小ネタ、日々つぶやき集その1(ITサイト)

分かりきってた事だけどブログが強い…

こんな件を書いてしまうのも恥ずかしいほどですが、身にしみます。
現在、ブログ以外でTOPアクセスを得ているのは何があるかな?
ブログ登場時に、ここまで広がるとは想像していませんでした。

そして、本を出して愕然とした「書籍の検索ヒット」が早いこと。
早いクロール、上位表示。経験して実感。うーん、上手く書けない。

解説を作っても全然ヒットしなくてガッカリ、でも書籍なら話は別。
まぁ、表紙に項目リンクが多いサイトのクロールには限界があるから
当たり前って言えば、本当に当たり前の結果ですけど。

Yahoo!やハテナの語句結果に関連ブログが羅列されるシステム、
本も、各書店がズラっと並び、書評の一覧がビシバシと。
いやぁ、妙に時代の分岐点、ブログ増強の周辺構築が完成って感じ。

で、ウチの記事はヤバイ。メルマガ云々って書いてあるし(唖然)
ネットノウハウの歴史の教科書みたいです。=今役立たない(笑


差別化を考えてみる

当サイトのコンセプトは、誰もがなるほどと思える解り易い解説を心がけながら、
紹介メール、情報などの出元を示すことです。訪問者さんは余り気付いてくださらない部分。

よく匿名のメールを紹介しているサイトさん(言及系)が多くありますが、
その管理人さんが自分の言いたいことを他人のメールにして書いているようなものに出くわします。

「昨日いただいたメールでサイト記述に感激しました」という同意系の紹介の仕方、これが共通ですが、
クレームや荒れを避ける為、管理人としての記述じゃなく他人のメールを装うテクニックです。

まだネットの信頼性は印刷媒体には適わないと思います。では、信頼性をどうして出すか?
頂いたメールが他のサイト管理人からでしたら、ちゃんとリンクを張っておく。
サイト作りで気をつけていたことです。

匿名ばかりのメール紹介では”ヤラセ”の可能性があります。

むろん投稿者さんの正体を明かせないケースで匿名にしているケースもありますが、
よ〜く観察ください。ネット情報の真偽を判断する際に、ソレで判断されると好い。
長い経験から感じたネットにおける信頼性あるないの区別の仕方でした。


初期の頃から取り上げてくれているアスキーさん。
創刊号から出つづけた作者関連サイトは、今では恥ずかしいかも。

インターネット研究会J ご担当者さま

株式会社アスキーお店やろうよ編集部のYと申します。
サイト上にて、大変お忙しいと拝見しておりますので
事後報告になってしまいましたら、申し訳ありません。

ネットショップオーナーを対象とした弊社ムック『インターネットでお店やろう よ!夏号』で、
読者の便宜を図るため、ネットショップに関係するサービス内容について
一覧表 で紹介する便利帳のような 小冊子を予定おりまして、
「ネットショップ運営の相談サイト」というカテゴリ 内にて、
御社のサービスをご紹介させていただきたく、ご連絡させていただきました。

大変急なお願いで恐縮ではありますが ご不都合な点などございましたら、
7/5(水)までにご連絡頂ければ幸いです。 何卒、宜しくお願い申し上げます。
-----------------------------------------------------------------------
○掲載媒体:インターネットでお店やろうよ!(株式会社アスキー刊)
○掲載予定:2006年7月29日刊行予定号

ほんとうに、毎回、色々と取り上げてくださってありがたいです。
相談部分が無くなってるので、BBSでも作らないとマズイかなぁ…


ネットショップで輝く8人の女性達
Yahoo!のトップでどど〜んと紹介されていたニュース。
基準はヤフオクを含めヤフーショッピングを開設している方々で、
月に売上が数千万円も軽く超える店舗さんをピックアップされていた。
月に数千万円って、当サイトが出来た頃には大企業以外には無かった。
いやぁ、時代が変わったものです。すごいなぁ。

楽天に大規模障害 店舗の4割で購入不能に
出店店舗の約4割・7413店舗で購入ができなくなったそうです。
システム障害が発生したらしく、現在は徐々に回復模様。
顧客カード情報流出、楽天ポイントの不正使用問題など良い報道が少ない昨今、
楽天ポイントは楽天ではなく店舗が負担するそうで、
初めてのお客さんにどーんとポイントを使われ赤字になるということから反発多だった。

