サイトバトルその14 2chでの誹謗中傷・侮辱の対応。司法の手順で大きく異なること。

死の予感がするメールが着た、徹夜で対応だ。

←彼女が死へ向かう、止めれるのか。女子中学3年生・編その4

メールボックスを開け、処理前やゴミ箱行きのメールを掻き分けて探す。
当日のメールが、もう1通あった。私はこれを見逃してしまっていた。

「今から会合です。本当はイヤなんです。みんなも来るから、どうすればいいのかな?」

会合=オフ会だったのか!!!見ていれば行かないように言えたのに。
最後のメールから、すでに2時間過ぎている。どうする、中学生の自宅に電話をかけるか?
深夜3時、無理。距離は新幹線のぞみ級。車だと昼には着ける、しかし、遅すぎです。

ここに至って、冷静になる必要がありました。
自分が出来ることは何か、それを導き出すために、状況を把握します。

・ネットだけの交流。
・自殺する(してる)とは限らない。
・自宅には電話がかけられない。
・彼女の携帯は繋がらない。
・深夜というか朝3時。
・距離が車で8時間ほどかかる。

この置かれた状況で最善策を模索します。

・彼女の近所に知り合いはいるか?⇒いない。
・警察へ連絡する⇒他県だしコネもない。
・ミクシイに書き込んでみる。
・サイト表紙でメールくれと呼びかけ更新をする。

あまり良い案が思いつきませんでした。
とりあえず名刺ホルダーを全部取り出してきて、警察関係のチェック。
都道府県の管轄式と縦割りの命令系統は非常に厄介で(良い面もあるが)、
正直、役に立たない。

電話をかければ、当直に繋がっても朝まで待ったら?とかになるに100%。

警察署がダメだと、110番経由で連絡するわけだけど、ネットだけの交流というのと、
どれほどの情報信頼性・信憑性が私にあるのかを説明するだけで朝になってしまうでしょう。

都道府県警察(含む警視庁)がダメなので、その上級組織である警察庁ならどうか?
キャリア組で九州大学の男が成績2位で警察庁へ入っていることを前にポロっと書いたけど、
「久しぶりだな、一発、仕事してくれ」と自宅に電話をかけても寝てるだろうから溜息です。

同様に、私を無料でコキ使う某議会議長に頼んで、親戚の娘とか言って動いてもらうか?
常にSPで守られてるから、そのSPから電話をしてもらえばと思ったのだ。
(SPというのは要人警護担当の警察官のこと、知らない人はいないと思うが念の為)

しかし、そういう時に限って(議長さんは)料亭やらバカ騒ぎで夜更かしをしてないんだよね。
議長が自宅へ戻って寝れば、SPも仕事が終わって解散、家に帰るのでダメである。

つまり、この時の失敗その2は早いうちから警察を巻き込んでいなかった事。
警察官なら彼女の自宅に電話するのも好いでしょうが、了承を得るのは難しく朝を待てだろう。

とはいえ、やってみなければ分からないと、自分の微妙な判断の正しさを信じることにし、
その前にもう一つ、ミクシイに何か情報はないだろうかと見に行って確認せねばなりません。

日記は更新されていないものの、彼女のページに悪口が大量にありました。味方がいない?
特に書き込みの増えた時間を確認すると会合=オフ会の終わった頃から進んでます。
「やはり、何かあったな」と思うというより、確信しました。

それは、7人が全員、2chスレで書いていたのだと暴露した…明らかにそう思った次第。
一番酷いパターンです。7人は「これも人生、色々あるんだから気にしないことだよ」みたいな、
優しいアドバイスに見えながら、暴露後ゆえ優しさのカケラもない書き込みが並んでます。

今まで味方だったフリをしていた7人が全員、敵だったとバラしてしまったのだから大変。
れっきとした大人たちが6人、19歳が1人で、中学生を教え導くのならまだしも、
全員で悪口を言いまくり、攻撃しつづけるとは何事だ、さすがの自分も怒りが爆発した。

私は「貴方たち7人が、これ以上卑劣な手を使うようなら、私が許さない!!!」
(今から思えば痛く)書き込んでしまった。彼等はもう寝てるのだろう、レスはなかったです。

彼女の住所に近い管轄の警察署へかける。友人の警察庁のやつにかける。全部ダメ。
時間帯が悪かったのが最悪だったけど、次の作戦を考えらざるをえませんでした。
ところがその真っ最中、彼女からメールが届きました。

「泣いちゃった、えへへ☆変なメールを送ってしまってゴメンネ(絵文字)」。絵文字復活だ!!!

