UMAサイトファン中3女子を自殺へ追い込んだ7人のうち再度アタックしてきた3人への動機追及、
まだ反省してなかったのか。今度は許さない。

サイトバトルその25 アイデンティティ(捕まった後には何が来るのか)

以前、彼らは2chスレにおいて匿名だからこそ、ヘッポコではなく真っ当な意見と受け止められ、
「語っていることは正しく悪女を暴露している」みたいに周知されたわけだが、
匿名から引きずり出された状態で、それを知ってる人間に対して攻撃すれば、どうなるか。

感情優先になった書き込み文章は癖が出やすいので、判断も以前よりずっと楽になる。
彼らに知識があれば、警戒して上手く誤魔化してやれると思うでしょうが、そうは上手くいきません。
点の打ち方や言い回しなどの癖を観るレベルは基本中の基本、癖というのはもっと別のものにも及ぶ。

例え「ですます」調で分かり難くしても、思考の流れは簡単に修正できませんから、
そういった材料を投下すれば反応してしまうもの。
私で言えば、私にだけ分かり他人には分からない心痛ネタ、それを投下されると反応してしまいます。

中学生事件の際、その3人は私が徹底的に癖などを2chスレとミクシイ・コメントを比較検討したので、
今回のネットバトルでは、わりと簡単に判明してました。

行き過ぎなければ普通は動かないのに、彼らは未だ”執行猶予中”だった筈なので、
もう情けは禁物、さっさと猶予を外して実刑コースに乗せなければと考えた次第です。

せっかく裁判官が彼らの主張「書き込みで自殺するとは思っていなかった」という部分を取り上げ、
反省を促す温情というか、カキコで実刑を与えない執行猶予という”無罪みたいな形”にしたのに、
やはり人の気持ちを分からない、逆の立場になって考える想像力の欠如は致命的と私は判断。

捕まってから、その後には何が待ってるのか?を訪問の皆さんに紹介するため、
彼ら3人は中学3年事件の後で、どういう心理でまた書き込んだのか、事情聴取で得た話を公開したい。

<捕まった後、どう過ごしていたのか?心境の変化は何か?>

執行猶予がついたおかげで自宅へ戻れた彼らは、最初は反省する日々を送ったものの、
TVや映画を観て徐々に罪の罪悪感がとれていきました。そうして精神も”彼らの普通”に戻りました。
予想より早い戻り具合で1ヶ月ほどだったらしいです。

失恋よりも復活が早いんじゃ?と私は思ったけど、まぁ、ケースバイケースなので何も言うまい。

結果、見事に事件を忘れかけた頃、3人に共通する件が起きます。
他の4人は何事も起きなかったゆえ、今回は参加しなかったともいえますが、
多くのレッテルを貼られた人に起きる”差別”です。

7人は、どちらかというと忘れるために努力している状態、正社員だった者はクビになっているので、
仕事(バイト)でもして社会復帰しようと勧められ、探そうという段階になっています。
ところが、なぜか以前と比べ「履歴書・書類選考」段階でお断りとなるケースが相次ぎました。

大企業で取引先の信用調査をした人は分かるでしょうが、帝国データバンクなどの調査結果です。
1件の依頼が幾らと契約してる会社は多いでしょう。

帝国バンクのように数行のレポートを出すだけでお金が手に入る仕事は美味しいですが、
(私が利用した時は、まぁ、あんまり詳しいレポートじゃ無かったでしたが)
最低限の短いレポートですら、多分、犯罪記録が記載されているはずです。

4人は時給が安くとも、公衆浴場の清掃など、ほんの少しの収入でも好いとやり始めました。
美味しいバイトなんかは無理でした。チェックの甘い誰でもOKな体力仕事、しかし、それも罰です。
拘束が長ければ長かったほど、周囲も察知し、どうしたのと聞けば、知ってる誰かが教え、
徐々に広まっていきます。これも罰です。

交通違反のような、早く忘れるように支払ってしまえば済む反則金の扱いとは違う、
例え罰金級の赤キップだろうと、彼らの誹謗中傷や侮辱の起こした事件は消えません。
中3女子も戻ってきませんし、殺人級なのに軽いイジメ程度で済まされているのも癪に障る。
(しゃくにさわる)

そもそも、イジメを集計して0にしていた教育委員会・学校の適当さを思い出してください。
現在、やっと修正された程度ですが、同様にネットの誹謗中傷なんて屁みたいな罰です。

硫化水素の自殺が多くなっていますが、その原因にネットでの誹謗中傷などがあることも
察知できる人には「当然の帰結」でしょうが、加害者の罪が軽すぎるというのが今の状況です。
それは現実が追いついていないから仕方がないですが、早く追いつくよう祈っています。

尚、4人は贖罪の意味をこめて地道にやり始め、中には望んで厳しい仕事を選ぶものも居ました。
話をすれば大変重い口調で、どう反省したら良いのか分からないから、少しづつ稼いで、
親御さんへ渡したいと一生続けたいと、個人的には「そうやってガンバレ、続けるんだ」と。

しかし、残りの3人が、今回、再度やってきました。
バイトを断られ、逆恨みを始めるのに時間は必要ありませんでした。すぐにブチ切れたようです。
何件当たったのか、正社員に応募したのも多く、後に聞けば2−3件だったといいます。

ちょっと待て、正社員はさすがに書類選考で無理だと思うが、しかも大企業に応募してどうする。
彼ら3人が会って言い合ったのは、「オレたちが悪いことをしたのだったら、他はもっと悪い」だった。
「フッた女が悪い」、「彼女には悪いが、佐久間が悪い」、「世間は腐っている」、「2chを潰せ」…等々。
彼らが反省しているとしながらも、事件を深刻に受け止めてなかった本性を見せた瞬間でした。


ネット上には多くの啓発サイトがある。しかし、私が紹介されることは滅多にありません。
理由は”ネタ元”だからで、よく引用や転載の連絡が来たけど、サイトまでリンク紹介は少ない。
私は体験や経験を現在進行形で書くから、今回でもよくお分かりの通り、話が飛んだりして、
最初から更新ごとに読んでいる人は分かりやすいけど、途中から読み始める人は結構たいへんです。

ゆえに、オリジナルであるココから好い所を抜き取って引用・転載され分かりやすくする啓発目的なら、
リンク紹介なしでOKとしてましたが、ネットからしばらくは離れるつもりなので、一応リンクして下さい。
メールで許可を求められ確認して返事をする作業も離れますので、後にリンクで分かるように…。

・・・・・・・彼らのアイデンティティー2バトル解説その27へ続きます。(1ページ間に挟んで)



その24へ戻る   バトルその1   ⇒出会い系への誘いオマケ(気分を変える息抜き)



<同管理人の作成サイト>
IT相談所     UMA     時計     サケマス(淡水釣り)     海釣り