ここは明くまで私個人の経験から推測した”最適”なマナーです。

丁重に断りたくなるサイトとは?

下記のコラムで紹介している相互リンクの結び方=マナーですが、
1998年〜2001年までのものです。これはブログやSEOテクニックが出現する前です。

ブログ(WebLog)が出現しトラックバックという意思無視でリンクが網のように張れ、
ページランクは上昇、語句検索が上位に出るとなって、多くに受け入れられました。

リンクを結ぶだけでも管理人同士のやり取りが発生する面倒くさい「サイト・タイプ」は
廃れた感じです。まぁ、今時に合致したブログに取って代わられた感もあります。

どちらにしましても、嫌われるサイトは昔から変わってなく「しょぼいサイト・ブログ」。

それはオリジナルコンテンツがなく、記載されている記事もボリュームがなく、
内容も、どこかで情報や記事が拾ってこれるレベルなので、価値が少ない。

しかしリンク集だけは力が思いっきり入っていて「リンク集18」とか「リンク集25」とか、
一昔前なら「リンク集サイト」だったものが、普通のサイトに常備されています。

これがまた滅茶苦茶多い。勘弁して欲しいほど多い。
2004年ごろから出来た新しいサイトの10中8〜9はこのタイプかと思ってしまうほど。
以前よりも増殖していて恐ろしいほどです。

これは未だに生き残っている老舗サイトや大手サイトの管理人から見れば、
1週間で1クリック、いや、1ヶ月でも1クリックすらアクセスは流れてこないはずなので
確実に勘弁して欲しいと思うに違いありません。

ところが、そういったサイトを作っている管理人さんは、
軽くアクセスが出ると(どこかで吹き込まれ)脳に刷り込まれているせいか、
自分中心が当然という発想を持っている気がする。痛いサイトだと自分では気づけれない。
リンク依頼を断れば反感を買うだろうから厄介といえましょう。当然発生する問題です。

はっきり言う人が周りにいないでしょうから私が代行して言いましょう。
リンク集の多いサイトさんは99%痛いショボいサイトです。間違いない!!!

ネットマナーを教えるサイトは決して読まない、広告収入ばかりを重視している、
SEOの語句検索結果の順位ばかりを気にしているなど、かなり痛い状況になってるよう。
これはネットのユーザーの質が下がったともいえる。原因は何か?

これは他のコラムで触れるでしょうけど、もう大手や老舗サイトの管理人は決心すべきかも。
新規の相互リンクを受けない、長期運営をしているサイトや情報価値のあるサイトだけと結ぶ。

そうすればショボいブログが語句検索で上位に来るのを少しは食い止めれるだろうし、
老舗や大手にとって、さらにはネットサーファー(死語)にとってはお互いにメリットが出るだろう。

もちろん、ネットの質が下がってしまえば広告収入で莫大な利益を稼いでいるポータルサイトや
検索エンジン・サイトなども死活問題なので、以前のデレクトリー審査の登録式を、
管理をしっかりして(リンク切れを努力でカバー)復活させて低下の歯止めをするべきだろうし。

コンテンツよりもリンク集のページが多いようなサイトのリンクサイトを使うはずはない。
そこを使うぐらいならgoogleやYahoo!、goo、MSNを使うはず。

ここを読まれているリンク集を多く作っている管理人さんは、数を減らして記事を多くし、
少数精鋭のサイトと相互リンクを結ぶようにしていただきたい。
それであれば、少なくとも私の運営サイトなら相互リンクを結んでもいいと考えています。

たぶん、この記事は2010年までは、いつ読んでも新鮮だと思う

人間は変わらないのと、大きなアクセスを得ているサイトは記事にもしてるけど
上位0.5%が全体の半分のアクセスを得ている事実は何時までも変動しないと思うから。

新しく好い出来のサイトが出てくるんだからボクだって厳しいのは同じです。

結局、「リンク集サイト」にされて申し込まれるほうが吉かもしれないけど、
時代が移りすぎて日記だけでもオリジナルコンテンツがあるほうが望ましいです。

あと、当然のことながらコピペは直ぐにバレます。
「素晴らしいサイトを拝見し」とかのありふれた文章はコピペで見慣れています。
もう、暗記できるぐらい見飽きてます。まじです。ゆえに大きなサイト管理人には要注意。

