一般向けに編集しなおしました。

先日はお世話になり誠にありがとうございました。自然を満喫し、視力も一時的に回復したほどです。
(私は渓流釣りに行くと視力が回復するという経験が多々。)

睡眠時無呼吸症候群(SAS)と高血圧、糖尿病患者さんの検査データが
かなり関係しているという京都大学医学部(呼吸器内科学)の発表がありました。
近くアメリカの医学誌に発表されるそうです。

皮膚科診断、しかし治らない
さて、A氏の息子さんの件ですが、色々と調べなおしました。
皮膚科診断、しかし治らない、担当医によって診断結果が変る、
そんな相談が(私の病院勤務時代を含め)世間にはかなり転がっています。

直接症状を拝見した際にアドバイスをしましたが、文章で且つ理屈を説明しなおしたいと思います。
過去、同じような皮膚疾患を複数見ており、その時の経験も踏まえております。

<皮膚炎症の簡単まとめ>
まず基本のおさらいからです。
皮膚疾患の原因は、アレルギー反応(免疫)、内臓のどこか疾患、遺伝性、
接触性(環境物質)、カビなどの真菌、ダニなどの害虫、悪性腫瘍(ガン)などがあります。

皮膚に炎症を起こしている原因さえ特定できれば、それを排除すれば治癒する、
単純明快な治療が皮膚に関することです。
しかし「遺伝性」とか「内臓のどこか」という具体的に見えながら曖昧な表現、重要です。

「原因不明で発症」などのように言われることも多いですが、原因は必ず存在し、
原因特定の手法が多岐にわたるため、特定までの道のりが長くかかるのが最大の障壁で、
平たく申し上げれば調べる手間を省くため「原因不明」などと言われます。

まず赤斑か黒斑か、小さいぶつぶつか大きく小判型か、中心に噛み跡の有無、
発熱(急に38度を超えたり)、体温低下(重篤化すると36度以下)、
かゆみがあるかどうか、痛みがあるかどうか、発生部署が脇や腰、頭部、耳の後ろ、
背中、下半身、足、乾燥肌、全身性炎症反応症候群、全身性エリテマトーデス(全身性紅斑性狼瘡)…書ききれないほどです。

<皮膚科での治療>
まずアレルギーかどうか、ダニなどの害虫かどうか、患ってから長い期間か、
リンパ節が腫れているかどうか、発熱の有無で区別、消去法で絞っていきます。
パッチテストという診断方法で、原因を特定する第一歩も行われています。

特定に時間がかかるため、とりあえず中小診療所では多くの皮膚病患者さんへ
「ステロイド剤の塗布」、かゆみがある場合は「抗ヒスタミン剤を飲む」という処方。
食事制限を23日行い、その中で(偶然)治療できた場合、無問題になります。

=実際は免疫が高まれば自然治癒、症状は免疫が低下した際に発生、
免疫を低下させた=体を疲れさせた=何らかの原因がある、程度の結果になります。

このレベルですから、次の項目のように「治らない」ことが出てきて問題になります。

<診断結果が医師によって異なる、まったく治らなく長期にわたる>
皮膚科でよく聞く裏話としましては、専門医師によって診断が異なる(似た症状が多い)、
診断されても治る気配がなく長期になってしまっている、というのがあります。
皮膚科診療所に通っていても治らない場合は(ステロイド剤+抗ヒスタミン剤)、
セカンドオピニオンが最優先のアドバイスとなります。

その際、大きな病院への紹介状を担当医からもらいますが「大学病院」にしてください。
原因追及の設備が大学病院では充実しており、血液検査の項目を増やして絞り込み、
まったく別の臓器など原因が見つかる可能性も高いです。

<長期にわたる皮膚疾患。人間ドック⇒大学病院をお勧め>
一方、長期にわたった場合、何らかの臓器への疾患も心配ですから、
セカンドオピニオンでなければ、人間ドックから「大学病院」への紹介が可能です。
皮膚疾患だけでなく、人間ドックをやってくださいませ。
(脳ドック不要、半日コース)通いやすい医療機関でOKです。

