客観的に誰にもわかる実績を作ろう
〜業界からの飛び抜け出し方

ネットショップは距離が短い!(合言葉)

これは運営者ではなく、サイトを見てくれている購買者が見るとそう思える事です。
というのはどんな巨大企業でもサイトを見ていると相手は企業ではなく人のように
思えてきませんか?これ重要です。これがどう飛び抜け出すための話につながるのかは
最後まで読んでくださいネ!

▲最後にオチがあります。


他人の自慢部分は大変読むのがつらいと思いますが関連していますので頑張って
読んでください。

(昔話)

私が病院時代何をやったかというと、医者をスポーツジム(ルネッサンス系)や企業に派遣して講演会、
その講演会で兼務の調剤薬局の扱う健康関係のものを紹介、ジムや企業はいつでもバックに
頼りになる病院があるということで他病院との差別化は相当ありました。他病院で入院できなかった
そういう会社の社員がいれば他病院にお願いをして(圧力をかけてともいう)もっといい病院の部屋を空けます。
コンビニで栄養バランスを取ろうというポスターを作ったりもしました。
H技研でそのポスターを見た人がいればそれは私が作ったものです。ハイ
(簡単に思えますが、医者をそのように使うことがどれだけ困難だったか。また、他病院へ圧力をかけるのも
お願いするのも特定患者にどうのこうのとか病院としてうんたらと大変でした。患者さんに良かれとする
ことをできる限りするべきでありというので押し切って実現しました。)

医療器械メーカー勤務のときは中東の病院、医療システムに理想像を追って当時のクエートに
サービスセンターを設けようと画策。相手代理店と打ち合わせも済み、クエート国家側にもOkを
もらってさぁ、本社の幹部に許可をもらうかというところでイラクの侵略。

結果はどうであれ、発想とは実現させる行動力そのものです。
------------------------------------------------------------
頭脳明晰?ハイハイ。言葉巧み?ハイハイ。
現在でも偉そうにしている立場の人たちは彼らは彼らがバブルを引き起こしたことを忘れています。

今がチャンス!あなたの発想&行動力で業界から跳びぬけた存在になりましょう!
------------------------------------------------------------
(PR出来るものの選択)

業界から飛びぬけるには誰もが第三者的に、又、目に見える「スゴイ」ものを引っさげてPRすれば
雑誌やマスコミは無視できなくなり取り上げます。それまでは辛い時代を過ごしますが当然です。
ただ、それを過ぎて飛び出る様になると、逆にマスコミから毛嫌いされ敬遠されます…。
自分よりも優秀なものには嫌悪感を持つ傾向があるのかもネ。

私が何かをするときは第三者でも分かる実績といいますか、評価できるものを探します。
それまでは「なんでそんなことをするの?」とか「必要ない」などと言われたりします。
また、実際に実績を作ったとしても「購入層」へはアピール出来るものの、購入層でない人たちには
イマイチ理解されません。

実際、このネットショップ相談所を訪れた人がそれ以前にわたしの懐中時計の販売サイトを見たとしても
なんとも思わずに通り過ぎたはずです。

また、一般的な材料といえばこのネットショップ相談所は一般的な題材です。そして、同じような
サイトはいくつかあります。それらよりも飛び抜けれるかといいますと一般材料では差がつけにくいです。
(強いてあげればヤフーに登録できているかどうか…です。)

一般的材料では飛びぬけることは難しい気がします。ゆえに、専門での飛びぬけた材料を探すのが
一番ですね。簡単には見つかりませんが、チャレンジしようと考えれば必ず見つかり、世間へアピールできる
はずです。

参考に私が取った方法を記述します。


山ほどある時計の個人売買サイト、通販店舗もちサイトのライバル?たち。…この中で飛び出すには?

@サイト作成(大変ショボい状態)貰ったパソコン+資金は60万円(+伝家コレクションと自分の知識)
      ↓
A売る=世界一の知識者(自負はある)を名乗るためにはそれ相応の誰でも目に見える実績が必要と考える
      ↓
B海外の有名なオークションの盗難品を発見しよう⇒誰でも「スゴイ」と思えるものですね。
      ↓
Cアンティコルムの盗難品発見(キュレーターの存在があることが更に上位を自負できる。)
      ↓
D社会的地位の高い顧客まで集まった(教授・助教授、病院長、医師、大企業社員、公務員、作家など)
      ↓
Eお客さんの肩書きに負けないように頑張る…販売実績が気がついたら個人売買で日本一(らしい)
      ↓
Fヤフーですら企業としての扱いの登録をしてくれる(個人売買で全国版ビジネスと経済は異例)
      ↓
G株式会社化を進める(東海大雨で延期)
      ↓
H世間的にさらに確固たる信用を得るために…権威が欲しい…
      ↓
Iインターネット博覧会へ参加案(当時はこことネットショップ二つを検討)
      ↓
Jインターネット博覧会へサブサイト(ここ)で参加
      ↓
Kコンテンツを充実させてサブサイト(ここ)をヤフーへ登録
      ↓
L2000年12月の月商は610万円。たった一人で仕入れから販売・フォローまでやって
返品は3.5万円1個だけ。気が遠くなるほどの忙しさ。


