パソコン・クラッシュ

親パソコンがクラッシュし、中身はバックアップも間に合わなかったので、
契約書から自分が作った大学講義教材、色んなデータから雑誌原稿まで
深刻にお手上げ状態なのですが、本来愕然となってうなだれるはずが、
まだショックの波が来ていない私です。この更新はノートパソでしてます。

幸いニフティ・サーバー上にあるものはFTPを利用して素材まで全て取り込めますが、
それでも合計数千ページにわたる4つの運営サイトを戻すのに何時間かかるのか。
弊害が沢山出てきそうですが、なんとも。

過去、経験的には何回もパソ・クラッシュはありましたが、
だいたい最小の被害でクリアーできていたので今回もそうだと思っていたらダメそう。
考えてみればウイルスに絶対かからないという”壊れウインドウズ”にしていたので
復帰はかなり手間がかかっています。自業自得ですが。

なのに最近は感覚が研ぎ澄まされるの全く逆、鈍感に拍車がかかっているようで、
焦る気持ちが襲ってこないのでイカンです。
うーむ、こういう時には買って観てないDVDでも……。(プラトーンとパイレーツ2作目)

学生の頃なんかはバイクで海岸線をかっ飛ばしたり出来たわけだけど(赤キップ1枚)
車でかっ飛ばすと(自爆ならまだしも)危ないし。

師走の12月、みなさんも忙しすぎて燃え尽き、私のように腑抜けにならないように。
かげながら祈っていますね。(自分の腑抜けから脱出するのが先決、は置いておいて)

親パソコンの復活・苦労話

親パソコンが永い眠りから覚め、やっと復活しました。
ウィンドウズ98、IEはバージョン3.01だったか、とにかく前世紀の遺物。

そこでネットサーフィン(死語)をやってみた。MSNやインフォシークは読み込みエラー。
我が作成サイト群も全てエラー。検索エンジンの世界的王者googleですらエラー。

ネットサーフィンどころじゃなく、閲覧すら出来ないサイトばかりでした。
まさに現代のネットは当時の機械ではスクリプトエラーの宝庫。
唯一Yahoo!だけがエラーもなく見れました。へぇ、工夫してるんだ、ちゃんと。

こんな事が無ければ、サイトを作る側の配慮も気づきもしないけど、何だか得した気分。
とりあえずIE6へバージョンアップして、ネットサーフィンは無難に出来るようになり、
運営サイトのデータをニフティ上からFTPとかいうものを使って逆引き込みしました。

しかし、ここまで行き着くまでに長い道のりがありました。
最初はフレッツ光を利用しているのでLANボードの追加でバグが出まくり、
まともにWin98が起動すらしなくなってしまった。ああ、以前も苦労したなぁと思い出す。
でも、どうやって対処したのか思い出せない。マニュアル見ても思い出しません。

マニュアルのHELP手順に従うと、どうやらメーカーに問い合わせる旨に突き当たり、
「そうだ、それで自分でオリジナル改造したんだった」と思い出す。
メーカーなんて、こんな古い機械は対応技術者すらいないだろうからね。

で、思い出したおかげで色々と関連付けなどをいじり上手く起動するように。

残る作業は「ウイルスに感染しないようにWin98を微妙に壊し、それでも作動する状態」、
これをしなければなりません。アウトルックもすんなり作動してはいけないのです。
パソコン操作の手間が要らないようにあるのに、わざわざウイルス対策のために壊すなんて、
これもウイルス作成者がいかんのだ!!!と思った今日この頃でした。

▲私はベーシックとフォートランを大学講義の電算で選択しただけのレベルで、
しかも途中で卒業単位に達したため、電算受講も途中で放棄。危ない中途半端知識です。
独自知識で自信を持つのもホドホドにしなければと思った親パソ再生作業でした。

▲釣り原稿の消失とともに、返事前のメールも全ておじゃんになってます。
バックアップをする前に回復不能になった大ダメージをしみじみ感じました。
みなさまも、お気をつけ下さい。



戻る     表紙     次へ