本当に長いサイト運営者にはまず通用しないです。
次のコーナーでお話しますが、大きなサイトと相互リンクすると、
読者でもあるサイト管理人も多いので連鎖して相互リンクが結べたり、
なぜか常連さんが増えたり、理由はよく分からなくとも様々なメリットが生まれます。

従って、ちゃんと書くこと、書くためには相互リンク先の管理人プロフィール、
どんなサイト内容か、好い所はどこか、読んで把握すれば依頼文を書くのも簡単です。

ちなみに、私が即OKしてしまうのは…↓に続きます。

相互リンクの効果とお願いの仕方

私もサイト運営開始の頃は相互リンクのお願いをしてスルーとか断られていました。
それは当然でした。特に大きなサイトさんは募集すらしていないですから憧れでしたネ。
結んでくれた時は本当に嬉しかったものです。

それから時が流れ、大きくなった私のサイトたちですが、
未だに相互リンクを募集しています。

たとえ1日のアクセスが数件のサイトさんでも出来たばかりでも…リンクをします。
当時の嬉しかったことをその方にも感じて欲しいと思うからです。

▲ただし、解説も無いリンク張りまくり千代子さんの場合は
率先して却下したいと思うようになりました。

リンクの表記はLINKです。RINKスペルは極力止めましょう!

相互リンクは相手によります。

長期的に見て、ジャンルが異なろうが、いい相手との相互リンクは
安定した訪問者が、いつまでも少なくてもあります。
実際多くのアクセスはなくても安定して来てくれる…ということで、
相互リンクは大変重要です。

軽く考えている場合は経験から、相互リンクはイマイチと
言われている場合が多いですが、それは、経験された相互リンク先が
イマイチだからと言わせてください。

いい相互リンク先を集めたところは、安定していいアクセスアップが出来ていると
私は判断しています。

基本的に、ヤフーだってリンクのひとつです。
相互リンクはイマイチと言っているサイトさんは特に気をつけましょう。
ネットは相互リンクで出来た輪です。特にアクセスアップ専門のサイトさんで
相互リンクはイマイチだと断言してしまうと、かなり恥ずかしい実力のなさを
露呈してしまうことになりかねません。

また、相互リンクを新聞社や気象など公的分野に限定していたり、
方針を書かれていらっしゃるところもご注意ください。

一番「オイオイ」と思われるかもしれないのは、営利目的サイトはお断り…。

そうです。そうなのです。そのサイトさんが一生懸命登録に頑張ったヤフー様は
サイトとして営利目的でしょ?他の検索エンジンもそうです。
ヤフー様に削除依頼を出したらいかがでしょうか(イヤミ)。

マズイ物販や運営がいい加減なサイトお断りと書き換えましょう。

でも、こういう事を書くと何様だ!と反感を買いますので申し込みは無くなります。
つまり、注意書きは無いことが望ましいですね。

リンク先サイトを選ぶ?

いい相互リンク相手というのは、新しいアクセス(読者)を稼いでいるサイトの事です。
又は、サイトの実力でアクセスを稼いでいるサイトのことです。
そういうところばかりで相互リンク集を作って、アクセス解析で実験してみてください。
相互リンクがイマイチだなんて言っていた自分が、大変恥ずかしくなります。

#バナー広告など宣伝費をかけてアクセスを稼いでいたサイトさんで、
宣伝費をかけたくない、少なくしたいというサイトさんは、
相互リンクを考え直しましょう。

今まででも、お願いされていて断っていたサイトさんで、大変な損をしていたかもしれません。
一般読者さんが知れば、プライドが高い運営者だと悪いイメージになっていたかもしれませんし、
ネット上では社長でもただの人ということを認識しなおしましょう。

大企業を真似てはいけません。

相互リンクのお願いがたくさん来て切がない、整理整頓するのが大変だ…というのは
気持ちはわかりますが、実力ある相互リンクで固めれば、かなりの宣伝費と同等の
アクセスがあります。相手に与える恩恵をケチるよりも、長い目で自分の恩恵になる事を
真剣に考えてみましょう。

◆サイトジャンルに、こだわるのもどうかと思います。人間の趣味は多様です。
あらゆるジャンルの頑張っているサイトを集めましょう。

◆この相談所は、ヤフー登録が2001年1月。インパクのスタートも’01年1月1日から。
それまでは懐中野郎(サブサイト)との相互リンクしかありませんでしたが、
8ヶ月で4万アクセス行っていました。今は大きなアクセスを稼いでいます。

