「自分同様のヤツが2chにたくさんいるのに、どうして全員捕まえないのか?」
8年近く前(2chが出来て)から同じ言い訳をする書き込みからの逮捕者たち。
言い訳も人間も薄っぺらい攻撃側。ネット上の強い姿はそこにはない。

サイトバトルその27 アイデンティティー2(捕まった後には何が来るのか)

・・・・・・・バトル25の続き。

彼らは考えた。「2chではもっと酷い書き込みも多いし、どうして自分たちだけ?」と強く感じたそう。
確かに彼女が亡くなったのは悪かったが、書き込み自体は2chに山ほど類似のものがあるし、
飛びぬけて批判を浴びるほど悪くないのじゃないか?、罰を2ch全員に負わせろよ、と。

この感覚は、彼らがモンスターみたいに映るのではなく、平均的な人でも普通にある感情です。
駐車禁止の場所に車を止め反則キップを切られた人やスピード違反なんかでも同様で、
他の駐禁の車はどうして捕まらないのに、もっとスピード出してる黒塗りベンツを筆頭としてBMW、
横柄な運転が多いセルシオからポルシェなど高級車が捕まらないのはオカシイと言う愚痴である。

確かに「警官が高級車を避けてるだろ」という事実は私も目撃してるし、まぁ、よくあります。
反則キップから格上の赤キップの罰金まで、ここを読んでる人たちも1件は経験していることでしょう。
むろん、私もあります。しかし、彼らの罪はもっと大きい。それを分かってか分からないのか、
一般的な交通反則のケース程度と一致させるのが、自己防衛反応と思われます。

彼らの自己防衛反応とは、自分が悪かったとするのではなく、仕方が無かったとする正当化。

特にひどい書き込みをしたが直ぐにスレから去っていった多数の住民はお咎めなしだったので、
彼らが後日、あのスレやミクシイが少女を自殺へと追い詰めた事実を知ったとしても、
「まぁ、オレと同じように書いた人は多いから、オレも引っかかって書き込んだが仕方が無い」と
あの事件を無かったものとして考えてることだろう。7人の連中は捕まったゆえ不平等感を持つ。

ただ、7人のうち4人はそれなりに反省してネットも止め、自殺未遂をおこしたものもいた。
そんな苦しみから逃れようと知られざるエリアへ引越し、アルバイトで粛々と社会復帰を目指していた。

まだまともだった4人とは反対で、今回、再度、任意同行となった3人は説明した。

携帯チェーンメールで多くの知人等が自殺事件の原因と追い詰めた連中の氏名を知り、
中には過去にイジメられた連中もが知ることとなったから今度はイジメ返されたらしい。
力関係が逆転したわけで、当然、当たり前な話です。
過失割合100対ゼロ。ここぞとばかり徹底的に責められイジメられた。

使い走りをしてたヤツにすら、バカにされるに至って逆上した。3人は耐えられなかった。
「せっかく反省しているのに、心を乱すバカ者たちめ、コロス」みたいな感じとなってしまったのだ。
それゆえ反省の立場を忘れ、ネットに復帰、再度2chにて様々なバトルエリアを巡回し、
匿名で色々と煽ったりしたが、2chの住民達からは非難されることはなく、自信を取り戻した。

ここまでで、アイデンティティの復活と自己正当化、見事に揃った反社会的思考が一致した3人。
それゆえ、ターゲットを私に定めて今回攻撃してきた訳だが、前回同様、自分の能力を基本として考え、
相手の力量を計ることが出来ないので、同じ失敗を繰り返すに至った。

まさに前回と同様の結果となってしまった3人。
私と再会し、以前の中3自殺に追いやった事件が走馬灯のごとく蘇って来たという。相変わらずバカ。

私は一連の彼らの言い訳を聞いてきた訳だが、中3事件の7人も、今回の放流団体事件の5人も、
どうも同じ人格に思えてならなかった。人格に差がない一蓮托生(いちれんたくしょう)逮捕コースだ。
彼らは個性を発揮していると思っているが、全ての言い訳がどこかで聞いたことのあるものだし、
本人たちが自覚しているかどうか不明だが、オリジナリティが全く無いと感じられるのです。

悪さをするエリアにて慣れ親しんで成長してしまったがためなのか、彼らとしたリアルな会話にしても、
書き込みにしても、アイデンティティーが画一化しているといえば好いだろうか。
人間として、アイデンティティの幅が感じられず、薄っぺらく感じてしまうのだ。

以前の話を思い出して欲しいのだけど、3人の内訳は「毎日家のそばにいる」2名(クール男含め)と、
中3の彼女いわく「ホテルへ連れられそうになった人」。
全員、自己中心的で相手の立場を想像するのが苦手というか、訓練されていない傾向がある。

女子中学生という相手にホテルへ行こうとした男は、純粋に「中学生」という事を忘れてるし、
ストーカー2名に至っては、自分の存在を隠しながら追跡するのではなく、どちらかといえばバレバレ。
車のワイバーに手紙を挟んだりしたらしいので、自己主張かプライドが強いのだろうと思う。

”プライドが強い・高い”というのは厄介な意味で、誰しも持っているものだし、
「あいつはプライドが高い」と相手を指して書けば、ネガティブ・イメージを周辺に与える簡単な悪口。
こういう表現を多用する人はすこぶる多いが、意味を知らないのだろう。「人を見下す」というのも同じ。

