サイトバトルその24 黙秘する犯人、元警察官から天才IT技術者(旧知人)まで

元々は”闇サイト”の仲間・仕事募集から5名が集まったということでした。
事情聴取に徐々に応じ始めた彼の話は、想像出来てた部分から未知の絡みへ広がっていく。

闇サイトとは、最近マスコミが使うようになっているけど、アンダーグラウンド(地下)サイトの一部で、
死体写真やらの生理的嫌悪の題材を抜かした、非合法の仕事紹介や自殺仲間募集がメイン。

そこでの最初の呼びかけは自称プログラマーの”悪さ仲間”募集だった。
それへ応募した3人がチャットで合流し、旧知人とプログラマーが挨拶で登場、
2人は最初からペアを組んでいたそうだ。合計5人のチームが出来た瞬間です。

仕事内容はある程度影響力のあるサイトを潰して、チームで栄光を得るみたいな悪戯。
そこでピックアップされていたサイト群は、有名どころがズラっと並んでいたが、
大体、大きなサイトやアクセスの多いサイトは個人という形態をしているけど、
純粋な個人サイトは少ない。何人ものメンバーが参加して作っているのが見れば分かる。

多くの大手サイトは、複数のセンスのある人間がローテーションで記事を書き、正確には個人じゃない。
労力に対する報酬を比例して提供できるように、大きなアクセスを得ないといけないので、
SEO(検索エンジン最適化)の担当から、宣伝してまわる人間などまで揃っている。

従って、そういった”大手サイトだが個人作成ではない”サイトたちをどんどん却下していき、
旧知人が最初のターゲットとしてあげたのが私のものだったそう。報酬が15万円ほどだという。
”さくだいおうサイト”を潰した後は、適当に10サイトほど潰して解散という話だったらしい。

報酬と言うのは、10数件のサイトを潰した実績で、新プログラムを高く売るみたいな説明をしていた。
私怨に加え、金まで関係してきたことで、私の気分は徐々に最悪を通り越した超絶ブルーだ。

ところが、すぐに状況が変わったという。

最初に”さくだいおう”というハンドルネームを聞いて、1人が「世話になったことがある」と脱退、
犯罪者を世話したことはないので、多分、言い訳で使ったのだと思うけど、賢明な判断です。
そして、全員で4人と減ったが、その中にはなんと元警察官が含まれていたという。これには驚いた。

4人の内訳は、旧知人、プログラマー2人、元警察官(階級は警部補)だったという。
警部補とか警部とよく聞くが、どんな階級なのか紹介してみよう。

★巡査⇒巡査長(パトカーの長・等)⇒巡査部長(交番・パトカーの長)⇒警部補⇒警部⇒警視〜警視総監

ちなみに大卒のキャリア組=上級試験合格者は警部補スタートで、すぐに署長クラスに出世します。
脱退した彼の警部補がキャリアだったのか、生え抜きの出世か不明ですが、ヤレヤレです。

なるほどそうか、元警官が含まれていたからこそ、初期の頃から非常に察知し難い展開だったわけだ。
やっと納得がいったけど、その元警部補は1週間ほどの作業中に何かに気づき、脱退したという。

サイトを軽くチェックした後、どのジャンルでコトを起こすか2chを巡回していた連中。
その中で「上級スキルを持つが”バカ”な2chねらーが多く、利害関係が強く荒れやすい板」として
IT系、釣り系が選ばれた。オカルト系、時計系は上級スキルが少ないから却下という判断らしかった。
2ちゃんねらーの諸君、ボロクソ言われてますぜ。

私にぶつけるにしても、それなりに住民の多いジャンルじゃないと祭りにならないし、
そもそも2ch住民と仲が悪い関係でなければ、メンバーの自作自演で回すしかないから難しい。
IT系の板は住民の人数が少ない。悪く書いても、私がアクセス変化に気づかなければダメですからね。

