サイトバトルその19 水棲UMAとサケマスの行動学上の関連

いろんな画像置き換えテクを紹介する前に、少し前のUMAスレ↓を表紙に掲載していたのですが、
恥ずかしくなってしまい引っ込めました、転載しておきます。

ここでUMA系話を。「湖での酸素の重要性」を初めて教えたはずのUMAサイト解説だったのに、
いつの間にか評価がガタ落ちになってたらしい。肩書き例の2chスレですら出されてるけど、
さすがに「科学ダメ出し」には驚いて腰を抜かした。(623、881は好いヤツだ!!!)

あれほどの”酸素スルー分野”を一般に広げれた解説は、私には2度と書けないほど、
完成度が高いピカイチ最高傑作お勧めだ。
どの程度の人間が「言ってる事がおかしい」と指摘したのか興味がある。

大学教授なら学生に退屈な講義をしてるはずだからクビだ。

中学理科・高校理系の先生なら、ガイドラインがあるから仕方がないけど「よく読み理解すること」、
理系大学生の指摘なら単位はやらん。文系なら、自分で判断できない時は悪く広げない、
「酸素の件を教えてくれてサンキュー」という姿勢を崩さないで欲しいと願う…。


619 名前:本当にあった怖い名無しmailto:sage [2008/01/20(日) 14:47:17 ID:j0ePN2t60]

ネッシーは、オレたちの信じる心を糧にしているんだよ。



622 名前:本当にあった怖い名無しmailto:sage [2008/01/20(日) 20:38:32 ID:B7KKgUqN0]

>>613

鯨は海だろうに。
淡水湖での話だよ。
海は海流があるから酸素が供給される。



623 名前:本当にあった怖い名無しmailto:sage [2008/01/20(日) 20:40:23 ID:ErIjXhkh0]

まぁ、これ以上のネッシーネタは謎の巨大生物UMA見た後にでも



624 名前:本当にあった怖い名無しmailto:sage [2008/01/20(日) 21:01:01 ID:K63rWO5g0]

あそこはずいぶん前に「専門のわりに言ってることがおかしい」とか
指摘されてなかったっけ>湖の科学のこと



625 名前:本当にあった怖い名無しmailto:sage [2008/01/20(日) 21:19:26 ID:HYQwYMAn0]

ネッシーみたいな首長竜って淡水でしか生きられないの?



626 名前:本当にあった怖い名無しmailto:sage [2008/01/20(日) 23:33:22 ID:4PIJ3l++0]

>>625
プレシオザウルスでぐぐれ



880 名前:さくだいおうmailto:sage [2008/02/06(水) 05:54:13 ID:fJP/Lt6+0]

>>624
遅レスだけど非常にあっけない誤読だった(BBS証拠)ことから発展した決めつけで、
指摘する人のお約束で「ゴメン」なく、それ以来お越しになられないので悲しい。
サイト運営ではつきものなのですが。ひょっとして>>624氏がご本人さんだったらゴメン



881 名前:本当にあった怖い名無しmailto:sage [2008/02/06(水) 06:04:01 ID:x762dcNZ0]

>>880
戦い終えたら笑って肩を叩き合えるといいんですけどね。
今後も期待致しております。

880での私の書き込みから出しているBBSの結末一部へ至るまでに、
ツッコミのご本人(REDさん)以外からも長い間に色々な質問が有ったのだけど、
彼には典型的と取り上げて悪いけど、大量にあるサイト関連記事には、
様々な想定される質問に対する答えを用意してあります。

そういった部分は読んでいないのと(読んでも斜め読みになってスルーしてしまう傾向)、
読むのが大変だろうから気持ちは分かるので、教科書クラスのやり取りも大変、色々と試みました。

例えば、海釣りのJALサイトに置いてある一つ、ネス湖をもっと専門を加えて解説したのがある。
また、溶存酸素の意味や区分けをしなければいけないことまで紹介してあります。

深海の”知られざる”秘密の話みたいなものまで「水の質変化」に至って知っていただければ、
こういったバックボーンを基礎として先に「おかしい」と言われた”湖の科学”とかを書いていたわけで、
オカシイと感じるのは知識が足りないか誤読しかないじゃないの?と返したくなったりするのです。
(これらでもファミリー・フィッシングの初心者向けの記事なので、もっと難しく書けれます)。

