Yahoo!検索エンジン変更でアクセス激減!!!

Yahoo!検索エンジンが変わって

検索エンジン大手のYahoo!がシステムを最近(2005年10月)変更しまして、
サイト管理人さんの中には様々な影響を受けられて
ハテ?となられていらっしゃる方も多いでしょう。

特に商用サイトさんやSEO会社さんなんかは業績に直結ですから、
気が気で無いところですかね。

当サイトへの影響では、アクセスが少し減り、その分、
サイト内ページへ直接訪問される方が増えたような気がします。

●自分の3サイトで調べてみます。
どのような動きになっているのか、アクセスは変わっているのか…。

どうやら、かなりの変化が見られるようです。

●Yahoo!検索の変更による変動ですが、
数人に聞きました所、アクセスが増えた方や減った方、色々でした。
(サイトジャンルや商用かどうかの分類は未だ解析してません)

私の所は3サイトとも減ってます。

アワワ…

一極集中が緩和されネット界として良いことになるかも。

まだ「どうなっているか」と色々な人がYahooを調べて
新しく上位で引っかかった所へ飛んで行ってる状態でしょうから
変動の影響が収まる来月からのデータが重要でしょうね。

激減したYahoo!デレクトリーからの訪問者

2005年10月初めに行われたYahoo!検索システムの変更。
サイト作成・アクセス向上界隈に激震が走ったのもついこないだ。

語句検索結果がグーグル型になったわけですが、
Y!デレクトリー登録サイトは若干の上位表示が配慮されているらしいとは言え
ほぼ、ごちゃ混ぜ状態になりました。

先月は上位表示のテクを操るSEO専門者などが入り乱れて
正確に分析できる状態じゃないと判断、11月末まで待つ今日この頃です。

で、出張を繰り返す多忙過多に陥ってプライベート・ナッシングの私、
メールレスや相互リンクですら11月初のものをこなしている段階です。
ネットサーフィンして調べる事も出来ず、取り急ぎ、アクセス解析を見てみました。

な、ないっ!!!

デレクトリーからの訪問者数が激減して探すのに大変なほど。
1日数件という感じです。=運営している3サイトともアウト状態。

上で「減っているようです」と記事にしていますが、
11月に入って回復するわけでもなく相当な数字が減っていました。

どうもヤフー経由の新規読者さんである訪問者が少なくなり、
読み終えたりして去って行かれる方をカバーできなくなった感じで
表現は悪いのですが当サイトもジリ貧といった様相を呈しています。

過去、ヤフー登録していなくても素晴らしいサイトは山ほど有ると
そこかしこで言われていました。私も記事にしていました。
あることは当たり前で、そういうサイトさんがたに有利となったのは良い面。

ある芸能人(眞鍋かをり)のブログが1日30万アクセス(ユニークだったかな?)。
サブサイトのネタを日本テレビが使った時に番組内で彼女がアレコレ言ってたらしく、
当然、私のサイトは見るだろうし、すわっ、相互リンクかよ!!!と期待してしまったボク。

最も簡単にアクセス向上が実現出来るかなと。
使われたネタってコレね。

(その後スルーで現在に至る)

調べ物をする時、どこから人は飛んでくるのか?

最近はアクセス向上らしいことを記事にしていませんので
やらなければいけない切迫感があります。

当初、工夫に工夫を重ねたネットショップ運営などのノウハウ記事、
画期的と誉められたり、旧通産省(現経済産業省)にデータを送ったり華やかでしたが、
アスキーの「お店をやろうよ!」創刊号でカラー写真を飾ったのを最後に
古くさいノウハウを偉そうになどと知人にまで言われた昨今。

いや、今風に修正するのも大変なんで。

あの頃と同様に画期的なノウハウを編出さねばならないのか?
しかも正当派で?