同じように人数が少ないけど、釣り板ならいけるかもしれないと相談の結果決まった。
(理由はよく分かりませんでしたが、IT系よりも人数は少ないんじゃ…?と思ったけど、まぁOK)。
痛いサイトやブログをウオッチするヲチスレを探し出し、私を「痛い人」に演出する目論見をスタート。
それがバトル解説の前半ページの通りになって進んでいきました。

ところで、その元警部補が脱退する際に仲間に言い残した文の一部を紹介します。
さすが警察官だったならではの注目ポイントです。読みやすいように校正した彼の文章。

元警部補が脱退した理由、まず注目したのは2点あり。
一般人が素通りする時計サイトの「盗難品発見」の部分とITサイトの国家表彰の紹介部分ですね。

●「ヤツ(さくだいおう)は大手オークションハウスで”盗難品”を発見している
サザビーズやアンティコルムのような欧米の有名どころで、だ。

お前等(プログラマーら)が盗難品を見つけようとしたら、スキルは何が必要か、思いつけるか?
我々が思いつかない作業を、ヤツ(さくだいおう)はこなした上で発見してるのだから、
自慢程度だろうという印象で軽視してたら危険だぞ。相当な調査スキルが必要。

ヤフオクやebayみたいなフリマと違って、専門査定官が盗難品や真贋を査定するオークションハウス。
その査定を突破した盗難品を発見するというのは、偶然か、狙ったのなら飛びぬけた捜査スキルな筈。
日本でなら1等は取れるかもしれんが、世界各国の業者・コレクター相手に1番目に発見する。できるか?」。

●「最低、盗難品発見は偶然としよう。しかし”2通の国家表彰”はどうか?どうやったら貰えるのか。
皆目、見当がつかないが、少なくとも、そういう件をキャッチできるのが”さくだいおう”なので、
舐めてかかったら逆襲され捕まるぞ」。

●「TVに出てチヤホヤされたがるバカとは違う、マジ毛色がヤバイ。
そんな危険を犯すぐらいなら、別のヤツにしようと提案したが(旧知人により却下され)ダメだった。
さくだいおう相手に捕まる率が高い危険な橋は渡れないから、俺は脱退することにする」。

犯罪者の気がつくポイントが面白いけど、私とすれば、気づくまでに1週間経った時点でダメだぞ。
自慢していると受け取る人が多いネットで、さすが元警部補と一応誉めておく(失礼)。

道を外した元警察官とはいえ、仲間にも気づけさせる説明でGoodでした。それだからこそ…
この意見によって、旧知人とペアを組んでいたプログラマーさえも「危険だ」と脱退することとなった。

また、他のサイトにしたらどうだと勧めても断る旧知人に「私怨臭」を嗅ぎ取ったから、とも言い残した。
オマケとしては、「ヤツ(私)は敵対するのではなく、仲間に入れるべき人材だろう」とも。 あ、あのね…

これらは攻撃側の心理を計る上で興味深く、1週間で5人中3人減って残ったのは2人
旧知人と任意同行3番目(プログラマー2)の2人です。
他の3人は脱退したとはいえ、余罪があるかもしれないので特定は続けます。

事情聴取を終え彼は言った。「あの時の元警部補のアドバイスを聞いておくべきだった」と。
予言?通り、特定され任意同行になってしまった悲しさを堪能しているらしい。反省して悪さをしないように。

しかし、元警官のアドバイスを聞いて「どうして脱退しなかったのか?」と尋ねてみた。

旧知人「ヤツはHPビルダーで作ってるし、あんな下手なデザインで高スキルを持ってるはずがない。
潰すのはチョロイから心配するな。」と説得されたという。そんな素人説明で納得し騙される彼が悪い。

旧知人は自ら手を下すことを極力控え、他人を誘導して書き込ませるから賢く捕まりにくい。
どうしても自由に動いてくれる人間が必要だったからプログラマー2を脱退させたくなかったらしい。
まったく、悪知恵の基本みたいな男です。

私だって、自分のサイトが表示するブラウザによって表紙が崩れて見えるのは知ってるよ。
警察署のモニターでも、ヒドイ表紙で表示されてたしね。そういう時は作り直したいと思うんだけどね。
ただ、修正するよりも更新を優先するから、いつまで経っても今のまま。これは言い訳、反省です。

