ヤフーのカテゴリー2つアップ、しかし

私の運営する4つのサイト、その最後の釣りサイトが”釣り”最上部カテゴリーへ移動となり、
正直、期待はしているものの適当な作りだった所、ちょっとはいじらねばなるまい、
…とシミジミ思うのですが、そう簡単に出来れば、もっと相談所のコーナーを作ったり、
相談自体に力を入れろよと思い悩む状況です。ネットする時間もあまりないですし。

UMAサイトのアクセスが落ち難いのは内部にこの釣りサイトレベルのものが含まれているからと、
あそこは、その何倍も有るんだよと当初(あの程度のサイトでサングラス?っての反発)で
見せるとある理由があったんですが、今は昔、すっかり関係無い世界へ行ってます。

この辺、そんな意見にムキになった精神の若かった自分が懐かしい。

いや懐古しているのが主旨ではなく、ソフトバンクの携帯の件といい、
ヤフーの語句検索の精度が貧弱だという意見も多く、ヤフー大丈夫か?と思う次第デス。

まぁライバルが今まで居なかったので殿様商売が出来たわけですが、
ネットユーザーは目指す解説を持つサイトへ早く行けることが出来れば、
あとは文句も無くニュースを見ているだけでショッピングしたりと満足しまする。

Yahoo!デレクトリー
魚の種類別トラウト・カテゴリー   ⇒フィッシング・カテへup!!!

なにせ、何かをするという余力が無い為、取りあえずデータ収集のサンプルになってもらおうと。

ところがアクセス数が抜かれた!!!ショック

4番目釣りサイトがデレクトリ・アップしたという話をしましたが、その結果報告です。

まだ数日しか経って無いのですが、語句検索から結構なユニークアクセスが有り、
デレクトリーからはサッパリ(これは全体的な傾向ですが)だったのをカバー。
グーグルのページランクはショボイままですが、状況変化の大きさはなかなかのものです。

しかも先日、”村人死活問題”のニュースが一部ローカルで流れまして、ブレイク?

<村人死活問題>
地元漁師達が大型の肉食魚の出現で漁獲が減り生活に困っていたところ、
その魚に網ごと1Kmも引きずられた舟まで出た事件に至って深刻化、
大掛かりな捕獲作戦が展開、めでたく捕獲に成功したものの、既存の肉食魚とは違いビックリ。
・・・というもの。

その件で解説を書いて(←3番目の別サイト内で)リンクを張ったら、
想像を超えて閲覧されているのか、とうとう3番目ITサイトのアクセスを抜いてしまった!!!
(といっても1年で先日の1日だけですが)ショックだ。

まぁ使っているのがインフォシークのアクセス解析で、精度は置いておいて、
アフィレックスかアレックスが忘れたけどネット上のアクセスデータサイトも同様だけど、
人間の作ったものは多少ミスがあり”絶対に正確”なのはありえないのは前提。

何故ショックを受けたのか

妙にショックを受けた私は、ITサイトの背景を何年ぶりかでブラックにしてみました。
一昔前は多かったブラックですが、最近はブログなどの登場で、
黒系サイトが少ないように思った次第です。何と言っても下手なデザインを隠せるし(笑

⇒その後”背景”を別のものに。さすがに今の時代に合わないと反省

しかし、同じ作者が作っているサイト同士で抜いた抜かないでショックというのは、
一般には理解しがたいものがあると思いマス。
同じ管理人なんだからどうでも良いじゃんか?というのは当然ごもっとも。

商用サイトのアクセス向上を公に解説したのはココが第1号(日本で)。

何も無いところから作り上げるのは想像を絶する大変さがありまして、
同ジャンルの先人が居て知識がある状態でなら(そして能力の有る人なら)、
解説も上手く綺麗に作れるものです。やってみれば解るけど大変さで死にますぜ(笑
荒れるような記述なら先人のをみて避ければ、無難且つ優秀作品が出来る。

ということで当サイトは要らない表現、バカな解説、誤字脱字がそのまま入ってるし、
CGIなどの発展も比較になら無いほど当時はダイヤル回線・サイトを作れるだけで凄い世界。
今作るとしたら全然違う凄いサイトを作れると思ったりもする。

