あなたの友人が遊びに来た。Aさんなら何処そこへ連れて行こう。
Bさんならあっちへ連れて行こう。人によって変えるよね?
休み所を喫茶店にするか、レストランにするか。VIPなら高級ホテルか。
サイトも画一的なものから抜けるのが中級者といえましょう。

超簡単!!!ワンポイント集その1

まずはサイトの作成や運営で、どういう注意点があるかをサラッと流しましょう。
貴方が読まれて「知っていることが多いな」というのならチョット待った。
理解している事と、実践できている事には大きな開きがあります。

分かっているさ…というのは一旦置いておいてください。余計な知識は捨てる事!!!
頭をまっ更にして「初めて学ぶんだ」という気持ちで第1歩を踏み出してくださると効果的。
さぁ、頑張って行こう〜〜。

小手先の技術では半年後閑古になりかねない

検索語で上位に入ったりするテク、サイトを適性?にするテク。カウンターを上げるだけのテク。
様々な技術や技がノウハウとしてネット上にあります。人気が有ります。
しかし、出ては消え、出ては消えます。ああ、無常。

それを「良い」として取り入れるのも由ですが、絶対の手段じゃないです。
今その技術を紹介しているサイトが何年運営されているかどうか見れば簡単でしょう。
(半年ぐらい前に出来たサイトさんじゃないでしょうか?)

私(作者)は細かい技術は一切気にしていません。
でも当サイトがこの手の一番の老舗。しっかりカリスマ?として生き残っています。
気にしなくても王道のサイト作成・運営をしていれば、検索でも上位に出てくるものです。

お金を投資するなら是非ウチへ!!!(←冗談です)
上で紹介したテクを出しているビジネスサイトさんはウチのオススメを貰いましょう(←有料です)笑
つまり長い目で見ればウチのウンチクが1番ってことかな(←くそナマイキです)

●無駄タグを見れば、私が細かい事を気にしていないことが丸分かり!!!
だけど良い子はマネしないようにネ。痛いサイトになっちゃいます(汗)

よくある出来事

Q:サイトを真似されたらお客さんをごっそり取られてしまった…
(ショップオーナー)

A:それは貴方のサイトがカタログだからです。
パクられない為には何が必要?隅々まで読むように!

Q:会員費を取られた先が、綺麗さっぱり無くなっていました
(詐欺られた人)

A:すぐ閉鎖のできる半日で作ったようなボリュームの無いサイトは要注意!

はじめまして。突然のメールで失礼いたします。
新しくホームページをつくったGT.もーしょん!!管理人の
くるーにぃと申します。
千葉県バスケのクラブチームの紹介を中心に
占いやExcelVBAについての紹介をしているページです。
まだできたばかりですが、
さくだいおう様のホームページをみて日々勉強させて
いただいております。
自分のようなお金をかけて作っていないページでは
無料で勉強できるインターネット研究会のページは
大変ありがたいです。GT.もーしょん!!

相互依頼ありがとうございました。まずアップしましたが、
ハンドルネームからパーフェックトストームやオーシャンズ、
集中治療室ッシリーズのジョージ・クルーニを連想してしまい、
つい、失礼ながら速攻で反応してしまいました。

<自己採点の勧め>

まずはここを読まれましたら自己採点をしてみましょう。

重さについては将来各家庭で光ファイバーやコンセント(電気)で
ネットが見れるようになったら関係なくなりそうです。
その時にはトップページでドクロを回転させようが炎をタイトル周りで燃やそうが
デザインだけの問題となって関係なくなります。

オリジナリティーはあるか?
検索で簡単に調べれる類似サイト以上。

内容に充分なボリュームはあるか?
商品なら関連情報を。

双方向性のウエートは高いか?
一方的に主張していたらXなのは当たりまえ

記事ごとに分けられて整理整頓されているか?
サイトの構成、流れ、リンクスモール窓出現かぶりまくり

デザイン・音楽
色使い、重さなど。⇒音楽は要るか?JAVAスクリプトエラーなど

ターゲット層への絞込みはあるか?
ご自分のターゲット層へのアプローチはあります?

