この世の中は販売・仕入れ・宣伝で成り立っている。


分かりきったことだけど、これをきっちりやっていればOKのはず。

例えば…

国は

仕入れ=税収、宣伝=国民への広報・他国へのアプローチ、販売=介護サービスなど公共のサービス提供。

サラリーマンは

仕入れ=給料、宣伝=給料を決める人(上司)への報告アプローチ、販売=与えられた役職や仕事。

上手くいかない場合は何処かを強化・無駄を削除すればいいだけ。
誰ですか〜?販売は殆ど無くて仕入れ、宣伝ばかりのサラリーマンは!

大企業の倒産もこれをきっちりやっていれば避けれるはずなのだが、
株の含み損などリスクに対する体力を違う所に使っていたのではないかなと
作者は考える。(考えなくても分かるか…)

利益がでない場合は、仕入れの値段、販売値段を検討。
宣伝は、とてつもない努力が必要。サイトを作る、掲示板に書きこむのも宣伝活動です。
販売は、注文があれば誰もが出来る。




戻る