一方、あの4番目サイトはベースに3番目サイトの知識を使っていて、
完全オリジナル・シリーズでも、それを専門的に詳しくしながら、
やや上級者向けに解説しているだけで、とてつもない労力と批判を受けたココとは、
全く比較にならないほど気楽(といったらダメかな)であり手間も同様。

ところで、表紙上部にビシバシ貼っていた「評価バナー」や「検索オススメ」ですが、
昔は「自慢しいだな」とか「自己顕示欲の現れ」とか「権威主義」とか言われたけど、
それはサイト作成側(競合ライバルなど)の意見と思っています。
一般の訪問者側に立っていない、と。
権威主義とは実力の無いものが有人知人で権威者を出すのを諭していうもんだし。

一般的に努力している人が賞を取ったり評価をもらったら権威主義と言ってはいけない。
その努力した人が権威になったりするわけだから。


あれらはとどのつまり、
「ウチが紹介しているサイトに詐欺やヤラセはありませんから安心してクリックして」
という安心感を訪問者に与えるものだからね。

ところがどっこい、最近では影響力も無くなったから言われなくなって久しいけど、
アフィリバナーを採用し始めたので流石に下部に置いた方が良いだろうと思い、
一部デザインで面倒なのだけは除いて下部へ。

当時はセンスの良いアフィリなど皆無、豪快な引きまくる宣伝バナーばかり。
無償で行うサイト(善意での管理人)ばかりだったから、やる気が無くなれば閉鎖・放置。

時代遅れの老獪サイトが何かほざいてると言われればそれまでだけどね。
(言われたらショック死するほどヘタレな私だということは内緒だ!!!)

先人はカウンターが少ないまま消えて行く

しかし何故、自慢できるほどの老舗サイトが未だ表紙300万カウンター程度なん?
と思うだろうけど、今誰もが確認できる現在の表紙カウンターは
1番目100万台、2番目(ココ)300万台、3番目1200万台、4番目カウンター無し。

ネット人口が天と地との差がある当時、そして次から次へと出来た後人により、
その時代を代表するような優秀なサイトが続出するわけで淘汰されて行くのが普通。
私がいまだに公開しているのが珍しいグループに属します。
当時の相互リンク先サイトさんだって半年、1年、2年…とドンドン消えて行き、
参考にされたほんの少しの貴重な老舗サイトさんばかりが残っているだけです。

そうそう、話は変わって、数ヶ月前まではプロフィールや表紙下部に、
各作成サイトをリンクしてました。
ページランク的なものを期待してたんですが削除してからもアクセスは同じようなもの。

ITサイトだけはジャンル上イントロで紹介リンクを残していますが、
他サイトでの訪問者さんは現在「そのサイトのみ」と思います。
管理人のハンドルネームなどで検索かける奇特な方は少ないでしょうけど、
検索結果は変なジャンル違いが何故かビシバシ、不思議な光景でスルーです。

最近の”何かの解説サイト”は映画であれ、経済や政治であれ、
Wikiなどが登場した為に生まれ難くなっているし”感想サイト化”する傾向も強い。
先人として第1号になるのは至難の技でしょうし、そもそも感想ならブログが1番有効。

おっと、話が脱線してきました。兎にも角にもショックだったのさ☆

しかし、早くも元に戻ってしまった!!!

結果報告=4番目”釣りサイト”が3番目の当サイトを抜いたのはたった2日間でした。
早くも元に戻ってしまった……。サブサイトへ張ったリンクを消したのであっという間(笑
あんまり面白いデータじゃなくってごめんなさい。

そうそう書き忘れていました。
トータル・アクセスでは1番目時計サイトは未だ100万台なのですが、
1日のアクセス数は3番目サイトよりあったりします(ここ1年ぐらいに逆転していました)。
相談をバシバシ無料でやり、リンク紹介も兼ねてだったのが幸いし一時期だけカッ飛んだココ。
トータルで時計サイトに追い抜かれる事は随分先でしょうけど。

あんなに放置になっている時計サイト(解説も古い)がBBSも無しにチョコチョコ閲覧があるのは
ひとえに検索エンジンのおかげなんですが、どうしてITジャンルやUMAジャンルなどのように、
続々と次のサイトが現れないんだろう?釣りジャンルだけはUMAが元とはいえ後発だけど。

