ネット病・依存(+引きこもり、対人恐怖症)について

ネット依存病とは、ネットが流行り出してから言われ始めたものです。
(当たり前ですが)

パソコンから離れられない、パソコンが無いと不安でしょうがない、
掲示板などで何を言われているか気になってしょうがない…など、
日常生活に支障が出るということは結構知られた事です。

これは医学で云う疾病とは違い、すでに研究も始まっていますが
まだまだ決定的な治療法などは見つかっていません。

一応、心理学的疾病の範疇に入れてはいるものの、コレだ!!!という治療法が無く、
通常の引きこもり、人間嫌い(現実の)、対人恐怖症、高所・閉所恐怖症などと
一緒にされています。

ネット上でも引きこもりやネット病について言及しているサイトはあるものの、
医療現場でも確立されていない疾病のため、いまいち歯切れが悪いです。

当サイトもIT分野の老舗として言及しなければいけない…と思っていましたが
何といいましても、当サイト作者である私自身がネット病と思われても仕方が無い
(そんな風に見えるほどの)サイト作成・運営をしていますので、
誤解を招くと大変ヤバイです。

導入編で書きましたが、そんなにネットの時間は取っていません。

さて、ネットというのは一種麻薬のような魅力があります。
知らないうちにはまり込むのは、特に以下の要因が考えられます。

ネットに、つい、はまってしまう要因

1、異性や仲間との出会いがある(要因影響大きい)

2、掲示板・チャットの交流が楽しい(いじめたり…もココにはいる)

3、知的好奇心・情報を得れる

4、自己主張が出来る(サイト作成・影響大きい)

5、買い物や販売が簡単に出来る(小さい)

とりあえず大きな要因は交流が出来て自己主張が出来る…というのです。

実はこの要因、ネットとして考えているので特殊に見えますが、
現実社会では、ごく当たり前の行動要因ですよね?

一昔前の雑誌の投稿欄は凄まじいほどの賑わいでした。

ネット依存病は特殊ではない

出会いのためのサークル、クラブ。
交流は飲み会、知的好奇心はTVや本。
以前からあった人間本来の欲求のもの達です。

それがパソコン画面を前にして出来るわけですから、
一般的に考えれば、はまって当然というわけです。
他人から「病的にパソコンばっかりやっている」と指摘されても、
実は普通の行動なわけです。

ゆえにパソコン(ネット)にはまってしまうと現実社会が億劫になりますが、
言い換えれば「より便利なものを使うように進化した」わけで、
疾病とは何ら関係が有りません。

つまり、ネット病というのはナンセンスで、
人間嫌い、強迫観念が原因の「引きこもり」とも一線を画します。

しかしこのページで解説した「現実と夢が混同する」件と重なるのですが
ネットをやりすぎると同じ感じになってしまう場合があるようです。

これはヤバイです。

レビー小体認知症という脳の病気があります。
それは夢と現実が混合してしまうもの。
小人が歩いていたり、亡くなったお爺さんが座っていたり、
心霊現象のある程度はコレですが、これが知識として広まらないのは、
まぁ理由があります。
(で、私のサブサイトでネタにしてますから、そこそこ広まったかな?)

「現実と夢が混同する」って何?

極端な話、”宇宙人と仲が良くなっている”とかの夢想癖がある方ですと
ドラッグをやった時点で本当にあっちの世界へ入ったまま、
戻ってこない患者さんがいます。

これ、すごく症例があるようです。私の勤めていた医療機関でも…。

ネット世界でも”電波を流す”という人は多くいらっしゃいます。
別世界から電波を受けてそれを書き込むとか…まさに不思議な人の感じ。

でも、最近は定着してしまったようであまり「電波」とは言われなくなりましたが、
問題はその方の中で”ウソ”だったのが何時の間にか”本当”になってしまう事です。

聞いたり見ている方は「本当みたいな迫力・迫真性」を受けますから、
注意が必要でしょう。

治療を考えてみる

強迫観念、人間嫌いを根底とした「ウツ」、「引きこもり」を主にする精神疾患では、
投薬治療が出来ます。

神経内科ヘ行ってトランキライザー(精神安定剤)などを貰ってくれば、
意外なほど良くなって行きます。

クスリが合わなかった場合はドンドン変えてもらうこと。これはポイントです。
市販薬は一般に広く効果を出すために弱いものが多いです。
専門的には「予防薬」という位置付けです。