ヤフーサングラスのUMAサイトですら1日のPV数が25,000件も減ってるんです。
いよいよ無理かな…と思ったピンチ作者でありました。マジです。

ご無沙汰いたしております。茶っぷりん(←サイト)です。

ヤフーからのアクセス激減とのアナウンス読みました。
ヤフースタッフのブログ によると、
来月早々にもディレクトリのリニューアルをするとのことです。

朝夕寒くなりましたがお身体ご自愛の程お祈りいたします。

<コメント>

Yahoo!の語句検索表示が変わった影響で、運営サイトがアクセス激減。
そんなに大きく影響するなんて…と思った矢先、
私にはSEOテクニックがないと愕然と気付き、さて、どうしたものかと悩んでいました。
(といって、今更アクセス向上もなんだかなぁ…とか)

(昔作った部分で)適当に付けていたページ題名をちゃんとする、
リンクをちゃんと張るぐらいしか対策が無い…。
SEOは自動巡回ロボットに頼りすぎなんだよなーとか思ったりしますが、
現実のフィールドで全力を出す彼ら業者さんたちは凄いなぁとも。

湖の科学とか十数ページあるものを1ページにまとめれば
ページ的に語句検索で上位になりそうだから結果として、そんな感じが1番!?
(読者的には読みにくそうだ…)


Yahoo!語句検索の影響〜続きPart2

減少したアクセスを調べてみると、
やはり内部ページ(ダイレクト)からの訪問が少なくなって、
更に表紙が検索結果上位から姿を消した事で
SEO対策グループに降参状況です。

…というのが前回までのあらすじみたいなものですが、
3サイト中で特に大きな影響を受けているのが当サイトとUMAサイト。

当サイトもUMAサイトもテキスト主体で販売はなし(アフィリのみ)。

一方、ショップ機能を擁している時計サイトは元々スーパーマニアックな為、
影響が少ないようです。現在、ショップとして物を売ってませんが。

これは競合の業者さんといいますか、多くの時計サイトの方々が
SEOっぽいことに力を入れてなくて、時計の価格重視だからでしょうね。
(時計ブランド系は価格命なので)

で、テキストばかりのサイト二つがアクセス激減している状況で、
対策らしいことは全然頭に浮かばず(リアル多忙が致命的)、
さて、どうしたものやらと未だに考えていないのが現状です。

●表紙からアクセスアップの看板を取り下げました。

何と言っても現在の作者はアクセス向上に関わる作業をしていないし、
相互リンクですら受身オンリー。
技術云々で左右されそうな検索エンジンの現状では難しいなぁ。

私が気にしてやってるのは文章をシッカリ書く、リンクをミスせず、
シッカリ題名のあるコンテンツを作っていく…程度。

これはブログでは標準装備なので、工夫でも何でもなく、
検索上位にブログが来るのは必然だったんだよね。

ということで、アディオス!!!

上はかなり追い詰められた作者の溜息を兼ねて。


Yahoo!からのアクセス激減の巻Part3

語句検索からのアクセスが激減したとお伝えしたのも前回。
作者の運営する3サイトで全体的に減っているのがUMAと当サイト。
変わらないのが時計サイト。

このことから、SEOに精通している人が多いジャンルは
ノンビリしていては厳しい戦いになると判断しました。

幾ら良い内部記事を作っても見られる機会も与えられないものが
増加しているのかもしれない。

デレクトリーからの来訪者も当然の事ながら少なくなっているのですが、
そうしますとYahoo!への登録効果はサイトを作って公開しても少なく、
現実問題としてアクセス向上は厳しいことになります。

当サイトを読まれた方は思い出して頂きたい。
私の時計サイトは21回ものYahoo!チャレンジを誇り、
登録無しでもかなりの好成績を上げたことを。
効果があった地道な作業を。

アクセス向上ジャンルでは、Yahoo!を取上げていた理由に、
即戦力のアクセス効果があり新着の瞬間風速が凄いという現実理由でした。

googleの性能が良いことは分かっていても、
現実にアクセスがドンと来てないことには、お勧め度は低くなります。

ところが今の状況はデレクトリーからのアクセスが少なければ
語句検索エンジンの上位を狙う以外、手はありません。
非常に簡潔な結論に至ってしまいます。分かっている人は多いでしょう。

つまり広告費次第かもしれない。
コレがYahoo!の狙いか?という意見も出てくるでしょう。
今の段階では聞かないし、広まっても、それは推測の範疇。

それでは初心者さんがサイトを立ち上げてから、
アクセスが出るのはどういう手順が1番か?

