サイトバトルその17 団体さんに敵対しなかった理由

攻防、敗北編/隠していた恥ずかしい事実

一ヶ月近く、このバトルシリーズ(告白編)を書いてきたわけですが、
その間、かなりの2chスレを巡ってきました。
私と多少トラブった人には好いネタになるし、ツッコミ部分も多くありますから、
確かに脊髄反射の悪口を始め、読んで一喜一憂するものがパラパラとありました。

しかし、その多くをマトメれば、想定外のもの…ありうるお約束悪口から逸脱する
「おおっ」はありませんでした。
私が探しているのは、誰が読んでも悪口と思える初心者が書き込む悪口ではなく、
私は凄く気にするが、他人はアンマリ気にならないレベルで構成されているもの。
例え削除しようと思っても、こういうものが一番厄介です。
第三者は「こんなのどうして気にするの?」なのだから。

そして、私のサイト・アドレスが貼られているスレはチラっと流すのみで、
タ−ゲットは(例えば)「あいつのサイトはヤフーニュースの一番下」とか、
ピンポイントでググって出せる語句検索結果で”UMA”のような普段使われる語句ではなく、
少々使われない不自然な語句を使ってスレで案内されてるもの。
当然、ハンドルネームなどは通称などに切り替え改変するのが基本なので、
10年間に出てきた思いつく限り調べて巡回していました。

そもそも、もう公開するけど回帰マス連絡会先方の団体)さんのBBSへ書き込んでから直後に
画像の一部がエロ写真に書き替えられていて、1回目は偶然と思いながら原因の調査、
2回目が4月2日。それを、たまたま見つけた訪問者の一人が、何人かに声をかけ2chを巡回すると、
私のサイトアドレスが出てないヲチスレを見つけました。

4月5日が終わるまでに、11回のエロ書き替えがありました。
その時は出張してましたので、パソコンに張り付くわけにはいかないし、
しかも、CDロムに落として一部だけを更新できる準備で行っていましたので非常に厳しい状態でした。
しかも、パソは出張先の事務の女の子のノートパソが与えられたのみで、
ソフトをダウンロードし、ソフト削除という荒業。
その女性が「まだ滑れるスキー場」を探していて、まぁ、これはいいのですが、
流れで削除してしまい申し訳なかった。

この画像を書き替えるには2通りのテクニックがあり、その内1つは、
防衛策として私ですら普段から工夫しているので大丈夫、もう1つが行われたと考えました
それも(昔ならまだしも)現在なら、そうとうハッキング(クラッキング)スキルが高くなければ
出来ないセキュリティ・レベルにしています。

なら、どうやったのか?この答えは「告白シリーズ」に追記していきますが、
まさかサケマス放流団体さんのメンバーにハイスキルの人が偶然居たと考えるか、
いや、サイトを良く見れば明らかだろう。いや、ひょっとしたらありうるか!?

逆に考えてみると良く分かります。私を怒らすならどうすればいいか?
悪口が書かれていたって2chスレに降臨するのは余程のことがないとしないし、
サイトや自BBSで怒ることは(あったとしても)年に1−2回。
5つのジャンルがかけ離れた運営サイトを一つ一つ悪口で荒らすのは大変だ。

それとも、クラッキングするかです。

団体の人たちは私を知っていたか?について

管理人さんも2chのサケマス・トラウト系スレの人たち(晒されてるブログ持ち含め)は、
ほぼ100%「私サイトを知らなかった」はず。適当に推測してるのではなく、確信しているのは以下の理由。

なぜなら、疑惑が5年以上続いてるのに説明されてなかったことVOL.4)。
くだんの類似質問が2chスレでも幾度となく出ているのに、解答がなく常に放置だったこと。
私の説明を受けて、質問してた方々が「長年の疑問がアッサリ解決」と喜んでくれれば嬉しい。

次の理由は、2chサケマス専門スレたちなのに「3倍体」の意味使いが間違っていること。
マス釣りもしないUMAサイト読者ですら「マス3倍体はオスは成熟し大きくならない」を読んでるのに、
性別関係なく大きくなると一緒くたにしてるスレ等が多かった。怪物正体説に負けてどうする!!!
これまた明らかに読んでもないし、当然、作者なんて知らないのが妥当です。

他にも、私より用語間違いが多いので、変なヤツ、変なサイト、あんなヤツ知らん、と見下されたけど、
ネットという道具で、みなさんが「変と感じたサイト」を読んでみてはいかが?きっと見てる世界が変わるよ。