”釣り”ゆえに読まれない人が多いけど、内容なんかはUMAサイトに加えても何ら変じゃないでしょう。
ゆえに、UMAサイトの記事で疑問が出るなら、関連する部分から直リンクを張って読めるように配慮。

比較くだされば分かる通り、科学分野なんて詳しく正確にしていけば、どんどんつまらなくなります。
更に、一般専門知識より上の知識を出しながら面白くするには、(正当なジャンルで)研究し、
自分の研究によって新しい学説理論を出せた”研究者”だからこそ出来るもの。

数分しか読まずに「オカシイ」とか「バカサイト」と見下すなら、前半のバトル編その1からの件と一緒。
悪く書く人は、どこがオカシイのか、具体的に指摘できるぐらいシッカリ読んでからにして欲しい。

「湖とはこういうもので〜」とか「溶存酸素は水温や流れで〜」とかいうレベルで指摘する場合、
すでにサイト初期段階で解説したページがある、私は当然知ってるという前提で指摘しないと、
読まずに指摘するシッタカ君とかに見えてしまうので注意してください(大人として)。

一方、前半の回帰マス連絡会(先方の団体)さんの場合は私が逆の立場でした。

しかしながら、なぜ、水温やエサの条件が良いところを
回遊しているはずの北海道型が、はるかに条件の悪い湖沼にも劣るのか、
不思議でなりません・・・(By伊藤さん)

私はカキコに「他の方からの回答が寄せられてない」と、ちゃんと前置きを入れてますよね。
読んでから指摘した大人のルールなので、当然の書き込みスタートといえましょう。

上の質問は日本各地であり、大学の機関、水産試験場や漁協から説明を求められたことが多々。
”世界初の成功”というのを知った一部の日本研究者を含め、海外の研究者からも様々なリクエストが
殺到した時期があり、伊藤さんもご存知無いんだなぁと考えました。
(内水面で資源量把握は基本中の基本なので、独自研究ネタまでヒネって絡めたサービス書き込み!!!)

しかし。

「知ってたけど訪問者向けの問いかけでしたよ」と言われて、ウソォ!!!と思ったのは内緒ですが、
知っていたなら私の解説の又聞きですってば…、ボクはその解説した本人なんですってば……。
いや、もうよそう。別件ですら同じパターンが繰り返されたからね。伊藤さんだけじゃないのだ。

早稲田大卒の作家・高野さんが本の中で「さくだいおうさんはノーベル賞だって取ってしまう人」
みたいに紹介してくれてますが、長い間、評価をされてこなかった私は非常に嬉しかった。
バカにされる事が多いからだけど、でも、今回は少し心境に変化が起きてしまいました。

「未だにバカにされるとは、しかもトラウトやUMA系で。もう研究・サイトなんかいいや」って、
思ったキッカケがコレ。長い間、繰り返されたやり取りに疲れたというのが正直なところ。
更に本丸さんたちから画像の力技をされた事で、閉鎖・休眠は当然の背中押しでした。

PS:VOL.8にて「広告クリックすらしないだろ、金にはならんのだ」と書いていたのは削除しました。
金にならないのが理由と思われそうだったので、あの文章は忘れてください。


せっかくの機会なので、類似のネタを再掲すれば…(ネス湖とバミューダ、その他について)。
ついでに、どうしてサケマスが水棲UMAに関わって詳しく説明しているかは、
私の個人的好みだけじゃなく、動物行動学上の必要性が高いからです。

21 名前:さくだいおう:2008/02/08(金) 06:19:22 ID:2Bc15jGQ
ネス湖って公文書を見ると「ハテ?」なデータが多く
もう一度調べたほうが好いんじゃないかなと思ってます。

氷河期は氷で覆われてなかったと思えるし、水交換の周期や対流が
何か他の大きな力が無いと可笑しいぐらい速いので、
底まで運んだ力を探すのが順番で、いやまったくネス湖は変な性質です。

バミューダトライアングルって、死亡者、行方不明者、船飛行機を調べると
平均的な海域と発生率が同じだったといって否定されたのが少し前ですけど、
最近の衛星データを繰ると、地磁気の減少率が他地域とは比較にならないほど大きい
「あれ?バミューダって異常地域じゃん」と言えるように、
逆にハイテクが不思議なエリアと見つけてしまう状況らしいです。