情報を他サイトさんから聞いたりしてのアドバイスは簡単に出来るけど、
当サイトの昔からの主旨として、
実際にやって、確認してからしなければ科学的ではないです。
で、結論を公開して広まった後では、たいしたことない知識を偉そうに…と言われる(涙

では、いつも通りYahoo!に新規サイトを登録して、
誰にも言わず、サイトからもリンクせず、やってみようではあ〜りませんか。

・・・ということで、やってきました。

2週間前にネットへアップ、即Yahoo!デレクトリー申請し、
(Notビジネスエキスプレス)←つまり趣味の個人サイト
その後登録となり、更にその後googleロボットに拾われた状況が今です。

gooには未だ拾われてないし、相互リンクは0。
まっサラというのは良いものですね。

そうそう、Yahoo!デレクトリからのアクセス数の調査に正確を求めますので、
第4のサイトは決して探さないで下さい…
従ってヒントになることは何も書けません。ゴメンナサイ。

to be continued...
(続くかなぁ…)


Yahoo!からのアクセス激減の巻きパート4

先月、作ったばかりの趣味サイトをアップと同時にヤフー申請、
1週間後に登録となり、めでたくアクセス調査と洒落込んでいますが、
相互リンクが出来たりして、そろそろ結果を出して良いでしょう。

巨大な需要があるはずの「釣り」ジャンルです。期待があったのですが…

ちなみに「どうして簡単にヤフー登録が出来るの?」という質問が多かったのですが、
ウチの場合、ヤフー登録は基本、その上でアクセスを増やそう…というのがメイン、
サイトに書いてあるノウハウ以外私はやってないので「読んでください」としか言えない…。
懇切丁寧に隠さずノウハウを公開しているつもりです。
(または、それ専門のサイトさんで聞いてくださいな)

現在の所、ヤフーからの語句検索が遥かにグーグルに勝っていて
なんだか考え込む展開になっています。

アップしてYahoo!登録までの1週間は私のアクセスが100%。
それまでに大体「60カウンター」。
サーファーがやってきてチェック、登録のメールが早くに来てました。

登録され、新着になって”瞬間風速”は20ユニーク・アクセスで4‐5日。
その後、10‐14ユニークアクセス/1日で推移しました。
(デレクトリーは2‐3件、他はYahoo!語句検索ばかり)

グーグルのロボット巡回も開始になりましたが、
語句検索では2‐3日に1アクセスという状態です。

結局、1ヶ月が経過した時「500カウンター」程度でしたが、現在は削除済み。
理由は「表紙だけ見て帰るパターンが多かった」ため、
カウンターは無い方が良いと判断しました。

しかし当初は「出来立てのホヤホヤ」イメージで逆に読まれるかと思い、
微妙な考えで様子を見ていたものです。

ページが読まれなかったのは、多分、カウンターを見て「サヨナラ」が多く、
カテゴリー「様子見」で来た業者さん(中身には興味が無い)や、
同カテゴリーのサイト管理人さんも多いかなと思われます。

少ないカウンターを取り払ってしまえばページビューは増えると思われますが、
変わった動きがあったら、また報告します。

結論的には「以前よりも遥かに弱いYahoo!瞬間風速」でした。
まさかNEWマークで20件とは(⇒過去は数百ユニークは来ました

グーグルから全然飛んで来ない事、現在でもYahoo!絡みが殆どという事が、
事実として立ちふさがっています。以前の推測・机上の理論通りでしたね。

ロボット巡回申請を行ったのがヤフー申請と同時なので、
アクションが早いのはヤフーで、意外とグーグル達は遅かったです。

しかし、1件、面白い経験をしました。

少ないアクセスにガッカリという気持にならず、1アクセスは大切だと強く感じたのです。

1度UMAアドレスに間違えてぶち込んでしまった30分がありまして、
見る見るうちにカウンターが上がってしまい、強烈な恐怖に駆られました。
1ヶ月で500カウンターなのに、30分で250も進んでる!!!