電話での願い

メールではなく電話をかけてみると、彼女は「おはようございます」と泣きながら出た。
よかった。本当に良かった。これほど直感が外れてラッキーと思ったことはなかった。

私「もうすぐ朝だから、寝ないと顔の肌が悪くなるぞ。ボクといつか会うんだろ?可愛くないと」

彼女「うん。やっと声が聞けた。イメージと違うけど、すごく良い声」グスン、グスンと泣きながら。

私「ライブで聞けるように楽しみにね。それまでは、ボクのサイトで勉強しなきゃね。」

彼女「嬉しいです。嬉しい、ありがとうございます、ありがとう…」泣き続き、声が遠のく。

ここで注意点です。私が女性からの電話番号を知って、すぐに電話することは100%ないです。
メールも本当に送らない(送ることが出来ない仕事ともいう)。それで怒られます。
声が好いというのは確かによく言われるけど、社交辞令もあるでしょうし、よく分かりません。

この会話で「会うまで」を連呼したのは、お気づきの通り目標設定。私でも頑張るものね。
もしも、イレギュラーなことがあっても(7人の検挙とか)、「会うまで」さえあれば乗り切れる、
それを確信していました。連絡が取れて本当に良かったです。

実際に会うのは避けないとね。女子中学生に悪戯!!!
TVニュースに出ちまった場合には、読者さん大喜びですが。(精魂ギャグで明るく)

さて、まだすることが残っています。ミクシイ内の彼女ページ削除です。
コメントを消したところで、「長時間、張り付いて削除作業、おつかれさま」などと言われるから、
とにかく見られなくする、色々な角度で検討した結果、これが最善と判断しました。

パスワードを聞けば良かったけど、最後に彼女が見たくなるかもしれないので避けました。
ミクシイ管理へ事情を付記してメール連絡します。営業時間になったら電話を重ねてしてみよう。

2chスレの方は、たった7人の仕業なのに乗せられて書き込む人間の多いこと(仕方ないが)。
もちろん、ちゃんとミクシイの日記を読んで分析し「あの子って、そんなに性格が悪いとは思えん」、
カチンときた7人側は「いや、地元ではメチャメチャ悪いと評判だぞ」とかレスを返す繰り返し。
彼女に近い書き込みの場合、知らない第三者は反論できない。完全な包囲網。

明るくなりつつあるその時間帯、他のことは置いておいて、少し寝ようと仮眠をとります……。

……目が覚めるまでに何時間経ったか記憶にないですが、
気になっていた2chスレを見に行くと、変な光景がありました。
さくだいおう(私)が話題になってるのです。原因は、ミクシイへの書き込みで
「許さん!!!」とした私のアレ。そこから7人の反撃「怒りやすいオモチャ」指定へ。

2chへもコピペ引越しという流れです。前半の団体さんバージョン同様、どんなサイトであろうと、
「なんだオナニー・サイトが偉そうに」という表現が多用されれば、そのイメージが定着してしまう。

まったく、使われやすい言葉が氾濫してるなぁ。

「私の気も知らずに、いい気なもんだな」と思った瞬間、ハタと気づきました。メリットありです。
私への注目であれば、彼女の負担が軽減でき、こちらからも色々出来ます。逆転の発想。

今なら分かるのですが、ミクシイの管理が対応する遅さは天下一品ですから、この展開は自然。
初期は、誠意ある管理部門と安全性が持てはやされたようだけど、
それはリクエスト対応が早いと考えていたからで、のちに「他と変わらないじゃん」評価に落ち着く。

そして、2chで晒されている”さくだいおう”。貼られるのは慣れてはいるが、
参考サイトとしてが多いし、今回は少し違う個人攻撃。ではどうするか?