どうして地磁気の異常減少がバミューダにあるのか、科学者が調査してるそうですよ。
ネス湖も、ちゃんとした科学で見ると、異常な部分が多いので、
そのポイントをかいつまんで具体的に紹介しましょう。講談社本が出てからですが(遅)

22 名前:名無しさん@UMAちゃんねる:2008/02/08(金) 12:33:06 ID:BZmD+oXw
>>21
ネス湖は氷河に削られて出来たもの、バミューダトライアングルは
異常地帯でもなんでもないと思い込んでいましたが、
調べると色々出てきそうなんですね。解説心待ちにしております。

23 名前:さくだいおう:2008/02/08(金) 18:53:03 ID:2Bc15jGQ
ボクも氷河で削られたと思っていたんだけど、地質学を離れた目で見ると、
うん、少しだけ書くと、例えば日本が氷河期から抜け水温が上昇した約10万年前、
海と川を行き来していたイワナやヤマメは山奥に取り残されたヤツ(陸封型)が出て、
その後、やや温度が下がり、若干強いヤマメが一部昔を思い出して海に降り、
サクラマスとなって登ってきているのが現在。
北海道では皆降りて、九州では殆どが陸封型。

陸封型のイワナやヤマメがいることで昔の日本は氷河には覆われてなかった
地質学と共に生物学でも裏付けされてるわけですが、ネス湖にも陸封型のヤツがいる
昔、それにハタと気付きネス湖現地調査に疑問を抱き、サンプルを送って貰って
エラの付け根にある海と川を行き来するために必要な塩類細胞を調べたら
陸封型と同じく少なかった。降海型は塩類細胞ってのが多い。やっぱり変じゃん。

この事から氷河期とはいっても少なくともネス湖に水系がないといけないから、
「ネス湖は氷河で覆われてた」という時点から疑問という科学的根拠なわけで、
問題があるなら断定してはいけないのが科学。調査したのは13年前ぐらい。

サケマスの降海型と陸封型では体全体が違い、
サイト内でも、淡水の陸封型は直ぐに痛むけど、海に降りたやつは痛み難いと
作者なのにどこに書いたのか忘れてますが(おい)、どっかに入ってます。

このことはまだ指摘されてないみたいだから、講談社本の原稿にしたんだけど
一番先に発表したいと思っていても、出ない場合があるから発表したくてウズウズしながら
半年以上(最後はいつも通りストレス発散)←どうも出ない可能性が高い。

25 名前:かつお節:2008/02/08(金) 21:24:49 ID:bn+GQZ0w
もっと詳しく教えてください、
さくだいおう博士!!

27 名前:名無しさん@UMAちゃんねる:2008/02/09(土) 00:18:39 ID:OT3O6gHQ
>>23
陸封型の存在が鍵になるとは・・・目から鱗です・・・!




30 名前:さくだいおう:2008/02/11(月) 05:16:32 ID:BFNZNreg
<気分良くして雑学オマケ>↓私が作った原稿ネタコピペ(ボツだったが)

29 名前:さくだいおう:2008/02/11(月) 05:12:26 ID:BFNZNreg
魚の体内では化学反応フル稼働で物質の変化が起きています。これは人間も同様。
”サバの生き腐れ”という言葉を聞いた事はディープじゃなくとも知ってる人は多いですよね。
釣っても直ぐに腐ってしまうほど痛みやすいので食べる際は要注意、
保存のため塩締めするのが塩サバ。
信じられないほど食材として悪くなる進行スピードが早いのですが、似た傾向の魚種も多いです。
読者さんなら、敢えて書かなくても常識として知ってるよね。ソウダガツオとかも同じだと云う事を!!!

人間の体では、例えば地震などで足を挟んで動けなくなり、
2日もすれば挟まれた先にカリウムが増大。
その増大するカリウムは強い毒性を示しますので、助け出された場合、ホッとしたのも束の間、
何もしなければカリウム毒が一気に心臓まで達したりで死亡率マックス。
体内のフル稼働は凄いのだ。
人間はカリウム毒を自ら作り出す、サバは死んでからヒスタミンが増大するので
食中毒になりやすい。

同種でもヤマメ(陸封型)は悪くなりやすいが、サクラマス(降海型)と海直前の
スモルト(銀毛)は結構もつ。

救急隊や医療従事者なら血抜きなどのカリウム無毒化対処を行いますが、
大量の怪我人が発生した場合、素人同士で救助しあいますから、
(知らないと)障害物をどかすまでは元気だったのに、
体育館や運動場の避難所へ移動したら急に様態悪化で死亡したというケースがコレでして、
助けたのに死んじゃった原因は貴方が助けたため」心情は、その場で正直に教えれません。

