たくさんのランキングサイトがありますが、オススメは以下の2つ。

ランキングサイトの不思議

最近では珍しく無くなってきた自サイトへのアクセスランキングを表紙で紹介しているサイトさんたち。
初期の頃は、アクセス数を流して上位に入ろうとするリンク先サイトさんが増えますので「良いアイデア」
と言われて来ました。しかし、採用するサイトさんが多くなってきますと、トップ紹介リンクが増えてしまい
効果が少なくなってきます。新しい紹介形を企画する方が好いかもしれません。

ReadMe!で調べる、相互リンクの効果

アクセスの分析でよく利用している日本最大の読み物ランキングReadMe!は、表紙PVが1日
数百万アクセスだそうです。数万サイト以上が参加し、1日の登録サイト数ですら数十件あり、
大変賑わっています。オレはすごい症候群にかかった方々が参加して「ええっっ、そ、そんな」と
現実をつきつけられています(笑)。冗談でしたが1,000位以内に入れるかどうか、ほんと難しいです。

で、ランキング1枚目(100位以内)に出ている調査の為の傘下サイトのUMAですが、
どれぐらい人が飛んでくるのでしょう?
いつもの順位30〜70位前後では1日数件(1〜10件)のアクセス数しかありません。

過去、幸運にも雲上ベスト10位以内に入れましたのでアクセスはどうだったかと調べましたら、
(8位)92アクセス、(9位)71アクセス、(9位2回目)101アクセスでした。
すべてIPアクセスです。「10位以内でこれかよ!!!」と思われることでしょうが、
数百万PVアクセスの殆どが、どこに消えているのでしょうか?

しかし、これが現実と考えますと
普通のサイトのリンク集では1日1件のアクセスがある方がスゴイ、無いのが当たり前…
となります。

「相互リンクから飛んで来ないじゃん」というのを聞くことがありますが、当たり前かもね。
思いっきり目立たせて紹介したテキストリンクでも1割しか飛んでいないことは
過去の調査で出しています。最上段でサイトの趣旨に関連させた内容でも1割以下。
ただ、荒れなどのウオッチを主体に紹介するサイトですと割合は遥かに上がると思います。

まぁ、最もツライのは、ReadMe!専用に設定しているメルアドにスパム&宣伝メールが
沢山来ることです。飛んでくるアクセスよりもメールの量が多い…。トホホです。

IPアクセス数の多い上位サイトのメールアドレスに効率よく宣伝できるわけですから、
業者さんにとっては美味しいでしょうけど、ほとんどの上位サイトさんは対策を取っているようです。

ネットはつまるところ、遊びの道具であり、情報収集・交流の利用が大きく、
リンクで飛んで行くケースが少ないというところでしょうか。

(それにしても500位以内は相互リンクお断りサイトが多いですが、それが普通のようです。)


壊れる事が多いのでランキング参加は止めました。

ランキングサイトなどから飛んで来ない説を調べる

超大手ランキングサイトの上位に居てもアクセスはさほど無いという
衝撃的データを揚げていましたが、ひとつだけではいけませんので、
もうひとつ大手のランキングをご紹介します。
からしれんこんランキング

調査用のUMAサイトを登録してすぐに上位(1−3位)に入った時、
アクセスは1日15件でした。5位以降で0−数件になりました。
登録数は4,000サイト以上のランキングサイトさんです。⇒リアルタイム順位

しかしながらReadMe!と違っていつも上位に居ません。
終日に近くなってから上位に行きますが、常に新しい上位サイトが出てきます
(そして消えて行きます)。

そういうサイトさんは何処に消えるのか不思議でしたが、”無効サイトエリア”
どんどん追加されていました。

「2003年10月20日00時55分の無効サイトです。」
※現在の総登録数は、5941件で無効サイトの件数は4524件です。

すさまじい状態↑ですねぇ。
結局、アクセスでしかサイトの良し悪しを判断できない人が多ければ多いほど
こういった状況は変わらないんでしょうね。

これはReadMe!の様に1日1IPという計測では無いので、バナーを張れば張るほど
多くカウントされることから操作が出来るようになります(ルール違反)

