ここは、ITサイトの未編集記事たち:その1。

TOP ご挨拶

みなさまこんにちは。作者・管理人の”さくだいおう”こと佐久間です。
この度、@niftyの@homepageのサービスが終了することとなり、
本ホームページも引越することにいたしました。

1998年の開設当初は、私はインターネットに触れはじめたばかりで、
新しい世界に期待を持って更新やネットサーフィンに夢中となりました。

ここ数年は、仲間の死去等々、いろいろな私事都合が重なり、
フェイスブックやツイッター、ミクシィなどSNSに参加することはなく
ネットから距離を置いておりました。

こんな状況下で、@niftyよりホームページサービスの終了のお知らせ。
いい引き際と思い、そのまま新しいLacoocanサービスには移行せず
このまま終了・閉鎖するか、進むべき道を模索しておりました。

1998年の秋に開設し、約18年間の長きにわたりご愛顧を賜り、
誠にありがとうございました。
当サイトは閲覧のみのまさに「ホームページ遺産」として存続いたします。

最後に、今までたくさんの楽しい思い出を経験させてくださいました読者の方々に
深く感謝したいと思います。ありがとうございました。

2016年10月18日

ニフティ会員向けの@homepageサービス終了(2016年11月10日)に伴い、
ホームページ遺産として存在していた当サイトは引っ越しに伴って多数のリンクが不能となっていますが、
「次へ」「表紙へ」リンクは生きていますので閲覧の際にはそれを中心に読み進まれるようご注意ください。

当サイトは、まとめ読みをされようと今お読みに来られた方には適しておらず迷ったり困惑を強いらせます。
優しい気持ちで細かなことを許され、ネット初期のサイトを楽しんでくださいますようお願い申し上げます。

作者について。ネタ枯渇の際に自分語りや料理ネタが出ることを強く意識して避けていたため、
サイトはサイト、作者は別物というスタンスで、ツイッターやフェイスブックには参加しておりません。
メールのお返事もしていない量が増えてきており、まことに申し訳ございませんがご了承くださいませ。



戻る




メール遅延のお知らせ 2017年6月10日

私は自宅にPCを5台持っているのですが、その内の3台が少々ヤバいことになり、
修理を独自で行って気が付けば相当な時間が過ぎておりました。

もっとも、些細なトラブルから大きなものまで忙しかったことに加え、病気を患ってしまって作業効率も悪くなり、
明日以降は1週間以上の不在(PCを持たずに出張りますので、こういうことも加わってしまいます)。

まだまだ諸問題の処理が完了してメールを打てる余力が出来るのはまだまだ先とお考えいただけると助かります。

PS:こんなところで失礼ですが、松浦さんの推測はビンゴです。
あの頃、助けがなく、物理的な助けをしてくれた方以外へは、今後協力は求めないというスタンスが確立、
犯罪問題対処というのは事後には誰でも対応できますが、問題を渦中でも正確に見抜け対処することが出来ないと難しい。
「日本語なのに日本語が通じない」恐ろしさに繰り返してそんな状況でいたら心が折れたという次第です。
信頼できる「真偽を見抜ける」スキルを持つ人が、実際に作業に入ると僅かしかいなかったのです。

まぁ公になって嫌がらせは止みましたが未だに一部では継続している模様ですね。残念なことです。
こんな古い記事サイトを無理やりにでも現在進行形みたいに批判しなければならないですからね。

一般読者さんは作者が毀誉褒貶を受けている前提で適当に判断してくださいませ。



戻る




メールから 2017年4月7日

熊本震災にて指揮をとられたMさま、ご報告を頂戴しありがとうございました。
今年になって各地での要望より講演をこなされ、新聞にも掲載されたとのこと。
(新聞の件、確認いたしました。)

以前の3.11のレポート(私のラスト活動)でも登場なされていらっしゃいますが、
今もなお、危機管理が必要な現在、頑張られていらっしゃるのが伝わってまいりました。

PS:松本さま、松浦さま、他たくさんの方々からのメール、ありがとうございます。



戻る




雑談 2017年2月28日

最近、公害・環境問題の裁判記録を読みふけっています。

河川の有毒物を無害化するための石灰などで水が白濁しているのを見て、近所住まいの人が騒いだ事件。
裁判記録は9㎝とか10㎝とかの分厚い資料となっていて読むのも大変だけど、ある傾向に気付きました。

企業を「毒水を垂れ流す悪徳組織」みたいにネットで広げ、1万数千人の賛同者らしき人たちも集っていました。
ところが裁判になったら何が悪いのかを証明する労力を払わず「あなた方企業が悪くないことを証明しなさい」
みたいに逆に企業側に労力を強いた。ここが変。

証明責任は悪く言った側に生じます。しかし感性や見た目の印象で悪く言っていた本人たちは気づかない。
裁判が長くかかった挙句、彼ら言った側は企業に敗訴し、お金もたくさん請求されることになっていました。

しぶしぶ悪くなかった企業側が作成して、結果、分厚い裁判資料となっていたのは、
これが理由なんだとわかって納得、川の水の白濁が透明に戻ったら、
小魚たちが泳いでいる動画すら公開されていまして、私はなぜ公害訴訟が起きたのか興味がわきました。

近年こんな事例が増えているのだといいます。敗訴した人たちは反省せずに未だに企業へ食いついているみたい。
現状の認識ができず、周囲のあおりで自分たちの考えを変えられない、最初から口だけで労力を払わないのが問題。
そもそも知識があれば裁判自体さえ起きていない無駄な出来事ですしね。

これは人々が論理の基本を意識することが希薄になったため、もしも自分が間違っているのなら?と
事実と脳内で思っていたのを妄想で広めてしまった反省、自分の行為を振り返る癖が身についていないのだと思う。
また正確な知識を持つ詳しい人へ頭を下げて聞いたりしないプライドの高さを感じてしまいます。

特に近年、こんなズレが生じているだろう怖さがあります。裁判関係者は「もう慣れた」と言わんばかり。
裁判だけじゃない、私たちの身の回りでもすぐに終わる仕事が労力ばかり増えることがありますよね。
その原因を調べますと、大概が同じようなパターンと分かります。