私の余計な正義感が…悲劇のキッカケ。衝撃

恋愛感情はない、カップルでもない、誤解しないで欲しいのは彼女が特別ではないことです。
ITサイトで過去相談を受けた人へは、男女隔てず、全てが同じ手間をかけた対応を心がけています。
ただ、サイトに保管されているのは、サイト作成などのアドバイス部門だけで、
当然、助けてコースは表にも内部にも保存していません。プライベート情報が含まれてしまいますから。

相談受付を終了してから何年も経ち、今は時々、何かを感じた場合のみ引き受ける程度ですが、
彼女のはUMAサイトが大好き、その性格のノリ、明るさ、よく読んでいた姿勢など、
誹謗中傷や侮辱で潰されてしまうのは、あまりにもむごい、従って、引き受けました。

妹みたいで可愛いという気持ちは正直ありましたが、出来るだけ紳士的に接しました。
しかし、結果を考えると、これほど口惜しく、後悔し、残念な結果になるとは。
今回、封印していたメールをサラっと見直したことに加え、思い出したが為に非常にツライ。
私が帰国してから約3週間後に彼女は死にました。時系列での最後は上に書いてた電話の後です。

(再掲)彼女「嬉しいです。嬉しい、ありがとうございます、ありがとう…」泣き続き、声が遠のく。

この後、私は「会うまで」は大丈夫と判断し、しかも2chスレからは私への攻撃で彼女は負担軽減、
ゆっくりかけて作業をすれば、好い状況になるはずだと勝手に思っていました。
普通の状況伺いメールを出しましたが、なかなか返事が返ってきません。まだ寝てるかもと解釈。

とりあえず、この件を早く片付けなければ他の作業が全く進みませんから、
閲覧数の多い2chを先に、ミクシイ・彼女ページを後回しにして、
各スレに「モニターする宣言」と「2chは匿名ではない」、「法律関係」の私のアドレスを
”さくだいおう”名で書き込んでいきました。

2chでも冷静な人が「なんであいつ(私)が怒ってるんだろう?」という疑問で一人、二人と、
変化が起きればいいという希望を込めていました。そして、気になる発見。
「さくだいおうさんを悪く言わないでお願いします」の書き込みが至るところに。

まずい!!!

ミクシイへ行くと、日記が更新され、その一文もあった。彼女だ。私が寝ている間の時間帯です。
日記が更新されれば、待っていた私怨君たちが「まだ生きてるの?早く死ねば」とか
「死なないと腐った性格は治らないよ」などの書き込みをします。

最悪が復活してしまいました。

そして極め付きの書き込みを見つけます。レスの繋がる「死ね」コールの暴言の合間に、それがあった
「彼女、死んだよ」という短いもの。「死んだ?そうか、せいせいした」などのレスも入ってる。
「TV報道でやってたよ」、「これでバカも治る」、「不謹慎だな」の書き込みもあり、乱れ増える書き込み。
最初は”祭りあおりだろう”と思った面々も、次第に真剣な雰囲気を感じ取っていく。

私にも電撃が走った。「ウソだろ、数時間前に電話で話したばかりじゃないか。」

衝撃後、画面がフリーズしたのと同様に、体がフリーズして1〜2時間動かせませんでした。
頭は真っ白で、何も考えられませんでした。マウスを動かす腕も途中で止まったままです。

流していたTVに何時のニュースか覚えてないけど、自殺ニュースが本名で流れました。
私が見たのは、顔写真無しの短いスポット。ワイドショーは知りませんが、1回だけでした。

認識するまで数時間、やっと頭が動き始め、こんなショックは久しぶりだなと自分で軽くつぶやく、
でも、直ぐにブルーが入ります。彼女は、どうして死を選んだのだろう?
どうしても最初は分かりませんでしたが、私が2ch登場、ミクシイ登場で悪口を言われてるのが
背中押しをしたと思え、バカさ加減に気がついてガクゼンとしました。

「そ、そんな…お、私が……」

自殺したのが事実と分かり、私も相当な放心だったけど、あの7人も想像を絶する罪悪感が出た。
食欲が無くなるのは当然のこと、強がろうとしてもすぐにへたれ、世界の色が変わったかのごとく、
何事もスムーズに出来ない。ネットには接続できなくて、パソコンなどを処分したと聞いた。