●充分なボリュームがあれば、すぐに閉鎖が出来ないということから信頼性が出て、
パクリ(真似)をされたら一巻の終わり…ということすら防げるのではないでしょうか。
詐欺的なサイトを見てみましょう。半日で作ったようなサイトばかり。

●文章に「で・ある」が主に使われている場合は反感も買うということを覚悟しましょう。

●段落の改行は適切か?
スモール窓での表示、お気に入りバーを出したときの表示など
文章の折り返しが変になっていないかチェックをしておきましょう。
(表の中では80%で折り返すのがいいBy J&Lさん)

●ほとんどのネットショップさんはカタログ化していると思います。
カタログでは固定客は出来ませんし(=現実社会のお客さんがネットで注文をくれるだけ)、
信用が有る無い以前に別のページへ飛んでいってしまいます。

訪問販売法を入れた…、セキュリティーを高めた…、オーダーフォームを置いた…、
買い物篭が使いやすい…これらに注目するのも結構ですが、
読者は平均56秒でサイトからサイトへ移動するという現実を噛み締め、
考えた道筋を検討しましょう。

貴方のサイトで内容記事の頭に「私の」を付けてみましょう。
ネットショップで自己主張型は致命的にダメです。
私の〜ばかりになっている場合は、独立させ自己紹介ページにしましょう。

<例>

私の家族の旅行写真、私の家のペット、私の子供の成長日記…などです。
見る人は知人や義理の人以外いないでしょう。
どうしても書きたい場合はネットショップで書くのではなく独立させてください。
私の〜が付かない記事の分量がネットショップ、つまり読者を意識した作りの量です。

<運営姿勢>

ネット上の信用というのは、現実世界の信用とは全くの別物
ということを感じ取っていますか?社長さんでも一般ネット人。

ガンム(漫画:銃夢)の作者があろうことか掲示板で同一ハンドルネーム(ガンム)を
使っていた一般の方に使用差し止めを言ってしまった事があります。

言われた方はその作者よりも前からホームページを立ち上げてガンムのハンドルネームを
使っていたにもかかわらず…です。漫画も読んでいなかった彼は作家の先生がわざわざ
言ってきてくれたので自主的にホームページまで閉鎖しました。

ただ、問題は「人気作家の私がわざわざ言ってあげたんだから」のムード漂うメールだったそうです。
そして高飛車な作家の一方的な閉鎖指示に事を知ったネット住民の同情と怒りが爆発し
一般人の彼に現実社会の社会的立場を強いらせた作者への非買運動、嫌がらせ、出版社への
クレームなど大きく荒れました。また出版社も(いつものように)反応が遅かったために非難の的へ。
社会的立場や信用をネットへ持ち込んだ典型的な事件でした。

事件簿(ネットワーカー研究所)
…当時言及していた所長さくだいおうの”さくさんのつぶやき”がリンクされてました(笑)
銃夢作者のお詫びの部分
…結局、謝る事になりました。

ガンムは、映画エイリアン2やタイタニックで有名なジェームズキャメロン監督が映画化するそう。

如何に本気で取り組んでいるかと言う姿勢を訪門者に見せていますか?精神論ではない。

例えば、お客さんやお客さん候補へのメール(でも、メール書き過ぎで体を壊さないように…)。
掲示板への返事など出来る限り頑張ってやりましょう。
これは閲覧者への「一生懸命やっています」というメッセージだけではないです。

運営側にとっても”ネットでも大変”という、何らかの難しさ・壁を感じるために必要と思っています。
大変な仕事をしたことがないというサラリーマンなら、所謂”血反吐を吐く”総合力や努力、
忍耐力はもちろんのこと、人生観まで変わってしまうかもしれないほどの威力があります。

ゆえに、多くの方々が出来ない続けれない筆頭のものです。
せめて物理的に対応できないアクセス数になる限界までやってみては如何でしょうか。
限界区切りのアクセス数は自分で設定してもいいですし、私の経験では1日60通(コピペ無し)でした。

以下は私の例でサブサイトで重要なメールを見過ごすところだった件です。

サイトを作っている方=運営者(管理人)ならよく分かるメールの量。
1日50人が閲覧するサイトで1日1通メールが来るとしましょう。

学校なら1クラスちょっと、大企業なら部・課ぐらいの人数でしょうか。
2通だったり5通だったりする方は倍倍してみればお分かりの通り。

100人のサイトなら2通。

1,000人のサイトなら20通。=大企業の従業員数

5,000人のサイトなら100通。

10,000人のサイトなら200通。=ひとつの街の人口
(作者はUMAサイト以外も持ってまして結構たいへん)
それに加えてエロやら企業やらの宣伝メールが来ます。

特に更新されているウンチク系・解説系のサイトの場合、
質問などが出てくるためメールは一般よりも多くなるのが普通です。
逆に自動化されているサイトはアクセスが多くてもメールは少ない。