阪神大震災で多々起きたせいで、クラッシュ・シンドロームと呼ばれるようになりました。
サバなら食中毒で済みますが、人間の場合は復活できないので
注意点を覚えておいて損は無しです。

31 名前:かつお節:2008/02/11(月) 17:53:34 ID:qG16l5TQ

青魚系ってヒスタミンが出やすいですよね〜
白人系の人はヒスタミンに対する感受性が日本人より高いので、
この中毒が起こりやすいそうですね。

米国やEUでは食品中のヒスタミン濃度の規制が厳しいです。
日本では基準値そのものが無かったような。

32 名前:名無しさん@UMAちゃんねる:2008/02/11(月) 22:48:21 ID:lsQLcZqw
>>29
カリウム毒・・・最近力士暴行致死事件のニュースでも医師の解説がありましたが、
成る程こういった事にも関係してくるんですね。

33 名前:かつお節:2008/02/11(月) 23:14:37 ID:yXSNctmA
>>さくだいおうさん
クラッシュシンドロームを防ぐためには、
素人は、どのように対処したらよいのでしょうか?

学校の保健体育の授業とかで習えればよいのですが。

34 名前:さくだいおう:2008/02/12(火) 07:45:32 ID:K9dPkJ4w
>>32
横綱の帰国騒動なんかで「群がるハエ」扱いされたマスコミ陣が
ここぞとばかりに反撃しているのが見事に分かりますよね。
力士死亡事件(同じ死亡原因)

>>33
かつお節さんのキッカケで古いボツ部分を探したら、
ボツとはいえ結構役立ちネタだったんだと自分でも思いましたよ。
釣果やポイント紹介がメインなので釣り雑誌では仕方が無いですけど。

クラッシュシンドロームが推測できる肘や膝の圧迫をみかけましたら、
岩などをどかす前に付け根の部分をタオルで縛るのが一番です。
大怪我の場合と一緒ですね。

というのは、潰れてた時間によって微妙に毒性の強さに差がありますし、
残酷にみえる切開は有効とはいえ、現在の法律では医師法違反、
時間や程度を無視して効果があるのが縛るという単純な作業です。

自分がどこかで巻き込まれ、押しつぶされた場合は、
「まて、縛ってからやらないとダメ」と救助者へアドバイスしてあげましょう。

消防署や病院では啓発のため人工呼吸法やディフブリレーターの使い方、
地域密着の講座などでやってますので(保険の授業では具体的にやれないので)
参加するのも好いです。恥ずかしいですが。←何回学んでも記憶に残らない理由

35 名前:さくだいおう:2008/02/12(火) 08:34:10 ID:K9dPkJ4w
核爆弾の場合(放射能の被爆で生きるか死ぬか、致命傷を判断する部分)

・吸い込んだ物質=プルトニウムかどうか
・粒子の大きさ
・空気中の飽和状態
・被爆した時間(長さ)

医学もそうですけど、幅広く細かくなりすぎて、
業界間の疎通が難しくなってます。
頭に詰め込むことが多すぎてヤレヤレです。

このように、サケマスについてUMAサイトで重視・解説しているのは思いっきり関わってるから。
個人的好み程度と思われているのなら、印象を修正しておいてください。

専門が微妙に絡んでいるからこそ初めて気づく疑問もあり、ゆえにオンリーワンな解説になってます。
どちらかだけの専門であれば、気づくことすら出来ません。これは、威張っているのではなく、
学術専門の世界では当然の垣根があるので、現代科学界隈の根底に流れている基本欠陥です。

「否定やオカシイ」根拠が専門書や学会論文を読んだ知識なら、私から見れば基礎知識といえるし、
「あいつの解説は間違い」というなら、私以上の学者だろうから仲良く知識を共有したいもの。
中学3年女子のスレッドでも、彼女が自殺しなければ延々と「バカで価値無し」としての評判のまま。
無知から来た否定であれば、ちゃんと謝って訂正するのが、人としての優しさだと思う。

次回は画像に関するテクニックについて紹介いたします。



その18へ戻る   バトルその1   ⇒画像置き換えのテクニック



<同管理人の作成サイト>
IT相談所     UMA     時計     サケマス(淡水釣り)     海釣り