顧客情報流出といえば、最近の巨大なものは着メロの会社。
つい最近、TV「加藤のガッチリマンデー」で紹介されたばかりの
携帯電話の配信大手「フェイス」(京都市)。
8月8日、サーバーが外部から不正に接続されたそうで、
会員の個人情報約33万件の一部が流出した可能性があるらしい。
昔から言われてきて未だにあるのは、いたちごっこだからなのでしょうね。
エロスパム自動投稿(←UMA画像掲示板は撃沈)と一緒です。はぁ〜。

・そういえば、BBSで誹謗中傷がされている時にフォローして収めるという仕事をしている会社、
当サイトではここで紹介していますが、社員のスキルが低かったせいか、
逆に油を注いでしまうケースが相次いでいるとかなんとか(ネガティブ予想通りと誰しも思ったり)。
あえてリンク紹介はしませんが、いやぁ元々問題がある質のベンキャービジネスですから
長続きさせるにはもう一工夫必要と思います。

・アクセスランキングをつけてから数ヶ月経ちましたが、結構な削除サイトがあります。
実際に飛んできていないのに上位に入るというサイトさんたち。
どうやら上位表示のツールを配布しているサイトがありまして、結構、うちにも多く来ます。
削除しちゃいますから、なんでランキングから消すんだと逆恨みされそうで怖いところです。

そういうツール配布サイトが人気を得ているというのは需要があるからで、
やっぱりアクセス向上はサイト管理人に取って重要なんだろうなと思う。
(口ではアクセスは関係無いといいながら、アフィリエイトが広がり、
現実にアクセスが欲しくなるというお約束でしょうね)

一例としては「島○掲示板」というところとか、いやぁ、効果を調べてみようかなと思ったり。
そのツールのシステム上、サブサイトのUMAサイトぐらいだとどうなるのか?試したい。
(でも、まだするには抵抗感があり。なにせ不正上位操作はご法度と自分で主張しているからなぁ)

そんなところで、またです。


友人が言った。「さくだいおうのサイトは胡散臭いデザインばかりだなぁ」
「ITサイトだけは、まだまともっぽいが、陰ながらの胡散臭さはもっとある」

そうかそうか、それなら思いっきり胡散臭くしてやろう。
⇒という風に出来たのが今回の暗〜く胡散臭い文句が散りばめられた表紙。
胡散臭いってのはだね、綺麗な洗練された方が胡散臭いの。
大企業を見ろよ、いや、世界各国、先進的な企業や国のほうこそ、
表に出せないことは山ほどあるだろ?

そして小さい頃に親や先生に言われただろ、服や顔で人を判断しちゃダメだって。
今回の胡散臭いデザインにしたところで、ちゃんと見る人は判断できるさ。

(ナレーション)
しかし現実は犯罪者ですら可愛ければマスコミでもてはやされる。
アクセス激減に秒読みなのを読めなかったのは作者だけだった。

…ということで関係ない話は置いておいて本題に入ります。

最近のネット情勢を見ると成功しているのはCGI配布系がダントツのようです。
グーグルのページランク式をスタートに、SEOの盛りあがりと進み、
結果、勝ち組みとして大手を振って闊歩できるのはブログでもなくCGI配布系。

そして最も負け組みと化しているのはウンチク系(うちか…)。
またBBSなどのコミュニティに頼ってアクセスを得ていたところは、
最近のワンクリック詐欺自動投稿、エロスパム投稿に駆逐され負け組みに仲良く参加。
自動スパム投稿でやられているのはこれまたうちのBBS(UMAサイト)か…。

時代は移り変わりますが、現在は変な偏りが多くなって来ている気がする。
ラクに儲ける成功者(IT長者)とかってマスコミが無責任に煽るから。
株屋だってさ、ディトレーダーってなんだろう?ネーミングだけはカッコイイけど。
信用買いして富士山とかの自殺詣でが1日何百人になっているのかとか、
こんなこと知ったら軽はずみに「儲かる」だなんて展開できないぞ〜。>煽り書籍

▲信用買い=今、知らない方は決して株には近づかないこと。

BBS関係は2ちゃんねるが飛びぬけ、したらば…などは2番煎じのままです。
ちょっと古いですが、私が保存していた記事部分で役立ちそうなリンク先。

2ちゃんねるでの逮捕者一覧
いまだに逮捕されるようなこと書いている人が多くいます。
所詮、人間は争い大好き。

完全匿名じゃない、2ちゃんねる管理人ひろゆき氏語る
最近では、ログ提出などを面倒くさがる普通のサイトBBSが匿名性が高かったりします。
サーバーポリス自体が依頼多過ぎで、なかなかダのメっぷりが。


