サイトバトルその13:自殺した女子中学生の悲しみ 3

絶望と希望、そして……

←彼女に似てるイラスト。そっくりだった。パート3です。

メールボックスの大量のメールを整理すると、だいたい300通ぐらいが残った。700通は無駄。
1日10通ぐらい。ちゃんとサイトを読んで送られてくるメールはもっとあるわけだけど、
サイト運営休止中の案内のおかげで少なくて良かった。

当時は1日7万PVアクセス程度だったので、1%で70通という感じだから少なくてOK。
現在のように相互リンクナビ系のオートマ申し込みが多いと、増えるし非常に苦労する。
メールボックスの機能を生かして、彼女のメールを抽出すると約20通となった。残りは後だ。
彼女は1日1通程度の頻度だったが、私が不在と告知しているので異常なメール数ともいえた。

まず、日付順に読んでいく事とする。
私の場合、大量にある時には最後から読むほうが効率良い場合が多いが、相談時は別。

最初のメールで「毎日、男の人が家の周囲にいる」こと、「悪く書かれた掲示板がある」こと、
大まかに二つだった。掲示板のアドレスがあったので、さっそく見に行く。2chの内部だった。
そこには、彼女の容姿についての記述や、性格が如何に悪いかが書き込まれていた。

それは、彼女をリアルで知っている人間が書き込んでいることが判別できミエミエであった。
複数の人格が読み取れるので、何人かカウントしてみると約10人ぐらいと想定した。
内容は極めてひどく、私に向けてであれば「キッツー!!!」とか返すのも不可能な強烈さ。
中学3年生なら、手も足も出ずに逃避に走るはず。目に見えるほど、典型的な侮辱スレだ。

味方らしい書き込みもあったが、純粋に味方というより”痛い味方”を演出する書き込みが殆どで、
これはヤバイと感じた。ヤバイのは彼女の精神状態で、疑心暗鬼に放り込まれ、もがくしかない。

ひとまず、問題のスレを詳細に分析するのは後にして、関連するものを探す。
通常、一スレだけではなく、様々な場所へ転載、ないしマルチポストされるからだ。
その結果、10スレほどの関連スレ、ミクシイにも微妙なものがあることが分かった。

ミクシイ…そういえば、私は1年半ほど放置しているが、もう消されてしまったかもしれない。
彼女のことは書いてなかったと思うけど、少し色々公開出来ないことを書いています。
前半サイトバトルの2chスレで私のミクシイページに触れていた書き込みがあった。
ということは、まだ残ってるのかな。マイミク申請のものだけでもこなす為に後日入ってみよう。

彼女は、ミクシイで日記を書いていて、そのオフ仲間と交流を持っていた。
ミクシイを覗きに行けば、コメントに応援カキコや励ましカキコが目についた。2chスレと対照的だ。
私はそれを追って読んでいくが、もちろん、ミクシイでは味方、2chでは悪口というものに
文章のクセに注意して探しながらだから、かなりの時間が経ってしまった。
彼女は書き込まれたコメントに、丁寧にレスをしているので、それだけを見れば大丈夫そうだった。

多少、ホッとしながら、おおまかなネット状況を把握したのち、メールボックスへと戻り、
彼女のメールをひとつひとつ開けて読んでいく。

かいつまんで前半10通の内容を説明すると、こうなる。

最初のオフ会の後で、現在まで交流が残ったのは8人(彼女を入れて)、男5人、女3人。
知り合ってから気が合ったグループで、何回かリアルで会っていた。
どんなグループだったのかと判明した。どうやらガラス装飾の同好の集いだった。
これはTV報道で公表されなかったものなので初公開な訳だが、語句検索でも当然ヒットしない。
そもそも自殺はローカル・ニュースがメインなので、その痕跡はもうないようだ。

ガラス装触というのは、いわゆる息を吹き込んで「プー」っとガラスを膨らませ、
さまざまな形を自前で作り、色彩の混合に工夫を生かせて、
なかなか面白い工芸の基本をエンジョイするという趣味だ。