時計って競合が激しいのですが、ウンチクを教えるというのは”奇特”な人なのか、
情報を秘匿するのが普通なのだろうか。

IT関連はサービス業なので、しかもサイト作成系はサイト運営者なら感じた事を書けるので
続々と新しいサイトが生まれてくるのが普通。

そういえば、私は最初”サイト作成初心者”を対象にウンチク(記事)を書いていました。
途中から「中上級者」を意識して書いてしまったことに失敗があったと思いマス。
記事が面白くなくなったという感じ、自覚も大きくあります。
応用なんてのは基本をマスターすれば、各々の持つ経験によって、
それぞれが変えていくもので、アレコレ指針なんて要らないんですよね。

それを老舗という自負なのか中上級者へ向かって「こうじゃないか?」などと、
あれこれ書き連ねてしまったので、急激に面白くない記事が氾濫してしまったのだと思える。

多分、分岐点になった記事はサングラスの取り方!?でしょうか。
狙っても取れる定理なんてものが無いと自分でも思うのにネ。

釣りサイトはコミュニティ釣果自慢と永遠のウェルカム情報である「ここでコレだけ釣れました」を
メインに持っていけば1日数千アクセスはカタイと思います。苦労は余り要らないと思う。
CGIで読者の投稿を加工せずに自動化して写真掲載の容量をクリアーすれば、
素材・ツールなんかも昔とは全然違うほど目移りするほど有用なものが
そこかしこネットにコロがっているので…E・コマースのように公開が即死活問題でもなく、
需要の人口も多いので啓発もし易い、つまり非常にやりやすいジャンル。

ああいう題材で読者を集め、貴方が別に作っているお店に寄って頂いてお客様へと……。
私は現在稼動しているお店を一切持っていませんからサイト作成に身が入りませんが、
特に身が入っている方は複雑な思考をせずに単純に訪問者さんが欲しがっているものは何か、
何を使えば実現できるのかを突き詰めれば、意外と道が開けると思いますよ。

おおっと、また回顧録みたいになってしまいました。すみません。

老舗だから痛い表現が残ってる

前に書いた「老舗サイトだから痛い表現も残ってる」という意味の件ですが、
老舗だからって、どうして変な記事があるのか、老舗だって無いサイトがあるじゃないか?と、
ふと自分でも気になっていたのでエクスキューズ(言い訳ともいう)を説明したいと思います。

初めてこのコラムを読んだ人は話が見えずに過去ログから読まざるを得ないのですが、
それはゴメンして我慢してお付き合いください。

実際に当サイトを作っていた時は、個人名や住所が個人非営利趣味サイトでも出す、
個人情報保護法なんてどこにあるやらの世界でした。
私の住所氏名が政府サーバー上で誰もが見れていたほど無頓着。
Yahoo!デレクトリーに実名登録で載った私(個人カテじゃなく時計カテ)。

しかもアングラ(アンダーグラウンド)というのも流行っていて実は人気の主流だったり、
ハッキング方法や荒らしなんてのも海外の(発展途上国系)クシ(プロクシ)を挿せば
ログ提出義務も無く本当に誹謗中傷や侮辱でも滅多に分からなかった時代……。

ネットショップは競合する同ジャンルでも仲がよく、一緒に発展していこうというムードがあり、
兎にも角にも何が当たるのか分からなかったのが思い出されます。
人の心の動きを一生懸命研究し(大学などでも血眼だった)、
ネットサーフィンに熱を上げる人は重宝され、サイト間で攻撃をしあってアクセスを得るサイト、
いわゆる進化論で言うところのバージェス動物群という訳わからぬ混沌とした状態でした。

当サイトに残っているネタ記事で痛いものたちは、何が当たるか分からないので、
取り合えずやってみて反応を経験しようというものでした。
ようするに自分で試さなければ、どこにもネット上には定理がコロがってなかったのだ。
だから気になったものや面白そうなものは何でも試しましたね。
それが恥ずかしげも無く残っているわけで、今の時代でならいくら私でもしないよ
いやいやホントですって。いくらトンデモが好きな私でも絶対にやらない、書かない。
出来たばかりの2chやそこかしこにある誹謗中傷・侮辱なんか面白可笑しく解説しないし、
たて読みなんかも記事で残ってるし、内部告発みたいな記事もありましたねぇ。