出版社のように編集部が介在することはなく
作者に対してダイレクトなためたった1日でこれですから、
サボってしまえばメールやBBSのレスは貯まりまくります。ハイ。

頂くメールに全て返事をすることは物理的・能力的に不可能であり、
見逃してしまうことすら多くあるほどです。

雑誌掲載文の校正依頼などを見過ごし、締め切りに間に合わずに天を仰いだ事も。
(←ボツった)

従ってサイトで採用しているメールは極僅かですし、
読んでいないのか、レスは未だかと怒られたりは日常茶飯事。
マスコミさんや超VIPですら失礼してしまい後で焦る事があります。

また何かトラブル(クレームやBBSでの荒れとか)があれば他のことは全てストップ。
それを毎日、1ヶ月、そして毎年毎年、繰り返しているわけです。

企業のように質問担当、更新担当、クレーム担当、相互リンク担当、
掲示板(BBS)担当を何人か置いたり出来ないですからね。
1日多くメールが書けたとしても60通が限界です。

ということで、メールのやり取りをシッカリし始めると、全ての喜怒哀楽を経験でき、
自分に足りなかったものを直視させられ、簡単なことですら、やり遂げる・続ける大変さに愕然。
多くの大人は、こんな経験をしたことがないでしょうし、新たな自分を発見できるかもしれないほど。
好きな異性にメールを書きまくり・出しまくるのとは別物なのを実感できます。

何時まで経っても「当たり前」が出来ていない企業・担当者はクビ!?

第三者的に誰もが確認できることに消費者軽視があります。
利益をもたらさない一般閲覧者へのサービスも限界があるでしょうけど、
ネット社会で気の抜けた「まぁ注文が来ればメッケもんだ」という姿勢を見せつづけていれば、
逆に現実店舗への信用にも悪い影響を及ぼす可能性すらあります。

こんな事は当たり前の事ですよね。気の抜けた企業姿勢がダメなのは。

ところが、これを解説している時には、多くの企業が”ソレ状態”でした。
多分、何年経っても同じ気の抜けた企業は多いと思っています。ネット上の話です。

会員などの個人情報を垂れ流したり、ウイルスを撒いてしまったり、社内秘の重要事項や、
果ては国家機密に関わるようなことまで、流出しつづけるはずです。

それらは、担当者が楽をしすぎて一生懸命に仕事をしていないから知識不足で起きます。

まぁ、1度や2度は流出させて世間から非難を浴びない限り実感できないものかもしれません。
気がついたときにはクビになってしまったら、これは悲しいです。

こんな人材を10人そろえれば数億円の新しい売上が発生するはず。

外資系ハイテク大企業のIT担当者に「君の会社のサイト、ちょっと重いよ」と言いましたら
「アクセスとか別に要らないから」と返事がありました。「ネットはチラシ…」とも。

しかし、これは理由ではなく負け惜しみ。

多くの個人がサイトひとつで1年で2〜6千万円の商売が出来た事を考えれば、
(多くの人が借金が0円ということも重要)ネットの有効性は大変なものです。
更に無名のイチハンドルネームで始めたケースばかりですから。

大企業なら一体全体どれだけの商売をもたらしてくれるんでしょう?
こんな社員が10人いれば1年で2〜6億円ですよ。投資は殆ど要らない。
そういうツールを「ネットごとき…」程度と認識しているのはイケマセンよね。

10人もそろえるのは難しい?

いえいえ、私に声をかければ早くも1人確保ですよ。

アクセスアップの登竜門・ヤフー登録は根性と努力と忍耐力だ。

私の経験ではヤフー登録を果たした後、他のメジャー検索サイトさんにデレクトリーで
登録して頂きました。私からの申請ではなくメールで「登録させて頂きました」と着ました。
これ重要です。現実、ヤフー登録にはこれほどの効果があるのです。

現在、個人サイト、営利部門がやたら厳しい状況のヤフー登録。
’98、8月以前は申請登録100%。現在その頃の特にしょぼいサイトは逆に
整理整頓が始まっているようです。

変更申請したら消されちゃったというケースまで聞きました。

検索で王者のヤフーは、私のサイトのスーパーマニアック”懐中時計”ですら
1日約20アクセスあります。放っておけば閑古鳥巣作り確実のサイトなのに。

Yahoo!への申請数は一日1000〜2000サイトもあるそうです。

登録の合格率は東大並。公的・大企業・有名人は登録が容易いので
その部分の登録数が多いのが他の登録数を圧迫しているようです。

懐中時計では21回の申請実績を誇るわたしの登録チャレンジ。
その代わり、登録後はビジネスと経済・全国版・時計のカテゴリーで登録。やったね!

