(序章・周辺説明の導入編アップ)

サイトバトルその22 出会い系への誘い1

<序章>

VOL.3にて「あいつは変なヤツ」と書き込んだ人がいた。その人間も反論したいだろう。
「あいつは2ちゃんねる初期からの生粋の2ちゃんねらー」という判断を下したものもいた。
私が返したのは「たった数秒間サイトの表紙を見て判断したバカ」。「スーパーねらーだぞ」です。

彼等は言い返す。私という人間をちゃんと理解し分析した結果、変なヤツと主張したのだと。
それがあったとして、「なるほど」と理解する人が多いかもしれない。いや、多いと思う。
ここまで、あくまで”もし”の話だけど、同意した人たちは理解や判断というものを勘違いしています。

人間とは、そんな簡単なものじゃない。それを忘れてしまうのがネットです。

理解するとしたら極端な話、60カ国を訪問し(300カ国超え・観光ではなく)、大学で教えた経験を持ち、
空手の黒帯、無線技師、船舶操縦士などを持ち、簡単に趣味として全5サイトの解説を見て軽く読め、
自ら同程度の解説が何も読まずに書けるぐらい覚え、神経細胞が回復しないことを常識として知り、
脊髄幹細胞がどういうものかを他の医学者より先に気がつき、それを使って最初に神経回復を成功させ、
国家表彰を2通得て首相官邸で表彰式か、TVにもチョイ出したりしてこそ理解したと言えます。

あ、バイクの限定解除を試験場でしてナナハンでハング・オンして、中東でヌンチャクするのもある。
トランペットとチューバが演奏できて、そろばんが1級で…なんとか。
プロフィールに書いてない資格やら得意なものは誰しも幾らだってあるのが普通だよね。それを全部する。

これは基本的な事です。従って、人物を理解した上で悪く言うには相当なやってくれてるわけだ。
そもそも1サイトですらかなり濃いと思っています。読んで理解するまでは出来るだろうけど、
それを書くには背景に何倍もの知識が必須です。

相手を完全に理解するには、更に様々な経験が必要で、すなわち、現実には完全理解は不可能
十人十色とは基本なのです。理解できないからこそ、お互いが尊敬しあい、悪口は言わないマナー。
悪口を不特定多数の他人に向けて言う場合は、必要なことをしないといけない。それほど大変なのだ。

但し、政治家や有名人などは、税金や公共電波を利用して稼ぐから批判を覚悟しなさいと言える。
簡単な判断でも言及して良いです。その違いだけは把握して欲しいと痛切に思う。

さて、3人目の逮捕が決まったから説教臭くなってしまってスミマセン。

今回の騒動により「以前のオレが復活!!!」と、最近だけを見れば大人しい管理人かもしれないけど、
反論だってするし、完全スルーだって身に付けてる、2chを利用してアクセスが増大して焦るだろう、
そんな程度でスレ住人に思われているなら、バトル記事を書き始めてから一日のアクセスは誤差の範囲。

2chスレで騒がれてアクセスが殺到して怖くなってしまうということはないどころか、
同規模のサイト管理人なら分かるけど、ある程度大きくなったサイト管理人は全く動じないし、
焦って怖くなる程のアクセスが殺到することは、2chスレからはありえないのが現実です。

1日の誤差は約1,000アクセスだけど、全体から見れば無視できるほど小さく安定しています。
普通のスキルで2chスレで晒しても、そこから来る増えるアクセスなんて誤差に入ってしまう程度。
そういう知識が、2chに慣れて上級者の気分になった人にもないし、決して分からないと思う。

アクセス解析に引っかかるユニーク・アクセスを流せれたら、さすがにスキルがあると、
スレを見に行くけど、多分ありえないから頑張って振り向かせて欲しい。

しかし、私だって人格者とは思っていないし、バカもやる。今回告白するのはバカな自分です。

<理解を助ける周辺の説明>

これからお話するのは、まだ1つのサイトしか持っていなかった頃。
その為、アクセスは(当時としては)まずまずとは言っても今から見れば2割程度でしたから
余力もあって、よく相互リンク先や面白いサイトを探すネットサーフィンとかやれてました。
1通のメール文なんかタップリだったし、即行のレスも返せたし、BBSも日々マメに交流できました。

ネット規制が高まり、法律が徐々に整備されるハザマにあたる時代。
私が1サイトで紹介していた内容は、身内の電通関係者が局でタレントを選んだりしてるので、
タイムテーブルを管理していた時には挨拶に来る芸能人の裏話を聞いた上で
コッソリと暴露したり(新聞やTVより当然早い)、UMA関係は常連さん用の息抜き、ごちゃ混ぜ。

とはいえ、メインはマスコミが購買意欲を煽る”時計の持ち上げ”にツッコむというもの。
スイスの遠い親戚がスイス航空から時計メーカーの役員になったのと(資料が手に入る)、
実家に多くの懐中時計が残っていて、子供時代に壊しまくったので、調べなおしたいことから
徐々に詳しくなっていったのがキッカケ。そういう知識が貯まると、巷での高級時計がハテ?と。

