2chでの司法手段の話。

まずVOL.7の手順は基本です。やっとコレの解説です。
どうも私の日記風になってしまっていたので、2chについてを解説することで軌道修正です。

2ちゃんねるといえども、アクセスログを提出しないほど腐ってはいません。
爆破予告や殺人予告など、ちゃんと捕まってますし、表に出ないだけで、かなりの人数に上ります。
ただ、大きな違いは一番最後の部分です。再掲します。

私宛にドメイン会社の責任者から連絡が来る。ハッタリと思っていたら本当だったので焦る責任者。
     ↓
×「削除に応じさせて頂きます。手続き上、X日後には処理できますので、ご迷惑をおかけしました」

簡単にいえば、つまり人は逮捕できても、最後の”削除をしない”のが2ちゃんねるの方針です。
公では「営利目的と公人は削除しません」ということで、削除しまくればバトルが少なくなる、
掲示板の荒れはネットの花という理由ですが、2ちゃんねる自体が巨大なお金を集める営利目的。
著作権放棄の条件ですら強引で、書籍もたくさん出ました。少々矛盾を感じても、それは2chルール。

あのスレッド式BBSを最初に考案したのは「あめぞう」の管理人だったのですが、
ひろゆき氏がシステムを拝借してというか、言葉は悪いがパクって出来たのが2ch。
超有名なスタート時の1ヶ月レスしまくり、書き込みまくりを仲間と実施し、
当初はイマイチだったものの、職人と言われる面白い連中が集まりまして、ツボに入りました。

これはBBSを流行らせる最高のテクニックと称賛を浴びて、アクセスもウナギ登りでしたが、
本当にスゴイのは、面白いネタを作ってくる職人さんたちなのです。
彼等が誰かも分かりませんから、ひろゆき氏に色々な依頼が集まりまして講演で呼ばれるほどに。

出来れば誰もがお手上げの誹謗中傷をさせないシステムを考案するぐらいやってくれれば、
真似の出来ない超偉人と呼びたいのですが、協力者へ払うお金の出入りが分からないよう、
身元も分からないように、銀行口座を膨大な数に分散したりの入知恵マスターの凄さだけはピカイチ。
やはりセコさを感じてしまいます。

しかし、今はそうでも、最初からそういう姿勢ではなかったらしい。

当初、ひろゆき氏はアクセスが増えるに比例して増える苦情、誹謗中傷や侮辱の嵐、
アンダーグラウンドの手法、ドラッグ売買、色々なケースが殺到したし、
「削除しろ」というリクエストも出来るだけ全て受けていたようですが、
ある時点で、彼のメンドクサガリータが発動し「対応無理っす」となったのが分岐点。

彼等が依頼どおりに全部削除している中、実は批判されていたのは悪いことをやってる企業で
スレでは正義の告発だった(一般人の増えた今は基本的にコレが中心ですが)、
削除した結果、「お前は悪徳企業の味方かよ」などとブーイングが吹き荒れたり、
個人の依頼で削除したら、その人が裏世界との密着型トンデモ・ワルだったりと、
ひろゆき氏サイドで精査して判断するには労力的に無理となり、メンドクサーも妥当でした。

白黒つけるのに何日も必要な1件の裁判が2chの至るところにある物件で管理側がこなすのは無理。
アクセスログを出すのは、悪いことを書き込む人間の自己責任だから、そいつが逮捕されようがOK、
削除だけは追いつかないしトラブるのがイヤだから、訴訟クラスを始めとする一部分に限定です。

被害者がログ提出により書き込み者を特定できても、問題の記述が長い間放置されていれば
完全な解決ではないし困ってしまいます。ということで、ひろゆき氏を相手にも裁判を起こされてる訳。

多くのトンズラしている訴訟イメージは「削除に応じなかったから」と簡単に紹介されがちですが、
削除人は基本的に宣伝書き込みの削除がメインの仕事だったり(宣伝だと対応が驚くほど早い)、
依頼を精査してやるのは一部の削除ガッツマンのみ、という噂もあったりします。

一行で…簡単にまとめますと、

2chでもログ提出はあり、逮捕される人は驚くほど多いです。表に出ないけど。そして削除は少ない。

<余談>
前半の紹介騒動の件で、皆さんはこう思われているかもしれませんね。この4つ巴と。
私個人 X 2chスレ X ミクシイ・コミュ X 放流団体さん

私個人では全て引き受けるのは不可能です。
ここを読まれている人にも、それぞれにパソコンに通じた仲間がいると思いますが、
私にも、当然サイト規模に応じた仲間がいます。終わりがけの記事だから書いておきます。