私はココでふと思った。ガラス工芸、それと写真のオフ会メンバーがイメージで一致しない。
彼女が送ってきた写真に写っていたのは、どちらかというと、お遊びサークルの若者たち。
そんな工芸を愛するというイメージとは微妙に変。いや、外見で判断してはいけない。
今回だって、私の専門書き込みとUMAサイトのギャップで、同様の反応があったものね。反省。

このガラス細工の趣味は、熱いかまどのせいで、女性の薄着が楽しめるため、
又、先輩が後輩に手取り足取り密着できるので、特に棒の回し方とかだけど、狙い目らしい。
人によってはそんな理由もあるから、まぁ、写真のメンバーもありえそうだと思いつつ、
女性がいなければ、半分は集わない男性が揃っていたと「ふぅ」と溜息が出る。偏見だな、失礼。

メール中、4人の男性からアタックを受けたことが書かれていたのを見て、ヤバイと思った。
彼女を取り巻いていた中の4人は、それぞれがこうなっていた。

「抱きしめられた人」、「強引にホッペにキスされた人」、「ホテルへ連れられそうになった人」、
そして、「毎日家のそばにいる人」。残りの一人はクールな男性で、何もなかったという。

見事に分かりやすい関係だ

会合が終われば「車で送っていくよ」と自転車を後部座席に載せて家まで送ってくれる、
彼女によると「優しいお兄ちゃんたち」だったが、アタック?行為があった後、避けるようにした。
当然、誰かが「オレ、先日彼女にアタックした」と告白すれば、他の男も「オレも」と告白。

20代の男たちが女子中学生にアタックし全て断られたわけで、ムカつく男性陣なわけだ。

それゆえ、2chスレに「ミクシイIDXXXの女は男をとっかえひっかえ、だらしがない」、
「男好きなのでヤレるぞ」、「あいつは便所」などと書き込まれるようになった。

それを見た他の人間がミクシイを見に行き、写真から「可愛いじゃん」とか「人は見かけによらん」、
「かわいくてもヤリマンは人間のクズ」などと広がっていった。「またしても貴重なxxx」とか、
ニュー速+の挨拶も、他板のスレでは素晴らしい感性が光るように見え溢れるから厄介だ。
「中学生なのに、最低30人とやっている」、「援助交際大好き女」など、徐々にエスカレートしていった。

一方、彼女を除く女性二人のうち「ホテルへ連れられそうになった人」と付き合ってる女がいて、
「中学生が色気づいてるんじゃないよ」と絶交状態。スレに参加して書き込んでいることは明白。
もう一人は人間関係の間を取り持ち、「気にしないで」と仲介する立場だったらしい平和主義女性。

中学3年の彼女、19歳の中立女性、23歳の敵対女性、22〜28歳前後の男性5人。
メールにほとんど登場しない無害なクール男性に、彼女は好感を持ってるような気がした。

その後、この直感はハズレて、最悪の悪口を一番多く書いていたのがクール男だった。
ストーカー男は一人ではなく、クール男も加えて二人いたという恐ろしさ、最悪パターンだ。

悪口を書かれている人間が一番ショックを受けるのは、書いている人間が知人であること、
特に普段の仲間や慰めてくれる信頼する人が正体だったと知ることが、一番残酷である。
実は、相談をして仲介役を買って出た19歳の女性も相談の中身を書き込んで茶化していた。

当時、これらの件は彼女は知らなかった。非常に深刻だった。
これらを知ったら、彼女が自殺を選択して行動する。その前に、止めさせなければ。

悪口に対する気持ちの変化を、その都度、簡単にして送っていたのが20通メールだった。
だけど、私を心配させまいと気遣って、所々に「私が悪いにゃん♪」とか、
最後は「へこたれないぞ〜さくだいおうさまに逢うまでは。テヘ☆」等ギャグでしめていた。