ゆえに今の状態で初めて当サイトに訪問した人は「なんだ変なサイトだな」とか、
「何を簡単なことを凄そうに語っているのか」とか「そんなこと知ってるよ」的になるのは当然と思える。
でも、何かをチャレンジし続けている人なら見れば直ぐに判って、解って貰えるはずです。
この構成や内容で評価を受けてるのは、その時代だったからこそ、
とにかく定理というものを導き出そうとするアレコレの努力だったということを。(希望)

で、今思うのは「周りがやってないことを実際にして新しい定理を導き出す」ことは結構ですが、
時代が移ったら消したほうが良いということですな(笑

実はUMAサイトで試してみたことがあります。恐ろしいほどの効果があって驚き。
2年間ほどのデータの結果なのですが、これをどう説明するか、公開したってメリットがないだろとか、
もったいぶるのは当然なので常連さんだけにか、誰が常連なんだよ、有料か…など悩み中。
まぁこんな事を書いたって「あ、そう、別に」とスルーしてくれればオツケー。

今年を振り返ると、自分で苦労して見つけた定理は簡単なものですら愛着が湧くという気持ち。
机上の理論は人類の知識の共有財産とはいえ、実際のニュアンスは各々の実践した人のもの。

で、サイトの過去記事を少し読み直してみました。非常に読みにくい文章ですね我ながら。
主語や目的のつながり、根本的趣旨ですら、よく出ていない。
理由は今読まれているコラム同様に連続更新だったため、当時に読んでいればOKでも
時が流れて改めて読むと話が見えないし背景のITニュースなども解らないだけに難解=変。

思いっきり反省材料(反面教師)のサイトと化していてダメじゃんと自覚させられた次第です。
以前は全ページをプリントアウトした猛者までいたのに、今なら絶対に出ないデス。

来年、ちょっとITサイトを作り直すかなぁ……。

<続きとしてお読みください。>

振り込み詐欺などが流行りだしたのはいつだったろう?
何時の間にか身近な詐欺と定着し、引っかかるのは人の良いおじいちゃんやおばあちゃん。
ここで少し立ち止まってみよう。

まず材料として一例をあげます。

「東京都国税局です。総合所得税が過分に納められましたので還付します。
手続きのため、お近くのATMにて操作をお願い致します。」

この文章は税金や銀行・ATMを知ってる人には大変穴があり、
「何を言ってるんだ文章めちゃめちゃだし、しょうもないなぁ」が普通です。

東京国税局はあっても東京都国税局はない、総合所得税も無いし、
ATMでは引出し操作は出来るが、お金を口座に入れるためには現金を入れなければならない。
振込みを受けるのは口座を伝えれば勝手に相手がやってくれるわけでATMでの手続きはない。
「こんなものに引っかかるなんて」という評価になってしまう。

そもそも国税局が出張(でば)ってくるなんてのは追徴課税が1,000万円を超えるのが対象。
我々のような小市民には地方の下部組織である「税務署」がハガキで通知してくるだけです。

だが待っていただきたい。詐欺師たちは、そもそも知ってる人を対象にしていません。
彼らだって無知じゃなく知っていて敢えて作った誘導文なのは明らかだよね。
知ってる人に案内文をバカにされるのは分かっているわけだ。

それをしょうもない程度で済ますのは誰でも言えますが、
サイトなどの「作り手」であればターゲット層の重要性を認識できる良い機会でもあるよね。

私が見た限りでは中上級者を相手にするITサイトがほぼ100%といえます。
例え初心者向きと設定していてもです。このジャンルを例にして話を進めます。
当サイトも前回書いたとおり、最初はそうでも時間が経つにつれて意識は中上級者対象へ。
こういうものは長く運営を経験して、立ち止まって振り返り、やっと分かってきて愕然とします。

ITサイト管理人に初心者はいないし、一般より相当詳しい人が作っているのは周知の通り。
ネット初心者であればコラム日記でITウンチクに触れる程度で単体サイト化は苦しい。
そして訪問者から意見やクレームをもらう場合でも、その意見は殆どが中上級者であるよね。
基本知識があるからこそ考え方も個人のスキルや背景・経験のよって変わるしひねくれるし(笑

どうしても中上級者が視野に入るため時間と共に初心者の存在は忘れられていきます。
スキルのある人間からクレームやケチをつけられないようにする為に、
内容は中上級者でもハッとするものを探すようになります。初心者向けを謳っていても。

中上級者がハッとするようなネタなんて滅多にないですから、
自然とサイトの記事は減っていき、無理にでも作ろうとするからサイトがつまらなくなって行く。
有っても赤の他人に向かって無料で公開なんてせずに、己の知識財産にするのが普通。

ある素材サイト管理人さんとのやり取り中にあった言葉なんですが

素材を持っていく人の多くが広告すらクリックしていってくれない。
そんな人たちに素材を提供したくないよ。

これはターゲット層が広告によって捻じ曲がってしまった感じです。
中上級者でもなく、初心者でもなく、ブログ管理人でもなく、わずかの配慮してくれる優しい人?