PS:松浦さま、三谷さま、ありがとうございます。

戻る




作者の専門雑談 2017年1月27日

リンパ浮腫について(医学雑談用)
ひとえに「治せるか・治せないか」に集約される医療関係の全部。
偉そうに机上の空論で語るのは他の界隈にお任せして、科学のいいところは結果が全てな事。
結果を良くしたいのなら知識をどん欲に吸収し、可能か不可能か自分の立ち位置を認識し、
地道に専門の道、結果を求め続けるしかありません。普通のジャンルにはない魅力。

魚病について
愛魚が病気で苦しんでいる時、なんとか助けてあげたい。しかし魚を扱う獣医さんは滅多にいない。
自分自身が医師にならなければなりません。ある程度まではネットで調べたりして出来るようになっても、
論文などでは専門用語が多く、薬剤や病原菌のアレコレは拒否反応が出る、そんな現状が見えてきます。

メーター大イワナの科学的可能性は?
ずいぶん前に書いたひな形原稿。まだ種別・分類について議論していたのが懐かしい。

大イワナを追う
これも懐かしい対外的記事。少し真面目バージョン。

戻る




2016年9月27日 @homepageサービス終了につき引越

ずいぶんのご無沙汰です。
といっても当時の読者さんは少ないでしょうけど、案内だけは出さねばと更新しております。

引っ越し作業中にメモ帳のネタを思い出し、当時を懐かしく思います。紹介してみましょう。
以下はインターネットセキュリティについての記事です▼

 
2001/11/24 インターネットセキュリティ

 世界的に見ればすでに周回遅れとも思えるわが国の通信事情も、このところブロードバンド前夜というムードが高まってきました。ちなみに、ブロードバンドってどういう意味ですかね? よく知らずに使ってますけど、インターネット常時接続=ブロードバンドって解釈でいいのかな? ←ちょっと違う。

 それはさておき、僕もADSLを申し込みました。プロバイダに仮予約して、「返事はいつかなあ?」などとのんびり構えていたら、一週間で返事が来ました。申し込みから開通までの日数は、トータルで三週間程度だそうです。意外に早い。

 ADSLだからといって本当に常時接続するつもりはありませんが、接続時間が今まで以上に長くなることは大いにありえます。セキュリティ対策といったらブラウザとメーラーのバージョンアップくらいしかやっておらず、それもIEとアウトルックエクスプレスなので、根本的にどうなの?って感じで今までやってきましたが、パソコンも新調したことだし、この機会にその手の対策ソフトを入れることにしました。

 僕が買ったのは「ノートン・インターネットセキュリティ2002」です。「ウイルスバスター」と並んで雑誌で紹介されることの多い、定番商品です。ブッシュ元大統領にやや似で、若手研究者にもビジネスマンにも見えるノートンさんがトレードマークのシリーズですが、最近のパッケージにはノートンさんの顔写真が付いていませんね。創業者でも追い出すのがアメリカ企業なので、ノートンさんも会社を追放されたとか? それとも、会社を売却して悠々自適の生活を楽しんでいるか。いやいや、完全にハゲちゃったからモデル業?を引退しただけかも。いずれにせよ、自分の名前を商品名にするセンスがアメリカ的ですね。

 実は、この手のユーティリティなどの常駐モノに、僕は懐疑的でした。ホントに効くの〜? 速くなるとか、記憶容量が節約できるとか、トラブルから容易に回復できるとかぁ、マジで? 気のせいじゃないのぉ〜。と、言わずにはおれませんな。←失礼な(^^;。

 しかし、このノートンさんはちゃんと効いてるっぽいです。しかも、システムに対する負荷も軽微で、インターフェイスも鬱陶しくありません。今使ってるマシンはメモリやCPUに余裕があるから負荷を感じないのかもしれんけど、画面がうるさくないのは大変結構ですな。

 ノートンさんの主な機能は、以下のようなものです。

●アンチウィルス
 電子メール・ActiveXコントロール・JAVAアプレットなどをチェックして、自分のパソコンをウィルスから保護します。ウィルスを検査するための定義ファイルはオンラインで供給され、これは1年間無料です。1年経ったら有料契約に移行もできますが、市価で7,000円くらいのソフトなので、買い直したほうがいいかも。

●パーソナルファイアウォール
 僕はこれが目当てで買いました。ファイアウォールは、自分のパソコンに対し何者かが外部からアクセスすることを規制します。また、自分のパソコンが保持している情報が外部に漏洩することを予防します。

 これらの機能の一部はIEにも搭載されていますが、ノートンは設定がわかりやすく、しかもオン・オフがいつでも簡単に切り替えられるので、実際の運用が楽チンです。

 ほかにも「保護者機能」「広告ブロック」など便利な機能があるのですが、どれも簡単に利用することができ、早い話、普通に使う分にはインストールするだけでオツケイです。細かい設定をしようとすると、それなりに高度な設定画面が出てきますが、すべての設定項目に関して適切な説明文が付いているため、選択に迷うことがありません。付属の説明書でもこれは徹底されており、難しいことがわかりやすくきちんと説明されているのには感心しました。セキュリティの入門書としてオススメしたいくらいです。

 実際使ってみると、1時間に1回くらいの割合で「何者かがリモートアクセスを試みています。どうしますか?(遮断/許可)」みたいな警告が出る(設定が「高」だから)ので、驚きましたよ。じゃあなに? 今までは気づかなかったけど、実は外部からアクセスされてたわけ? ここで「許可」するとどうなるの? てなもんですよ。まあ、旧マシンでもウィルスに感染したことは一度もないし、これといった不都合はなかったので、たぶん大丈夫でしょう。大丈夫だと信じたい(^^;。

 最初は「ホントに効くの?」と疑っていましたが、目から鱗が落ちました。これは便利です。さすが定番ソフト。僕みたいな人がホイホイ買ってるんだろうなあ。

 ちなみに、WinXPはブロードバンドを考慮して、標準でファイアウォール機能が搭載されているそうです。OSをXPにバージョンアップすればノートンさんを買う必要はなさそうですが、バージョンアップ自体が危険なので、僕はやめときました。ノートンで正解だよ。←すっかり感化されている(笑)。