病院で出すものはバッファリンなど予防薬も有りますが基本的に「治療薬」です。
調剤薬局が出来る前は治療薬は病院以外では手に入らない規則でした。

強い薬ですから、ストレートな疾病に効きますが、
すこし疾病がずれると効かない事も多いです。
市販薬(=予防薬)のほうが良かったりする場合も多々あります。
多くの方を対象に広く・浅く・無難に効くように設定されていますから。

話がずれましたが、心理学的、精神的な疾病は治療可能です。

しかしネット病は普段の現実社会の楽しさが詰まっているわけですから
(欲するものを)我慢させるのは基本的に難しいものです。

他に楽しい事を見つける?

運動する?

恋人を作る?

ネットトラブルでイヤになる?
(これは数日はイヤになっても、結局帰ってくるもの。根本が解決になっていない。)

本当に難しいです。

従いまして無理にパソコンから離れるのではなく、
徐々に現実社会のウェートを増やしていくのが1番です。

計画的にこの時間からこの時間までネット、この時間は絶対パソコンに触らない
…ということを徹底するしかないと考える学者は多いです。

一方、人間の3大欲望・食事・睡眠・生殖(食う寝るエッチ)に関わるドラッグは
習慣性が無いものでさえも、はまってしまい常用してしまいます。

ネットも人間的欲求を満たしているからこそ、離れるのは難しいはずです。
それを自覚した上でメリハリあるネットライフを送る配慮をするのが第1歩でしょう。

ネットトラブルでイヤになるどころか好きになってしまう場合

ネットと現実社会の大きな差は、個人的な攻撃です。

普通の生活をしていれば、面と向かって「あまえはアホ」とか言われる事はありません。
あっても陰口を又聞きする事ぐらいです。それでも大変憤慨するものでしょう。

しかし、ネットではストレートに言われることがあります。
その初めて経験するショックでイヤになるでしょう。

ところが現実社会でもサド&マゾという倒錯した世界があります。
現実では味わえない経験ですから、逆にはまってしまうのでしょうね。

サド・マゾ系と自覚されている方は当然ですが妙に2ちゃんねるにはまってしまう方は
少し距離を置いたりして自分をコントロールしてみるのも必要と思います。

どうしても病的なんですけど…の場合

例えばウツ+ネット。対人恐怖症+ネット。

他の疾病と合併症のようにネットにはまるケースが多々見れます。
その場合、区別は出来ません。ネットがウツを助長する事も有り得ます。

ウツを治療するのが先決ですから、サクサクっと病院へ行ってください。

◆ウツなどの神経内科では、独力でなんとかしようとすると
「自分の頭の中で巡る」泥沼に入ることが多いです。
なんとかしよう⇒俺はダメだ⇒なんとかしよう⇒だめだ…。

独力で何とか出来るレベルは、病気っぽく見える前段階の症状です。
残念ですが、他人が”病的”だと判断したレベルであれば独力治療は難しいです。

肩肘を張らず、プライドを高く持ちすぎず、トラブルばかり追わず…。
そして、嫌がらずに病院で診療を受けたほうがいいかも。


そういう人が周りに居た場合のアドバイス

現実社会でも仲の良い同僚とさえ会社が変われば付き合い無し。
真の友人と呼べるのは学生時代の利害関係が無かった人ばかりじゃないでしょうか?
(っと、例外はもちろん有りますが)

ネットの付き合いでは、もっと希薄でしょう(男女間は抜かして)。

▲男女間は例外というのはネット恋愛を参考に

希薄だからこそ、悪い言葉を浴びせる事が多くあります。

「ネットオタク」、「引きこもりヲタ」…という書き込みを見たことがある人も多いでしょう。
2ちゃんねるでは挨拶みたいなものでしょうか。

これ、ネット依存症の合併ケース(+ウツなど)の自覚していない人が浴びますとヤバイです。
急速に「オレはダメだ症候群」になっていきます。
そういうひとは「私は自殺する」とかを他人に話さずに衝動的に命を断つ事が普通です。

絶対に、気軽に、浴びせないように!!!

