この記事は…

実は怒りに任せて書いた記事でありまして、ちょっぴり恥かしいです。
言っている事は正しいと思うのですが、数十分で書き上げたものです。
出来ればサラっと流し読みか、スルーしてくださると嬉しいかも…(汗)




ネットビジネスの神髄/そして、勘違いな人たち

挑戦的激白?日本はだから遅れているのだ!

本体サイトの機械式時計研究会の勢いのある文章は調子に乗っているだけという風に
見えるかも知れませんが、分量が真似できない程多いということから救われています。
内容がしょぼいサイトで勢いのまま同じような胡散臭い
デザインにして文章を作って販売サイトにしたら流石にアウトでしょう。


この相談所サイト、相互リンクは実は親サイトだけなのに、ロボット検索などから真剣に壁に当たって
いらっしゃるオーナーさんが結構駆け込んでこられます。ありがたいことです。
(↑以前書いていた文章ですのでご承知を!)

しかし、実は相談依頼のメールに混じって

「さくだいおうさんは成功部類に入るとおっしゃっていらっしゃいますが、
全国から見れば大したことはありません。XXの機械メーカーのサイト
やXX販売のサイトのITでの売上はあなたの売上
(初年度2000万円、2年目3000万円)をはるかに超えて億の
単位です。もう少しご自分を知ったらどうでしょうか?」


ーーーというメールも多く頂きます。おおぉ〜〜〜文章は丁寧ですが、
挑戦してきてますね〜。すみません、偉そうにしていまして悪かった
です…いや、ちょっと待てよ!

メールを送ってくれたのはほとんど
大企業のIT関係者ビジネスフォーラムの
代表者や幹部
であられることが分かりました。しかも、やり取りを始めますと話す内容は
技術のことばかりで3つの基本である販売・宣伝・仕入れのノウハウについては全く触れられず、
話題を振りますと新入社員レベルの答えが返ってきます。そこで私は思うわけです。

しょぼいっ!しょぼいぞ!君!こういう勘違いをしているから
日本は遅れてると諸外国に言われるのだ!NTTの通信費が
理由だどうのこうのではなぁ〜〜〜い!
(ちょっとある?)

その方と話せば話すほど、ITビジネスって奥が深いなぁと思う
のではなく、どんどん誰でも成功できるんじゃないかと思うように
感じてきます。それは、ひとえに話しているその人が成功していると
思っているのが
サイト自体が完成できればOKと思っているからです。
デザインや使い勝手がメインなのです。これがしょぼいんですぞ。
(ビジネスとサイト構築を同じに考えているわけですな)

しかし、多くのITビジネス担当者がそうなった原因はECビジネスを
評価する機関
やあろうことかITビジネスコンサルタントだと思います。
ビジネスサイト評価って本来は会社内のQCサークル発表会のように
こういう工夫をしてこういう対処を採用、結果はこうなりました

っていう部分が大切かと思うのですが、ビジネスサイト評価ってどこを
見ているかって思えば表紙だけかまたは2〜3クリックして見て
次のサイトの評価へ行っているのじゃないかと思わずにいられないです。
(だいおうのビジネス的被評価経験では殆どこれでした。グスン)

私はビジネスサイトって何もないところから売れてなんぼの世界と思っていますので、
電話からスライドしてきた巨額売上サイトはITビジネス成功社とは
言いたくないですし、それを評価している機関は
評価のジャンルを変えないといけないと思っています。

電話からスライドというのは、今まで電話とFAX、営業マンが訪問して
受注していたお得意さんに「私どももインターネットで注文が
受けられる様になりました。オーダーフォームも設置してセキュリティーは
万全です」とか話して今まで電話でしていた注文がネットで来てそれを
ITでの売上ですとなっている様なケースです。

電話をしたら担当者が不在だったから注文書を代わりに
メールやオーダーフォームで入れているIT売上が1億としても
成功例としてはしょぼいのではないでしょうか?
もちろん、反論はあるでしょうけどネ。


私が考えるITビジネス成功例というのは、「機械メーカー
まったく経験のない分野・ペット産業にITで参入して成功する!
様なものと思っています。そしてIT担当者が流通からトラブル
までゼロからマニュアルを作り宣伝やペットの説明を工夫して
年間でIT担当者一人当たり500万円を売り上げ・結果黒字に
なった!」というものを評価したいです。
(かなりきつそうです。が、これが出来れば、本業をスケールアップさせるぐらい
簡単に思えてくるはずですよ!))

会社が社員の生まれすぎたりしたペットを買い上げ(仕入れ)
会社の営業品目にペット販売を追加して役所へ書類提出、
保健所ともやり取りしてネットに乗せます。有料大手ショッピングモールへ
出したくても会社から予算が下りずメルマガ書きまくり、掲示板などで
宣伝
しまくりです。会社名は利用しますが、全国から来る苦情・質問には
深夜まで残業。会社同士の付き合いでないですからね!
個人で横柄をしたら一発でアウトです。
お客さんへ発送するのは社用車を使って営業マンが…(流通・販売)

さて、電話料金や社員数の給料、仕入れなどの経費を入れて黒字って
出せるでしょうか。きつそうですね〜。

早速、出入り業者さんへは義理で社員の親戚とかに当たらせて…。
(実はこの形態は実例がありますが、売上だけはかなりいっていますが、
大赤字だそうです)

…ところで今私はいったい何を書いているのだろう…
ハタと我に返る←徹夜

いや、つまり、大企業が得意分野をそのままITに入れて既存の
お客さんの注文の流れを変えただけのものをITビジネス成功!
として考えてはいけないということですね!

だいおうのサイトはここは遺憾!とメールをくれる本人さんとは
よく話をすることにしています。逆にどうすればいいかを聞くと、デザイン、
セキュリティー、オーダーフォーム、技術…サイトの構築の講義に
なります。特にデザインは誰もが指摘できますから多いですね〜。

とにもかくにも宣伝、販売、仕入れという3本柱が指摘者さんから
ぜんぜん出てこないッス。

バナー広告にお金を突っ込んでアクセス数を誇るサイトと、宣伝費なしでアクセスを
稼いでいるサイトのクオリティーの違いの区別が付かないとは情けないぞ!
文句をつける相手の力量が見抜けるぐらい勉強して経験を積んでからメールをください。

または、偉そうにウンチクを言う前にご自分自身で私並にやってみてから言ってください。

60万円をポンと渡して、合法なものの物品で無借金で1年目に生活をしながら
2000万円の商いをしろと言われて出来る人は少ないと思いますよ!(←私並)


PS:これを読まれて不思議だと感じられた方へ
今回のネタって会社の営業マンが叩き込まれる営業のノウハウの
基本の話を私がしているだけですよね。ネットビジネスってなんだか
不思議でアクセス数やHTML、JAVAやらの専門用語や
セキュリティーうんぬんの単語が出てきて難しく感じるのだと思います。
それらをマスターしてサイトを作る!というのが目標になってしまった
歪んだ?状態になっている傾向があるかなぁと思う次第です。

これから始めようと考えていらっしゃる方は「今から成功させるのは
難しい」とか言われたりして「そうなのか」と思うのはダメです。
ネットという道具はあくまでも道具なので何時の時代でも時期的に
遅いとかはありえません。
(サイト開始時ワープロも満足に打てなかっただいおうより。)



ああ〜、読み返すと恐ろしいほどの個人的感情が炸裂しています。
見事に見苦しいですよね?

ということで、教訓は…

ショップオーナーたるもの、怒りに任せて記事を書かない事!