ReadMe!はバナーを幾らたくさん張っても1日1IPランキング計測なので、
ランキングに関係無いことが重要なポイントです。
私はUMAサイトでページビュー計測の為に全ページに張っています。

それにしても、からしれんこんさんでは変なサイトが毎時間、そして毎日現れるという感じでした。
(それ狙いかも)笑=ビジネス系が山ほど有ることに注目(涙)

結局、ランキングを利用して飛んで行く読者さんは殆ど居ないとなれば、
ランキングに参加しバナーを張りまくるよりその分、1つでも多く商品の画像を出して、
ちゃんとしたショッピングモールなどとか…。

ランキングサイトは上記2点

ランキングサイトはたくさん有り過ぎて私もすべて見ているわけではありませんが、
自分が採用してみて実際に参考に出来ることで、上の二つのサイトさんをオススメ。
登録してみて上位を目指してみましょう。

▲ReadMe!は読み物主体ですから「店長の日記」などで参加してください。

一般的にアクセスの多いジャンル=アダルトなどは禁止されています。
上位がアダルトばかりになってしまうためです。

商用の大きなサイトも実力ではなく宣伝費で稼ぐアクセスが多いですから
参加できません。上位に入るとチェックされます。


まぁ、アクセスはいつか芽が出る…と思って地道に更新して行くのが1番でしょう。
芽が出ない可能性が高いのは厳しい現実と思いますが、私でも地道コースですから。

リンクの感謝するべきところ

ページランクの高いサイト、アクセスの多いサイトからリンクを張ってもらうと、
語句検索で上位に入っていく…という点です。
ただ、ランキングなどがよく採用しているCGIリンク集ではなく、
ページとして作られたリンクが重要です。

リンクから飛んでくるアクセスは無くとも、語句検索で上位にさせてもらう
というのが、瞬間風速ではない相互リンクの1番大きな感謝するべき所でしょう。


●ネットから離れ勝ちでの昨今、少々ウツっていますが、
それはそれ、ノンビリ釣りへ行きたいなぁと毎日思いつつ、
頑張っています。

ところでサブサイト(UMA)で以前に参戦していたReadMe!ですが、
久しぶりに界隈はどう変わっているのか見に行ってきました。

数年経つとガラっと様相が変わっていて、
安定したサイトとは?を考える為に絶好の材料でした。

さて、あのメジャーサイトとか、NEWフェイスとかは、
どうなっているかドキドキです。
(ちなみにUMAサイトは50位前後で安定していました)

上位ランキング(更新対応へ直リンが出来なくなってる?)

おお〜上位陣がブログばかり。現実ですねー。
しかも、アクセスが底上げされていて
100位で6000ユニークアクセス必要ですか!!!

あと、やはり消えて行ったメジャー所が多かったです。

なんてこったい。

あのスーパーサイトも、他の有名所も300位以降になってるし。

相互リンク先が結構上位でとどまっていますので、
何となく良かったと少しだけホッとしました。

ブログは広まり始めてから1年半しか経っていませんが、
一世を風靡したアキバブログが既に他のブログに抜かれてるし、
更新を続けなければ落ちてしまうという宿命により、
競争が激しそうですね。

ブログをしようという方は、サイト内記事でも何回か書きましたが、
気合を入れて覚悟して頑張って下さい。

もっとも当サイトも2000年前後はReadMe!に参戦して
上位70位ぐらいまでだったかな、確か行っていましたが、
(当時はサブサイトよりもダントツでアクセスが多かった)
今では少なくなり、安定してブックマークが多い形に落ちついています。

UMAサイトにかなり水をあけられていますが、
読んでくださるのは昔からの常連の方々ばかりという感じです(感謝!!!)

UMAや時計サイトといったウンチク系と違い、
IT絡みはノウハウも古くなりますから上下動が激しいのは仕方が無いかも。

ところで…

ReadMe!は削除や変更が出来なくなっていますので登録はご注意下さい。
(サブサイトは引越したため=変更出来ず=止めましたので)

IPカウント式の第2のReadMe!が出来る事を期待しています。



表紙へ