私は病院に勤めている間、たくさんの死を見てきました。親族たちの悲哀。
引潮、干潮の時に死を迎えやすいと、潮汐表を持ってくる家族までいたりして、様々な人間模様。

しかし、彼等7人は立ち直れるかどうか微妙に思えた。

書き込みは、読んだ者、書いた者、全ての頭に刻み付けられ残ってしまう。
言葉で発するように消えてしまうものと一線を画す。中には全く感じない人もいる。
それに比べれば、彼等が立ち直るのは、時間が解決してくれるかもしれないが。

私は彼等7人の実名をあげ、サイト表紙で追い込んでやりたい気持ちになった。
ショックを受け、反省して落ち込むのは当然で、目には目を、気がすまない。怒りで震えた。

彼女を誤解していた、号泣さくだいおう

最初、私はどちらかというと、彼女にも原因があるのでは?と考えていました。
モテる・可愛い・勉強が出来るの3つが揃えば、多少自惚れが芽生え、
八方美人の行動を起こしますよね。彼氏であれば、そんな恋人はヒヤヒヤものです。

好かれていると勘違いした男性が告白し、まったく好意が無かったと知れば、
なんて残酷なんだと思うのは自然です。
彼女の可愛いメールは、それ前提で考え読んでしまっていました。
複雑な心境でした。しかし、そのような解釈が全然違ったことが判明します。

初めて会った彼女に、別れを告げなければならない葬儀。

話の出来る時間を見計らって親御さんに挨拶へ伺いました。
当然、娘の死の理由を知りたいと思うでしょうし、日を改めて話をしてもいいという申し出もして、
原因究明の材料はたくさんありますという、恥ずかしながら、協力の為にも必要でした。

大目的は、私にも責任があったこと、力が及ばず救えなかった謝罪です。
彼女が、逆に私を守った…という部分も正直に話そうと思っていました。

名刺を差し出し「佐久間と申します。実は、お嬢さんから相談を受けていました。それで力及ば…」

母親「あ、大学の佐久間先生ですよね、娘がお世話になりました、本当に有難うございました」

私「(あれれ)???」

・・・顔も知ってて、先に気付いていたそうです(サイト内の写真が日記に貼られていた)。
長くなりそうなので、時間を改めて話をする機会を設けました。多くの人が帰った解散のあと。

まず日記が出てきて(ミクシイの日記ではなく)手書きのものを書いていたことが分かった。
親御さんが自殺の原因を理解するため日記を読むと、嬉しそうな文ばかりが残っていて驚いたそう。
会ってもいない私のことを中心に、UMAサイトのこと、相談のこと、出張心配のこと、色々出てきた。

どこから読んでも、本当の親しい気持ちが綴られていた。

その中の一つに、「私を軽い娘と思われるとヤダなー」というのを見つけた。
最初の頃、「私は人見知りする」というメールがあったのを思い出した。そうか…。

その後、軽めの話で「抱きしめられる前に逃げる」などがあったけど、ボクが嫉妬しないので悔しい、
亡くなる日のページには「声が聞けて嬉しかった、会えるまで頑張るぞ〜☆」とあった。

「死ぬ」という人は意外と大丈夫ですよ、と大学の心理学者が話してくれたのを思い出す。
病院のカウンセラーも同じ事を言っていたけど、確かに彼女の日記には「死」よりも「嬉しさ」でした。

母親が言うには「初恋だった」ということでした。想いを寄せていた男性というのは、ボクだった。
意外と奥手の彼女は、男性と上手く合わせれず、可愛くてモテても思わせぶりは出来なかったという。
私に対しては本気だったからこそ、積極的な文章が書けたという。

「会えるまで頑張るんじゃなかったのか!!!どうして待たなかったんだ」…涙が出てきて止まらなかった。
人前で凄い勢いで泣いてしまうだなんて、記憶に無いほど昔以来です。

彼女に申し訳なかった。
そんな気持ちだったからこそ、私がスルーできる悪口ですら気にして私を守ろうとしたんだ。
ネット上では、私の方がずっと強いはずなのに、いじめられてる彼女なのに逃げずに挑んだ。つらい。