団体さんの件で協力を求めたのは”サメ好きさん”。読者さんの極一部に超有名な人。
BBSが荒れれば、速攻で参加して更に乱すという性癖があるバトル大好き人間。
”サメ好き”ハンドルネームは私の運営サイトに出没する時オンリーだけど、
実は、悪な人々がお世話になってる匿名クシ配布の超大手サイト管理人。私のサイトより大。

私のサイトですら、生IPアクセス数は気が遠くなるので、匿名クシの割合4%〜8%を調べます。
彼が配布してるものが多いので、手間が少なくて済みます。
ちなみに全国ニュースで数年前、彼のチームの末端がペンタゴンに侵入しようして逮捕されました(バカ)。

接続ルートをどんどん追っていくだけですから、警察の捜査より、だんぜん早いです。
謝礼は夕飯をおごること。他にもスキル高がいます。

そうそう、2ちゃんねらーなら”縦読み”を一度はググったことがあるはず

すぐにヒットするページは、「縦読み・斜め読み」という1ページです。
ここの一部をコピペしたり、少なくとも読んだ記憶はありませんか?

例4に”サメ好きさん”がコッソリ登場、ちなみに私の作った解説ページです(8−9年前)。

前半バトルでの称号「2ちゃん初期からの生粋のねらー」は、ここから来たのかもしれませんね。
いや、複数サイト作者と知ってれば、そんな表現は使わないか。匿名クシなど分からない人はゴメンナサイ。

少々、厄介な人間が含まれていたので、舞台を2chやミクシイから現実世界に移しています。

サイトバトルその15 サイトバトルその15:教訓など

前半と後半、途中での3例の実例を挙げたわけですが、総合記事として残そうと思います。
あれらの物語から抜き取れる主張は、人によって色々な受け取り方がありますが、
私がココを読んでいらっしゃる方々に伝えたいのは以下のポイントです。

教訓など

1、コテハン・実名X匿名ではケンカにならない。
メリットは、大企業などに対して弱かった個人が匿名で強くなり意見が言え、企業を動かせた事。
これが最初のメリットだったけど、いつの間にか、個人に対しても平然と行うようになったデメリット。
個人相手は配慮してあげて欲しいと思う。

2、感情「キライ」へは理屈を主張してもダメ。抽象的な表現で判断を。
感情からくる私怨に誘導されない見分け方は、誰にでも当てはめれるような「あいつはバカ」、
「人間失格」などの表現が多用される書き込み、感情ゆえ悪口に具体的な表現を使わないので、
区別さえすれば、私怨かどうかが分かる。その抽象的な表現の書き込みに乗せられる率が減ります。

3、加工された文章に注意。対象を悪く言うためには、なんでもやるのが私怨の行動なので、
第三者であれば、対象者を自分の目で確かめ、判断がつかなければ荒れに参加すべきではない。
自作自演を演出するように見せかけた誘導書き込みを冷静に判断できるようにして欲しいです。

4、自分で判断するために、批判対象者のサイトやブログなりをよく読んで調べること
私の見た経験で語れば、7割がよく調べ、3割が表紙ないしスレで書かれた事を鵜呑みする感じ。
以前は2割がよく調べ、8割が鵜呑みと思っていたけど(ゆえに直ぐに大騒動)、最近はイメージが違う。

5、対象者が自殺したとしても、ナイフで行ったりの物理的行為でないために殺人罪に問われないが、
匿名で追い込んだ人間は、れっきとした”殺人者”、”実行者”であると考えて欲しい。
将来的には、罪を加算できるようになればいいと思う。

6、私のミス「私が許さない!!!」「私が」を強調したのには理由があります。自己主張ではない。
ビルの屋上で飛び降りようとしている自殺志願者に対して、「自殺は無益だ」などと語ってもダメ。
そういう場合お約束があって、「私が死んだらイヤと思うから止めろ」と主張します。
理屈ではなく、感情で訴えること、つい、その思いの反動で、ああいう書き方になりました。
残念ながら脊髄反射と受け取られた結末となった次第です。想いは違ったのだけど。
(2番と根本は一緒です)

7、私怨もない、縁もゆかりも関係もない、しかしお祭りが大好きな人へは理屈を言ってもダメ
批判対象者が善か悪かすら区別をしてないので厄介だが、すぐに飽きるのはこういう人たち。
私怨などは飽きずに延々と絡んでくるので、様子を見る期間を設けるといいです。判断してから行動を。
悪に対してのみやってくれると好いのだけど、私怨に踊らされ、手当たり次第にやるから困る場合が多々。