例えば、持っている人には悪いけど、高級時計のロレックス腕時計を誉める雑誌類、
芸能人(誰だったかな)が「凄い機構」とか”手間が掛かってる部分”、”クオリティの高さ”、
すなわち高額であるという根拠を広くPRしていたのを、自分が持ってる時計から見れば、
平均的機構だし、品質ではオメガのレベルと一緒むしろ下、もっと安い時計と同レベル、
などと主張していた。

当然、販売側から見れば迷惑この上ないし、邪魔な存在が私のサイトだったわけだけど、
「ホンモノを見る目を養おう」なんてスタンスだったから、それはそれは問題サイトなわけ。

「さくだいおうの書いてることは変」なんてことはこの頃から常套句のように2chでも言われた。
今だにそうだろう。で、通常なら「やってられるか」と考えてサイトを閉鎖にするわけだけど、
正当な理由で悪口を言われているのか、関係する業者さんなら負けたくなかった。

私の主張の根拠が薄いために突っ込まれるのなら、それじゃぁと反論できないように、
写真を多用して説明し始めました。デジカメが出る前だったから(あっても超高額)、
カメラで写真を撮って現像に出し、それをスキャンして取り込むと言う面倒な作業をした。

ネット上のサイトは文字が主体で写真が少なかった。みんなが無料素材に集い、
写真を豊富に使う私のサイトは「解説は専門用語が入るけど見るだけで楽しい」パイオニア。
「ホラ、もっと凄いだろ、こんな凄いのが半分の値段、いや、下手すれば10分の1の値段だ」。

凄いものたちを写真でアップする。「これですら、アレと同じ値段、又は、それ以下だ」と。
説得力の違いを工夫して構成するという、当時としてはサイトの見本みたいに言われた内に、
とうとうEC白書(根拠を正確に見せる)という当時のIT参入を考えている企業らに紹介する、
国(当時通産省)の分析まで受けるに至った。

その頃の状態が未だサイト内の下層に修正せずに残ってるけど、タグなんかメチャメチャだし、
ソフトの使い方すら我流だったまま。それでも良く見えた方なのは写真のおかげでした。

煽りや悪口のような根拠のなさではない、素人でも写真で比較すれば分かるという説明の仕方。
その時代では何でもありなので、そんなサイトを真似したサイトも続出してきた。
私のサイトという見本があれば、悪い部分を排し、良い状態で作り、追い抜かれるのは直ぐ。
ゆえに、写真やデザインなどは真似されれば古くなるから、古くしないためにはどうすればいいか、
どうすれば生き残る定番サイトになるのか、一生懸命、懐中時計というマニアックな分野で工夫。
それが、あのスーパーマニアックな初期サイト(既出)、1番目の時計ものです。

同じような手法で写真だけではなく、音声も生かそうという人も出てきた。
大メーカーにクレームをつけれなかった一般人が、苦情対応部門とのやり取りを録音、
ネット上で公開し右往左往しながらも、結局、社長の謝罪まで引き起こしたので一気に流行る。

本当に今とは景色の違うネット世界で、ほとんどが「大企業のワガママ」などを暴露する、
葬儀屋の従業員のネタ日記、タイムマシーンをヤフオクに出す等、かなり面白い世界だった。

しかし、法整備もサイバー警察もなかったから、痛い所を突かれた企業側は、
逆の顔に成りすまし個人を叩くようにもなり、いびつな歪みが出てくることとなった。

それに抗うには、相当な意志の力が必要なのは言うまでも無く、ネット人口も少なく、
サイトを作ってる多くが男性、現実社会では悪口を言われることが滅多にないのに、
ネットで初めて言われた人の精神的ショックは計り知れず、サイト閉鎖と自殺がリンクしていった。

すでに説明しているが、自殺が増えて3万人を安定して突破したのはネットが流行ってからであり、
それを2000年ごろから書き始めたが、先日、やっとTVで言及しているのを見た。遅すぎだよ。

現在のサイトやブログの多くは、政治家、政党、国、TV局、ニュース報道、芸能人の裏ネタ、
自殺問題などの、既存のオリジナルにぶら下がっており、ヤフーなんかもニュースにあわせて
個人ブログを紹介しているから、多くの管理人さんはニュース記事の転載と少しのコメントで、
簡単な更新をしているのをよく見かけて、オリジナリティ溢れてた時代を懐かしく思ったりする。

2ちゃんねるはボクも好きで覗いたけど、何でもある反面、すぐに時間が経って唖然としたり、
バトルが進行中のスレがあっても、どうしても私怨臭を嗅ぎ取ってしまって覚めてしまう。

兎にも角にも現在、当時の”個人が主役”という面白さは見え難くなっています。
とは言っても10年しか経ってないけどね。グーグルも無かったし。
今からお話するのは、そんな個人の時代、携帯サイトもホリエモンも出てきてない時代の話です。

男性が多数のネット住民の興味は、ずばり女性のみ!!!まずは恐ろしい実例から紹介していく。

・・・と、その前に事情速報です。



その21へ戻る   バトルその1     ⇒その23、3人目逮捕。イレギュラー報告



<同管理人の作成サイト>
IT相談所     UMA     時計     サケマス(淡水釣り)     海釣り