色々な人が急に見に来ている…、なぜ、どうして。
突然で、すごく怖い…。マジ、怖い。ヤバイっす……

なぜか転送ミスに気が付かず、原因究明のため速攻で2chのチェックを始めまして、
いや、それは笑い話なのですが、ひとつひとつのアクセスは大切だなと、
初心に戻った次第です。大きなアクセスを得ている管理人は忘れがちだもんね。

(アクセス解析はゴチャゴチャなため、見る癖がついていなかったのも遠因。
見れば直ぐに分かったはずで……)

SEOなど何もせずの調査でしたので、放置すれば閑古サイトになるでしょうね。
題名なんてアップする前にTV番組でJALのCMがあって連想してコジつけてますし、
ヤフー申請カテゴリーも深く考えず…トラウトカテゴリー(渓流の方が良かったのに)、
いや、記事を見れば「釣り全般」だよな…とか、後の祭。

ジョン・アングラー・ランドJAL(初公開)・・・・・・ジョンってなんだよ?と聞かないで

▲JAL=航空会社デス

登録されてから現在までに、かなり文章を直し新しい付記を増やしました。
この後でアクセスを増やす為いつものサイト運営作業に取り組まなければいけないのですが、
まだ多忙&精神的負担があり、進めていません。

閑古鳥が巣作りして産卵するかも。

釣りジャンルは需要が多いのでポータル化させればメインサイトに、
たぶん、大型サイトに出来る筈と思っています。

英文にして超大手を目指そうか、それとも……
(片手間では無理ですよね〜)


Yahoo!からのアクセス激減の巻きパート5

あれから少しリンクしたりしたので少しずつアクセスが上がってきた。
まとめてみれば、こういう形。

ヤフー瞬間風速 アップ1週間目 アップ10日目以降 1ヶ月半後〜
過去:60〜180ユニーク Yahoo!登録 googleなどのロボット巡回 作者運営サイトの一部からリンク
今回:15ユニーク 10‐15ユニークアクセス 数日に1アクセス 毎日数アクセス(計10ぐらい)

ヤフーの瞬間風速はデレクトリー表示変更以前に比べて少なくなっていました。
ネット上にサイトをアップしてから、Yahoo!の審査の方が早かったのが印象的で、
ロボット巡回が早くに来なかったのが意外。申請作業は同じ日に行いました。

今回の調査サイトは「個人が何もせず作った平均的サイト」という形で
読みやすさ、iモード、閲覧環境なんかは全く考慮していない状態です。
訪問者がストレスを感じない解説分割をせず、1ページに10ページ分ぐらいです。
普通なら読まずに斜め読みのページです。

ページランク3のものと、まだ出来たてのソレという同じ記事を試しに置いたのですが、
検索を掛けると出来たてのソレが上位に来ます。調査ページは5つほどで全て同じ結果。

更新すると優位性がでるということも考慮して、
両解説ページの更新信号を同時に出しておいたので確かな比較です。

結果として読み難い1ページに詰め込んだ方が検索ロボットには評判が良かったみたい。

これが何を意味するのか?

過去に書いていますが、平均的なサイトで調査している為、
SEOは敢えてやってないので、まぁ、ひとつの結論という事で。

あと、google向けに付けた題名「JAL」のおかげで、
少しアドセンス・システムの動きが分かってきた気がする…。

SEOなどで短期スパンを狙うサイトは往々にして短命の傾向があり、
語句検索自動ロボット向けのサイトではなく(一応、それなりの基本の作りは必要だけど)、
長期のブックマークを得れる読者向けのサイトにしたほうが良いと改めて思いました。

実験シリーズ・おしまい。

・・・to be continued(気がついた事があれば追加します)

当サイト関連記事

Yahoo!について

検索エンジンの調査

検索エンジンの調査2



表紙へ