なんだかんだと、もう4月に入りますねぇ。
年度変りはネットでもリアルでも忙しい方々が多い。

ネットでも色々な高齢者向けのアイテムが出現しているのにビックリですが、
相変わらず「このグッズは売れています」とか「おかげさまで100万人」とか、
本当かどうか疑問な謳い文句も多く目についています。

もっともウチでも「私のサブサイトが表紙1,000万カウンター突破」と表紙に書いていますが、
これも一般の人が見れば「ハッタリ」に映ることでしょう。あっはっは(サブ)。

最近、「本当にアクセスが多いサイトかどうか見たら分かる?」と、
信頼できる友人に聞いてみた所、分からないという返事が。
(広告費でアクセスが多いサイトは除外)

うむむ、しっかり教えねば。手取り足取り。
とはいえ私自身も最先端ITには疎くなり、人の事が言えなくなってきた昨今。

ダメダメな私です。


最近、「自分を見失う」状態になっている作者です。

どうして今?という感もありますが、こういう時って、
自分が新しい経験をしているから感じるんでしょうね。不思議。

バーサス・ランキングを(作者全運営サイトへ)それぞれ入れてみました。
驚いたのはサイト内部直リンクが多いサイトと少ないサイトの差。

以前は、表紙から進むという、おりこうさんの順路だったのが、
どうもサイトによっては内部の項目毎の人気で左右されるよう。

当サイトは情報が古いだけに、解説直リンクは少ない模様です。



Eコマース業界のニュースを。

ちょっと発見が遅く出遅れてましたが、楽天に対するお祭が2chであったみたいですね。
現在は沈静化している感じがするものの、過去、村上ファンドでは余り盛りあがらず、
ライブドアの幅広いお祭に比して、楽天は”いじりにくい”といった感じでしょうか。
(ニュー速+という性格からかな)
【ネット】 「カネ、カネ…セコイ!」 "楽天市場"がおかしい…課金増に悲鳴、続々退店★4

賛否意見が多数出ている模様です。
リンク切れが直ぐに起きると思いますので、見られるならお早めに。
2ちゃんねるが苦手な方はスルーください。

スレで紹介されていた元楽店舗関係者さんのブログなど
元楽天出店者のブログ:苦渋の叫びがこだましていました。
AMITY 興味万丈:こちらを先に読んでから上を読むといいかも。

楽天のやり方への不満は理解出来るけど、出店せずともやっていた店は多くあり、
みなさん独自に工夫され少ないアクセスでも頑張られていたので同情はあまり…。
ノウハウだってウチはじめ、ネットで探せば山ほどあったのを調査せず読まずに、

ただ…

昔、ネットショップ評価権威で良い評価をされていた楽天の店がありました。
「デザイン賞」が贈られたのですがデザインって楽天ではほとんど一緒だったのに。1999年。
店長が美人(?)というだけで(←多分)…と、思わずにいられませんでした。
業界中が低レベルだったと、損失は勉強料みたいなものと、
立場的には書かざるをえないのですが、まぁ、これだけ楽天批判が出ていると、
内部告発者も外へ出てきやすいので、これからが注目すべき状況になるかも。

しかし…

店側からすれば、アクセスが流れてきて、商品が売れて儲かれば、
楽天ミッキーだろうと誰だろうと良いわけで、
ショッピングモール側からすれば強大なライバルが出てこなければよし、
アクセスが無くならないよう業界に居れればいいのだし。
(逮捕されれば別だけど、ミッキーさんはライブドアの強制捜査開始時に、
あれやこれやと会計指示を出して大丈夫だたという噂が)

個人的には、しょせん人間のすることだから、って感じです。
当サイト作者の姿勢(とりあえず自力)というのとは混じり難いのが、
表現しにくいほど歯がゆいです。

で、Eコマース関係で2件紹介。

NEW相互リンクを兼ねて、懐かしの方から。
文章は無難な部分になるよう多少校正しています。

 私は「バーゲンセール検索PriceOFF」を運営しております佐原と申します。

 以前にランジェリーのネットショップ「陽気なイヴたち」の評価をして頂いた 者です。
 その折は有難うございました。
評価を心に留めネットショッ プ運営を頑張っておりましたが、
頑張る方向を間違え?内容の充実の一環でPHPと いう言語を勉強して
プログラムを書きはじめると、はまってしまい今では…
プロ グラマーのような仕事が中心になってしまいました。

