。(分野の違う人がいきなり良い事が書けたらいかん…言い訳)

結局、下着といいますか、ブランド品や身に着けるものなどすべての物品に言えると思います。
それを読者さんが行ったり、使った場合のイメージを伝えるのがメインのテキストになると思います。
それを仮の体験としてテキストで読者さんに感じて頂ければいいわけですね。
でも書きすぎるとくどくなりますから適当に散らばせる感じが必要です。

サイトのエンターテイメント性が高いというのは、読者さんに疑似体験をさせる部分が多い事だと
思っています。

言うは簡単、行うは難し。なかなか出来ない筆頭のテーマですネ。
見ての通り評価することは簡単ですけど。



書き忘れていましたが、エンターテイメントのし過ぎは別の世界?へ
入ってしまう場合がありますので加減が必要です。


例:病院サイト

患者さんや人間ドックを増やそう!真面目な題材でやっていたら閑古鳥だ。
         ↓
よし、擬似体験としての部署を書こう。
         ↓
普段、一般の人が体験できない所がいいなぁ。よし!目玉に「霊安室コラム」を書くか!
         ↓
アングラサイト系で「これはリアルな世界だ!」と評判になる
         ↓
初期の患者さんを増やすという目的を忘れる
         ↓
怪しげな大人気サイトになる…題が病院名から「僕の霊安室日記」と変わる
         ↓
さらにエスカレートして、「僕亡くしちゃったもんネ」と題が変わる…
         ↓
患者さんが病院サイトの知名度の上昇とは反比例して減っていく。不思議だ…

@これはこれで面白いかもと思ってしまった

------------------------------------------------------------

広告業界?あ、そうでしたね!
見かけのアクセスが高いところに配信しているのではなくて、エンターテイメント性の高いサイト
に多く配信したら最初期のネット・バブル状態に戻れるんじゃないですか?もちろん、〜機関が評価した
サイトではなくて本質を見抜いて探すんです。そう。広告業界にもしっかりと本物を見抜ける
能力が必要でしょう。

あ、ネット上での事です!
現実社会では見抜けていると思いますので誤解の無いようにお願いします。

具体的にどうすればいいって?そうですね〜。社員全員が個人サイトを作ってヤフーに全員登録できたら
素晴らしく見抜けるようになります(笑)。簡単簡単。(@98年夏以降に登録した個人サイトを全員の
社員が持っている場合はメール下さい。こちらで大々的にリンク・宣伝しますよ!)

そういう広告会社さんなら将来伸びますから私も最高のおもてなしをさせて頂きます。
逆にこのサイトのクオリティーも高くなりますし。

社長=社員=一人は勘弁してください…。出来れば5〜10人ぐらい居て欲しいな…

@あ、話がずれましたが、ネット関係の会社さんならそういう社員をたくさん集めましょう。
ネットで新たな構築や発想が出て来ますし、会社のサイト上で「社員紹介」で出せば
凄い宣伝インパクトがあります。(まだ見たことはありませんから本当に使えそうです)




・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・出来るといいですね…健闘を祈ります。



ビジネス展開に必要なのはデザインなどではなく、テキスト。
ヤフー登録も「ビジネスエキスプレス」が出てきて、記事内容では
無料で登録できた社員が5〜10人居て欲しいな」でしょうね。