相互リンク先の良いサイト例

1、ヤフー登録サイト

ヤフーに入っているなら、他の大手検索サイトも入れてくれているはずですし、
雑誌の掲載率が多いのもヤフー登録先です。
新しいアクセスを稼いで、徐々に常連も増えるところです。
(ヤフー地域版<全国版)

2、リンクをちゃんとひとつのコンテンツとして捕らえているサイト

どうやって判断するかと言いますと、解説が多いというポイントをみます。

3、元気いっぱいサイト

更新がマメで、メールも多く、運営者さんが一生懸命やっているところ。
こちらは今はヤフーに載っていなくても将来的に載るでしょうし、
どんどん発展する可能性が高いです。熱意があることは最大の武器。
一方、最初は更新が頻繁で良くても、半年や1年続かないサイトが多いのも事実。

4、ネタが大変飛びぬけているサイト

更新がなくても、ネタ自体の注目度が不変なカリスマサイト。滅多に有りませんし、
後述しますが、相互リンクは殆ど不可能です。

考える必要があるかも…の例

1、更新のないサイト

更新がなくても、アクセスを稼いでいるところはどれだけあるのでしょうか。
ほんの氷山の一角でしょう。大体、相互リンクをお願いしても、更新がないのなら
返事もありませんネ。

2、アクセスは多そうですが身内ばかりと思われるネタがしょぼいサイト

瞬間風速の場合がこれに当てはまります。
リンクを張って、一回そのサイトさんの常連さんが見に着たら以後はない…。
こういうところは、バナー広告や会員制からしかアクセスがないのかなぁ(謎)。

3、表紙だけでのアクセスと判るサイト

表紙でさよならしている、リピーターの無さそうな?な感じのサイト。
リンク集まで読者さんが降りてきていませんので、当然自分のサイトまで
訪問者は来ません(涙)。

4、仲間意識が高すぎるサイト

会員制、ネットアイドル、コスプレ、特殊エリア趣味…。こういうサイトさんの場合は
覗きに来てくれますが、有効な常連さんになる率は、普通の相互リンクよりも
はるかに少ないと思います。

5、広告にお金を費やしてアクセスを稼いではいるが内容の乏しいサイト

広告などでアクセスのあるうちはいいが、広告料が払えなくなったら、
閑古鳥が巣を作る内容の薄いサイト。
サイトのボリュームがあれば、常連は離れないと思いますので、そのポイントが
良いサイトの見極めでしょう。

他にもありそうですが、結局相互リンクの相手によります。
最初は、自分のジャンルを集めているリンク集には是非登録してください。
その後ゆっくり相互リンクを集めていきましょう。

お願いの仕方

さて、相互リンクをお願いするときの場合は、そのウエッブマスターの理由によりますが、

1、アクセスアップの狙い
2、自分のサイトでネタにした感謝またはお友達として


・・・の二つが大きくあると思います。殆どの方は1番でしょう。

つまり、宣伝をお願いするので、対等としてお願いする文章ですと悪い印象になります。
相手はお願いされたらしなければなりませんので、サイトを選べません。
お願いする方が有利です。従いまして、丁寧な申し込みをして下さい。

お願いする相手は、別に相互リンクしなくてもいい訳です。
特に、すでにアクセスを稼いでいるサイトなら、リンクの追加は自分の好みだけで、
そうでないところはリンクをするのは不要です。

又、有料バナーなどでお金を投入してアクセスを稼いでいるサイトならば、
なおさら相互リンクして相手の宣伝をしてあげる義理はありません。

2番は、大手のサイトさんが「このサイトはいい」と感じて、ネタに取り上げてくれ、
ネタとして使ったから相互リンクをしましょうと言ってくれる場合です。

ネタとして使う場合は、そのネタで既に紹介しているわけですので、
相互リンクまでしてくれる場合は皆無といっていいかもしれません。
私の経験では数件あったかどうかです。

関連サイトの機械式時計研究会の場合は…

ネットでの一般の力関係はアクセス数といいますか、
知名度、読者層などで決まっていると思います。

自慢になって恐縮ですが、機械式時計研究会の読者様では、
国立大学教授が数名、病院院長が数十人、議員や公務員、
大企業の管理職などの読者が集まっています。
従いまして、高額商品を扱っている販売サイトさんなら、
願ってもいない相互リンクサイトです。