でも逆に、誉められると急速に「オレはスゴイ症候群」になります。

厄介ですよね。

▲ウツの方を始め、そのひとの苦しみは相当なものです。
他人には分からない苦しさは医療機関に勤めて相談を受けていた私ですら
理解しがたいものがありました。

一般の人なら理解できない…というのは普通です。
だからこそ、真剣に理解してあげようという必要があります。

「オレは凄いぞ症候群」も困ったものですが、
それに匹敵するほど「オレはダメだ症候群」も増えているようです。

正確なデータはどこかの大学で収集し始めているのかな?
一応、医療現場での問診表の解析から増えていることは判明しています。
(ユーザーが多くなっていますので、患者も増えているのは当然ですが)

ネットの半分はアダルト・アングラのジャンルという話が有ります。
アダルト・アングラは画像や動画の容量が大きいので正確ではありませんが、
差し引いてもネットの相当なエリアが”ある種の毒”を持っていることでしょう。

ITの発展を促すのはまことに良いのですが、ネットにはまる要素を持った人は
必ずその”毒”に触れてしまい、イケナイ、後戻りできないエリアに入っていくのが多いです。


マトメ=依存克服のために

まずは病的と自覚したら、ネットから離れる時間を設定したりしてみる。
     ↓
上手く出来れば、病的ではなく”普通”です。
     ↓
なんだかイライラしたりすれば、合併的に他の精神疾患が考えれます。
     ↓
神経内科のある医療機関に行って、診断してもらいましょう。
ネットのせいではなく、対人恐怖症などが隠れているかもしれません。
     ↓
A:ネットは上限を2時間にすること。

<ネットで楽しんだ後には>

B:風景を見ること。
C:軽く運動をすること。
D:音楽を聴くこと。


こんな感じにアドバイスがされるはずです。
医者に言われる前に自分で取り入れてみて下さい。

理屈はわかっても、実践するのとは違う…ということは当サイトの趣旨のひとつです。

アクセス向上論でも、読んで理解した方も出来るのか?となると難しいでしょうし、
もちろん、私以上のアクセスを得ている人も多くいらっしゃいます。
私がそういう人をマネできるか?とすると難しいです。

理屈は知らなければ話になりませんが、理解したら実践や経験をなるべくしてみる…
これはとにもかくにも重要でしょう。


まぁネットでは「他人の事は関係無いさ」・・・というのが現実。

わたしも何の得にもなら無いのに、こう云った危険性を唱えるのも可笑しなものです。
専門知識があるだけで、余計なお節介野郎…みたいなもので。

時々無性に「私は何をやっているんだろう」とネットがむなしくなる時があります。
読まれもしないのに記事を書いて…。

(これはウソ。ある程度のアクセスはありますから読まれている事は確かですが…)

ネット依存症、要素的には誰もがはまるものです。気をつけましょう。

◆参考文献:なし。病院の問診表を解析しただけ。

<関連サイト>

詳しいサイトが無いことは書きましたが、関連性のあるサイトをご紹介。

“引きこもり”へのサイドネットワーク&バックアップキーステイション

引きこもり度診断真夜中の独り言さん)

ネット病については、概念が色々あります。
当サイトでは”病的”として書いています。

以下の転載は会社に対しての社員のモラル行動についてですが、
裾野が広い為、今後の研究が望まれます。

【職場ネット病が深刻/上】勤務中4時間はネット“遊泳”
朝鮮日報2002年7月25日より転載

ソウル・江南(カンナム)に位置するオフィス。24日午前9時、朴某(女性/26)さんは出勤後、すぐにインターネットに接続した。最初にアクセスしたのは、電子メールを無料で使える「ダウム」サイト。送られたメールへの返答をしてから、「フリーチェル」サイトに入った。会員に加入しているオンライン同好会6カ所を回り、掲示板に書き込みをしているうちに、午前10時が過ぎていた。  
 