多くの人が巡回するネット世界は非常に狭いエリアです。それは仕方がないけど、目を開こう。
サクラ・サツキマスが降海するのはメスばかりではなく、オスも大量にいる事実(オスのほうが多い場合まで)。
どうしてメスばかりと言われたかの理由まで私は書いています。
調査方法が…ゲホン、理屈を知らずに食いついたのは…ゴホン。

釣り雑誌や専門サイトに出てない話が、ネッシーの未確認動物サイトなどに書いてあるのが好い例です。

<団体さんのサイトは見ての通り>

先方の団体さんを公開したわけだけど、舞台となったBBSにはすでに私の痕跡はカケラも残っていません。
そして、表紙をご覧いただければ、シリーズ初期の私と同じ感触を共有できるはずです。

「なんだか変、ケンカを売って成り立つには違和感がありすぎる。どうして、2chで盛り上がるのか?」

日記形式のテキスト・サイトでもない。事業のPRサイトと、うんちく解説サイトの当方。
しかも、2chスレやミクシイに出ていた(一部を除く)住人の反応は、知らない人でさえこうだった。
カウンターを比較し、例え2000年ごろに戻ってもサイトバトル自体が成り立たない、と。

では、画像を書き替えたのは誰か?

NHKサイトの気象・天気予報ページがエロ画像になったり、
多くのプロバイダー会社がパスワードを含む会員情報を流出させたり(ニフティですら過去ある)、
確かに2000年前後まではよくあった。ネットの「何でもあり時代」ですね。

流出パスワードで、ニワカ・ハッカーが出現、個人サイトから企業のサイトごと書き替えるなんて続出だった。
それゆえ、ファイアーウオールという超基本を始め、セキュリティ関係は驚くほど進歩したのだけど。

主だった画像書き替え・ハッキング事件は、自分のスキルを試したい・騒ぎを起こして楽しみたいという、
愉快犯が殆どメインを占めていたが、それ以外では、男がフラれた腹いせで女性サイト改変:男の私怨
この2つ以外は表に出てくるものは、あんまりなかったと思う。

防衛庁(防衛省)へ侵入しようとした者は愉快犯だったが、ソフトを管理する富士通がドタバタ、
あらら、全国ニュースに出てしまった…。おかげで政府・省庁系サーバーは重くなるし、
その上でアレコレやってた私のサイトも動かなくなるは、かなりの影響が出た懐かしい思い出。

「懐かしい思い出」レベルの事が起きてしまったからさぁ大変。
しかも、サイト作成・運営10年でインターネット関連では老舗のITサイトをやってただけに正直これは恥
ただ、書き替えを調べ始めて、すぐに弱点を発見したのが救い。これは非常に納得した欠点。

ネットをやリ始めれば誰もが聞くだろう”脆弱性(ぜいじゃくせい)”とかいうのを見つけたわけ。
脆弱性って何よ?とは今更聞けないよね。ソフト・プログラムの何が弱いんだよ、具体的に教えて…
まぁ、そこへ手を加えたため、4月6日以降は画像のエロ化は起きていません。
ただし、非常に重くなる攻撃は受けてました(ピンポイントでITサイトのみ集中したので犯人は一人)。

F5アタックなんて今時やるか?
(←田代砲の一種←田代さんがマンオブザイヤー選出←投票は全国のチビッ子お遊び発射)

愉快犯か男の私怨。でも今の時代、警察宿泊コースが赤じゅうたんで用意されているネットで、
以前のようにやったらダメなことぐらい、キャリアがあれば常識中の常識。

それになぜボクなのか?

私が真の悪人であれば、コミュでもないサイトなので、10年も続かず閉鎖させられているはず。
こんなに文章やページを作ってコツコツ読者に楽しんでねなどと努力して、本当にバカみたいだ。
悪人とは常にラクを求めるものです。(法を犯して逮捕されてればサイトは存在していない)

ネット上にある悪く受け取れる書き込みは、ほとんどが印象程度で決め付けしたものです。
しかし、画像書き替えなんて、一部じゃなく全部出来るのに、あえてしなかったのがポイントだろうね。

で、他人のサイトにある画像書き替えのテクというのはどういうものか。
以前、引っかからないようにとブラクラ・アドレス集や、注意すべき悪戯タグ一覧を公開した時に、
役立つ反面、やっぱり使う側になったお馬鹿さんが何人も出たので、解説は工夫してみるつもり。
ということで、どんなエロ写真に変わっていたかの簡単説明もしていこう。



戻る   バトルその1   ⇒次へ:白熱!!!



<同管理人の作成サイト>
IT相談所     UMA     時計     サケマス(淡水釣り)     海釣り