収入目的なら有料で素材を提供したら、とか、有料でも価値がある素材を作ろうとしているか、
素晴らしい素材を作ってニフティなどの「素材担当者」へ営業し採用されれば、
広告収入よりも多い収入を得られると思います。私は広告収入はあくまで2次ものと考えてます。

確かに素材サイト管理人さんの気持ちは解らないでもないですが、現実として受けとめないと。
私はわずかな人の為にサイトを作るでも良い、どなたか分からなくても常に感謝を…と思うようにしています。

ところで、さっきの還付詐欺師をヨイショするつもりはないけど、ターゲット層を真剣に考え、
知識のある中上級者は完全スルーし行動に移し成果をあげる・・・・・・・
この徹底さ・執念には驚くべきものがあります。

普段の仕事でノンビリ、ノホホンと過ごしている高給取りがいますが、
いや給料じゃなくても、そこまで真剣になっているでしょうか?
そんなこと分かっているよ…ということを初心者に向かって公開・説明しているでしょうか?

そのアイテム(商品)は、どうして現在存在しているのか?
どうして顧客がいるのだろうか?好まれている理由は何か?

どんな商売でも「初心者向けの記事を繰り返し、繰り返し続けていく」。
例え周知の知識となって同業者からバカにされそうな事でも繰り返す。
それが、その同業者より一歩も先を進んでいることの証となると思います。

詐欺はネットよりもリアルで通用し盛んです。ほんと、徹底してる賢さがあります。
取り締まる側も不祥事なんてやってるのじゃなく(おっと)。

ターゲット層を見直そうシリーズ     おしまい(笑

偽善には2種類ある。

日本の支配者層は金に汚いと言われるけど、知事や内閣府、大企業の不祥事などの件は普通。
そもそも”偽善者”という称号すら持ってる支配者層は少ないよね。
「あいつは偽善者」と呼ぶ時に注意しなければならないことがあります。

口だけなのか、行動があるのか。この2通り。

行動が伴う偽善や売名行為ってのはワルじゃない。
気持ちは悪かも知れないけど何かに恵んでいれば、それは動機が何であれ「善だ」

それすらしなくて私腹を肥やし、口だけ良い事言って偽善すらしてない支配層は遺憾と思う。
どっかの偉いサンが業者との癒着で金を貰っていたとしすると、
そのポケットから、利害関係も無くどこぞへ大量に寄付していたら(←発覚する前に行動で)
罪は結構軽くなると思うし同情も集まる(かもしれない)。
しかし、金は持っていても1円たりとも出さない人が多い。
(大企業・業者から高級外車などを贈られ豪邸なのに1円も阪神大震災に出さなかったあの人とかね)

貴方がワルなら、是非、行動を伴った偽善をやりましょう。全員がすれば世界は変わると思う。
何時の間にか善になるものです。性悪説は理性で善に切り替わるからこそ現代文明があります。

なにか今回の私って宗教臭い?教育臭い?説教臭い?

ふふふ、それはね…ネット復帰はたった半月でアウトオブバウンズ…またかっっ!!!←行動が短期なヤツ

サイト書籍化

今月初め、UMAサイトを書籍化しませんか?という話が来ました。
通常、これは自費出版の勧誘みたいなもので100万円ほど必要だったりするのだけど、
お金に余裕がある定年退職の方々は人生の記念にと、それを受け入れて頼むことがあるようです。
他には書籍化を扱っているサイトに登録し、人気投票が一定基準以上あれば作成となるらしい。