実際、お願いされるのは、高額品扱いサイトさんの申し込みが多いのですよ〜。

気持ちを行動で見せよう。

どうせなら気持ち良く、お互いが相互リンクするために…


トップの最上部に、先方さんを目立つように先にリンク・アップしてから
相互リンクの希望のメールを出します。

お願いされた側は、「おお〜、やるなぁ」と思ってくれるはずです。
私なら確実にOK。嬉しいですよ。

相互リンクの部分の最上段に目立つように出します。

相手のサイトに目を通して感想を述べた後に是非…とします。

「相互リンクしてください」ってハッキリ申し込みしましょう。
プライドが邪魔をして、「リンクさせて頂きました」だけでは、ダメになるケースが
結構有ります。忙しい管理人さんなら気持ちまでを汲み取る事は不可能だから。

でも、気持ちを汲み取っていてもダメな場合も有ります。
友人の管理者に「どうしてダメなの?」と聞きましたところ、
「相互リンクして欲しい意図がミエミエで気分が悪い」と言う事でした。

いいじゃない、そんなことで…と個人的に思いますが、結構有るかもね。

う〜ん。みなさん、頑張ってください。

相手が一日50〜300人の読者(カウンター150〜1000アップぐらい)で、
自分がサイト運営を始めたばかりならば、まず上のようにやりましょう。

ただ一日500〜1000人以上訪問、カウンター3000アップ〜のサイトさんに申し込む際は
ちょっと無理、断られる可能性が高いでしょう。

理由は対応する暇が無いから…ということと、読者さんの為にリンク紹介サイトの質を
落としたくないから自分で探す=申し込みを受けつけない=事が主なものと思います。

大手と普通サイトではバランスが取れないお約束

大手サイトと相互リンクを結びたい!!!・・・当然誰もが思うことです。

ReadMeの上位5000位を見て判るとおり、ほとんどのサイトさんはアクセスが少なく、
大手と普通のサイトではアクセス恩恵としてのバランスが取れません。
これは現実ですから、お願いする場合は、本当に失礼のないようにしましょう。

断られても逆恨みはご法度。断られるのが当然という感覚を身に付けてください。

★5000位=数万サイトが登録している中で上位5000番のこと。

まとめ

却下したい問題外バージョン

1、貴殿がしてくれたらこちらもします。⇒これに近い内容が殆ど。

2、OKを出した後にサイトのアドレス教えてください。⇒関わり合いになりたくない…

3、2〜3行のメールでお願い⇒相互リンクやりたくないッス


バナー広告に出してアクセスを稼いでいるところは100%断られるっ!

断られる筆頭は、アクセスを広告で稼ぐタイプのサイトさんです。
そういうところは最初からはずした方がいいと思います。
リンクしてくれる可能性は限りなく少ないからです。

その心理

「こっちはお金をかけてアクセスアップしているのに、
なんで君をを無料で宣伝しなくちゃいかんのだね〜」

という気持ちが出てくるのは当然です(笑)。逆恨みは止めましょう。



宣伝費を一切投入していなくて、実力オンリーでアクセスを稼いでいるところでは
申し込みのサイトがある程度興味深ければ、快く相互リンクをして頂けます。

相手を見抜く眼力も、やっぱり実際にサイト運営を長くやっていれば身に付くようです。
ゆえに実力をつけましょう。切磋琢磨は重要ですね!

●ザ・懐中野郎に「釣りのサイト」として相互リンク依頼が来た!!!

この私は、懐中時計という放っておいたら一年でも1000アクセスぐらいしかない
サイトも運営していますが、まったくアクセスの無かった状態で、
相互リンクしていただいた友人サイトには、いまだに頭が上がりません。

ところが!!現在は申し込まれる立場となっていますが、「いいですよ〜」って返事をしたら
「アドレス教えてください」って返事がきたり。この時点で当然却下です。

リンクをしたら、お願いされた側がしていなかったり。これもヒドイですよね。
ネットでのパワーバランスがアクセス数という現実がある以上、
いや、サイト運営者になったのなら、ネットマナーぐらい調べないとイケマセン。

私の基準は運営者さんを気に入ったりした場合に相互リンクを申し込みます。
(2002年の時点で、日々のやり取りだけで精一杯で出来なくなっていますが)