逆に言えば、そんな下手デザインでアクセスがある・あったという点を重視してみたらどうでしょう?
集中するポイントを間違わなければ、デザインが上手い人なら、もっと好いサイトが出来ると思います。

さて、話は変わって、滑り込み感想メールの紹介をしましょう。
かなり強烈な経験を持っておられる女性で、長くて辛いブルーロードを歩かなくてはならなくなった事情、
周囲の無理解などから来た過酷さを知れば、誰しも人間のエゴのハザマに突き落とされ暗闇でもがく。

ケンカは加害者だって辛いんだ、だから両成敗という意見もあるが、被害者の苦しみは半端ではない。

さくだいおうさま、

はじめまして。いつも、何度もサイトを拝見させていただいております。

大変な目に遭われていらしたのですね。
ここ数日、サイトをチェックしておりませんでしたので非常に驚き、また混乱しています。
嘆かわしいのを通り越して、情けなくなってきました。

ネットは顔の見えない匿名性の高いところで、
まして巨大掲示板と言われるようなところは無法地帯化していますよね。
嘘かホントかなんてどうでもいい、その場限り自分たちがおもしろけりゃそれでいい。
わいわいぎゃあぎゃあ、好き勝手にバカなことや口に出来ないことを
書きまくって“祭り”が盛り上がればそれでいい、んだろうと思います。

「死ねよ」と正直感じるような酷い書き込みを目にすることももう当たり前のことになりました。
「お前が目の前で同じことを口にしてたら、絶対にボコる!」と思うことは
日に何度あるか、わかりません。

私自身、4年前に始めて立ち上げたブログを、わずか4ヶ月ほどで閉鎖したことがあります。
あることがきっかけで、アクセス数が異常に伸びて、
私自身が、頂戴するコメントや重圧に耐え切れなくなったからです。

私は重度の鬱病とパニック障害、他にもメンヘル系の問題を抱えており、
電車に乗ることも出来ません。

(在米なので今は電車に乗る必要がなく、助かってます。
が、運転免許を取ることも出来ていません。精神不安定なので。)

かなり無理をして、でも頑張ってこちらで就職・就業していましたが
3月にレイオフされ、今は自宅療養中です。
私が見ることが出来るのは、限られたサイトだけです。何せ情緒不安定なので…。

さくだいおうさまの『謎の巨大生物UMA』にたどり着けたときには本当にうれしかったです。
数日間、ずーっとサイト内をうろうろしておりました。

子供の頃からこういった系統の話が大好きで、亡くなった祖父が渓流・海釣り大好きだったので、
たまに「勉強のために」と持ち帰ってくれた 変わった魚や小さいサメとか、ウツボとか…
夢中で図鑑をめくって「これはなに!?」と調べたこと、調べても判明しなかった
不思議な魚のことを思い出しました。

そういうえば、私は小学生の一時期、考古学者か発掘をする人になりたかったのです。
不思議なことを自分で調べていきたかった。
そんな気持ちを思い起こさせてくれたのが このサイトでした。

ウモッカ、の話には本当に心が躍りました。
元々私は某あんまりあてにならない世界各地のガイドブックのライターをしてた時期がありまして、
興味を持つととことんまで突っ込んでいかないといられない性質なのです。
病気じゃなかったら、ウモッカの街でずーっと張り込みをしていたいくらいです。
そのほうが病気にはいいのかもしれません、結構。

話が逸れましたが、サイト閉鎖は出来ればしないでいただきたいというのが私の願いです。
更新なしでも構いません。この素晴らしいサイトが消えてしまうなんて、耐え難いことです。

中学生の女の子のこと。彼女にとって、さくだいおうさまは王子様、だったと思いますよ。
だからペンダントを握り締めて、彼女は頑張れたのだと思います。
さくだいおうさまとのやりとりが、どれほど彼女を救っていたことか、
女性の立場(ついでに死を考えている立場)から見ると感じられます。