葬儀の日、母親やバイト先の泣きおやじさん、葬儀へ来ていた同級生など色々な話を聞くにつれて、
写真、イラスト、清純というか、無邪気というか、彼女に対するイメージを(私も)誤解していたようです。
寒い日でも水仕事を率先してやる親思いの娘、辛くても笑顔の娘、熱が出ててもバイトを休まない娘、
部活動や学級会でも同級生でも仲良くしていて、本当に順調だったという話ばかりでした。

母「男の子だけが若干ダメでしてね」と笑って話されていた。気丈な母と感じた。

「あのオフ会か…」と私は呟いた。
私はプリントアウトした写真をポケットに忍ばせ、葬儀にあの7人が来たなら問い詰めようと思ってた。
結局、その日は来なかったようだが、後日、来るかもしれない。彼等は今、どういうつもりなのだろう?
実は、容赦なく殴ろうと決めていました。

彼女の遺影へ向かって辞して、帰宅の路に向かおうとすると、ボクは呼び止められた。
母親が一言「最後に」と。事故を起こさないようにね、車の中で食べてと食料、お茶を渡され、
胸に手を当てコブシを握る仕草の件を教えてもらった……そういえば、何だったのだろう。

「何かを握っているのかなと思って聞くと、ニッコリ笑って”大切なもの”だと言っていた。」バイト先。

私が楽天から贈った、あの安物1,000円ペンダントは、彼女にとっては全てに勝るものだったらしい。
初めての男性からのプレゼントであり、初恋の相手から貰った彼女にとって最高の宝物であり、
お守りでもあって大切に首から下げ、辛い時には常に握っていたらしい。それがあの仕草だった。
学校でもバイトでも家でも握っていたという。

息をしていない状態で発見された時、彼女はその安物ペンダントを、両手で握りしめていた。
その大切なペンダントは天国でもお供するため彼女と一緒に旅立った。一等席に置かれて。

母親は、私の致命的なミスを責めなかった。しかし、私は自分が許せず、現在を迎えている。

ただ一つ変わったことがある。みなさんにも(特に男性諸君)アドバイスをしたい。
恋人、友人、大切に想う女性には、1万円以上のペンダントを贈るということ!!!

PS:私は、どちらかというと女性より男性ウケの方が良いです(変な意味じゃなくて)。不思議。
彼女が私のどこに惹かれたのか、彼女の日記の中にあったので紹介しますと、
「女の子扱いをしないこと」らしいです。それがサイト文章やメールに表れているとか。

・・・それからずっと、特に悪質な書き込み者を特定する作業を続け、
結局、特にひどい暴言の7名全員が検挙される結果となりました。
私の帰国から1ヵ月少し後に出せた、悲しい成果。

更に後、彼等7人が立ち直ることがないほど、苦しんだとのことでした。
特に男性陣は、そもそも好きになってからの逆恨みだったので、死の後で目が覚めたという。

皆が好きになったキッカケである「お兄ちゃん」と慕ってきた彼女を思い出したらしい。
オフ会では率先してコーヒーなどの飲み物を用意したのが彼女で、ニッコリ笑って雑用をこなす、
家に送ってもらったときは「ありがとうございました」と礼儀正しい姿。

彼等が悪口を書いている時は、そんな好意が生まれた最初の姿を完全に忘れていた。
嫉妬から攻撃した女性も「どうしてあんなに悪い娘だと思ったのか分からない」と言っていた。
まさしく、愛憎紙一重、そのままの通りだ。

気づくのが遅いんだよ、おまえら。悪口の書き込みは、想像以上に辛いものだと常識だぞ。
生涯、後悔して苦しんで生きるがいい。同じような書き込みを見たら擁護する側になれ。
お前たちの経験した苦しみを、未だ学んでいない2chスレ住人へ話せ。


先に読む?

⇒自殺の前と後の鬼畜大人の書き込み
(注:リアルゆえ大人でないと耐えられません)
順路は2ページ後に出ますが、次はかなり専門的な話になりますので、ここから飛んでもOKです。



その13へ戻る   最初:バトルその1   ⇒教訓など(順路)



<同管理人の作成サイト>
IT相談所     UMA     時計     サケマス(淡水釣り)     海釣り