 ADSLが開通したら、セキュリティ向上のために、つぎはルーターも入れたいと考えています。おそらく「ケーブルを挿すだけ」だろうから、レポートに値しないと思いますが、買ったときは「買ったよ」と書きますので、お楽しみに! ←楽しいのは本人だけ(^^;。

新接続を導入するのに「3週間で早い」とまで言い切ってます(笑

2001年の自分と今ではかなりの開きがあり、最早、文章を見直しても同一人物と思えない程。
当たり前と云ったら当たり前ですが、時が流れましたねぇ。

現在のネット状況は政治やらステマなどが蔓延り、大手ニュースについて言及するぐらいで、つまりません。
マスコミが出さないマニアックな商品とか、表に出ない裏知識などを惜しげもなく出し合って、
互いに切磋琢磨したり「学ぶは真似ぶ」みたいな哲学やら、ルール無用なだけに自制したり、
ネット初期は貴重な時代だった…、楽しかったなと懐かしく思い出します。

表紙へ



ネットの真贋の見分け方~労力を見るべし

悪人の資質というのは「楽して儲けよう」である。
それが発展していくと詐欺師となる。詐欺サイトはチラシだ。
「人をだます」というサイトには努力の痕跡が少ししかない。

下手で怪しいサイトにYahoo!サングラスがついている。
サングラスの取り方は、1-2年どころか4-5年努力して、
やっと取れる可能性が出来る。それでもまず取れない。
作り手には以心伝心出来るが、それほど困難な壁。やって

逮捕された人たちのサイトやブログを観ると面白い。
継続できてないし、すぐに飽きている。善い人ぶりが凄い。
しかし、善人なら当然書くだろうことが書いてなかったりする。

つまり、自分に対しての厳しさが伝わってこない。
肩書が立派でも、その努力が伝わってこない。
口だけの人間と、実際にやる人間には大きな差がある。
見た目だけで判断してはいけない。

綺麗なサイトというだけではYahoo!サングラスは取れない。
センスでもラッキーでも偶然でも人脈でも金を積んでも無理。
ネットは胡散臭くない。見分ける知識がないだけだ。
悪質な連中はリアルでも多い。共通は「楽して儲ける」だ。

表紙へ



雑感

労力をかけて問題解決しても感謝されない事がある。
「誰にでもできる」という先入観が大きいからだと思う。

労力をかけずに問題解決できるケースも多い。
意外と「凄い、どうしてそんなことが出来るんですか?」と驚かれ、
長い期間、感謝の連絡が定期的に来る。

どちらにしても、被害者であるご本人さんにはノウハウがなくて、
やる事はされているのだけど、効果がなく天を仰いでいた。

第三者視点で問題を見るのは大切だが、見抜くためには経験や、
幅広い知識が必要なのは言うまでもなく、簡単にできるものではない。

問題解決をした後、結果だけを聞けば警察発表と一緒であり、
「あ、そうだったのか」で、結果を出すまでの苦労は表に出ない。

弁護士なら簡単に出来た場合でも「大変でした」と言えば済む。
問題解決と言うのは非常に難しいと思う。
また報われないので継続して行う人が殆どいない。
老舗の当方もいよいよ終了でしょうね。これも時代の流れ。

表紙へ



犯罪発生、家族の役割

昔話。被害者が相手側の家族へ被害状況を訴えたところ、
その家族は真贋を確かめず「ダンマリ」を決め込んだ。
それどころか加害者の説明を鵜呑みにし、被害者を悪く言った。
調子づいた加害者は嘘を塗り固めていった。被害事実は流れた。

孤軍奮闘の被害者の落胆や怒りはどこへ行くだろう?
関係の修復は不可能。元々他人だからね。
家族の問題は「直接連絡せずに真贋を確かめない」姿勢にある。

分岐点はいくらでもあった。保身に走れば悪化する。
全てに共通する。被害者の落ち込みは大変なレベルだ。
精神が壊れてしまうかもしれず。世間では普通に事件が起きる。

一方、被害者の家族は、孤軍奮闘の被害者の代わりに
「私がやるから休んで」としなければならない。使っては駄目だ。
同じく真贋が分からねば、自分たちで動かねばならない。

表紙へ



ネット自由の危機!?

最近のネットの良い面がネガティブな影響として現実化。
自分のことしか考えない、という事件が増えている事です。

もっともな原因が有識者から触れられていない。
教えられれば簡単だが、自発単語として出ていないマスコミ。
それはネットでは謝らなくても済んでしまう点。
事件を見れば、社会との接点を断たれたとかある。
しかし何をやっても謝らなくて好いのがネットの絶対的デメリット。

昔から指摘されてきたのに、今は危険性を指摘する声が少ない。
ネット世界だけに慣れてしまうと、自己が正当と勘違いする。
指摘されても逆切れ、怒るだけで自分が悪かったと反省しない。

反省させるためには当方のようにやるか警察の出番だろう。
警察の監視の下にネットをしないといけなくならないよう、
もう少し啓発する人が増えなければならないと思ったりする。

このままじゃ、自由を自分達で捨ててしまう。マズい。

表紙へ



2014年6月14日 現在、交流系はありません。

王道ネタ紹介の工夫

最近、魚病について調べたところ、自分の記事もよく引用されてることに気づきました。

たとえば魚体の体液は塩分を簡単にイメージすると0.8-0.9%、
淡水の病原菌の主なものは0.35%なので、塩で治療する場合は0.5%前後が(初心者さんにも)安全に使える濃度。
浸透圧の変化で病原菌は死滅し、魚は大丈夫という基準から導き出された昔からの知恵。

なぜ塩が薬のように使われるのか?なぜ実際に効果があるのか?
海水魚では逆に塩分濃度を低くする淡水浴が使用されるのは、海に住む病原菌の体内濃度の応用です。

食用向けのサケマス類やコイなど養殖場ではもっと凄い濃度を短時間で薬浴して治療してます。
耐えうる時間も細かく調べられてきていますが、初心者さんがやるには慣れが必要なので、
私の当時の記事などでは王道だけの紹介で強調します。