ネットという仮想的な場に入り、集団化してしまうと
歯止めがいろんな意味で利かなくなってしまうと思います。

もういたぶること、どこまで出来るか、どこまで相手は耐えられるのか
そんなことばかり犯人たちは考えていたのではないでしょうか。

物事の善悪の基準というのは、いとも簡単に変化しますし。
731部隊の狂気と、2ちゃんで誰かを吊るす祭りの狂気は同一のものではないか、と私は感じます。

私は(最近取り戻した記憶なのですが)子供のときに性的いたずらを受け、
社会人になってレイプ、DV、ストーカーに追いかけられて普通の生活が営めなくなりました。

よくよくカウンセラーと話すと、私が「当たり前」だと思っていた家庭内での出来事は虐待であったこと、
なども判明してきました。いや、私自身のことは関係ないんですけど。
でも、そういう自分を忘れて想像の世界・自然のすごさにどっぷり浸れるのがここ、なのです。

私にとっては、仮想世界の『ハナウマベイ(お気に入りのシュノーケリング場所)』です。
南極海のニンゲンとか、もうたまらないです。

それから、私が精神的にどん底にいたときに私の心の支えになってくれたのは、
恩師からいただいたてんとう虫のペーパーウェイトでした。

「レイディバグは幸運を運ぶ。君に幸運が訪れるように。」と言って、
今は亡き大好きだった人が私に下さったものです。
ガラスで出来たそれを大事にクッション性のあるポーチにいれ、持ち歩きにぎりしめ、何度も泣きました。

でも、私の場合は中学生ではなく、レイプなども体験した大人だったので
「今よりも酷いことは今までにもあった。
まだ頑張れる。」と自分に言い聞かせることが出来たのですが…
中学生の女の子には、耐えられなかったのですよね。

さくだいおうさまを尊敬しています。
10年かけて作り上げた、ここはさくだいおうさまの秘密基地で、宝物でしょう?そうではありませんか?
バカな連中のために、それを壊さないでください。
更新が大変なのは重々理解できますので、このまま更新ストップでもかまいません。
秘密基地を遺してはいただけませんか?

クールな男とかなんとかいう、品性下劣な人殺しは国家の力で吊るしてやりましょう。
何のための警察なのか。多大な犠牲を払った一連の出来事です。
絶対にやり逃げはさせず、社会的制裁を思いっきり受けさせるべきだと思います。
彼らお好みの方法で、2ちゃんで吊るすのもアリだとさえ思います。目には目をです。

さくだいおうさま、お疲れ様です。本当に本当にお疲れ様です。
どうか、心の平安がさくだいおうさまのもとに 一日も早く訪れますよう心からお祈りしています。

貴女サイトをリンクして出そうかと思いましたが(特に男性に読んでもらいたい)、一旦、なしでアップ。

触れられてる「731部隊」で連想して思い出したのがあります。
私のこれまた古い記事で、結構コピペされたもの。⇒メール・ネットは顔を隠す
(1999年に書いてるけどネット世界の根本は変わってない。やっぱり、人間の本性が出やすいのかな)
今読むと、ネットバトルに関する問題点が浮き彫りになってるから、ちょっと好いかもと併せて紹介。
エムさんありがとう、またこれは今度。

<人はやりなおせるだろうか?>

旧知人の事に触れておこうと思う。

彼は長い間、京都大学で助手をしていて、中々、講師に昇進しないので教授に恨みを持っていました。
そういう状況で、私が講師で上役となる話が浮上し、怒りの矛先が私へ向くことになりました。
さりげない嫌がらせを受けた私は閉口、しかし、頼りになるはずの教授がイマイチ(自己中)だったので、
彼にとっては不運というか、私はとばっちりというか、結局、彼の気持ちと将来的にやっていく気にならず、
もったいないけど辞退することにしました。

若いからというのも少しプレッシャーでしたが、海外出張やマス研究が楽しかったこともあります。
大学や研究機関に所属しますと、人事異動や研究予算により、研究を途中で止めるケースは多々。

似た事例を思い出す。広島大学教育学部で、長い間、助手を勤め、講師に格上げされなかった研究者が、
指導教官でもあった教授を恨んだ末、刺し殺すという事件がありました。
研究室や教授によって、そうとうドロドロした状況もありえます。学生に教えてる立場なのにね。恥。

