プロフィールの例

他人のプロフィールって読むのつらいですよね。どちらかというと要らないコンテンツの筆頭かもしれません。
どうしても、「私を知って!」という押し付けがましい感じを避けることができません。
しかし、「訪問販売法」などで出さざるを得ない場合はどうしましょう?逆に思いっきり書きまくるのも
手かもしれません…。(特に女性では住所などを下に追いやる効果も!)

あまり読まれないコンテンツの筆頭ですが、どうせ出すなら思いっきり自己満足で楽しんじゃいましょう!
ここだけは読者を意識せずに自分だけの為に!(というわけで書きまくりました)

ところで、作者の写真を掲載することについては、賛否両論、ケースバイケースですが、私もよく判りません。

ちなみに私は、他のサイトさんのプロフィールはよく読みますよ!
:ちょっと遊んでいます。

ウェッブマスター
ハンドルネーム:XXXX
#ハンドルネームの由来があれば書きます。

昔から「努力すれば何でも出来るはずだ」をモットーに生きてきました。
が!結果的に努力が報われない場合ばかりで、「好い事無いなァ」と
人生のなんたらを感じる毎日です。

・英語が出来なかった頃に海外出張を一人で行き、なんとか英語をマスター。

20代前半で26カ国。延べ60カ国だ!

しかし、今はすっかり忘れて、サッパリ!
人間、忘れるのは早いもんですなぁ〜。

・それでもエリートだったサラリーマン時代は、イラクのクエート侵略・湾岸戦争の影響で
自律神経失調症になり、やむなく退社…。治らないんですよね〜。

・ケンカや体が弱かった時は、空手を学び、有段者に。
しかし、内臓までは鍛えられず、病弱なまま現在…。

・日本国家から感謝状&表彰状の2通を受け賜り!しても、体調不良でまたまた挫折中。

メールはこちら
スポーツ報知(読売新聞社)
カラーだ!

登場した本類は:
週間つりライフ、東海つりガイド、エフマガ、中日スポーツ新聞、週間プレイボーイ、
Be−ing、スポーツ報知、渓流スペシャルなど多数です。


←中東関係やサツキマス研究などで登場

@寝ているネコは、飼っていたネコを押しのけ登場した野良猫!

@ビーイングでは、最初の見開きで、腕を組んでデ〜ンと載り、転職者へ「ビジネスとは!」と
えらソ〜に語っています。今では、相談所の元になったような記事なので笑えます。

↓を見て「専門は何ですか」状態ですが気にしないで下さい。

国家感謝状(小泉内閣)
・国家表彰(技術・竹中平蔵・国務大臣)

・愛知県公安委員会 第542790400700号
・K大学の臨時講師

サツキマス研究(読売新聞掲載写真有り)
転覆病の治療法研究
・海外60カ国以上出張(医学系)

元通産省EC白書:日本のベスト100事業所掲載
・2001年日本IT博覧会パビリオンNo.59
・ホームページ準グランプリ(日経ネットナビ賞)

政治・宗教団体には所属しておりません。



まぁ、ここまで書くのはどうかと思いますが、由として下さい。



表紙