しかし、近道は登録されやすい地方・ビジネスと経済⇒で登録するのがベストです。

単語検索で引っかかれば最初はOK。変更は出来ます。
それでも10回は落選・構成など作り直し・再申請が必要かも。

▲後のページで紹介しますが、商用サイトに限ってビジネスエキスプレスという
優先コースが出来ました。

一方、この相談所のサイト分量はザ・懐中野郎の10分の1もありません。
分量だけ…ではないですね。上で紹介したカモノハシが載っているのはオカルトサイト。
こちらは最後に作っただけに完成度の良さを目指しました。そのおかげでクールマーク。

「お客様(読者)を大切に」のアドバイスは誰でも出来る。

言うは易し、行うは難し。

「お客様(読者)を大切に」という言葉だけで実際一冊の本は出来ます。

1ヶ月はお客様を大切にできても1年持続させるのは難しいです。
何事も挫折しないようにしなければいけないですが、本当に大変。

大量のアクセスを得れば、読者さんたった一人の為にフォローは出来ません。
メールのやり取りも同じです。私が得た経験では1日60通が限界でした。
その後それ以上になった為、メールのフォロー、個別のやり取りは止めました。

アクセスを望まずに小さなコミュニティにすれば良いと言えますが、
それは望まなくても普通になります。メールが待ち遠しいほど。

何と!!!極一部の人気サイトが大部分のアクセスを稼いでいる現実

ネットはホンの一部のサイトがアクセスを得ていて、他の大多数は少ないです。
ある調査では上位0.5%がネット全体の半分のアクセスを稼いでいるとか。

対象3万サイトでは上位150位が半分のアクセスを稼ぐ…という事です。
つまり、29850サイト分のアクセスを合わせても、上位150サイトのアクセス分。
(私のサイト規模で大体上位0.3%)

上位に行きたいけど、労力の限界になるとイケマセン。
しかし、上位でなければ商売にもなりません。

この極端なネット状況のため、ビジネスとして成り立たせるのは本当に難しいです。

人間の3大欲望の話。

食性・睡眠・生殖。

この3種にかかわるものは成功する率が高いが…

この中でねらい目は未だ発展開発されていない寝る分野でしょうか。
どこから手をつければ成功するのか考えるだけで手が震えます。(気が遠くなる)

ただし、あまりにも直球のため、表現を間違えると下品になります。
食う寝るエッチ。ゆえに色々なものを混ぜて工夫します。難しいです。

コンサルタントの選び方。

コンサルタント業が簡単なのは「お客さんを大切にしよう」などを言いながら
細かい設定技術などの理論をお教えていれば成り立ってしまうこと。

教えられている方は妙に納得するから面白い。ビジネス書を読むと、
ほとんどが詳しい技術などの理論ばかり。
でも、この世の中って販売・宣伝・仕入れが基本。

教えている人が実際に成功したことがあるのかはなはだ疑問だし、
なかなかこの3点は教えることが難しいです。
最初に選んだコンサルタントにご自分の職種で販売・宣伝・仕入れの
キーワードが突っ込まれない場合は注意するほうが良いでしょう。

受け答えに慣れよう

現実社会のビジネスの常識は参考にはなるが売上には役に立たないのがネット。
クレームメールをもらったりのトラブル時にこそ、あなたの真価が問われるとき。

クレームの人や、お客さんではない人にでもちゃんと受け答えが
メールでできる人はほとんどいません。

私の経験では、ある人にメールをどんどん書かれて「オイオイ、またかよぉ〜」と、
一時は嫌になっても暫くするとこれが不思議。
尊敬の気持ちに変わっていきます。メールに慣れましょう。

(メールをしつこく出す⇒現実社会でこれをやるとストーカーだけど…)

●私の場合、メールの返事が何回も出来ないのはアクセス数からご配慮下さいネ。

モバイル・携帯電話:

携帯に商品を流すとこれは大きいです。将来の大きな市場でしょう。

2003年〜2005年に厳しいドコモ公式サイトの登録争奪戦があるだろうと推測できます。
大きな宣伝・売上を狙うならば、これは見逃せ無いでしょうね。

公式サイトへの申請登録は企画書段階から厳しい査定がある模様です。

同じ項目=しかし同じ事が書いてあると思ったら大間違いだ!!!