私は彼に対して、医学の専門分野を突き詰める傍ら、並行してIT技術にのめり込む労力を割いていたから、
教授らの判断が「講師の能力に値せず」となった訳で、本来の専門を極めるようにしたらどうかと、
研究実績において、周りを唸らせる発見ないし結果を出すべきだろうとアドバイスしました。

当時、私が辞退したことで彼は感謝をしてくれていたようだけど、講師になれなかったらしいです。
現実は教授がいなくならなければ彼は浮上しないようで、結局、大学を辞め行方知れずとなりました。
正直、その教授は自分の地位を誇示・維持するので精一杯で、そのせいで失敗を私が被ったり、
どうにもこうにも、やる気が削がれる事が多くありました。辞めたのは、彼以外の理由もあったのです。

彼と再会したのは後年、私が京大じゃないK大学というところで2年間の臨時で講師としてやった際、
嫌がらせを受けてしまいました。電話などの調査で彼と分かってから、まぁイロイロとバタバタ。

本来、彼以外の理由もあって京都大学講師は辞したのだけど、教授の説明が”すこぶる”悪かったらしい。
どうも「佐久間はお前(旧知人)を嫌ってるから辞めたんだ」などと言いそうな教授なので、
彼は「オレのせいかよ」とか「恩着せやがって腹黒め」みたいに思っても不思議じゃないです。

ふと思えば、普通に2chで見られるセリフですね。2chならまだしも京大教授や助手が言うなって感じです。

その教授は、講義の際に(自分がヘマして)学生がブ〜イングをしたのを私に対してだと報告書に記載したり、
見事な責任転嫁の実績があるので、今更、どう説明したのか聞いたり、修正を願っても仕方がなく手遅れ。
旧知人とは、直接会話が出来ていないし、連絡のとりようがないのがネック。

しかも、私以外に対しても嫌がらせをしている話を聞いているので、今回が終わっても、また来るだろうと思う。
まぁ、こんな男が講師になって学生を教えたんじゃ、例のレイプ学生たちの質の低下に拍車をかけそうだ。

▲例のレイプ学生たち=女の子3人(先に一人帰る)と京大学生男子2名が夜に男性部屋で飲み会を開き、
酔っ払ったあげくに強引にコトを起こし、後日、あそこに違和感を持った女性らが医療機関へ。
診断では性交ありとの結果が。そこで彼女等にエッチしたとの記憶に無かったがため、ひと騒動。
当時の様子が浮き彫りになったが、酔いのため記憶を辿るも犯罪性などが微妙となり、
様々な憶測が発生、「夜に男の部屋へ飲みに行くなんて当然同意だろ」とか「女側の京大生目当て」、
「最初に誘って先に帰った女が悪い」とか、収拾がつかない結果となる。

<元警部補さんへ>

もう削除しているけど、一時期、UMAサイトのイントロダクションにて公開していた経歴があります。
某警察の科学捜査研究所の「法医学」を受けました。受験者名簿って保存してあるのかな?

毎年2−3名しか受けないので(書類選考で受験に進むのが少ないのかもしれないが)、
きっと私の名前が内部資料で残っているはず。破棄するにしても少なすぎるし。
私は残念ながら進路を海外研究で行かせてくれる方面へ進みました。

私が科研へ進んでいれば、その時点で私は元警部補級。同格なんだから、ソレ繋がりです。

是非、(任意同行の事情聴取で)お会いした際は、色々と話してみたいことがあります。
大掛かりになりそうな件を小さくしてくれたことに感謝してます。

で、何が貴方にあって警官を辞めたのか?どうぞよろしく。

<メールのルール再考>

話は飛んでしまって申し訳ないけど、最後に管理人として拘ってた部分を説明します。
指摘する前に「ちゃんと読もう」というこのシリーズ全体を流れるテーマです。

「メール送信のルール」なんてのは、前半の”紹介者”が読まなかったせいでゴミ箱行きでした。
すれ違いを作って怒った彼は、彼自身が読んでいなかったミスに気づかず私を非難しました。
これは重要な問題の一つでした。

私には5つのサイトがあり、最低、3つのカウンター(UMA、ITサイト、時計サイト)を見て欲しいこと、
自慢や宣伝ではないです。素直に見るだけでも損はなし。ご自分が管理人だったら、メールをどうします?