今後の予定(&夢)

      ↓
M2001年単独株式会社にするつもりだが、自分の経営する有限会社に業務を入れるか…考え中。
      ↓
N年商10億社員10人(私が今10人いれば単純計算7億年商)(夢)
      ↓
O2002年エレクトロニック・コマースの国家資格などが制定?このコンサルティング・サイトが目玉に(夢)
      ↓
P実績のあるコンサルティングがかなり重要な時代に。ここは株式会社に変更登記(夢)
      ↓
Q年商20億のコンサルティング・アンティーク・輸出入販売株式会社へ(夢)
      ↓
R時計博物館を設立。時計と産業が密接につながっている、ブランドよりも物自体で判断しようという
日本国民の忘れてしまっている価値観の啓発など…後世に残したい。(夢)


どうでしょうか?

私は別に天才でもなく、凡才です。努力して這い上がる?タイプです。
天才だから出来たというセリフは実は一番嫌いで、更にお金を使って事業を起こすのは
簡単と思っていますので(お金を使って)優秀な実業家気取りをしている人も嫌いです。

飛びぬける為に最初にとったのは「アンティコルムで盗難品を発見」というハードルでした。
その業界で権威?と考えれる世界に誇れるものを探してみましょう。

事業とは夢を持って実現していくということは誰でも口にできます。
現実が厳しいことも肌で感じれます。しかし、やれないことはありません。もしも私が
夢の部分を実現しましたら60万円から起こした年商20億の会社です。

世界にはドリームが転がっているようですが、ドリーム側になるのを対岸の世界と思うのではなく、
地道な作業でも近い所まで行くことが出来るということです。

私の歩んだこの道があなたへの勇気を沸かしてくれるなら幸いです。

距離が短い⇒サイトが人であるならば…!!
手っ取り早いのは、ネット上であなたを売り込むこと。ネットショップのオーナーや
担当者であるあなたのことです。大体、ノウハウをいろいろと書いていますが
実は私ことさくだいおうを売り込んでいるだけとも思えませんか?(自覚はあまりなかったけど)
手っ取り早いと言いながら、実は現実社会の営業マンに対してと同じことじゃないでしょうか。
商品ではなく、自分、または会社(の担当者)を売っているのです。

目標があればネット上で約束して自らをプレッシャーで追い込んで発奮するというやり方も有効です。

かの落合は言いました。「俺は今年三冠王を取る!」と。

マスコミに公表することによって自らを発奮させたんですね。

ただし、実力が伴わないとただの大ボラ吹きになってしまいますが。

落合選手を出していた事が、時代を感じさせすぎます(遠い目)=2001年追記


さて、その後は…

勢いの有る作者さくだいおう節、楽しめて頂けたでしょうか?
この記事を書いたのは2000年だったかな?・・・イヤハヤ、怖いもの無しとは素晴らしい!!!(冷や汗)

では、2003年の状態ではどうなっているかを書きましょう。

この後、オーバーワークのまま暴走していた作者は、ついに体調をすこぶる壊します。
寝る時間も少なかった為に気が付いたら休養が必要なほどでした(ガ〜ン)。

頑張ったおかげでサイト自体は充実し、アクセスも安定してあるようになり
ハタから見れば順調そのものに見えます。

しかし、アクセスが多い=問い合わせなども増えるということから、日々それをこなす事で精一杯。
結果、個人では対応の限界を超えるようになりまして、夢を追いかけるどころか
腰を据えて取り組むことやニュービジネスの構築をする事が出来なくなりました。

2003年現在は療養しながら趣味レベルでサイト運営しているレベルにまで落ちてしまい、
生活するだけで精一杯の情けなさ!!!

ネットの作業量、売買の作業量などを考えて、アクセスが多いということは
好いことばかりじゃ無く、自動化をしなければならないことが必須でした。

私はそれを怠っていた為に、日々の作業量がドンドン増え、限界を超えても気付かないまま
体を壊すまでに至りました。結果、昔出来ていた仕事量も出来なくなる低落。

教訓としては「頑張りすぎてしまうと大切なものまで無くしてしまう事がある」です。

名声を得ても、お金にするには「作業」が必須。
その名声を得るために体を壊していては「作業」が出来なくなります。

「頑張りすぎて体を壊してしまった」という典型的なバカをやってしまった私。
ここを読まれた読者さんには「わたしのようにならないで」と願うばかりです。
頑張りすぎには注意してください。


▲頑張りすぎて体を壊し逆行してしまった時、本当に死にたくなったほどです。

いや、本当に。何をやっていたんだろう?私は…という悔しさの破壊力は
凄まじいものがあります。そして体は平均的な人よりも動かなくなり…。

(年間の自殺者約30000人の一部には同じ人も含まれていることでしょう)