新しい薬剤は時代と共にできてくるわけだけど、いまだに廃れていない塩の投入の科学的説明、
こういったものは当時はメールやBBSでやり取りして啓発していったものだけど、
今は勉強した人がまた後進へ教え、消えることなく残っていきます。それを見つけて喜んだりします。

ちなみに魚類の体液のPHは7.3-7.6。ペーハー検査をしてみると面白いですよ。
わが家の水道水はPH7.5-7.8(揮発させて調査)。

さて、作者は友人の急逝により心的ショックが大きく、サイト更新や交流は不可状況ではあります。
サイトは閲覧中心のまま残してますので、暇つぶしにどうぞ。

作者の作成サイト(全てうんちく系です。)
ミクシイ、ツイッター、フェイスブック、ブログなど交流系はやっておりません。
同姓同名や同じハンドルネームにご注意。例=このブログは私ではないです。
もしあったとしても私が管理人ではありませんので、よろしくどうぞ。
謎の巨大生物UMA 
ホームページグランプリで日経ネットナビ賞(準グランプリ受賞)
Yahoo!サングラス、Yahoo!サーファーローラのオススメ
URLTODAY週間オススメ、ジオシティーズの優秀サイト選出(E-LIST)
ソフトバンク「ネットランナー」ベスト・オブ・常習者サイト銅賞
ジョン・アングラー・ランドJAL
海釣りのサイト。海の科学、魚の行動学、エルニーニョって何?など
謎の巨大生物UMAの海洋に関する科学的補填知識。
渓魚の生態考察
サツキマス、サクラマス、イワナなどの生態と行動学。
謎の巨大生物UMAの内水面に関する科学的補填知識。
インターネット研究会J(売上向上相談所)
Yahoo!インターネットビジネス関連情報、Yahoo!アクセス向上
オールアバウト・スーパーオススメ2002
ニフティVIPクール選出
国家インターネット博覧会でオススメ、IT技術部門全国2位(公的発表)総務省
機械式時計研究会
Yahoo!アンティーク、日経BPベストショップ★★★★(4つ星)
オールアバウト・スーパーオススメ2002(時計ウンチク部門)
オールアバウト・オススメショップ(ファッション部門)
スカイパーフェクトTV「アンティークガレージ」出演
日本のベスト100としてEC白書掲載(通産省=経済産業省=の被分析サイト)

仲間内ですらエイプリルフールの冗談すら言えなかった昨今。
これでは楽しいネタなど書いたりできないと自覚して、趣味にでも興じていきたいです。
サイト上では”あまり変わらない王道”を解説しているネタが多かったのですが、
ネット界隈のありかたも変わってきてますから、どんな世界になるのか眺めていきたいですね。

表紙へ



友人の死(追悼)

彼に何が遭ったのか?

当方のキーワードに合致した(謎な)記録がいくつも発見できた。
詳しい事を書くまでには時間が必要です。まだ渦中の真っ最中、いつか書きたい。

表紙へ



コミュニケーションって

例えば悪口を言われた人が「それは違う」と反論し、その具体的となるものを出したとする。

・悪口を言った人は謝る。
・悪口に至った経緯などを説明する責任が生じる。
・言ってた悪口が正しいのなら、正しいという証拠を出す責任が生じる。

通常はこれがコミュニケーション。誰もが分かる起承転結で一つ一つを潰し、話を進めるべきもの。
一件一件、反論と説明を関わった全員がする。誤解が解けたり和解できる人類共通の基本だよね。
こういうのが全く通用しないのがクレーマー。企業の苦情担当者を追いつめて人生を狂わす事すらある。

クレーマーというのは、最初の一件すらケリつけずに反省もなく次々とイチャモンを繰り返して相手を疲弊させる手段をとる。
何が正解か不正解かを求めているのではなく、別の思惑があるから都合の悪い部分を誤魔化しながら
抽象的で具体的ではない発言を多用して嫌がらせを続ける。
その目的はストレス発散やお金であったり、潰しであったりする。

「みんなが言ってる」みたいに「みんなが~」を多用し、
具体的ではなく「胡散臭い」などという抽象的なネガティブ表現を多用するのが傾向。区別できるコツだ。

同じ人間で大人と思って相手をするとキリがない。但し、仕事上では無視できなくて、
更に関わってくるならば、危険なクレーマー兼ストーカーと定義し直し、
電話、対面、ネット、メール、警察、弁護士など駆使できるものはすべて使った方が良い。

このようにならないよう面倒臭い手間が省けるからコミュニケーションというのは重要であり、
一歩一歩順序をもってケリをつけていかねばならないわけで人類の英知みたいなものだ。
都合の悪い部分を飛び越えたりしてはダメ。質問に質問で返すやり方も多くみられる。
何回と繰り返されるなら議論は進まないので、相手の思惑を観察して惑わされないようにしましょう。

会話をする気がない人を相手にする際、敵味方入り乱れる場所で何かを説明する場合、
どうしても対象全員の意識に合わせなければならない。
その人その人には聞きたがってる自己都合の部分があるだろう。
回答があっても言えない状況では、全員を相手にするとした時点で切り捨てる事情も発生する。
歯切れが悪いなどと胡散臭い方へ持って行かれる可能性を直視し自覚を心がける。

相手は自分のことしか考えていない。これが「人って複雑だよね」と正反対の明快さ。

さて、企業の苦情担当者は思いつく限りの方法をチャレンジするのが基本だが、
やらずに後悔するより、やって限界を感じるまで、何らかを伝えるまで工夫し続ける。
しかし、受け取る相手はどういう人なのか?口を開けてエサ(情報)を貰う姿勢なのか、
何事でも積極的に知りたいのか、無知から来ているのか、理性的なのか、しっかりと区別を付けなければならない。

長々と苦境が起きるものがある。
一方が正直に話しているのに、相手が何らかの思惑で嘘つき呼ばわりした場合に起きる。私も巻き込まれることが多い。
お互いに言ってる事が正しいのかどうか、連鎖が始まって収拾がつかない。
そういう場合、全員が「件」から手を引けばよい。しかし、一方が私怨やら私欲やらに囚われていると延々と付きまとわれる。