ネットで予約申し込めば、検便や案内問診票、絶食時間案内など前もって送られてきます。
コースはなるべく多くの項目を選んでいただきたいのですが、医療機関によってまちまち、
多いか少ないかどうかも普通の人には区別がつきませんから、
「腫瘍マーカー」(CEAなど)が入っていれば最低限です。

最後にある問診時に「今皮膚科に通っているが治らないのでセカンドオピニオンを受けたい」、
「大学病院へ行った方がいいと家族に言われたけど、どうすればいいか」と仰ってください。
運悪くダメに当たらなければ、まずその場で何らかの指示が得られます。
(人間ドックを行っている病院によっては皮膚科を普通に持っていますから、
そこから紹介状を書いてスムーズに大学病院に行くことが可能です。)

せっかくの機会ですから遺伝などではなく原因を特定して完全治癒しようと頑張ってください。

<気になる点>
長期間(幼少より)。顔、手には出ていない。かゆくはない。●ケンが痛い。
耳後ろ上部あり。海外渡航あり(1年半前)。黄疸なし。小判型赤斑中心部に噛み跡なし。
発熱不明(正常)、体重増減不明、リンパ節の腫れ未確認(正常)、口内未確認(正常)、
目の毛細血管など未確認(正常)、という簡易的に拝見しました。

痛みが出たのが炎症反応であれば、血液検査でCRT値が高い筈です。
何らかの臓器の歯血球数、血小板、尿酸値、GOTGPT、γGTP、ビリルビン、CEAなど、
ヒットすれば(将来的にその原因を取り除けば)快方に向かうかもしれません。

治療が開始された場合、余分な民間療法のビフィズス菌、乳酸菌など、
腸内細菌のバランスを悪化させる要因になりそうな物は摂取しないようにしてください。
(ビフィズス菌、乳酸菌などは働く場所が決まっていて最低5種類の善玉菌を取らねば逆効果です。)

<今後のために>
お仕事もあられるでしょうし、精神的な強さも鑑みて、すぐに人間ドックや、
セカンドオピニオンを受けられないのも理解できます。
一応期限みたいな目標をもって、8月ぐらいまでにお受けください。お父さん孝行で。

また、それまでの期間に、体重減少が始まったり、痛みがひどくなったり、発熱⇒体温低下、
黒斑が混じってきたり、内出血がしやすかったり、体調変化を感じましたら率先して病院へ。
今の皮膚科ではなく他の医療機関で診察を受けてください(自動的にセカンドオピニオン)。

以上、一気書きで表現のおかしな点もあるかと思いますが、よろしくご参考まで。
大変な苦痛をされながらも頑張られていらっしゃるご子息、尊敬でき、ご立派です。
この点、お父上やご姉妹の皆さんは胸を張っていいと思います。

段階 症状 障害の規模

T度 発赤腫脹(浮腫) 表皮のみの障害
U度 発赤浮腫・水泡形成 真皮の障害
V度 腫瘍形成 脂肪・筋肉組織の壊死(黒変)
W度 骨・軟骨組織の壊死 

段階

症状

障害の規模

T

発赤腫脹(浮腫)

表皮のみの障害

U

発赤浮腫・水泡形成

真皮の障害

V

腫瘍形成

脂肪・筋肉組織の壊死(黒変)

W

骨・軟骨組織の壊死

8月までの約束の検査は…to be continued.....

⇒9月になったため相談終了。


手の震え〜疲れがひどい。パーキンソン病では?

