本来、息抜きとして入れるつもりのお笑い話だったのですが、急展開で全力を逮捕者3番目へ。
従って過去の”更新予告”よりもズレた順番になってしまいました。2日間徹夜の後で書いた乱れ文章にて失礼。

サイトバトルその26 出会い系、女の子だったら誰もがネットアイドル!!!の巻

これは、バトルに関係なさそうでいながら思いっきり関係しているのが悲しい失敗の思い出。
「写真を使わせてくれ」と言われたのは、私以外には多分、探したって居ないほど珍しいと思う。

その出会い系サイト管理人は、なぜか客寄せである女性ではなく、男の登録を欲していて、
しかも、懐中時計のサイトなんかに来てメールを送ったのか?

少し考えれば理由が推測できました。

当時の出会い系は、どれほど凄かったかの例があります。
相互リンクしていた主婦の方(多分20代だった)がサイトの改造をボランティアでやってくれる、
そんなスキルを持つ人向けに「ご近所さん」だったかに募集を書き込みました。
次の日に50通、その次に40通、みたいに優しい男性から申し込みが殺到、
結局、誠実そうな男性5人を選び、その中で一人に決めたそうです。

そんな話を聞いて、私も「人間、捨てたものじゃないな」と素晴らしい情報をありがとうと思いつつ、
自分の1番目サイトのタグはメチャメチャ、それなら自己流ばかりのサイトを綺麗にしてもらおうと、
”ご近所さん”に書き込みました。女性ならまだしも男性だからと報酬を10万円に設定しました。

これなら次の日には50通とはいわないけど、20通は来るだろうと思っていました。なにせ10万円。

ところが、3日経っても、1週間経っても1通のメールすら来ません。
その奥さんに聞けば、ずいぶん経っているのにいまだに申し込みが来るという。

私の方は、「10万円でそんなもんやってられるか」といった感じだったのかなぁと思ったけど、
女性に対しての扱いと違う現実を、初めてネットで経験した瞬間でした。

話は聞いたり読んだりしていても、実際に肌で感じると、ゾゾっとした心理を垣間見たような、
男女間の「扱いの本質」という妙な面白さまで感じました。

更に、とあるネットショップ(Tシャツ屋さんだった)で服を買い、オーナーへ何か質問をしたのですが、
2−3行でコピペ返事が着ただけで、印象の悪い、まさに典型的と烙印を押したところがありました。

何かの話題の際、先の主婦さんが一言「あの店のオーナーさんって優しい。質問したら丁寧な返事」、
もう「悪いからアドバイス要らないわ」と言っても「初心者は大変だからね」と数行の疑問符を書けば、
非常に丁寧なメールのアドバイスが来たらしい。

驚いたことに彼女は店では何も購入してなかったそうです。あの店のオーナーが…。

こんな信じられない男女差別があったのがその時代ですから、
男性である私へ出会い系が写真を求めに来るのは異常な状況と感じないほうがおかしいです。

常識的にストーリーを考えてみれば、出会いサイトは隆盛は激しく、出来たり消えたりを繰り返し、
「ご近所さん」のような、一見、関係無さそうなところでも出会い系だったのですから、
人気を出すためには差別化しかありません。すると、カッコイイ男性を探してるのか?というのはアリ。
いえいえ、そんなに私は自惚れ屋ではありません。

その問い合わせてきた出会い系サイトは一旦閉鎖し、リニューアルオープンということでした。
過去に登録があった男性に、メールで再登録をお願いしているとの事。常識的な話でした。

しかし、私は出会い系サイトへ登録したことはありませんでした。
しかも、以前の登録されていた写真はアクセスが多かったらしく(お世辞を差し引けば普通程度だろう)、
是非とも登録して欲しいと熱望されました。確かにその管理人が提示した写真は確かに私のもの。
サイトのどこかにコッソリ入れてあっただけなので、サイトを探して見つけるのは難しいだろうから、
以前は本当に登録してあったのだと考えました。

▲当時は顔写真をサイトに貼るのを信頼性のひとつと考えていました。日本よりアメリカで普通。

誰かが悪戯で登録したのだろう、それを調べる為にOKと承諾し、調査に乗り出しました。
登録了承の理由は、管理人から話を聞いたり調べてもらうには登録しないとダメだろうという考えから。
目標は、過去に(私を)登録した第三者の正体を探ることです。見つけて怒らねば。

ここで私は深く考えてなかったために大きなミスをしていました。
登録が過去に誰かにされていたのなら、女性から申し込みが来た時にどうしてたのだろう?
転送は無理な状況、メルアドは出会い系サイトの管理人がソレを使って誘ってきているのだから、
以前に登録されていてアクセスがあったのなら、私へ女性メールが着信しているはずではないか?
それとも、管理人が言うアクセスだけはあっても、実際は全く興味を持たれずにダメだったのかも。

結局、後で説明しますが、悪戯ッ子が判明し、脱会するために手順を探しはじめた時に問題発生。
ありえない事が起きました。その案内がない!!!という、その場に置かれたら顔真っ赤状態。
脱会する為の削除コマンドも手続き案内もなく、管理人には同じような苦情が殺到したのだろう、
メールの返事も来なくなってしまった。

この時点で、登録されている男性全員が退会できない呉越同舟(ごえつどうしゅう)となる。
顔写真は晒されてるし、登録メルアドも生メルアド。サイト訪問者に見つかれば笑いの渦だ。
ここから悲劇が始まるのだけど、正直、どうすればいいのか分からない頃でした。

to be continued...男性の殆どは架空だった!!!

PS:登録したのは友人で、当時、ある出来事でブルー入ってた私を「女性に飢えている」と考え、
これで少しは元気が出るだろう的な作戦だったという。
その後、削除までに何件かメールが来たのは内緒だけどね。



その25へ戻る   バトルその1     ⇒アイデンティティー2(バトルその25の続き)



<同管理人の作成サイト>
IT相談所     UMA     時計     サケマス(淡水釣り)     海釣り