できるだけ軽い感じで書いていたけど、多分、涙を流して文を作っていただろう。想像しやすい娘だ。

しかし、約20通のうち、後半に入ると様子が徐々に変わっていった。
文章が乱れ始め、状況を報告するのではなく、お願いの内容ばかりになっていく。
彼女のメールから一部抜粋してみよう。

「早くUMAサイトが更新されないかな〜」

「相談に乗ってくれる人が少ないですけど、さくまさん(私)がいるからいいもん」

「帰ってくるまでの無事を祈っていますね。早く帰ってきて〜(ラブレターではありませんよ)」

「へんな動物を見つけて、絶対にサイトに載っけてもらいたいです」

文が乱れ、希望的な内容が増えるという事は、深刻度が向上している証拠でもある。
これは同時に自殺の兆候でもある。ここを読んでくれている人も思い出して頂きたい。
自殺した人の遺書というのは、文字が大きく下手になり、文が乱れているということを。

だが、バイトや部活、勉強などは変わらなく頑張っているようで、周囲には変化が感じ取れない。
暗い顔をしている時、「大丈夫かい?」とバイト先のおやじさんが聞いても、
すぐに人懐っこい笑顔をして「大丈夫、元気です!」と返していたそうである。
「風邪でもひいたのかもしれないな、家に帰って休養しなさい。」とおやじさん。

また、こんな気になる描写もあった。

「前には無かった”様子がおかしい”時があって、胸に手をやりコブシを握る仕草をしていた
何かを握っているのかなと思って聞くと、ニッコリ笑って”大切なもの”だと言っていた。
”心”なのかと思って、おませなやつだなぁと」。

これらは葬儀の時に涙を流すおやじさんから聞いた事実だった。彼に助けを求めていれば……。
お母さんの話でも同じ内容があり、いつも手伝う食器洗いとかの途中ですら同じ仕草をしていたそう。
聞いた私は、胸でコブシを握るなんて、そんなに怒りや口惜しさが滲み出てたのかと思ったが、
葬儀が終わるころに、その仕草・動作の理由が判明し、悲しみの激流に目頭が熱くなった。

その話は後にして、さて、休み中に貰った最後のメール2通には、これがあった。

「忙しいのに変な相談してごめんなさい。もう乗り切って元気になりました。
お願いがあります。以前に送った掲示板は見ないで下さい。お願いします。ゴメンなさい」

最初の頃と違って、私が酷くなった2chスレを読んで誤解されるのをイヤだと思ったのだろう。
「中学生なのに、最低30人とやっている」などがあったので、気持ちは痛いほど理解できた。

「さくまさんが帰国したら、抱っこして慰めてもらうんだ。絶対に♪゚+.ヾ(´∀`*)ノ 。+.゚」

だから、こういうことを気楽に書くのは止めなさい!!!
こんな感じだったのなら、20代の彼等が本気になったのは致し方ない。同じ男性として同情する。
私の場合は、20代以降であれば通用するんだけどね(大学の女子学生を除き)。いや、すまん。

しかし、こうしている間にも2chスレやミクシイのトラブルが増えていく。

その結果、彼女には耐えられずトラブル以前に戻りたいという、必死な気持ちも伺えた。
私の存在は、どうやら最後の砦、救いのヒーローという位置付けのようだし、
もちろん悪い気はしないが、行動の仕方によっては影響が大きいだけに慎重に考えねばなるまい。

彼女を突っぱねないこと、身近で守っているよとの安心感、「人に優しく」アドバイスの修正、
UMAサイト内にて彼女のメールを選抜掲載、とりあえず安いペンダントを贈る事にしよう。

私は取り急ぎ、帰国したとの連絡メールを口実として、さまざまなことを書いた。

「苦しい胸のうちは理解したよ。大変だったね、1ヶ月の間、力になれずゴメン、
問題のスレは余り見てないから大丈夫、キミは今後、ミクシイも絶対に見ないこと。
相談には乗るから、あとは私に任せてくれ。そうそう、プレゼントがあるよ。期待してね。」