だから最初期からキッチリとコミュニケーションを駆使して参加すべきなんだよね。逃げは物事を悪くするだけ。
言った言わないのではなく、明確な説明があるなら、最初の誤解を具体的に説明した所から再スタートすればいい。←思考や行動を。
ネジレを起こした勘違いの発端など思惑のあった人間が行動せねば、小競り合いは永久に続く。大概が手遅れだが。

第三者が騙されない指針とするなら、より具体的に堂々と主張している方を基準にして考えると分かりやすい。

表紙へ


過去ログの「相談レベル覚書」を見れば解るが、過去事件となんら変わらない。
表紙に置いてある「被害者家族の心得」テキストも何年か前のものだが、やってはいけないことを繰り返すのは何故か。

約3,400万円の巨額詐取事件簿

<現状と結果>

・詐取金回収の完了。

・車への作為、ドア叩き、空き缶&ビン投げつけ、深夜大声の物理的なものは無くなった。

・非通知着信、無言電話、スパムメールなどのリアル行動と関連づいたものは無くなった。

・2chなどの誹謗中傷の激減(特に関係者と推測しやすい作為ある書き込みたち)。

・ウェブ魚拓、メールハッキングなど当サイトに対する攻撃の激減。

・警視庁による代表者への警告電話(拡大は保留)。

事件簿(抜粋)

ここまで2年半の簡単な流れ

事件の大凡が掴めたとあるのが事件簿の最初期。当時、なんでこんなに知らない人達が絡んでいるのか驚いた。
私は当然として末っ子ですら知らない人達。

今回の事件簿も相変わらず大量のテキストがあるが、2年以上の内、書いたのはたった3か月間。
これをどう捉えるか、どれほど描ききれない背景があるのか、誰でもその膨大さを想像できると思う。

 2年半前、末っ子の貯金が底を着く。⇒詐取と判明⇒詐取男の言い訳や誤魔化しや行動から危険を感じる。⇒会社社長の英断に救われる。
 ⇒回収のため弁護士を付ける。会社顧問弁護士は対応が遅く、私が紹介することとなった。どんな弁護士でも回収できるよう証拠は揃ってた。
 ⇒当サイト被害者救済サービスの一環で、弁護士規定料金の475万円より値引きし、計300万円の弁護士費用とした(結果的に詐取側支払)。
 ⇒本来、何事も起きなければ、この時点で無料相談は終了へ向かったのだが……。
/
 ⇒社長了承・交渉中の1年半前、突如、私への悪口が家族たちから出る。⇒知らない人間達なのになぜ?黙って耐えた為、エスカレート定着。
 ⇒末っ子電話への不審なもの、スパム、私自宅のペットの死亡(必ず出張の合間)が頻繁に起きだす。
 ⇒詐取男の仕業であれば大変危険なので愛知県警へ記録として残す。詐取男の背後に在日組織が存在すれば厄介と危惧していたからだ。
/
 ⇒詐取事件の解決へのお礼がしたいと呼び出され、母親が名刺拒否。⇒後に「正体を隠す怪しい男」と吹聴、私は何だソレと怒り始める。
 ⇒1年前、止まない悪口にとうとう激怒。⇒家族は更に悪口エスカレート⇒直接話し合おうという連絡をことごとく無視され、私はサイトにて説明。
 ⇒ウェブ魚拓やLiveDoorLeaderなどが膨大⇒止めろと警告しても止まない。⇒家族や敵対仲間全員が読んだと判断しサイト記事を一旦削除。
 ⇒同時進行で事件の原因究明の一環として詐取側2名へのメール問い合わせ、家族へ悪口を吹き込んだとされる2名へ直接尋ねた。
 ⇒しかし家族は更に「あいつはメールを知り合い多人数に出し迷惑かけた、末っ子に成りすまし酷い」と私を悪者にした。⇒会社へも広げた。
/
 ⇒二人参加会議中の非通知着信も数回発生。自宅へ戻ると鳴る、返済日前後にスパムなど監視と相手の自己顕示欲も伺える。
 ⇒今年2月、車への工作。専用工具がないと人力では外せない冷却ポンプのロック解除。⇒3月にはペットの小鳥までも出張中に死亡。全滅。
 ⇒今年4月初、詐取金の回収完了。同時に2ch関連が大きく変動し、過去すべて彼等側の工作と予想通り。⇒物理的接触への警戒シフト。
 ⇒ウェブ魚拓は継続されているので何とか止めさせたいが、更新=即ウェブ魚拓を何度も確認。アクセスログは充分あるし、警告へ踏み出す。
/
 ⇒今年6月、嫌がらせ実態の一部を含む「勧告」をアップし、成りすましや多人数メールへの釈明、別思惑で攻撃する家族への疑問を記述。
 ⇒ウェブ魚拓は継続していたが、末っ子は家族の”今”を自分の目で見て、聞くために最後の実家訪問。嫌がらせ実態を目の当たりにする。
 ⇒母親PCに当サイトのウェブ魚拓の痕跡、詐取男用のメールフォーム、接続(ホスト)変更、画像、2chスレ…分かっていたが、直視に堪える。
 ⇒父母の根拠のない悪口を淡々と訂正する末っ子だったが、母親の詐取男を庇う発言、父親から「言う事聞かない娘」と勘当を言い渡される。
/
 ⇒何を話しても止まない。私は家族ではなく敵対者として対処を決意。⇒警察沙汰(警察4部署)。⇒代表者である母親はそれでも嘘を続けた。
 ⇒警察への嘘により、末っ子の認識は「立派な親」から「身勝手な親」へと衝撃落下。警視庁へは詐取事件からの全貌が伝えられた。
 ⇒警視庁は当サイト記事を控えてほしいと要望したが、捜査を混乱させる長女次女仲間が多いので、理解させ減らす目的のため優先させた。
 ⇒会社は全ての事実を把握の上、末っ子の守備態勢を整える。特に役員は2chスレのログ分析報告と現状に興味を持つ。
/
 ⇒初期の頃の家族が言う「佐久間悪人の根拠」は、私の肩書もサイト記事の実績もウソ、ただの馬鹿でハッタリ男…だった。現在と全く違う。
 ⇒プライベートを晒す酷いヤツなどと次々に理由を作って、嫌がらせの継続を目的に変遷したかのよう。私の怒りは止まらなくなった。
 ⇒私は善意の第三者(嫌がらせや家族煽りに加担)へ向かって誤解部分を想定し、サイトへ解答を入れ込んだ。証拠で示せる事実が主。
 ⇒背景説明は簡単なレベルで完了。⇒現在に至る。