まず訪問者の皆さんは表紙を見てコンテンツの項目を見ます。
題名が同じだと「ああ、以前どこかで見たな知ってる知ってる」と思いませんか?
そうです。ほとんどの場合はそういう結果でしょう。で、読まない。

しかし何故かアクセスの集まっているサイトでは同じ様な項目でも
内容がぜんぜん違う事が多いです。これ、大きなポイントです。

同じ材料があっても一流の料理人だと全く違う物になっています。
当然、当然。代表的な料理のテクを伝授しましょう。
ということでサブサイトのどれでも良いから例を探してきました…

題材:カモノハシ

さぁ、貴方が”カモノハシ”を読者さんに紹介することになりました。
文章を書いてみて下さい。いきなりですが暇な人は図鑑を片手に書きましょう!!!
平均的な例は「オーストラリアにだけ住んでいるクチバシを持つヘンな動物」です。

⇒私が書いた例(先に見るのはイケマセン):本当に些細な記事です。

人々に知られているようで、知られていないポイントを探すのが良いですネ。
上のサイトでは、ほとんどのページを同じように作っています。
センスなんてものは後からついてきます。
「センスがない」などはホンの些細な事ですから、言われても気にせずに
少しずつ勉強して知識を溜めていけば良いです。

結局、出来あがっているものを読んで理解するのは簡単であり、
作ることになれば些細な記事といえども大変な違いが出るという感じでしょうか。
アクセスの多いサイトをさらっと読むのではなく、こういう視点で見れば
すごく勉強になることでしょうからレッツ・ネットサーフィン!!!

ネットではパクリ防止を色々と工夫しよう

巷で騒がれるサイト内容のパクリ問題について。

私のページでは、出所を付記してくればコピペOKと書いていますが、
オリジナルに少し尊敬の念を持ってくれれば…という意味をこめています。
情報元に触れもせずに自分で調べ上げたように言うのはダメ。

以前、多々ノウハウが流出したため(今じゃ普通の考え方の基本にまで広がり)、
私の記述が先に2chなどで知った人が巡り巡って、コピペサイトと評したりしました。
まぁ、こういうケースはありがちなことなので、オリジナルと判るように工夫を多々しています。
本当の自分の情報を多少改造すること。ただ、あまりお勧めではないです。

どういうことか意味が分かり難いですね。スミマセン。大変なことになった事例をお話しましょう。

日本テレビが秋口の番組で三重県うんたらを出す予定ですが番組スタッフは引っかかってしまった。
まぁ放送前だし、ここだけで話せる内緒のネタですが。
書いている情報元をオリジナルが私と分かるようにわざと別に変えておいたところ、
TV局がネタ元の私に知らせずに架空の情報元へ取材に行ってしまった!!!

被取材相手は当然”三重県の謎の村”ネタを知らなかったため、結局、私に連絡がきました。
恐ろしい事に日本テレビの番組制作スタッフはマジだったです。謝れよ〜〜(笑

こういう事が起きたのは、製作責任者たちが倫理教育をシッカリ受けていないからだろうと思います。
ネットだからといって、作者のオリジナル記述を勝手にパクっては使ってはいけません。

個人サイト間の移動は、16秒? 56秒?

ページ間の移動の時間「16秒」ってサブサイト(UMA)でウッカリ間違えて書いたことがあります。
もちろん、最初から当サイトを読んだ人は思い出してください。⇒本当は56秒です。
いやぁ、見直して気付くまでにかなり経っていまして、雑誌や2ch(IT系板)などそこかしこで、
IT評論家というか、そういう類の人たちがですねー、TVですら「16秒」って言ってたという……。

ページ間の移動の時間は「56秒」なのか「16秒」なのか。
私は膨大な大学データと格闘して調べたんですから、間違えたとしても笑っちゃうだけですが、
間違ったほうを使った人は、せめて私に一声かければ良かったのにと思う。

私が知ったのは、意外と自分が調べたり偶然というわけではなく、
他の読者さん等に教えてもらうことが殆どです。なんだか色々と考えてしまいますよね。



表紙    ⇒次へ(どんどん次へ行って下さい)