「勝手にリンク」の考え方

よくトップページで見かける「リンクの際はご連絡を」などの記述があります。

私はう〜むと考えてしまいます。

ウエブに載せている時点で誰でも見れる、見せているということでリンクをするのに
敢えてショップオーナーに許可を貰わないといけないのでしょうか。どうしてなのでしょう?

「リンクフリー」とか「リンクの際はご一報」をというのは実は日本だけの慣習
じゃないかと思っています。ウエブに載せた時点で世界各国に開いて
いるわけですから。(私のネットショップでは「当然リンクフリーです」と
リンクされて当然と書いてあるのはその為です)

しかしながら、敢えてリンクフリーなどとも書く必要性はないと感じますので
この「ネット相談所」には注意書きはなにも入れていません。敢えて入れるとしましたら
「リンクはビシバシやっちゃってください。宣伝してね〜」という感じでしょうか。

また、どうしても見られたくないサイトの管理者さんはパスワードなどを
発行して友人知人オンリーにされていると思います。

つまり評論的に評価してリンクして出すのも自由のはずなのだと思うのですが、
イマイチの評価を「悪口」と受け取られる場合に「勝手にリンクするな」と
問題になるだけなのでしょう。誉められるときは誰だって大歓迎ですから。


誰でも見れる、見てもらいたいという事でネット上にサイトを運営するのならば
リンクの際にご一報というのは極力記載しないほうがメリットがあります。
だって、ネットの質を知っている人ならリンクをして紹介してやろうというのに
運営者に許可をもらわないといけないというなら善意が萎えます。

「相互リンクの際は言ってください」というのは書かなくてもメールを出すでしょうし、
「リンクの際はご一報を」とは一線を画します。