現実と妄想のギャップ

末っ子の身元引受人から連絡があった。「また遊びに来てね」というものだ。
そこのご主人は欧州旅行の登山中に心臓発作を起こし、ヘリで救急病院に搬送、私が救援者として現地へ駆けつけたいきさつがある。
ニトロ(血管拡張剤)を持って帰国する為、飛行機に乗るにはそれなりの準備と,日本大使館及び航空会社の協力が必要だったからだ。
最初に会った際、末っ子は心情を露呈し泣いた。その老夫婦は末っ子を歓迎し完全な味方になってくれており、月日も経った。
根拠が感情のみで肥大した妄想と、人の心を大切にするという現実との間には、このようにギャップが生じている。

巨額詐取事件簿・特集ページ一覧

⇒(その1~その7)「勧告」手を引かないと法的手段~「警視庁パトロール状況」
⇒(その8~その11)「末っ子家族との訣別」シリーズ~「家族が守ろうとした詐取男とは」
⇒(その12~その16+)「仕事への警戒」~「なぜ狂暴化するのか」
⇒(その17+~その18)「昨年の末っ子メール」~「誕生日おめでとう電話」+「2ch脅迫」
⇒(その19~その22)「在日メリット」~「末っ子の人物像」
⇒(その23~その25)「詐取男の性癖」~「2年半のまとめ」~現実と妄想のギャップ

     

事件の結果 事件が公になり

加害者である男性の悪事が公になったのは、この特集記事の数年後である。
関係者に叩きつけられたあまりにも酷い事実は、被害者が膨大な人数になったこと、巨額さが増していたことであった。

この記事を書いた時点では5人以下”数人”の被害者数であり、数年で驚異的な被害数規模を見せつけられた私は愕然とし、
隠された被害を知るにつれ、事実を隠そうというお約束な人たちがどんどん出てきたことにもショックだった。
特に悪事を知っていながら加害者を守ろうという「被害者軽視」の特徴が際立っていた。

私に対する毀誉褒貶にも唖然としたが、嫌がらせは継続中、これからは”ああいう人達”には近づかない、
「悪事を止めなければいけませんよ」という話が通じない初の相手たち…と、これに尽きると認識を新たにさせられた。

こちらからは全く見ず知らずの人たちなのに、しかも批判していながら近づいてくる。近寄らないでほしい。

表紙へ



角さんことfukuzou.suenoさん、メールは届いてますが私のレス(3アドレスにて送信)が撥ねられています。
設定をチェックください。「相談が出来るかどうか」ではなく追加相談内容を全部記述して一回でメールください。
(21日追記)

連絡

相談者の角さん、12日よりメールが不可になってます。
血液検査の結果がかなり悪かった件もありましたが、私宛にメールを送られ、
その数日後にメルアドが止まったのは気になります。

ここを見られたら、ドコモではなく別のPCメールで送りなおしてください。
検査データをお忘れなく。

あと、職務多忙によりサイト全体のフォローができません。今はメールのやり取りを限定しています。
この1週間にやり取りした人が優先です。新規は基本的に対応不可とご承知おきを。

表紙へ



人生のローカスは分岐し元には戻らない。

信頼は一朝一夕にはできない。

たとえ仲間に心を割って正直にして、色々とお願いしても、信じてくれなければ機会を逸する。
それは取り戻せない程、お互いの信頼が無くなるもので、後から信頼回復は容易にできない。

「その時はここまで深刻とは思わなかった」と仲間は言うだろう。

住む世界が違うとか、自業自得とか言うまい。コトが深刻であればあるほど、元に戻れない。
その瞬間が真剣勝負であればあるほど、だ。

相手達が気軽で茶化すような程度で考えている、状況を把握できずに執着しているのは、しっかりと伝わってくる。
被害者や私と彼等とは明確な温度差が出来ている。
重要な分岐点で彼等は的確な事が出来なかったのだから手遅れと言えよう。

すでに人生のローカス(軌跡)は分岐してしまったのに気づかない。いや、とうに気づいているから意地を張るのか。

傷つけあった人間同士が言葉だけで仲良くすることは困難。信頼感というのはそれほど大きい。
元に戻ろうとする努力が間違った方法で積み重ねられたのは巨大な壁のようだ。
普通なら一度失った信頼を取り戻そうというより、今ある信頼を別人で形成するのが一番だろう。

結果として、そのように仕向けられた形となった。

犯罪を解決するのと、人間関係や心情の壊滅を解決するのは全く別物である。
悲しい現実が浸透するのはいつだろうか。

表紙へ



人を傷つけても平気な人々へは黙っていてはいけない。

記事復活

ネット上の誹謗中傷について「ネットバトル編」のみ復活させておきました(表紙下部)。
UMAサイト(サブサイト)読者の中学3年生が2chの誹謗中傷で自殺した件、
嫉妬に狂ったどうしようもないDQNの大人たちが出ていますが、これは”普通にある出来事”です。

平気で事実を歪曲し捏造を繰り返し”悪者”へと仕立て上げる手法。イジメに通じています。
法律のグレーゾーンに位置するイジメ。鬼畜となるほど攻撃側は見境なくなります。

私は事件を解決する度に”そういう大人たち”を見て辟易していましたが、
今回は私自身が巻き込まれて悪者にされてしまいました。
スルーでは終わりません。主張しなければ調子に乗られるだけでしょう。
相手達の目的は私を排除し潰すことにあるのだから。

当サイトは困った人の最後の駆け込み寺という位置づけでした。
正義が負けるわけにはいきません。

表紙へ



サイト休止中ですがお知らせです。

相談、手配終了のお知らせ

一応、形だけでも代表に祭り上げられてた私が燃え尽きてしまって申し訳なく思います。
終了の予告はしていましたが、以前まで有った強力な権限が無くなったのも理由ですし、ご容赦ください。

