国家事業:インターネット博覧会(略してインパク)参加記念。
純粋に1年間を通した27パビリオンのひとりである作者が贈る!!!

インパクの謎
ほとんどの記事(数十ページ)は削除済みです。

跡地です
スターティング・パビリオンNo.59
設営者:さくだいおう
設営期間:2000年12/31〜2001年12/31
テーマ:本物のIT実力者を養成!
☆博覧会お勧めパビリオン
11月技術賞いただき!!!
☆閉会に向けて公開コメント
前白

批判の多かったインパク。

イタイほど言われつづけた批判。しかし間違った批判も多かったこともありますし、ズバリ的を得て(射て)いるものもありました。その区別は現在進行形で無い人ですと分かり難いです。何が失敗だったのでしょうか。

ただ、国民(個人)が自治体や大企業に並んで参加できた貴重な体験はビジネスマンなら一生の話ネタに出来ます。そういう機会を逃すか逃さないか、見方を変えれば逃す手は無いですよね。

この世の中にはたくさんのイベントがあります。成功しているイベントと閑古っているイベントにはどのような差が有るのでしょうか?

ネットの投票は参考にならないようにしてしまった?

インパクの確かに悪かった影響は、サイトの良し悪しなどを計る”投票”を「本当の評価」として採用してしまった事でしょうか。社員の多い所、お祭を呼びかける所、ウカツにもそういう投票を「正しい」としてしまったのが残念。もし選挙の投票をネットでやった日には…組織票(&お祭り票)ばかりにも関わらず「よし」とされますので、技術の発展を期待しています。

関係者さまへ感謝の極み

何はともあれ色々とあった1年間でした。1000年に一度のミレニアムと当然迎える新世紀記念イベントだけに国民(個人)が参加できる配慮は大変嬉しかったです。本当にありがとうございました。


リンク集
インパク資料リンク集
ご協力を頂いた多数の企業や個人サイト、感想を頂いた
言及サイト管理人さまのご紹介



当記事はここのコラムでした。