(日本で成功例が少ない訳)
日本でネット通販が遅れている理由

1月6日施行のIT革命の格子のIT基本法。
それの看板は電子政府・金融革命・コンテンツ充実・ベンチャー支援・繋ぎっぱなし
…です。もっとも重要なのはコンテンツ。

インパクもその政策の一環として始まりました。
ネット先進国に肩を並べるのを2002年に実現するという気合入りの日本政府です。


#日本はアニメやゲームを始め、世界の評価は高いです。ネットも
”遅れている”とそう言われるほど低いのでしょうか。


よくアメリカでは国土が広いからネット通販が成功した、
ヨーロッパでも統合が進んだから通販が成功したという
話を時々耳にします。

ほんと?

実はデータを「はじめにお読みください(メインテキスト)」で
書いていますが、アメリカでも黒字は35%(通販以外も含む)。

日本では分析機関によりますが30〜39%が黒字だそうです。

同じようなものです。

ネットが日本が遅れているというのは国民への浸透率が
低いからだけであり、実際に運営しているネット参加者の
成功の比率はアメリカと同等、それ以上の数字を残しています。

ただ、日本で先にネットに入った人は最新技術に興味があったり
操作ができる精鋭と思えば、成功%は高くなっていなければ
いけないのかもしれません。

私は仕入れを海外に依存していますので友人もたくさんいます。
いろいろと聞きましても、やっぱりしっかりとメールでコミュニケーションの
取れる方が成功しているようです。やっぱり成功・失敗の分岐点は
同じ理由ですね。

結論は日本は純粋にネットに遅れているわけではない、ネットの
浸透が国民に広がっていないだけだ…と言えます。

今年のインパクは国民へ浸透させるのが目的でもあります。
パソコンの値段は充分下がりました。

通信費も今後は安くなるでしょう。

後は…コンピューターを買ったら簡単にアクセス出来てホームページが
出来るようになればOKですね。まだFTPアカウントやIPなどの
面倒な設定が要りますし、NTT工事のようにパソコン販売店は
やってくれません。(その人件費を省いて安くなっているわけですし…)

ネットに参加している人で比べたら、諸外国に比べて
遅れているということは特にないと思います。

そしてネットが広く日本で浸透すれば逆に優秀じゃないかと再確認できる
様な気もします。

現在は雑誌や新聞と違って持ち運びが出来ないので住み分けが出来ています。
それを一歩進ませて従来のマスコミが怖いと思っているこのポイントがあれば
大きく注目を浴びます。
個人的にもなんらかの成功例が出て欲しいと思っています。


戻る            独立開業アレコレ