ボクのは自費出版関係ない純粋に出版社さんからの依頼でした。
過去何回も話はあったけど、上手くいかなかったからノンビリしたもの。
しかし編集会議に企画が通り、ゴーサインが出たのは、つい先日。
発売日、強み、信頼性、見込み、どの部分を本にするか、加筆・修正は、書下ろしは、
報酬のパターンは部数に関係なく一律か、比例するのかetcとどんどん進んでいきます。
大丈夫か作者、ついて行けてないんだけど、特に精神が。単本かぁ…

雑誌への執筆は数あったけど、単本は感覚が違う感じがして、サイトとも違う。
よく本屋で並んでいるのを見るけど、その中に入るわけだよね。
サイトを巡回するのとも違って、有料となると勝手が違うことも判るだけにクレームは?
自分の得意は研究・分析だけど、難解にして専門用語を散りばめ販売されているのではないし、
簡単な表現で単本書籍だとクレームは大丈夫なのだろうかとか。
簡単=誤解は相乗効果で出るものだし。
「科学的」なイメ−ジだと専門用語の何発かは入れたほうがいいかな?
リリージングホルモンとかニューロヘーマルオーガンとか。いやダメだ。理解してもらえん(笑

無料のサイトですらアレコレ言われるのが普通の感覚になってるので妙な感覚です。
それは昔は「無料で作ってるんだからキミが作ったのと一緒のサイトなんだぞ」とか言いたい時はあったけど、
2−3年したら「公開してるんだったら批判・批評されて当然」とか周りも言われ学習してしまった。

報酬はニフティの受賞・賞金と同額で売上関係ない「定額」なので、
数ある(昔取った杵柄)受賞と同様な事象だと気楽に構えればいいのだけど、
やはり普段しない作業はプレッシャーが強いです。2冊目、3冊目になれば慣れるんでしょうけど。

作家を目指していたわけではないので素人感自覚が強いのも焦る一因と思えます。
(釣り雑誌で現在進行形で連載してるのにも関わらずネ)
幸運と思う事が一つ。学研ムー編集部さんと友好的に長くお付き合い出来ていたこと。
科学者というと頭から否定するイメージがついてるので下手を打ってしまえUMAサイトは敵対先だもんね。
生物学は元々ファジーなものなので正確な学問を駆使して当たっても答えが出ない難しさがあって、
未知の領域が多いことを最初の基礎に教えられているのが良かったのかもしれない。

なんにせよ、ガンバロー、じぶん。見つけてくれ声をかけてくれた出版社さんへも感謝を込めて。

ふらふら安定せずのチームトップさんへ贈るアドバイス

経営者や組織のボスになって最初の頃というのは周りの意見が気になったりします。
自分自身という”個性”が固まっていないためフラフラして安定しないです。

ブログがネットにニューフェイスとしてスタートしたのは2004年1月からでした。まだ数年前。
また得意の思い出話をしましょう。

ブログ大ヒットの最重要理由はアクセスがより簡単に手に入るというものです。
そしてブログ界を巡回すれば、ブログばかりでのリンクになっていることが分かります。
リンク集に従来の一般サイトが入っていることは非常に少ない、トラックバックが主流の世界。
そのため一般サイトは注目度が減り、検索エンジンも上位にブログがぞろぞろ出てくる結果に。
アクセスが減っていっているサイト界隈になっています。

・・・で、こういうことを書いても「それがどうしたの?」と思う人が普通でしょう。当たり前じゃんかと。

違うんだな、それが。ミクシイでも同様で、アクセスを得たいのは人間心理に必ず潜んでいます。
ブログ以前の時期は、日記でもなんでも”サイト”で成り立っていました。
プロバイダーが提供する定型ヒナ型にテキストや画像を放り込むのが初心者向けであるぐらいで、
リンクは自分で張っていかないといけなくて、アクセスアップなんて本当に大変な作業。

従ってアクセスを得るために相互リンクに一生懸命になる人も多く、飽きる人もいる、
すでにアクセスを得ていたサイトの管理人は膨大なリンク依頼に作業が追いつかず募集停止、
BBSでの宣伝カキコの対処をどうするか、雑用に時間を取られ発信する情報の質は低下した。
また個人サイトの管理人が「アクセスが欲しい」などと言おうものなら、
ほぼ100%「アクセス乞食」みたいに言われ、どこからか現れるヒネクレ君により荒れたものです。
逆手を取って、荒れを利用してメジャーになったサイトも多かったです、はい。