相談進行中の方々へは各自連絡が行ってますが、DV(言葉によるパワハラ含む)は、
当方の協力者である元警部、元警部補などを通じて各種警察署へ担当警察官を紹介、
法律が必要なのは弁護士を、また、他の相談で医師など専門家の割り振りを行いました。

それぞれマンツーマンでのフォローが受けられますので、当方の代わりと思って安心して相談の総括を話し、
過去に不可能と言われて、たらい回しに遭った経験も連絡済なので、問題解決に前向きにどうぞ。

守秘情報が散開するので最後までお世話したかったのは山々ですが、
取り敢えず順調につなぎは終了、ここは皆さん発奮され、困難な壁を乗り越えましょう。
壁を乗り越えれば素晴らしい人生が待っているかもしれません。頑張ってください。

もし壁を乗り越えれなくとも、人生は続きます。
正義が勝つとは限りません。どこに伏兵が潜んでいるかもわかりません。

言えるのは、物事を判断するのに重要な項目を把握できる知識を蓄えること、
致命的なミスをしたら取り返せないので反省したうえで次へ行くこと。
優秀な味方をつけること。但し、本当に役立つかは実際に問題が起きてみないとわからない。
10年前から書いているが「否定は簡単、賢く見えるので多用されるが、本当に賢いかは別問題。」

一つだけ確実に言えること、自己反省する人は成長する。
悪いことを平気で行う人たちは最後の最後まで反省せずにあがく。
仕方がないことかもしれない。だって人間なのだから。

人類の歴史は、この点だけは成長せずに継続し続けているのだろう。

表紙へ



ここ以降、東日本大震災前の過去ログです。⇒当方も出陣(先陣救助)へ全力投入したためサイト休止。

相談レベル覚書

<相談レベル覚書>

2chなどの誹謗中傷スレをモニターしてるとウツになりそうです。仕事とはいえ嫌なもの。
アンダーグラウンドの味は徐々に減ってはいるものの、書き込みのどこまで本当なのか、ウソなのか。
私怨&利害関係のあるエリアは相変わらず酷い。第三者からはミエミエの気持ち悪さである。
書き込む本人しか分からないコレ。アクセスログで警察が特定し聴取する以外は謎のままです。

相談レベル覚書……

自分に対して、被害者側・加害者側について、捜査や調査にブレないようアドバイスの心得。
当方では、警察が動けないグレーゾーンの相談や調査を扱うことがメインであり、
だいたい弁護士を紹介したり警察への捜査依頼で一件落着とすることが多い。
また悪質な場合は、サイトで記事にしたりして啓発を兼ねます。もちろん、無料なので順番待ちも多々。

悪い事をやってる側は、指摘しても揉み消そうとするので、最後の最後まで行き着く事が多い。
当方が指摘しはじめた時には、すでに山ほどの証拠を得ているので悪あがきされると本当に困ってしまう。
コトが表に出ず、コッソリと処理されるのが一番良いはずなのにねぇ。
相談者さんは↓背景が必ずあった上でアドバイスが進んでいると把握下さい。そんなに大した事じゃないです。

レベル1。被害者&加害者は1日、1時間、一刻でも早く事件から縁を切ること。

被害者側に一番重要なこと。事件の関わりに費やす時間は無駄、新しい人生に費やしてください。
医療上でも、治療は早くすればするほど治りが早い、絶対的に譲れないお約束です。
加害者側なら一刻も早く問題解決をすること。被害側なら逃げるのも普通にお勧め(加害者は逃げご法度)。
悪人はそもそも「私どもが悪かった」とお詫びするような相手ではなく、「お前(被害者)が悪い」と捏造する人たちでしょ。
性格は必ず破綻していると考えるのが正当です。しかし、どうしても長期が避けられない場合は、以下を予め覚悟しておきます。

レベル2。時間を長くかけるなら、その代償が発生すると覚悟しよう。

長く事件と付き合えば付き合うほど、共犯者にされたり、生命の危険度が増します。
生命の危険を考慮する時、誰もが真剣に心配しますよね?
一般的にギリギリになるまでは気づきませんから先に知っておきましょう。
考え方、知識、立場の違いで必ず「身内や仲間」と衝突します。この場合、友人知人家族でも関係改善は難しい。
長引けば、必ず失う人が増えていくことを肝に銘じて覚悟しておいて下さい。その上で関係維持の努力をします。
あなたが被害者であり全然悪くなかったのに、更に仕打ちが発生するという現実がコレ。経験者は多いです。
事件との縁が長ければ精神的に切れ難くなるのもあり、本人に加え相手も疲弊させる効果もありますが、メリットは少ない。
しかし、全てを犠牲にしても善が悪に勝たねばならない場合、私は私情を廃し、覚悟して協力に徹します。

レベル3。弁護士や警察へ頼んだら、全てを任せること。

被害者を事件から解放し、一刻も早く関わり合いにならないようにとのシステムがこれ。
よく警察へ「捜査状況はどうですか?」と尋ねても「まだ捜査中です」という返事ばかり、
不満を漏らす被害者さんがいますが、法律との整合性や、相手の訴えによる被害者さんの落ち度、
さまざまな要素で駆け引きがあります。
中間報告を話して被害者が激昂してしまい、第2次悲劇が生まれる事もあるため難しいです。
被害者さんは進行を気にしない事が吉。「加害者が実力行使をしてきたら」の警戒だけに尽力しましょう。

レベル4。上司・上層部へ報告すること。

本来の事件を解決したのに逆恨みなどを受けるケースが普通です。第2悲劇を防止するためには味方が多い方が良いです。
属する団体&会社の上層部へ報告しておくこと。友人知人へ話しておくこと。
事件が公になるのを避けたい場合、特に女性が多いですが、生命には代えられないと自覚&説得するべきです。
私も「こうアドバイスしておけば良かった」と後悔したケースが多々ありますが、何が正解かは誰にも分かりません。
ある程度、加害者側に反省がないと判断した場合、会社上層部(社長)に伝えておいてと指示します。
裁判になる前段階ですね。

