”可愛い女の子”「おまえは死ね」という鬼畜大人たちX作者ネット・バトル編
自殺へ追い込んだ側の後悔は半端ではないが、反省はすぐに消えた

結果、警察署で彼らに殴りかかった作者がいる。彼らのような人間はウヨウヨいる。

サイトバトルその11:自殺した女子、中学3年生の悲しみ

全国ニュースで少し出たので、事件を知ってる人も多いかもしれません。
それゆえ、ずばり分からないように、表現に配慮しながら紹介します。
彼女から最初の連絡が来たのは夏でした。携帯からのメールで普通の応援メールでした。

中学の3年生、青春の苦しさや学問のことに悩み、部活仲間の人間関係も順調な活発な普通の娘。
彼女はUMAサイトの更新を楽しみにして、自宅へ帰ると真っ先にネットにつないで確認していたそうです。

家計を助けるため、学校から許可を得てバイトで飲食店(魚介類系が多い定食・和食店)で働き、
食材として仕入れられた魚の名前や、ヒレなどの違い、特に丸石コロン・ネタは役立ったようで、
「私、賢くなったみたいです(絵文字)」と、バイト先のことを何回か知らせてくれました。

↓左が人間、右が魚の目。私の汚いサイト向け画。

<丸石コロン>

水中に適したもの、陸上に適したもの、
各生物は環境に合わせてます。

魚のレンズって、
丸々の白いヤツです。
右側

料理の際に気を付けて
探してみましょう。特に煮魚。

そう、硬くて丸いアレですね。

食べてみたら硬くて噛めない。
何だろうと思ったら白くて丸いボール。

そう、ソレです。彼女に威張ろう。

UMAサイト内には、彼女からのメールの一つだったかを選抜して掲載していますが、
どこにあるのか、サイト内検索がサービス停止になった直後なので探せれませんでした。
普段ブルー気味の私ですら明るくなるものを選んだ記憶があります。

そこの店主が釣り好きだったため、お客さん用の本棚には釣り雑誌も多く(私の連載誌もあり)、
私からのメールのレスがなくても、連絡を送れるというだけで嬉しかったと、
「アマゴとヤマメの違いをお客さんに言っても信用してくれなかったですぅ(絵文字)」とか、
ファン心理みたいに報告を繰り返してくれました。短いメールが1日毎に届いたでしょうか。

イヤだったと書いてきたのもあり、夜の訪問者で2ページ目を開けて大嫌いなアレが!!!
そういえば、サイトのBBSにも「ぎぇ〜予告してくれ〜」みたいな叫びが何件か入ってたっけ。
一方、私のメールのレスは基本的に数ヶ月開きもありますから、悪かったと思う。
仕事のメールですら私から返事がないと不安になるぐらいですからね。いや、今が最速です。

そんな無邪気な彼女でしたが、秋に入るかどうかの頃、近所で「オフ会があった」と写真付きメール。
20代の若者が中心のグループで、何のオフ会か言わなかったけど、男女が半々のものでした。

「これが私です」という写真もあり、「へぇ、初めて見たけど、可愛い娘だったんだな」と思いました。
ショート・カットで目が大きくパチクリ、笑顔が非常に可愛い感じで、アイドルっぽい雰囲気、
モーニング娘。に入っていたら、純粋な(清純な)レベルでもバッチリな容姿でした。

←こんな感じ。そっくりです。

モテるだろうと思った。それゆえ、
私のアドバイスが間違ってたと
非常に悔やむこととなる。

まぁ、残念ながら私は生物系の専門家、医学畑も長いし、容姿はあんまり関係ないんだよね。
白いスカートと白いブラウス。ぽっちゃりが好きなフトメスキーですと公言しているので矛盾ですが。

メール文の内容から性格が可愛いので「性格の方が(将来にかけて)ずっと重要なんだよ」
などと返事をして「ぶ〜〜っ」て怒ってきたのが印象的でした。

その当時、大学講師もしていたので、周りに当然のごとく教授などのオジサンが多く、
見た目も年齢も一番若かった私は、正直、女子大生が怖かった。まだニュースに出たくない。
一晩の快楽を、お互いが楽しむのならOKだけどね、フフフ…(阿呆)。

しかし、隠してるサイトを探し出して顔写真を見つけると「X年前なのに全然変わってないですね」
…とかメールで来るので、極力避けていたほどでした。しかし、中学3年生だともっと危ないです。

気をつけねば(おいおい)。

心が重要、優しい心を持ち続けるように、などとしたせいなのか、
彼女はオフ会で知り合った人々に、同じ優しさで接したようです。
「私は人見知りする方なので苦手です、でも、アドバイス通り頑張ります♪」というメールがあった。

寒くなってきた頃、コートを開けて「飛び込んで来い」という男性の胸に飛び込んだ話、
抱きしめられる前に逃げる話(なんという恐ろしい遊びだ!!!)、皆から可愛がられて嬉しい話、
その内の一人から告白された話、更に別の男性から告白されて困ってる話。