 本日は私が去年の5月頃に作成して運営しております
「バーゲンセール検索PriceOFF 」というバーゲンセールの情報検索サイト、
このサイトは無料でバーゲンセールの告知をすることができ、
ネットショップ 様の新規顧客の開拓をお助けするのが目的です。
折角のバーゲンセールも広告宣 伝をしないと在庫処分や顧客満足度の向上だけで
おわってしまい勿体ない。

でも 、中小のネットショップ様や実店舗様では、
なかなかバーゲンセールの告知に広告宣伝費もかけられず
バーゲンというキャンペーンを無駄にしていると思い作成 するに至りました。

 情報の登録、検索は無料ですし、Yahooなどの検索サイトで も1ページ目に掲載され
小売業者様には有効な集客手段になるのではないかと考えております。

私も方向性を間違えてしまい、今ではUMAでカリスマってますが(遠い目)
まぁ人生色々、その時々の状況によって楽しく仕事が出来れば良いんじゃないか?
などと哲学している今日この頃です。

また、サイト売買の会社さんからPRのメールがきてました。
グーグルアドセンスが流行ってきた頃、売買が注目され、
すでに知っている方も多いでしょうかね。

最初、ヤフオクなどでのサイト売買じゃなくて商売になるのかなぁと思いましたが、
査定などをしっかりしているため、成約が多数あるようです。
まぁ、私のサイトが高く売れるようなら、是非参加したいものですが…。

はじめまして。 サイトキャッチャーの小山と申します。
突然のご連絡で大変失礼いたします。

今回は、ワールドビジネスサテライトや経済最前線でも取り上げられ
話題沸騰中のサービス「Webサイトの売買サービス」をご案内させていただきます 。
「サイトの売買を仲介する」サービスを展開するサイトキャッチャーでは
現在、180のサイトにご登録いただき、利用企業はすでに700社近くに上ります。

また、毎月10件以上のサイトの譲渡が成立しております。
ビジネスを新しく始めるときに、時間を買うという感覚で、サイトを構築するのではなく、
購入することも考えてみませんか? もちろんお持ちのサイトを販売することも可能です。

まずは、ぜひ一度サイトキャッチャーをご覧いただけないでしょうか?

登録、利用料などは無料です
(成功報酬3%のみの課金となりますので成功するまで費用は不要です)
必ずやメリットを感じていただけるサービスでございますので、 是非よろしくお願いいたします。
お世話になります。 サイトキャッチャーの小山です。
丁寧なご返信ありがとうございました。

> ヤフオクなどのサイト売買ではなく、
> しっかり査定されて上手く機能されるといいですね。

ありがとうございます。 実は、1年間で既に50件以上のご成約がありまして、
M&A専業の会社の 方などにこの話をしますと、まず間違いなく驚かれます。
社員1人あたりのM&Aの成約数としては、驚異的な数字のようです。

これからは、弊社が手がけているようなM&A(サイト売買の本質は、 実はM&Aです)は
どんどん増えていくことでしょう。

> 私の所、一応それなりの大手っぽく3つありますが、
> (しょぼいのは1つで計4つ)
> サブサイトではYahoo!のサングラスなんですが、
> ウンチク系なのに高く売れるですかねー?

ページランクとPV、検索に強いワードなど次第ですが、ウンチク系も 売れますよ。
サイト買収により生まれるシナジー効果が、買い手に伝われば、
基本的にどんなサイトも売れます。

みっしり情報が詰まったサイトを作る手間を考えると、
どう考えたとこ ろで買った方が早いですから。
ただし、値段が合えば、という条件は付きますが。

もし、よろしければ簡単に査定しますよ。 その際はどうぞお気軽にお声をおかけください。

それでは今後ともどうぞよろしくお願いいたします。

レスが即行で来て驚きました。良い姿勢ですね。
でも、やっぱりウンチク系は高く売れそうにないっちゅう感じでしょうか。
(わざと書いたYahoo!サングラスに反応が無かったのがなぁ…残念)

売買項目を見ると、結構、高額な設定で出品されているのが目に付きます。

査定してみようかな、お金要るし。←ココ重要(笑



表紙へ戻る     次へその2