レベル5。事件調査のバトンタッチ。

レベル3~レベル4になったら、もうグレーゾーンではなく、列記とした事件です。
グレーゾーンで相談する役割だった我々には、レベル5の段階ではお荷物になります。寧ろ被攻撃対象。
昔は多かったこういう無料サービスはなくなり、怪しい人物とか胡散臭い人物と印象が変化していきます。
せいぜいサブ・アドバイスするに留め、短期間にならず関係していると、付きまとってると周囲に言われるほど。
こういうことが普通、でも、なるべく悪くは思われたくないのが本音です。私も人間ですから。
滞りなくバトンタッチできるよう詳細な証拠類で引継ぎをスムーズにします。

レベル6。裁判勃発

裁判を有効にするのは「証拠を充分集めている」こと。これは殆ど当方が済ましているのでラクチンなはず。
レベル3で弁護士へ依頼した段階で、弁護士は何もする必要はなかったですよね?誰に頼んでも勝てるほど証拠が豊富です。
悪人側は「バレても大丈夫」みたいな斜め上を行く思考をしており、我々のステージとは異世界です。安心ください。
そしてレベル5以降、もう私たちの出番はありません。やることは次のひとつしか残っていないです。
厳しいのではなく、優しさと受け取って欲しいお話ですね↓

レベル7。捜査・調査側(私たち)は、被害者側・加害者側と縁を切ること。

事件解決後、被害者さんと接することにより、トラウマを引き出したり、悲しい思い出を刺激、
新しい人生に悪影響を与える可能性があります。特に事件が長く掛かれば掛かるほど疎遠への必要性が増します。
関わりが短期間で薄ければ継続しても良い。被害者側・加害者側・捜査側の3者が配慮すべきものでしょう。
何年かに一度だけ、お久しぶりとか元気とか、状況の連絡ぐらいが一番好ましい距離感でしょうか。

現在、我々の受け持っている相談事の殆どはレベル3⇒4へ進んでいます。
勘付いてる加害者さんはご注意を。今、被害者側に手を出そうとしたら、即効で公的発覚ですよ。
人生をやり直したいと思うのなら、実力行使は絶対にしないことです。

本来は、ここまで進まずに終わるのが殆どですが、強欲な加害者側(本当に悪人)の場合、終わらないんですよね。
特に宗教のように「善と思われてて陰で悪行三昧」のケース。裏表が激しいです。
しかし信者さんは善人が多いので、当方との攻防戦が少々趣が異なってきます。

こうなってしまうと、被害者側の団体や会社のトップへ話を進めて公としてバランスを取ります。
私たちはここで消えるので、何かあっても表に出ることはありませんし守秘義務は墓の中まで、です。

レベル8。当方が敗北してしまった場合。

相手が予想以上の巨悪だった場合、当方が逆に消滅・処分される場合もあります。
その結果を皆さんが知るのは、サイトの更新が止まりますので、お察し下さいとしか言えません。
13年目かぁ…数字が悪いですね……。

表紙へ



限りなく善に近い悪

この世の中には『偽善』というものがあるけど、偽善でも災害などでお金を出すものは『善』、
動機は売名行為でも何であれ、決して偽善ではないと書いたことがある。

一方で『悪』は様々な形態があり、一言では中々表現できない。
私が最も厄介と思うのが『限りなく善に近い悪』。

募金で善行をするような団体が、隠れて悪い事をするのが典型的な例かな。
最近は偽善団体への警察のメスが入ったりしているようだけど、とにかく印象が悪い。
引きずられて、募金活動やボランティアもイメージが相当悪くなったのだけど、
偽善が善になれるのとは異なり、これらは善になることが出来ない。
その差って何だろう。つまり、お金の動きだね。

少ないお金で、公的機関より大きな実績を残すというのが本来のボランティア。
お金が掛かるから公的機関がやらなかったり、能力がなさ過ぎて出来なかったりしたのを、
ボランティアみたいな団体がサクっとやってしまうと評価はうなぎのぼりです。
しかし、そんなピンキリのピンは限りなく少なくなり、昔は多かったのが皮肉なもの。

少なくなった代わりに台頭してきたのが、お金(募金など)を貪り食う善。
今、大きな問題だなぁと考えているのが、捜査や調査中の案件たちで、
限りなく善に近い悪…最早、悪が山積してることです。さぁ、困ったものです。
『善』として周囲にも認められ、隠れて悪魔のように人から金を巻き上げ犠牲にする悪人さん。
そのケースは下手を打ってしまうと、捜査して告発するこちらが悪者にされてしまうのが困る。

一部の人々にはお話しているけど、すでにある事件で当方も睨まれ危険な状態かも。
ピンク・パンサー事件は逆襲に遭いそうになり、サイトに書けたのは随分と後でした。しかも、ほんの一部。
こういう時、友人知人家族ともなるべく接しないのが基本。人質にされたら弱いのがお約束。
しかし、事情を話しても理解できないのが一般の社会なので、説明に困ります。
理解してもらえない人であれば、仲良くしてはいけない。別れなければならない。

この世の中、とてつもないワルがいます。ピンクパンサーですら殺人はなるべく避けるのに。
平気で殺人を犯して沈黙させる組織、マスコミなど表に出ないニュースは多々あるけど、
政府や大企業との癒着でニュースに出さない理由以外に、家族が脅されて証拠ともども隠滅というのも多い。

ナントカ還元水の農水大臣が自殺した際の遺書で「家族には手を出さないで」(意味的)、
これがあったのは最初だけのニュースで続報もなく、一体なんだったのか表では不明なまま。
先進国で現職の大臣が自殺する、それを全ての原因解明まで追及しない日本。
正義感があり問題を解明できるスキルのある人材が減れば『限りなく善に近い悪』の楽園です。

普通の人が犯行を行えば知能犯とされる。迷宮入りも多くなっている昨今。
これは捜査には3倍のスキルが必要だから、普通の人が相手でも犯罪を行う側が有利なだけ。
私が請け負うのはアメリカやイギリスからが多いのだけど、トンデモな報告書を作って送る時も増えた。
人を見る目が必要というけど、普通は見抜くのは無理。深刻なものからお笑いまで幅広いです。



表紙     次へパート3まであります。それ以前は削除しています。