少女に対する2ch悪口の物凄さに私怨・嫉妬の混乱に愕然とする私。
過去、多々同じレベルで命を絶った人たちを見てきた。相談も受けて来た。
線引きがなくなり、限度を超えてしまう攻撃側。
私のやる気次第だった2chへの手続例にも触れておきます。

サイトバトルその12:自殺した女子中学生の悲しみ 2

私は間に合うのか?いや間に合え!!!

約1ヶ月ぶりにメールボックスを開けると、いつも通り大量のメールが集まっていた。
1000通オーバーの中から、スパム依頼やエロ宣伝など、件名違いなどをゴミ箱へ放り込んでいく。
慣れた作業中、気になる件名のメールが20通ほど入っていた。「助けて」、「怖い」。
・・・そう、それはお助け相談の彼女からだった。

メールを読み事実を確認した私は、コトの重大さに気づく。
状況は切迫しギリギリ、急いで対処に回ろうとするが…。
約1ヶ月間、苦しみ抜いた少女。容赦なく来る他のリアル仕事。
私の力で彼女を救える可能性が残されているのか?

もう殆ど無かった。

とはいえ、「助けて」、「怖い」、「息が出来ない」、「苦しい」には、放置する方が好い場合があり、
助ける気持ちで手を差し伸べれば、自分まで引きずられてしまい、余計にひどくさせる場合もある。

医療現場のカウンセリングが高度化しても、脳医学が進歩しても、1日100名は自殺している日本。
私の友人♂の実家が尼崎にあるのだが、あのJR尼崎線・列車事故が毎日起きてるレベルなんだ。

慎重に対応を選ばないと、いや、上手く行くようなノウハウがあれば、自殺問題は解決している。
楽に死ねるなら、この世と早くオサラバしたい人は多い。もちろん、私も考えたことはあるし。
(私の場合は自殺よりもテロ中テロ捜査中に撃たれて死ぬのが確率高いだろと同僚は言うけどね)

日赤病院の救急外来で働いている友人は、失敗して運ばれてくる人たちが多すぎる現実を見て、
最初の1〜2年は愚痴を垂れまくっていたが、今はテキパキ後輩に指示したり活躍している。
「どんな方法にせよ、自然死(寿命)以外は決してラクに死ねることはないと思います」というのが、
友人のセリフなので、そのまま紹介しておきます。救急24時みたいな場面は毎日ですから。

絶望の世界…今流行りの(ネット発の)ホームセンター入手混合作成・硫化水素を利用したアレ、
毒ガス作成の手順を示したサイトは話題になる直前に削除されているけど、
知ってるサイト(裏ぽたさん)にリンクを張っていたので、偶然にも私は前に見つけていた。

流行るとやばそうだと思いつつ、実はテキストが軽く、暗くないので正直面白かった。
印象としては、他人へ害を及ぼさないよう密閉して張り紙で「毒ガス注意」みたいにドアに貼れよ、
化学式を示して説明するなど、なかなか学術的でもあったので、自殺を笑い飛ばそうというような、
茶化したネタサイト風だった。笑えたのだけど、今となっては遅いですね。

現在は、化学式やユーモア部分が削られたコピペが出回っているようだけど、
最初のサイト管理人は、ひょっとしたら私のサイトを巡回していたと思える記述もあって、
まさか、今のTV報道状態が「ソコ発」だと思うと、結構、ネットでも世間は狭いと考えてしまう。

さて、長い前置きはやめ、少女の話に戻ろう。

昨年の秋に岡山(だったと思うが)、電車の線路に座り込んだ同じケースの女の子がいた。
その娘は、2chで匿名カモフラージュしたリアル仲間(愛憎理由)の仕業だった。
本名&リアルを知ってるから攻撃は強烈となり、彼女は誰が書いているのか当然分からない。
匿名対実名はケンカにならないので、追い詰められ線路で自殺したのは、やはり1ヶ月後ほどだった。

……どうも、苦痛を耐え抜いた1ヶ月目は危険なようです。

線路でうずくまり、電車が来るのを待つ。どんな想いがあったのだろう。
楽しい想い出で最後を迎えようか、両親への感謝、友人とふざけあったこと、
初めて男の子から告白を受けたこと、または告白したこと。漫画や映画を観て泣いた事。

遊園地へ行ってジェットコースターに乗ったり、観覧車、水族館で腕が触れ合ったこと、
サンタクロースがいないと知った時のこと、最初のプレゼントは誰から?
電車が来て彼女の体を砕くまで、全てを無くすまで、僅かな時間しかなかったはずだ。

私へ相談依頼してきた少女も、岡山の娘と同年齢で(その娘より前の話でしたが)、
1ヶ月目に深刻さを把握したのだから、猶予は全く残っていないと判断して焦った。

SOSメールの内容のメインはこうでした。

・・・・・次へ続く



その11へ戻る   最初:バトルその1     ⇒VOL.13へ続く



<同管理人の作成サイト>
IT相談所     UMA     時計     サケマス(淡水釣り)     海釣り