メルアドを5つ作って分けるか、メルアド1つで件名にサイト・タイトルを入れて貰って分別するか。
私がそれぞれを採用してみた結果、一番好かったのが件名に「XXサイト経由」と入れてもらう事。
日々大量のメールが着信しますから、スパム宣伝や読まずリンク申し込みと区別するためです。

気がつけば、このページまで1ヶ月の更新です。1ページが1日ちょっとのペースです。
他で作ったのは、映画カニング・キラー(3P)最近の選抜その10その9。結構な分量ですね。

バトルは1日1ページで読むのを想定した濃さを心がけましたので、一気読みでは読み飛ばすし、
すでに修正などしてますので、少々誤解を生む可能性部分が出てきてるかもしれません。

5サイトの紹介リンクは予告通り殆どを消してしまいましたし(アクセス数が関係し合うのを避ける為)、
初期の頃は1日掛けてユックリ見る設定でしたから、今通して読もうという方で、もし変な印象を持った場合、
ひょっとしたら自分が誤解してるのじゃないかと一旦言及するのを押さえてジックリと読み返してみてください。

もう一通、ディープな読者さんからの感想&ご意見メールです。

さくだいおうさま

初めてメール差しあげます。tと申します。
金魚の転覆病を検索していて写真付きの詳しい治療記録に目を奪われ、
たどった先がUMAサイトでして、昨年の”中国の魚の頭”が表紙の頃から拝見しております。

あまりにも、知ってよかったというHPでしたので、熱の冷めないうちに
タダ読みではなく何か反応しなければと思いつつ、BBSに書き込む勇気もなかったのですが
今回、女性からのメールも多いということで思い切って便乗しちゃいます。

気になることがあって、だいおうさまのサイト全部を巡ってしまいましたが
ほんとに、一個人でこんなにも幅広くいろいろな活動ができるのか、と感嘆いたしました。

理系の話はふむふむと読み物として楽しませていただいていますが
未知のものを追求することには未来に対する希望のようなものを感じ、
少し目の前が開けたような気持ちになりました。
理系のヒトは工学系のヤツしか知らなかったので、ちょっと偏見が解けたかもです。

この度の一連の記事を読んで・・。
ネットがあったから距離を越えた出会いがあって、
ネットがあったから極限まで追い詰められてしまったこと、
何度読んでも、複雑な気持ちでいっぱいです。

(中3女子の件)じぶんのことだから、真に身近な人には相談できなくて
向こう側のさくだいおうさまに助けを求めてきたこと、なんとなく分かる気がしました。
彼女は見る目があったと思います。
メールの「・・・ばかっ」っていうのは、彼女自身に向けたものではないでしょうか。

それにしても、その時の加害者が未だにしつこくつきまとってくるなんて逆恨みにもほどがある!
サイト運営ではこんなにも大変なことがあるのか、と
具体的なことを書いてくださったので初めて知ることができました。
どうかどうか、そんな奴らの思い通りにさせないでください。応援しています。

ところで、、、わたしは常滑の実家暮らしなのですが、最近のネタからしても、
さくだいおうさまって、常滑に、お住まいなんですよね???
もう、びっくりしてしまいまして。近くでUMAみっけ!というくらい感動しました。
(うちって田舎なんだ、とも。)

▲常滑へ引越したのは事件があった際にセントレアに直ぐ行けて飛び立てるようにです。
それまでは旧名古屋空港の小牧に住んでいたり、結局、その仕事を辞めたいと思いつつ。
しかしながら、最大のネックは常滑市を殆ど知らないこと!!!コンビニとマックは知ってる。
すれ違ってるかもしれないですね(恐)…by作者


