記事、古いです…。
なんと、googleが日本上陸した時の…。グーグルをゴーグルと読んでも良かった時代

現役店長の成功・失敗秘話

成功された方の寄稿のご紹介です。

ただ、サイバー研究報告でも30〜35%しか黒字でないネットショップにあって
成功している人がわざわざノウハウを語ってくれるのを期待していたら
まったく寄稿はありません。感謝感謝。

ゴーグルやオーデーンのリンク元による検索サイトへ上位で取り上げられる方法!

寄稿者ご紹介

水産修士学位を持っておられるのに、その道ではなく
(株)青春時代の常務取締役として活躍中の平山さん。

この相談所が懐中野郎だけの読者から一般へ広げたもっとも最初の常連さまです。
サイトの運営方針は成功本等をマスターした上で「う〜む」と壁にあたられて
もがかれて(ウソ)いらっしゃいました。

いえいえ、本当はあまりそういう手段に頼られなかったおかげで、
顧客主義が明確にサイトの表へ出てかなりのハイペースな
アクセスアップを実現されました。

新宿駅からちょっと歩くとお店にいけますので、是非ご訪問して雑談でもどうぞです。
さくさん
平山です。


全力で突っ走りすぎましたねぇ
ゆっくり養生してください。

実は自分も、2月なかばから3月はじめまで、
風邪ひいてました。
(今年はインフルエンザが流行らなかったのに、
何故自分だけ......と悲しくなりました。)
毎日、つらい所を押しきって、
なんとか、メールの返事とサイトの更新を続けました。
(そのぶん、プロモーションができなくなりましたけど)
今は、ほぼ回復しています。


でも、ですね、”ゆっくりする時間”............これは、
いい発想をするのに重要ですよ。


あ、それから、実は”特選出口”は、
偶然見つけたものではないんです。
”リンクされ度チェック”の過程で、見つけたものなんです。(笑)

アクセス解析じゃないですよ。
”goo”と”インフォシーク”でできます。
検索エンジンのオプションを利用したアレです。
そのサイトが、どこからリンクされているのか、調べるには、
もってこいの手法です。

サイトの”実力”の一端を外側から見れますし、
運営者の姿勢の一端まで見抜けます。(笑)
(いろいろ、応用が利きますよぉ!)

本来、引越ししたサイトが、リンク切れを探すためにあるわけですが....。

いろいろなサイトから、リンクをされているというのは、
当然人気があるわけです。

事実、”グーグル”や”オーディーン”などの、
ロボット型エンジンは、リンクを多くされているサイトが、
上位に来るような仕掛になってます。

#これからは、このようなエンジンが主流になる思います。

オンラインショップに当てはめると、誠実で真摯な運営をしていれば、
時間をかければ、リンクされる可能性が高くなり、
リンクされ係数が上がります。

でも、始めたばっかりの人はどうするのか?
これはもう、ドンドン相互リンクしたりするしかない?
いや、裏技もあります。
ホームページバトラーです。

バトラーリンクで、400箇所のバトラー全部で戦い、
リンク(足跡)を残します。ははは...むちゃくちゃなやりかただぁ。
これで、リンクされ度係数は上がり、、”ゴーグル”や”オーディーン”で、
上位にくるのは間違いないでしょう。(爆笑)

その後、掲示板にて…。
どうやら効果があったそうです!これは使えますね!!
(さくだいおう)



なんていう、無駄話はさておき。
”リンクされ度係数”、ちょっとだけ皆さんの数を調べてみました。

私:34件
#う、もっと頑張らねば。
さくさん(懐中):50件
#うーーん、さすがに多いですねぇ。
naoさん:33件
#私といい勝負だぁ(笑)
ねじやさん:130件
#す、凄すぎ................!!!



つまらない話を長々とスイマセン。
ゆっくり、本でも読んで、養生してください。

桜が散るころにはきっと...................。

はい。ありがとうございます。
復帰後にはまた暴れますので、よろしくお付き合いのほどお願い申し上げます。
あ、そうそうです!遅くなりましたが私もミニスカ&ブーツの女性は大好きです。


読者さんへ

ネットの特性であるリンクの集まりという意味から、検索サイトとしてリンク元の多さを
資料として上位に上げる形が出てきたのも当然の感じですネ。

今までこれが難しかったのは検索式の”複雑さ”だそうです。
相互リンクでも多くのサイトをリンクしている”元”ばかりでは
上位にも行かない工夫がされています。

(ようするに、いいサイトばかりを集めたサイトからのリンクが多ければ多いほど
上位になるという工夫がされています。)

今回のパターンを採用する検索サイトは今後も増えていくと考えれますが、
問題は今まで宣伝ばかりで相互リンクを断っていた、
アクセスをお金で稼いでいたネットショップや個人の巨大サイトは
この検索サイト達からは上位に表示されず、読者(購買層)が来ないということです。

いままで断っていた相互リンクを、今更になって集めようという、
調子のいいサイトさんが増えてきているようです。

相互リンクはあれだけ以前から大切だって言っていたのに…


私とのメールのやり取り中のものから流用させて頂きました。

絵画美術品販売さん

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
社長のお話


アクセス自体は今年5月に3000/日を突破
してから、伸びは止まっているため、更なるアクセス向上の
為に試行錯誤しているところです。その効果を
効率よくするためには分析が必要かと思っております。
そこでアクセスの分析をしてみました。

20%ほどは業者が仕事の為に毎日弊社の在庫を
確認したり、相場を調べるために見ていると思われます。

そして同じく20%は一般のリピーターかと思います。
(お買い上げいただいたお客様の中には年間200回も
見ている猛者もいました。)

10%程度が検索エンジンでそれ以外が広告、モールか
ら来る人かと思われます。

広告のお客様は直接来るため、ログに現れないので、実際
お買いになったお客様にどちらで弊社を知られましたかと
聞いてその割合で判断しております。

モールに関しては有料モールはとりあえずかなりの数の
モールに参加して半年程度ログを取ってみてアクセスが
少ない場合は順次止めていって、現在では数社のみです。

月の宣伝費はXX万円です。



読者さんへ

3000アクセスですぐにスゴイ!とならないようにしてください。
話されている通り、XX万円の宣伝をかけているからなのです。
宣伝を効率よくかけるという部分での努力が今後のテーマのひとつですね。
読者さんがサイトは完成したがアクセスが無い…ということで苦しまれているのならば
バナー宣伝をするのが現実アクセス数は出来ます。(1000〜2000は出来ます。)

ただし、手当たり次第お金を投入するのではなく、本当に有効なお金の
使い方をマスターしましょう。来てくれた人がブックマークをしてくれるように
サイトを充実させ、宣伝の効率化を図らなければいつまでたってもダメです。

宣伝を止めると閑古鳥がまた鳴いてしまいますから。

この記事の古さ…。まぁ、許してください。



戻る      表紙へ      次へ