8、警察に相談しても、どれほど深刻なのかを伝えるのは大変。正直、伝えるだけでも「めんどうくさい」。
巷の報道でも分かるように、市民を守る為に腰を上げてくれないので、正義感ある警官を根気よく探そう
これは民事不介入という側面もあるので、次の件↓も頭に入れておくと好いです。

9、書き込みで精神的苦痛を得た診断書を医者に貰えば早い場合もある。陰口より証拠あるネット有利。
医者にスレッドをプリントアウトして見せよう。つらいけど、それを見せれば多くは力になってくれる筈。
診断書があれば、傷害で刑事事件に出来る。むろん、腰が重い警官に当たると凹むけど、数当たろう。

10、警察の言う「スルーしていればすぐに止む」ものは結局軽い荒れだから、そもそも大した事は無い。
私怨の延々と繰り返されるのが厄介で、そういうものはスルーしていても中々止まない。
火の粉を払うように行動を起こす方が好いです。精神的に追い込まれていて行動できなければ、
友人知人に伝えて代わりにコピペ作業(証拠保存)したり、それを警察に見せて相談してもらったり、
自分一人で抱え込まないようにしましょう。

11、真剣に行動を起こそうとすれば、意外と簡単だったりするので、
弁護士(高そう〜)とか、警察(動いてくれない〜)など先入観で決め付けずに、
これだけ発展した文明を持つ人類なのだから、良い人は高確率で驚くほど多く存在していると思って欲しい。

12、善と悪。人間に混在していることは皆さんもよくご存知だと思う。
なのに叩く時だけ100%良い者になる。相手は100%悪者だ。見事に決め付けている書き込みは避けよう。
誰もがあるウッカリ悪さをしたとしても、その100倍で攻撃されウツ・自殺となったとしたら大変です。
ウツ治療には平均7年の歳月が必要です。重すぎる。過失割合7対3なら、許してやろうという優しさを。
ネットの誹謗中傷や侮辱で、あっけなくウツや引きこもりになった人をどれだけ見てきたか。罪ですよ。

13、誰かが誉めても、脊髄反射でけなさないこと
とりあえずケナしておくというのは気持ち的に分からないでもないし、普通の挨拶みたいに見えないこともない。
逆にケナされたところ(サイト・ブログ)があっても、擁護することは滅多に無いのだから、
悪口を書くことに慣れ過ぎないようにした方がいい。誉めるのはどうしても変に見えるので、無理しないでOK。

ネットで長い間観察してきた結果、10年前も今も、正直、悪口攻撃の仕方はあまり変わっていないと思う。
出来れば、最低でも大企業や公的機関や公人、明らかな悪人へのものだけにして欲しいと願っています。

誰もが根性の座ったつわものではないです。弱い人もたくさんいます。
自殺は年間3万人(1日100名近く)を超え、じりじり上がっているのは、ネットが出来てから。
遺書や捜査で因果関係が明らかになってないだけで多くの人々が悪口スレで命を絶ってるのは事実

気楽に書き込んだ悪口、書いたほうは直ぐに忘れるけど、それで相手に死を選ばせたかもしれない。
死後、書き込み者へ知らされることは滅多にないので、呪いがあったらいいのにな…とさえ、思う。
一応、科学者のはしくれなのだから、こんなことを書いたら怒られるかもしれないけどね。

長い間、たくさんの相談を受けて来ました。自分も参加したり。もっと紹介したいと思いつつ、この辺で。
この記事が、貴方・貴女の心に何かを残せたら、私がやってきた事も無駄ではなかったと思え嬉しいです。


↓ここは、転載をし忘れていた更新記事です。

前半に関する資料など

表紙に「カニング・キラー」解説ネタを飾っておきながら、
目立たないところで粛々と2ch局地スレXサイトバトルを進めていたのだが、
1人逮捕という結果と、もう一人がターゲットに入ったようなので(その後逮捕)、
解説したページが、いつの間にか大量特集ページにもなってしまっていた。

どうしてそんなに膨大になってしまったかというと、過去にはクドイほど言われて
周知徹底された約束(というかネットモラルみたいなルール)が、
ブログでの炎上がメインにシフトしたせいか、限界加減を知らぬバカが増え、
そんな”バトル知識”を入れ込んで書いていたから。

書いてなかったけど、某メーカーさんへ記事を提供しているのが原因かもという
業界間の競合に巻き込まれたとするメールを頂いたが、
それなら恩義のあるメーカーさんに味方するから、私が引き受けたい。
この件は少し興味が出た。団体さんと近いのは偶然?