個人的に一番ウケた記事は、ITサイトの”輸出入のやり方”のところです。
長らく地元から離れていたので、”とこしん”の名が無くなったの初めて知り(笑)、
当地金融機関の対応のひどさには、転げまわってウケました。

以前、常滑市役所で、しばらく住んでいた香港からの転入手続きをしてもらったときに、
どう説明しても「台湾」で受けると言い張るのです!
それなら中国のがいいですと言っても調べようともせず上司の顔色を伺ってるしまつで。

何に影響があるというわけではないですが、わたしの・・年を全否定された気分で
実のところけっこうショックだったのですが、だいおうさまの記事によると
地域性というか昔からか・・・と深〜く納得し気がラクになりました。

いろいろおもしろい記事を残していただいてありがとうございマス。
あ、クイーンエリザベス病院ネタて、九龍サイドのあそこですよね?
何度かお世話になったことがありますよ。(もちろん患者で)

▲しまった、クェートでの写真が被ってますね。一個消しておこう…by作者

それから、津市の巨大タンカーも現地に見に行きましたので、
めちゃくちゃなつかしく読ませていただきました。

↓おそらく、だいおうさまの方ががわたしよりコレの近くに住んでらっしゃると思いますが、
既出ではないですよね。先週撮った写真添付します。

*********************************
名鉄常滑駅付近に巨大な”猫の頭”が現れた。
高さは3.6メートル、幅は6.3メートルある。
10メートル離れて見ても愛らしい。
概観からすると招き猫の一種と思われる。
*********************************



”魚の頭”の記事をぱくってみました。。左手招き猫は人を招く!

良いお仲間が集まって、バトルに勝利されること、心から願っています。
サイト閉鎖云々は単なる決意表明であってほしいから。
これからも楽しい記事を楽しみにしています。

P.S だいおうさまの顔写真、大学の時に恋のナヤミを相談してしまった先輩に似とる・・

Tさんは、よく読まれてますねぇ。エライ。
年齢のなんて女子大生は大学絡みでダメと書いたけど上限は書いてなかった気がする…、
うーむ、何はともあれ、輸出入のやり方に反応があったのは初めてで嬉しかったかも。

ついでに、ネコ…知らなかった(唖然)今度、探してみよう。

結局、バトル編は1ヶ月チョットでの結果として、3人の特定と任意同行、逮捕。形的には勝利でしょうか。
更に2名の途中”脱退”組みは進行中。私が相手だから止めたからではダメで、
他に悪いことをしてるかもしれないから一応事情聴取までしておきたいと思ってます。

別の本丸だったクール男たちですが、3人とも連絡が取れ、キツイお灸を施せました。
ふぅ、長かった。3名+2名+3名=合計8名。過去最大の人数を挙げれました。
しかし、肝心の旧知人は、地下に潜りましたので、今回は交渉も何も無理と思ってます。

こうやったおかげで、今後、更なる強敵が「次はオレ」と出てくるかもしれません。
数分読んだだけで来るか、知った上で来るか・・・知った上で攻撃する旧知人のような人は、
最も強敵でしょうか。ということで、一件落着デス。

(様子見は継続で…疲れました)


正直、ネットバトルには精神的にもたないようになってきました。

休み無く仕事のし過ぎなのか、どうやら2年前の頭部強打、1年前の崖落下が影響しているのか、
忍耐力や判断力がすこぶる悪くなってる気がします。文章も下手になった自覚があります。
前に古い記事を紹介した際、「今より上手くまとまってる」とか付記してましたが、マジです。

そうそう、ミクシイやサイト内で書いていますが、誤解しないで欲しいです
研究費などで貯金が枯渇した私は、アパート住まいで貧乏暇無しです。
ポックリ逝ってても、1ヶ月は気づかれない自信ありデス!!!
「エリート?」、「勝組み?」、そんな羨ましい時代は思い出せないほど前ですねぇ。頑張りたいけどね(涙



その23へ戻る   バトルその1   ⇒その25:捕まった後の彼らの気持ち



<同管理人の作成サイト>
IT相談所     UMA     時計     サケマス(淡水釣り)     海釣り