こんな感じの数行の短い文でも「すごく嬉しい大切にするね」とはしゃいでくれたようだ。

高いものでは勘違いを起こさせるので、中学生ということを意識して注意した。
価格にして1,000円ほどのものを楽天を通じて手配し贈ることとしよう。
(住所を知って葬儀に駆けつけれた理由)。

ふと思えば、100万アクセス単位で行ってる切り番プレゼントよりも安かったりするので、
しまった、「君のことを軽く考えているよ」とのミス・メッセージとして受け取られはしまいか、
贈る手配を終えた後で心配し始めた。キャンセルすれば未だ間に合うし、1万円ぐらいに…

いや、それは愛しい特別な想いがなければダメだ。結局、そのまま誤解しないよう祈ることにした。
さて、彼女からレスが来るまでの時間が稼げたはず。次にするのは悪口カキコを止める事だ。

まず最初に、目立つ誹謗中傷の書き込みを抽出し、次に侮辱系の書き込みをピックアップする。
更にミクシイで彼女の仲間のページを巡回し、フラれた逆恨み男の中で文体の似ているもの、
会ったことがある人間しか書けない具体的な容姿の投稿と付き合わせる。

いかん、分量が多すぎる。

一人の作業では限界がある膨大さなので、時間が少ない中ではユックリするわけにはいかない。
ここでどうするか考える。事情を話して協力してくれるスキルのある人に助力を得るか、
警察に任せるか、いや、犯罪的な部分の抽出としては、まだ足りないから動かしにくい。

当然、帰国したからといって出張中の報告資料の作成は大至急せねばならず、
彼女の件以外にも多々すべきことがある。特に帰国後の2週間は地獄の取り組みなのだ。

彼女から「プレゼントが届きました。ステキです。ありがとうございました。」とのレスが来て、
ホッとしたが、ああ、大丈夫なんだぁと思い込むほどニブくはない。妙に丁寧な文になっていた。
なるべく励まそうと私も頑張った。2chスレ、ミクシイでの様子は相変わらず乱れていた。
いろんな作業を進めていた間に、時が流れてしまった。帰国して2週間と少し。

彼女には優先的にメールのやり取りを心がけたけど、それでも頻度は非常に悪かった。
さまざまな事案が来るし、リアル仕事に関わる件も集中していて、睡眠時間を削ってすらこなせない。
彼女は自殺を留まってくれたと思っていたので、いくぶん気は楽だった。これが失敗だった。

早いか遅いか、実はあることに気づかず遅かった。

メールが来ていた。

「明日、会合があるの。メール欲しいなぁ、でも我慢する!仲良くなるためがんばるよ〜(絵文字)」

よしよし。しかし主語を書いて欲しい。意味がとりにくいよ。ボクと仲良くなるって変だし。
それと、ボクは彼氏じゃないんだからさ、甘えはいけないぞ。
結局、その会合というのが終わったらメールしようと思った。夜の8時頃だろう。
ところが、仕事はテキパキとこなしたが遅くなってしまった。そしてメールが入っていた。

「ごめんなさい、つらいです。もうあえない。あいたかったです。」

なんだなんだ、ラブレターか?いや違う。なにがあったというのだ。ヤバイ、これはヤバイ。
メール時刻を見ると深夜1時。会合があってから5時間ぐらい後の時刻を示していた。
急いでメールを送るが返事はない。嫌な予感がした。その時、深夜3時。

・・・・・to be continued...

▲私のリアル仕事のフィールドは、携帯が使えない場所だったりしますので大きなネック、
メールのやり取りをするのはパソコン以外では不可。携帯は10年来持ってない(支給品はPHS)。



その12へ戻る   最初:バトルその1   ⇒VOL.14へ続く



<同管理人の作成サイト>
IT相談所     UMA     時計     サケマス(淡水釣り)     海釣り