本音で語られるから貴重だといわれる2chでも、IT関連スレで「アクセス乞食」系は叩かれ、
多くは「私はアクセスは求めていない、本当に良いサイトとリンクするし自由にやりたい」という
サイト管理人の発する”おりこうさんセリフ”が続出したものです。
たぶん2chのIT系を見ていた管理人たちは、それが人間らしいと思っていたはず。
鵜呑みにした人も冗談じゃなく多かった。真剣に”アクセスにアクセクしない”を模索されていました。
良いこと=建前=や大手サイトを叩く発言してるのはIT業者が多かったらしいけどね。

正直にアクセスアップを促すサイト(うちを含め)は根本的にネットサーフィン(死語)が好きで、
見るに耐えれないサイトの共通点を探したり、大きなアクセスを得ているサイトを分析したり。
で、いつも「おいおい、このIT業者が何をノタマッテいるんだ」と口悪く思ったりもしましたが、
それほど利害関係のある場所は「本音が貴重な2ch」でもダメです。ほんと。

書き始めたときは短めで終わるつもりだったのに、結果文章が長くなってしまったけど、
数年前には言ってはいけないタブーだったものが、今では堂々と言えるという事が重要。
当時は真剣にネットが今のような状況になるとは思いもよらなかったけど、
人間の根本を見ていて、それを工夫しつづけて開発されたブログ。
簡単作業に加えて相互リンクはトラックバックするだけで成立、アクセスもサイトよりラクチンです。
記事は最新のニュースを見て感じたこと、特に注目度の高いニュース、ネタを探すかがメイン。
ネットにある存在が根本から違ってきています。

自分の持つノウハウ等を解説する専門サイトをイチから作るのは面倒、
目新しいものを解説・感想をブログで書くほうがアクセス・アップになる。
個人の専門サイトって最近出来るのって少ないよね。企業は作られてるけどさ。

つまり以前言われていたことが正しいとは限らなくて、数年後にタブーだったものが主流になった。
経営やボス初心者は人間の根本を見て揺るがないこと。変化の早いネットでも変わらない根源を探す事。
そうすれば、フラフラ感は少なくなっていき、部下からも信頼される人間・仕事として見られると思う。

変な「アクセス乞食」を材料にして説明してみたけど、人間の根本・根源を探すこと、
このテーマを上手く書こうとするのは大変だということが今シミジミと判ったですよ

簡単なことを難しく書く、難しいことを簡単に書く。なにをやっているんだろう>今のじぶん

文章力を鍛えるってさ?〜サイト管理人はテキストを読み返そう

さて、この”つぶやき”ページも早い内に整理整頓しなければいけないと思う。
大量にある過去ログなので通常は訪問者さんが読むのは最初の部分だけ。
それでもホンの一部の方だし、とはいえ項目毎に整理してサイト内の該当解説へ当てはめれば、
意外と今でも通用する、または、まだまだ先端でいけるぞっていう内容のものがあるようです。
あると思うというのは流石に作者ならではの自己満足ではありますが。

最近の記事は、自分の考える姿勢とか哲学とか、なんだかサイト作りには具体的でなく、
抽象的な表現を多用するダメな政治家、もとい、ダメなコンサル、もとい、いやもういいか。
具体的なのがウリだったので、自分で読み返してみると正直恥ずかしい気持ちになる。
作者の自慢やら言い訳が炸裂しているので、展開としてはまとめなおす際に校正が必要。

校正といえば、現在進めているサイト書籍化の作業で、これがもう、大変で死んでいます。
読み直せば古い記事ばかり、しかも自分の書く表現も今とは微妙に違うので苦しい感じがします。
自分自身の文体などが変わると、これほど辛いものとは思いもよらなかったです。
他人の文章を読むよりも、ずっとツライ。

商用単本になるには耐えられない表現も多く、ネットの古い時代をシミジミ感じるのですが、
ネットでは許されても書籍では当然ダメという違い、これが肩にのしかかってきています。
みなさんは自分の作っているサイトの古い記事を読み返したりしますでしょうか?
そして気に入らなければ校正(修正)されてますでしょうか?想像以上に大変です。
新しく書き起こしたほうが早いんじゃないか?と思ってしまうほど考え込んでしまったり、
筆がとにかく進まない現実にハタと時計を見て愕然としたりします。