また、アクセス解析で見つけたウチを紹介してくれたサイトさんは、感謝リンクを張ったりします。
しかし1日数万のデータですから、少なくとも20〜30人は飛んで来ないと埋もれてしまい
見つけられません(ご本人さんが20〜30回クリックしても見つけれません)。

しかも、毎日見るわけでは有りませんので、日記では過去になりますし、
99%スルーして(失礼して)しまうことも多いです。

紹介下さったサイトさんには紹介で返したくなるのが普通ですしね。

そうそう、趣味で釣りの掲示板に出ていましたら(←リンクを懐中時計で出して)、

「貴兄の釣りのサイトを読ませていただきました。リンクを…」

って来たときにオイオイ、釣りのサイトじゃないよ〜〜〜って。
コピペ申し込みはカンベン。


最近の相互リンク

なんだか最近、相互リンクの張り方がセコくなっているような気がする…。

依頼されたサイトさんの表紙を見てリンク集を探すのですが、一見、何処にあるのか分からない。
で、なんとか発見して自分の張られたところをみようとすると、
何ページにも渡って大量の相互リンク先が!!!

表紙から探せれない、リンク集の中でも探せれないダブルの障壁といいましょうか。



サイト最上段で紹介すると1割のアクセスが流れる?

推測は誰もが出来ますが、実際は?
(私のサブサイトの例)

日時 アクセス数
今回使った遠山さんの記事
紹介文
8月5日 約30(リンク未だ)
大物イワナの怪

遠山行政書士事務所:遠山氏が
爆釣した謎の場所。
絶対零度の恐怖があった!!!

8月6日 2,561(当方=13,842)
8月7日 1,935(当方=15,419)

2003年8月6日、7日がサブサイトの表紙で紹介した日です。

ヤフーの新着では、一般的に約100−500増。

すなわち、1日1,000アクセス以上を得るためには、表紙が10,000アクセス以上のサイトに、
しかも、トップで紹介されないといけない…と言えるでしょうが、アクセスを得る…ということは、
とてつもなく努力が必要という事が分かってしまう今日この頃ですね。



▲無論、宣伝料を払って広告を出すのが簡単でしょうけど、1日2,000アクセスで月50万円ぐらい!!!

▲雑誌・TV・宣伝でアクセスを得ている企業(マスコミ)サイトでは、当然、無料ではPRしてくれません。

表紙最上段では、そこそこのアクセスが流れるようですが
常に出しておく事は出来ません。
宣伝費を頂いてやるわけでは無いですから。

とすると個人サイトレベル、リンク集でアクセスがド〜ンと増える事はないでしょう。
それは上で出しているUMAサイトでも、この相談所ですら…です。

つまり直接のアクセスアップとしてリンクを求めてはイケマセン。
相互リンクはページランクを高めるため…と考えるようにするのが1番です。

▲ページランクについて⇒こちら
ページランクでの判断も絶対的なものではないです。

アクセス上下動の悲哀と更新履歴すら1%以下の衝撃

ブックマーク率は置いておいて、検索エンジンからのアクセスに支配されている昨今、
安定する為にはコンテンツ/テキストの充実が作者側にとって最良の手段ですが、
ブログ始め、訪問者へ如何にウケルかを考えて記事を更新してしまうのは現実。

更新を止めたとたんに閑古鳥が巣作りする驚異、常に更新しつづけなくとも、
全然大丈夫な記事を書き残したいと思う今日この頃。

ところで、最近はリンクを張ってもアクセスが飛んで行かないなぁと
うぶろげながら肌で感じていましたが、ちょいと自サイトで解析を分析してみました。

驚く事に更新履歴すら1%以下の閲覧状態でした。なんとっ!!!
表紙にリンクを張っていながらUMA→ココが0.01%、ココ→UMA0.05%、ココ→時計0.03%。
これでは、当然、リンク紹介をしても少ないですよね。ページランクに役立つぐらいか。

どうも商品を扱わないサイトでは、目的の記事を読めばサヨナラなのでしょうか?
または、表紙に読む場所が沢山あり過ぎて、細かく読む前に疲れてしまうとか。
広告を貼ったせいか、いや、ただたんにツマラナイという事では!!!

と、思わずヒザが折れ、落胆のポーズを10分間。(時代が変わったのだと思っておこう)



戻る    表紙    次へ