 午後は、スポーツ新聞、ユーモア、MP3音楽サイトを“ネットサーフィン”(サイト検索)しながら時間を過ごした。インターネットショッピングモールに随時接続しながら、夏の休暇に着る水着やサングラスを選び、メッセンジャー(オンライン上で友人とリアルタイムで会話を楽しめるメッセージソフト)を利用して友人と会話するのは日常的という。  
 
 結局、朴さんは一日の勤務時間の半分以上をインターネットをしながら“遊んだ”わけだ。朴さんは「ちょっとでもインターネットを離れると、じっとしていられない」とし、「友達もみんな同じような生活をしている」と話す。  
 
 “インターネット中毒”現象が20〜30代の会社員に急速に広がっている。最近、韓国情報文化センターの調査によると、20代の33%がインターネット中毒の状態にあり、30代と40代の“中毒者”の割合もそれぞれ21.9%、17%に達した。  
 
 実際、近頃「青年医師インターネット中毒治療センター」を訪れ、中毒症状を訴える人の10人に2人は会社員だ。同センターを運営する金ヒョンス院長(サヌンギプム(生きる喜びの意)神経精神科)は、「会社員の中でインターネット中毒者が増える傾向にあり、男性のほとんどはオンラインゲームとオンライン株式取引に、女性はチャットやオンラインの同好会活動に明け暮れている」と説明した。金院長はインターネット中毒の症状について、「会社で仕事に集中できず、家庭生活の円満な維持も困難」と語った。  
 
 会社員のインターネット中毒は、個人的な次元を超え、会社にまで大きな被害を与える。オフィスで私用電話をしたり出かけたりするとすぐ見つかるが、インターネットで“遊ぶこと”はなかなか見つかりにくいため、さらに深刻だ。このためインターネット中毒は、企業の競争力を弱体化させる“新種の職業病”という言葉までささやかれている。  
 
 専門調査機関のインターネットマトリックスが今月初め、会社員のインタビュー利用実態を調査した結果を見てみよう。会社員たちが会社でインターネットを利用する時間は平均して1日3時間50分だった。これは2年前に比べ、1時間増えたものだ。利用目的は資料のサーチと電子メールが最も多く、コミュニティ、ゲーム、ショッピング、チャットなど、いわゆる“非業務用”の目的で利用していると答えた人も約50%に達した。  
 
 年俸4000万ウォンの会社員が1日3時間をこのように無駄に使っているとした場合、1時間当たりの賃金で換算すると、その会社は職員の“サイバー余暇生活”に毎日5万7000ウォンずつ支援することになる。ゲームメーカー『ネットマーブル』のパン・ジュンヒョク(34)社長は、「職員たちが使っているインターネットの90%以上が非業務用だと思うが、いくら注意しても改善されなかった」と吐露した。  
 
 今年初め、ある証券会社では社内ネットワークの速度が遅くなったり、完全に作動しなくなる事故が相次いで発生した。調査の結果、大多数の職員が1日中、メッセンジャーのプログラムでチャットをしたり、容量の大きい添付ファイルを送っているため、ネットワークが過負荷になってしまったことが明らかになった。職員たちは「証券市場のルーマーをリアルタイムでキャッチするためには、メッセンジャーは必需的」と抗弁したが、会社側は直ちにメッセンジャーの使用を禁じた。  
 
 勤務環境が比較的自由な小規模のベンチャー会社では、インターネット中毒現象がさらに深刻だ。23日午後、ソウル駅三(ヨクサム)洞に位置するインターネット会社N社の案内デスクには宅配会社が持ってきた商品が山積みされていた。ショッピングする時間のない職員たちがインターネットで商品を購入して会社に配達させたものだった。案内デスクの職員は、「1日に20〜30件の配達があるが、互いに中身を見せ合っているうちに、事務室の雰囲気が騒然となることもある」とした。  
 
