一般のサイト評価サービスも試そう!

サイト運営を始めたら…の注意点

プリントアウト率一番の作者発、超定番となったサイト運営の進め方です。

古く、当然みたいなことが書いてありますが、当時は画期的でした。
アングラやアダルトサイト以外はリンク集を作るしか手が無かったんですからねぇ。
ゆえに、ほとんどのサイトがアングラネタやアダルトネタばかりでした。

書籍に掲載されるのが1番効果があったという恐ろしい時代に書いた記事です。
⇒追記が一杯出ていますが「昔はこんなレベルだったんだぁ」と懐かしんでください。
いまでこそ有名サイトの管理人さん達から、メールで感想をたくさん頂いたのもココ!!!


サイト運営を始めると勘違いするんだよね…デザインなどの構築とビジネスを。

売上アップのやり方をお話します。
一般の個人サイトの方は、売上=読者反応と考えてください。

まず、なにが一番売上に重要なのかということを考えます。
アクセスアップも大切かもしれませんが、
売り上げてなんぼの世界ということを再認識しましょう。

1年でアクセス1万だっていいじゃないですか。

1万アクセスの半分の人が買ってくれたら充分です。
アクセスアップより、常連さんやお客さんへのフォローに心血を注ぎましょう!
(100円ショップでは最優先はアクセスですが…)

ネットショップのサイトを貴方は立ち上げました。
さて、ほっておけば一年に1000〜2000アクセスしかありません。
(その内80%は貴方のクリック!サブ過ぎ!!)

どんなに綺麗なデザインのいいサイトにしたって多分90%は
上の結果になると思います。どうしましょう!?

▲1年に1000〜2000アクセスという表現で時代を感じてください。
今では大きくなったグーグルが自動ロボットで検索に反映させますので
1年に1000とか2000はありえないでしょうね。


タブーをしていないかチェック:リンク紹介サイトは必要あれば追加。

趣味サイトなら許されるかもしれない事でもショップならダメです。
また、「趣味サイトだけど大手サイトになりたい!」という方なら、
なるべくショップレベルの配慮をするべきです。

やってはいけないホームページの掟:まずは、このサイトさんでチェックしましょう。

1時間で作るホームページ:あれこれ考えずにまずは作ってみよう。又は、王道に。

訪問者に優しいWebサイト作り:ユーザビリティのチェックを。見やすい、見難いは重要。

1、扱うアイテムのファンサイトへ買いやすいかをサイト評価してもらいます
遊びに行きます。挨拶がてらですから、これが一番最初です。
ファンサイト以外は関係ないです。

そして、その中でサイトが流行っている所、流行っていない所を比較して研究します。
どんなアプローチ、解説文、コンテンツで人気度が違うのか…ネット独特の。

差が分かる…というのは難しいですが、イチ読者として巡回しまくってみましょう。
それが何となく分かってから掲示板で交流します(ネットマナーを守って)。

ただし、低レベルで遊びに行くとアウチ!

自分の作ったサイトが平均以上かどうかを見直しましょう。
心構えなんかも本当にシッカリ学んでから行動に移さないといけません。

▲多少危険ですから”遊びに行く”は飛ばしてくださって結構です。
(自分のことしか考えない痛いショップのレッテルを貼られたらアウトです)

▲これを最初に書いた1999年はまだネット上にサイトが少なく、
ライバル業者といっても同じ商品を扱っている仲間という意識がありました。
評価をし合ったりも出来ていたのですが現在では嫌われます。

--------------------------------------------------------------

2、ヤフー検索で有名なファンサイト(アクセス上位サイト)に相互リンクを申し込みます。
1番の時に調べているから簡単ダネ!!!

▲殆ど断られるかスルーか…です。それが現実。その厳しさを味わうのが重要です。
これを経験するのは最初の方が良いです。必須です。

▲その後、グーグルという検索サイトが日本に上陸しました。アメリカでは絶大みたい。
こちらは今の所スルーしていても良いみたいです。⇒その後、力を持ちました(笑)

ファンサイト以外はある程度のレベルになってからの方が良いですが
あまりにも相互リンクが少なかった場合は、イロイロな所でやってみてください。

サイト内記事相互リンクの結び方は何回も読んでください。必須です。
自分より格上のサイトさんへお願いするわけですから、マルチ申し込みは論外、
1件1件サイトの感想などを添えて丁重なメールでお願いします。

大きなサイトが相手ですと本当に難しいです。
私のサイト規模と同じぐらいのサイトさんで、ほぼ100%相互リンクは募集していません。
(ウチが特殊なケースと考えてください。マジメに…)

▲管理人の感覚を述べている、ひとつ好いサイトをご紹介。

はるのネット一人旅さん
是非読まれておかれることをオススメ。

--------------------------------------------------------------

3、ヤフー登録を申請・申し込みます。

多分10回はかかると思いますので根性で頑張りましょう。
合格率は10%も無いようです。

Yahoo登録によるアクセス向上大作戦
苦しんで相談を求める人が多いですね。

▲勉強した方は登録率が上がっています。

▲全体のサイト数が増えた為、合格率は凄く厳しくなりました。5%以下かな。

--------------------------------------------------------------

4、サイト評価専門の上位サイトにサイト評価をお願いしましょう。

掲示板で評価をしてくれるところも多いです。

必ずそれなりの実績を持つ方の評価にするのがポイントです。
具体的なアドバイスをどんどん取り入れましょう。

「個性が出ていません」とか抽象的なアドバイスをされた場合は
最初は「個性ってどういうふう?」って混乱します。

まずは「そ、そんな」とか「嬉しい」とか一喜一憂はされないように。

▲評価する人が、どんな人なのか?は重要です。
ちゃんとサイトで実績があるのか、運営は長いのか(←特に重要)。
ある程度実績のある人は抽象的ではなく具体的アドバイスです。

--------------------------------------------------------------

5、一発太郎で検索サイトたちに登録しよう。

一発太郎が何処にあるかぐらいは自分で調べましょう。
その貴方の手段の流れが自分のサイトへの一般のメインの流れです。

尚、登録メールチェックとかセキュリティの基本的な作業が有りますから、
その程度を経験するにもオススメです。

といいつつ聞かれることが多いので、ご紹介!一発太郎
▲Yahoo!のデレクトリーや本でサイトを調べる時代でした…。

--------------------------------------------------------------

6、メールは顧客の5倍詳しくが基本!!

実はロレックスのネットショップさんに注文したことがありました。
結構販売していたようですけど、メールが私の5分の1でした。

おいおい、どっちが顧客なんだよ!って思いましたが、
そのショップはそれから1年後イマイチの売上&アクセス数になってしまっているようです。

安さだけで勝負したりのところでは経営は厳しくなるのは当然です。
ある程度の価格で販売する為には、それなりにお客さんが得する情報などを
Giveしなくてはいけないです。

▲これも難しい!!!簡単に出来れば誰もが成功者。

--------------------------------------------------------------

7、アフィリエイトをやる


サイト評価サイトについて

商用お断り…の場合は”店長の日記”など、無料コンテンツの部分をお願いしましょう。
サイトというものはホンのチョットの表現で差が出るものですから、
日記だけでも(一部分だけでも)評価してもらっても、充分あなたの糧となります。

サイト評価については、サービスを停止したりするケースが多いです。
理由は手間が大変かかること。

ボランティアなのにもかかわらず「そんな評価なの?フシアナじゃん」と言われるケースもあり
やる気が萎えてしまう事が多いから…のようです。


以上です。簡単でしょ!!

では、その他ではなにが有効でしょうか?



戻る      表紙       次へ