まぁ、ここをご覧になられている訪問者さんの中には本を書いたことがあったり、
雑誌などに載った方が多くいらっしゃると思う。
私なんかも最近、気楽にやり取りしていた方が作家だったりしてビックリしたりして、
意外と読んでいる方の中にそういう人が多いと感じている(メール掲載でも10人以上いるし)。

何が言いたいかというと、ネット人口で高確率で作家などの文筆業絡みさんが多いということ。
これは結構新鮮だった発見で、ネットというメディアに早くから食いついたのが作家、
ネットが本に取って代わると言われ始めれば文筆業だと仕事がなくなるので…etc。
考えてみれば多くの作家や出版社の人たちがネットサーフィン(死語)をデープにこなすのは当然、
多く管理人と交わるのもアリだと思った次第です。

我々のような一般管理人側は、やり取りしている相手の職業なんか申告されないとわからないし、
そもそも私だって本当のメインの仕事は本名を出したって、研究内容や釣り誌連載や、
K大学元講師というものだって、決して分からないように工夫しています。

ましてや訪問者の職業は中々分からないのが当然。アンケートなんて取っても、捏造ホラばかりだし。
それがどうしたといわれれば、我々の文章をプロが見ても耐えられる感じにしなければ、
文筆業の方々は引っ掛けられないということ。

「別にいいじゃん、文筆だろうと関係ないじゃん。」と思うのは普通。だがちょっと待てよ。

でもたぶん、口コミで広げる中心は、活発に巡回し、コミュニティで発言力がある文筆業の人たち。
もう一度立ち返れば、ネットは文章が基本の世界、文字の世界。単語の世界、ネカマの世界(違
BBSだって文字のコミュニティですから、表現の上手い人が発言力が高いし、強い。
周りを説得し、引っ張ることも容易に出来る。もちろん悪い事だって捏造して事実を捻じ曲げ、
偏った意見集団を形成する事だって可能なわけです。

うむ、そんなことを考えて想像を膨らませた私は、それがどうした、じゃぁどうするんだ?
・・・という部分まで踏み込むことが出来ません。文章力は書く事でしか身につかないから。
でも、学識・知識で結構カバーできるものじゃないかとも思うので、サイトのテキストを見直しながら、
学術論文(←その商品などに関する)なり読んで気になったものを片っ端から記述していけば
貴方の解説テキストは見違えるようになるかもしれない。手間が大変ですが。

そんなことをサイトを読み返して校正をし続けている間に考えたものです。
だって「ここはこうやって書いたほうがインパクトがあるな」とか「これは痛い!!!」とか、
「説明不足だから加筆しよう」とか、めちゃんこ校正する部分があってビックリしたんですものネ。
解説が本当に正確だったのか、今の段階で論文なりを紐解いて「あらら、間違えてた(滝汗)」など、
再発見したのが山盛り、しかも、まだ数十ページしかやってないのに、残りどれだけあるんだよ!!!という感じ。

ここ最近、長文を書いていますけど、基本的に一気書き、読み返して校正は時間が出来るまで放置、
運営4サイトで異なる内容の「つぶやき」なので大変かというと文字数は相当有ってもラクチンです。
こういう”慣れ”が良いかどうか分かりませんが、結構、文章を書く訓練になっているなと思います。
本番の連載原稿には役立っていると思う(当たり前ですが)。

人生には色々なことがあります。
ネットでサイトを開いて見知らぬ訪問者さんへ呼びかけたり、交流したり喧嘩したり。
以前(1997年まで)の自分では想像だにしていなかった環境になりました。
その頃までは他人に見せるのは「釣り雑誌」、「釣りニュース」、「週間プレイボーイ」などの雑誌投稿、
医療用の案内文(これはこうでXとか)で、学術色が強く、日記みたい垂れ流すことは決してなかった。
今は垂れ流し大好き☆ですから、もう変わりに変わった今日この頃です。

ああ〜、今回もたいして勉強になる内容のコラムを書いていませんね。またもや回顧録っぽい。
しかも書いたサイトの文章を読み返して修正したりしてみようってのは、
ITサイトのどこかアラカルトかあたりに「初心者向けノウハウ」に置いてあった気がする。
駄文を垂れ流してすいません。こんな文章・内容でもいいわ♪っていう奇特な方へは大感謝です。



戻る     表紙     次へその4