 ナビヤ・エンターテインメントの李サンヒ(32)社長は、「電話1本で済むことを、電子メールやメッセンジャーで何回もやり取りしているため、時間が数倍もかかっている職員が少なくない」と、インターネット中毒を懸念した。李社長は先月、職員全員を集め、インターネットメッセンジャーの使用を全面禁止した。  
 
金熙燮(キム・ヒソプ)記者  
朴乃善(パク・ネソン)記者

ネット病と思われる人の中には、複合的な原因の方が多いです。
同僚・同級生と上手く行かない、人に裏切られたトラウマを持つ人とか、
ウツ・引き篭もり・ニート・フリーターetcの中と一緒。

うつ病の方に「ガンバレ」を言ってはいけないのと同様に、
多様な対応が必須ですから「こうしたら良い」なんて簡単に言ってしまうと問題。

普段の生活で適度な発散が出来るかどうか、そんな所から対処始めて、
原因になっているであろうものを一つ一つ消して行かねばなりません。

さて、1998年⇒2002年ときて、時は流れ2007年にはこんな記事が。

◇奪われた「考える力」 毎日新聞「第一部失われていくもの」より

 年賀状のあて名の漢字が出てこない。目の前にいる得意先の名前が浮かばない。
 広告代理店に勤務する東京都文京区の女性(31)は昨年末、港区の「山王クリニック」
を訪ねた。脳のMRI(磁気共鳴画像化装置)検査を受けたが異常はない。
 転職したのは2年前。パソコンや自動車の雑誌を担当し、最新技術や新商品を調べるため
「考えるよりも前にインターネットで検索するのが習慣になった」という。1日8時間は
ネットを使う。次第に物忘れがひどくなり、広告の入稿日や雑誌の発売日さえ思い出せなく
なった。

 山王クリニックでは2年半前の開業当初から、女性のように脳に障害がないのに同じ
「症状」を訴える患者が目立ち、年間200人を超える。20〜40代が中心だ。山王直子
院長は「画像に流れている情報を見るだけでは頭の中を素通りする」と指摘する。患者には、
たまにはパソコンや携帯電話を使わず、手書きの日記をつけるよう勧めている。

 インターネットは考える力にどんな影響を与えているのか。
 「ネットの社会でコミュニティーは可能だとは思うけど、うわべだけの付き合いしかでき
ないと思う……」
 昨年秋。大正大や国学院大など都内3大学で教壇に立つ弓山達也教授(宗教学)は、わずか
80字の答案を見て思わず「おいおい、もう少し考えろよ」とうなった。

 ネット社会に関する自由筆記試験。用紙には500字以上のスペースがあるが、ほとんどが
空白だ。頭を抱えたのはこの答案だけではない。短い個条書き。結論がない。改行しない。
ひらがなが多い。
 弓山さんが学生の国語力低下を感じたのは90年代後半になってからだ。ゆとり教育と並行
してネットが普及した時期と重なる。弓山ゼミの4年生、吉川大輔さん(22)は「文字を書く
9割は携帯メール。手書きはほとんどしない」と言う。パソコンさえ使わない学生が増えている。
 危機感を覚えた弓山さんは、昨年度からゼミ生にブログの開設を指導した。公表しても
恥ずかしくない文章を練り、他人からのコメントにも対応するうちに文章力が上がるのでは
ないか。
文部科学省も注目し、補助金がついた。
 だがその後、ブログをやめ、仲間内だけで利用できるソーシャル・ネットワーキング・
サービス(SNS)に移る学生が続出した。彼らは「知らない人のコメントが怖い」
「SNSなら気軽に書ける」という。今もブログを続けているのは3分の1しかいない。