「強者をくじき、弱者を救う」という姿勢は、2chで批判を書いている人は
「悪を懲らしめる」みたいな正当性を基本にしている。冗談ではない。
匿名と実名では本来ケンカにならない。
交差点でぶつかる車と原付ぐらいの過失割合7対3ほど差がある。弱い者イジメは自分だぞ。

そのパワーバランスはネット犯罪判例にも書いているので、注意されたし。
古い記事だが、今の私では書けないぐらい上手くまとまってると思う。
正義感で殺人を犯すパターンと同じで、本人は「正しい」と思いながら行動するものだから、
特に2chでは、行き過ぎに気付かず、相手を思いっきり傷つけてからコトの大きさに驚き、
逮捕後、初めて反省するものだが、それじゃあ遅いんだよ。

ボクサー同士の試合でも、当然、相手の力量を測って、詳しく調査してから戦う。
2ちゃんで知る情報が正しい、最高と思う人も多くなってるだけに、ブログでもサイトでも、
管理人がどんな人間なのか知ることから始めるはずなのに、
スレッドに書かれているネタを信じ、それで判断するバカも多すぎる。キツイ注意を促したい。

すぐ閉鎖というネットにおいて、長年サイトを生かしている管理人は、
悪口を言う人の100倍以上はアレコレと経験しているはずだ。
メールなり、リンクなりの争いなんて、すぐに起きるもの。

2ちゃんでよく言われる「ハッとする貴重な意見」ってのは、
ほとんどサイトやブログを作ってる人が情報源で、
以前はYahoo!カテゴリーのサイトからネタを引っ張っていって議論で使われたりが多かった。

2chからのコピペと言われた解説が、実は私のサイトのコピペだったとは知らずに、
私に逆輸入して威張って言われても困るケースが、実は驚くほど多かった。いまだにある。
サイトやブログが2chを情報源にしているという幻想を持つ人が本当に増えた。
逆があると言う事をなぜ考えないのか、マトメサイトでネットが成り立ってると思うのか、
人間としての幅が狭いと感じるぞ。

私に「最初はバカなフリして仲良くなる」という噂があるようだけど、今回は違う。
私の研究を放流に役立ててるのだから、疾病予防法や治療、
日照時間などのデータを活かしていると考え、その研究結果を出した私が団体へお邪魔すれば、
友達のように、すぐに仲良くなれると思っていたからだ。

お互いの誤解が解けた後、私は味方になったつもりだったが、
どうも団体さんの態度が微妙なので、2度と交流が生まれることは無いだろう。
事件がなければ、多分知ることが無かっただろうから残念だ。

すごく口惜しい

2ch該当スレに旧知人(私怨)が関わっていました。
その人は、これに関する私にしか分からないキーを投げてきました。

私は以前、脊髄幹細胞で神経回復の遡上サケ属研究にて初成功、
京都大学の教員の誘いがありましたが、都合によりお断りした事がありました。
プロフィールに出しているK大学教員は別の大学です。

この事は当時の人(ごく一部の親しい人)しか知りません。

VOL.2にて「京大の講師」と断定されていますが、どんなに語句検索しても、
講師をしたK大学が京都大学とは出ていない筈です。別の大学ですからね。
知らない人にとっては、慶応大学?と言われた事がある程度です。

当時は「京大をどうして断る?」と言われましたが、色々とありまして、その結果断ったのですが、
それゆえ、京大講師として断定していることで、私にだけ通じるメッセージでした。
一見、味方に見えるし、私もまさかと思い、その人だけが分かるキーを投げ返すと、戻ってまいりました。
手の平で遊ばれ、太刀打ちできませんでした。

最初は、私のITプロフィールとかサイト規模を見て、ケンカを売るか?が注目でしたが、
彼にとっては、私などは片手でひねり潰す程度のレベル。非常に相手が悪い。

これらは2ch該当スレはもちろん、常連さんさえ知らない件ですから、
何をやっているのか解りにくかったと思いますが、何だか変という直感がビンゴでした。



その14へ戻る   バトルその1   ⇒線路うずくまり中3女子校正版



<同管理人の作成サイト>
IT相談所     UMA     時計     サケマス(淡水釣り)     海釣り