20代の男性ばかりだから、中学生相手に仕方が無いなぁと思いつつ、ネットからの発展だし、
彼女には「直ぐに電話をかけてきたりの男性は気をつけよう」とだけアドバイスした。

ところが…その後、何件かメールが来て、プツンと来なくなりました。
私の立場では、他のメールをこなす分量も多いので、いつしか忘れていました。
リアル仕事の多忙で、ネットからも多々離れる機会が続出し、時が流れても変化を感じない、
私の本領発揮の時期が到来し、彼女の相談が来る時まで全く記憶から抜けていました。

20代を中心にしたグループの中で、中学生が含まれているという危険に気付かなかった私。
そのオフ会が、無邪気に優しさ(=正確には男に誤解させる)を行動で表す彼女を
死を選択するほど悩ませるスタートになるとは、思いもよりませんでした。

彼女からの依頼メールは、ITサイト掲示板は必要か?のケンカ時のリアル言葉と違って、
書き込みの場合はいつまでも頭をグルグル巡るを読んだ上での相談との事でした。
まずは質問などの前にサイトで関連事項を読むこと、いい心がけです。
あれも私の古い記事だけど、今の私より上手くまとまってるんだよね。う〜む。

只、私にとってはタイミングが悪く、出張続きだった佳境の状況、ゆっくり調査・対処するどころか、
サイト表紙に「現在、多忙につきサイト運営休み中です。メールは避けてくださいね。」の案内。
当サイトに時々お見えになる読者さんでも一度や二度、見たことがある休止宣言中でした。

彼女からは「深刻なんですけど、お邪魔してはいけないですよね、ゴメンナサイ、ばかっ(絵文字)」
困っているけど明るく振舞ったのを気づかず、彼氏と喧嘩でもしたか、また告白された事件か、
彼氏っていたっけ、実際はいなかったそうだけど、まぁ、そんな程度だろうと考えた確かにバカ。

”想いをよせている男性がいた”との話を、ご両親から聞いたのも、ずっと後の話。

とりあえず、どんな相談なのか、困ってる理由を書いてメールで放り込んでおいてくれとレスする。
どんな親友だろうと親だろうと、同じ扱いになってしまう宿命のコースです。

まったく、中学3年生なのだから、年上の私、しかも中学理科の先生、高校理科の先生を超え、
大学の先生だぞ!!!
「ばかっ(絵文字)」はないだろう、このスカポンタンが!!!と怒るも、
妙にそれが笑えるから許す。

そういえば、後になってこのパターンを使ったことがあります。(←下部の絵の上)

中学2年生の(今は3年生だね)ボルボックスさんがイラストを描いて贈ってくれた時、
つい今はもういない彼女を思い出して、理科の先生〜と同じフレーズを使ってしまったのです。
ボルボックス君、ゴメン。許して欲しい。ボクが担任なら、理科は全て満点にしてあげる。

彼女の過去のメールから、会っていなくとも限界までガンバル性格が読み取れた。
バイトも一生懸命でお客さんたちの評判もよく、店主からお客さんが増えてボーナスを貰った
たいへん嬉しそうなメールもあった。部活や学校も休まずに皆勤賞、かなり成績は良かったそう。

勉強が出来ることと、女性の賢さは違うとよく言われる。
しかし、バイトでボーナスを貰うほどとは、たいした働きだったろうと想像した。
女性としても賢く成長出来ただろうと思う。

私のアドバイスが「人に優しくすること」。確かに大切なことだが、彼女にはまだ早すぎた。
たくさんの男性に優しく接すれば、時に勘違いする男性を生むからだ、悔やむ。

葬儀の際に、その店主がずっと泣いているのを前にして、バイトでの様子を延々と聞いていた。
「彼女がボーナスを貰って大変喜んでいたようですね」と話すと、おじさんの涙は滝になった。
私の家からかなり離れた場所だったので、その葬儀が彼女との「初めまして」だった。

今回、こうやって秘密だった件を公開するのは、当然、バトルが軟着陸しなければ、
「もういいだろう」と考え、サイト閉鎖(全削除も含め)を覚悟しているからでもあります。
騒動が始まる前、更新履歴でいよいよサイト作成・運営がキツイなと度々触れているので、
バトル時だから言う”よくあるハッタリ”ではなく真剣モードです。探してる”本丸”によります。

ほんと、サイト作成・運営の10年は長い。個人では長すぎで、当時サイトを作っていた仲間も、
今は日本全体ですら、ほんのわずかしか残っていない。色んな想いを告白するのも悪くない。

話を戻します。

彼女の「ばかっ」相談メールの翌朝、テロ発生で背景の調査のため飛行機上になりました。
困っていた問題を記述したメールは、結果、家に帰ってから初めて見ることとなってしまう。
その時までに約1ヶ月の時が流れていた。

・・・続きは次回VOL.12です。



その10へ戻る←   最初:バトルその1   ⇒VOL.12へ続く



<同管理人の作成サイト>
IT相談所     UMA     時計     サケマス(淡水釣り)     海釣り