まず初めに神経系の疑いを検討するのは最後の最後です。
神経の前に何らかの原因が必ずあると考え、手の震えの原因は脳出血か筋肉の加減か、
内臓からくるものなのか、最初の取っ掛かりとして血液検査を幅広く実施します。
そこで最悪、原因が絞れなくても、何らかの物理現象があるはずと間接的に追っていき、
隙間にある原因の特定していきます。それが一番早い科学的な道筋と考えています。
結果さえ出れば、どんな医療人ですら理解させることができ、最適な治療も選択できます。

今、Bさんの旦那さんが神経系に悩まれ、通われていらっしゃるとのことで、
いまいち回復の感触がつかめれていない模様。

思えば「手の震え」は私も経験があり、
1988年からの中東訪問(13か国で2週間、2週間を日本で)の間に、
のちの湾岸戦争が始まり巻き込まれ、週刊プレイボーイに手記を載せたり、
仲間がバクダットへ連行されてフライデーにソフトボール中の写真が掲載され、
そんな経験の間に「原因不明の手の震え」が止まらなくなり、苦労しました。

その時代、原因不明=自立神経失調症という名前しかなく、本来、細かい分類不要が神経系です。
クエート医療センター設立のための売掛金のカバーを都銀にしてもらい(当時、東海銀行)、
一年間の休職(休養)を取らせていただいて、結果、治ったという経験があります。

私は何件もの医療機関を巡りましたが、脳神経の原因は判断つかないというのが結論。
これも私の考えの根底にあります。

例えば、脳ドックをやっても46個の血栓が見つかりますが、
その血栓の数は、麻痺痺れ症状が出る人と、症状がでない人の「はざま」であり、
正直なところ、神経の方面から原因をアプローチしても無駄と思えます。
(こんなことは私が大学で教鞭をとった際にも発言してはいけないことです)←内緒

まずお願いしたいことは、Bさんのご主人の血液データを画像で送っていただくこと、
それで多少は私でも直接診ずに分かります。
もし持っていない、また持っていても成人病検診クラスの項目が少ないものしかなければ、
人間ドックで多項目のものをお受けください。腫瘍マーカーからふんだんに項目を入れて。

これでしたら彼の主治医であるAT教授の顔をつぶしません。
多くの項目のある人間ドックを受けた上で血液検査の結果を私にコピー、
その結果をもとに私が彼にアドバイスするという形です。(フルネーム調べました)

人間ドックの際にも医者の問診がありますが、アルバイトの医局からの派遣医師が多く、
若いだけにファイトがあるかもしれませんが、通常は見逃しが多くあります。

しかしKR大学を選択したのも失敗だったかもしれません。
MRIを今頃やるなんて…と。(外科と内科は治療の姿勢から仲が悪い・笑)
そこで、またまた別の案としては地元の”内科”診療所または”外科”を適当に選び、
そこの医者に「旧帝大の附属病院に行きたい。」とおっしゃってください。
セカンドオピニオン、すんなりいかず23件回ることになると思いますが、
旧帝大の附属病院が一番の早道です。特に原因を絞り込む機材が充実しています。

私が思うに、ひょっとしましたら体の奥にある臓器が原因かもしれません。
そういうのは血液データを存分に知っている私にお任せを、役立つかもしれません。
名古屋大学系病院勤務時代は健康診断の中核病院の統括責任者をしていました。
2Fのフロアー長という人間ドックの各大企業の実施項目を決定する立場でもありました。

一気書きで申し訳ありませんが、彼のご年齢から推察するに、
ここは仕事よりも健康を優先させるのも一手、足のだるさも酷く、
また大変疲れやすくなり、毎日長時間寝るということから、神経科的には「鬱」、
外科的には「肝臓に、または肝臓に圧迫している何らかの疾患があるかも」と、
こんな少しだけでも発想が違うスタートになります。

あくまでも雑談的にここまでお話ししましたが、治したいのはどんな人でも一緒、
治すためには誰もが判断できる血液検査のデータが必須です。
「マスコミの煽り間違い医療系」とは全く別物です。

医療は結果が出る前に治せるかどうかの真剣勝負ですから、
結果が出てから評論家のように「間違ってたゴメンね」は通用しません

患者さんにとって厳しい姿勢で対応するかもしれませんのでよろしくお願いいたします。

⇒血液検査のデータに空白が多く、アドバイスの医療人を変えた方がいいと結論です。
こういうことは普通にありますので、相性の合う医療人を周囲に一人は作られることをお勧めします。



表紙へ