 東京都練馬区の開進第三中3年、木下佳織さん(15)は中1の時、遠足で行った埼玉県川越市
について、個人新聞にまとめる総合学習の課題に取り組んだ。
 ネットでキーワード検索し、いくつかのホームページにたどりついた。その一部を切り張りする
コピー・アンド・ペーストの要領で紙に書き写し、語尾だけ「ですます調」に変えた。先生に
ほめられ、学年集会の発表者に選ばれかけた。「でも苦労して調べてないし内容も理解して
いない」。後ろめたくて断った。

 同校の多田義男教諭(37)も2年ほど前、宿題で同じ内容のリポートが出始めたことに驚いた。
「鉄の性格を細かく調べる」では、同じグラフ付きのまったく同じ文章が5、6人から提出された。
やはりネット検索だった。多田さんは「見栄えは図書館で調べた生徒より良かった。子供たちに
悪気はないんだけど」と戸惑う。

 木下さんはその後も総合学習でネットを利用していたが、3年生の技術で出された課題には困り
果てた。「金属」で検索をしても詳し過ぎる説明が大量に表示され、どれを参考にしていいか分から
ない。図書館に駆け込み、入門用解説書を手に取った。「読みながら自分で書いているうちに頭に入った」

 考えるには時間がかかる。だが、ネットはそれを忘れさせる。
 ◇ネット依存、長期記憶に影響−−小泉英明・日立製作所フェロー

 インターネットが人間の知能に与える影響について、国の研究プロジェクト「脳科学と社会」を
統括する小泉英明・日立製作所フェローに聞いた。【聞き手・江口一】

 ネットやIT(情報技術)が急速に普及しているのに、人間の脳の働きへの影響はほとんど
分かっていない。知らん顔しているとシッペ返しを食うおそれがある。人間の脳、「知」の部分を
どう変えていくか、変えていかないのか。アセスメント(影響評価)が急務だ。

 ネットに頼り過ぎて、モノが覚えられない健忘症になる可能性はある。人間の脳には、短期的な
記憶をつかさどる「ワーキングメモリー」の部分があるが、ネット検索が便利になって依存し
過ぎると、モノをいちいち覚えておく必要がなくなる。無意識のうちに脳のこの部分をだんだん
使わなくなってくる。
 最近の研究で、ワーキングメモリーは短期の記憶だけでなく、学習や経験で蓄積された長期の
記憶を引っ張り出す際に重要な機能を持っていることも分かってきた。記憶している情報にタグ
(印)を付けておき、必要な時に引っ張り出す機能だ。これが働きにくくなると、過去に記憶して
いたことも思い出せず、認知症に近くなることも考えられる。便利になると頭を使わなくなる。
車に乗ってばかりいると、脚力が衰えるのと同じだ。

 オン・オフの作業だけ続けるのも危険だ。例えば筆ペンで文字を書く時は、きれいな字体
にするのに、どの程度強く押したらいいかや字のバランスを考えて線を引く。つまり脳で感じ
ながら書いている。一方、パソコンで書く時は、キーボードをたたくオンとオフしかない。
まだ実証データ不足だが、二つの動作で脳の働きは明らかに違う。

 個人的な見解だが、幼いころからオン・オフだけを続けると脳の働きがかなり変わる懸念がある。
脳が基本的な部分を一生懸命構築する時期にパソコンばかりやらせるのは良くない。特に2、3歳
までは、造花ではなく本物の花に触れるような実体験が欠かせない。(

ネットでは、最初の人がオリジナルで一生懸命書いたものがコピペ、コピペで広がり、
オリジナルを元にした更に分かりやすくしたサイトが出現し、淘汰されていく。
ここで書いた記事に絡んでいるけど

所詮、記者自体もコピペで生きているわけで、2007年に書かれた上の新聞記事すら、
どこかで読んだことが書かれてある。つまり、とっくの昔に言及されていました。

文章が書けない学生には単位をやらなければ問題ないし、
オリジナリティがない作文を書いた学生も同様にすればいい。

なに?全員落第するってか?・・・・・それは(その大学なりが)深刻かもしれないが。



表紙へ