努力をしている人のプライドの高さと、何もしたことがない人のプライドの高さは全く異なるものだ。
特に前者の場合は、プライドの高さとは言わずに”誇り高きもの”と表現するのが正確だろう。

まとめれば、こうなる。

車のワイパーに手紙を挟んだ2人、彼女が中3ということを考えてなかった証拠で、母親の車だ
ホテルへハンドルを切った一人も、彼女を対等の女性として考えていることが伺える。中3なのにだ。
自己中とはいえ、このポイントを重視したい。彼らは頭の中で決め付けたイメージが最優先され、
自分をとりまく世界について客観視できないと思うのだ。

こんな傾向の強さというものに、私はドラッグ遊び常習の性癖と関連つけたい。強引かもしれないが。

2chあたりで書き込んで成長した人間と想像するのではなく(彼ら自身が2chのせいにするので)、
「じゃぁ、2chが無くなれば問題が解決できるのか?」と、どうもボヤけてしまうのだけど、
頭の中で作り上げた”中3を大人の女性として扱う奇妙な部分”を全て納得できる唯一の手段を探す際、
私が試行錯誤して分析した結論です。他に簡単に説明できるものがないともいえる。

どうしても彼らの心理が平均的な人間の普通さを示しているし、特殊でも何でもない。
彼らの尿検査にはドラッグの形跡は無かったが、7年以上もの悪影響を与える摂取の仕方をすれば、
おかしな行動を一応理解できるのだ。尿検査で引っかからないのは当然でもあるし。
(精神疾患、脳の構造異常などまで広げると何でもありになるので注意)

このシリーズを書き始めてから、2件の高1女子殺人事件があった。

高校の部活帰りで暗くなった時間帯、自転車を押し倒しタオルを口に詰め込み、首を締めて殺害。
以前から不審者の目撃報告があったが、スピードを出さずにバイクでグルグル周るなど、
(仲間同士でのグルグル回転はあるが、一人でのバイク回転行為だったので)
ドラッグの影響が感じられる異質な行動と思えました。変な衝動が押さえれないのです。

しかも、ネットで彼女の日記を見て「気持ち悪い」で逆上し、反応したからかもしれない。
「キモイ」というのは、人によって凄まじい侮辱表現と受け取られる場合があります。
軽い意味だったとしても、年齢によっては「キモイだと、ぶちコロス」へ直球ストレートど真ん中。
一応、第三者の見れるネット上では避けた方が好いと思う。

また、もう一件も、深夜に家を出て事件に巻き込まれた高1女子だが、深夜に呼び出され、
7kmも歩き、コトに及ばれてる追跡捜査から、友人や遊びだけの知人が容疑者で浮かんでるが、
これまたネット上の日記から彼氏と別れるというより、付きまとわれてどう断れば良いかみたいな、
または三角関係みたいな人間関係に苦しんでいる様子がありありと浮かび上がっていた。

携帯の痕跡やその脊髄反射的な殺害風景と、バール状凶器の計画的用意から、矛盾があるが、
これも犯人側にドラッグ使用の悪影響を感じる部分です。
無論、犯人が逮捕され、尿検査で反応が出なければ薬物依存の原因は取り上げることが出来ません。

「ドラッグ」、特にバッドトリップになった際に救世主として演出、完全なる洗脳をしたのがオーム真理教。
理性で何とか成るというのは無理で、脳が化学反応で成り立っている以上、薬物には適いません。

また、薬物以外で異常な行動を起こさせるには、相当な仕置きなどが必要であり、
(脳内麻薬の過分泌みたいな)、一般的には家庭内暴力などの激しいケースで起きるので、
さっさと暴力人間から被害者を遠ざけないといけないことは、少し勉強すれば簡単に書いてある。
暴力が行き過ぎて死んでしまった奥さんや子供が出たエリアの担当部署は怠慢と言われる所以。

つまり、ドラッグ遊びが広まってる昨今、やめろというのは簡単だけど、一つの案としては、
常習してしまっていたり、今は止めても過去に酷いバットドリップを起こした人は、
犯罪に走らないように、自分で「ヤバイ」と思ったら友人知人に告知し、引きこもる方が無難です。
または、引き篭もらせて下さい。(施設が追いつかないけど、それしか対策は無い)。

また、ドラッグとは縁もゆかりも無い人で、付きまとわれる相手の異常さを早目に見抜いて、
助け舟を誰かに求めるのが一番です。友人知人への助け舟では事件が起きても防げれないし、
公的機関や警察でも、仕事を勘違いしている自覚のない担当者ではスルーされるので、
なるべく親身になってくれる正義感の強い人に当たるまで、何件でも相談するべきでしょう。
(病院での医者・疾病に対するセカンドオピニオンと同じように諦めないこと)

ドラッグ原因説は私の推論みたいに見えますが、実は推論ではありません。
トリップ中の「ジャンピング フロム ザ ウインドウ」と3段壁などからの「バンザイ・クリフ」は、
時々ニュースで流れますが、結果として他人を傷つけず自殺になったなら未だしも、
関係する犯罪が異常に多い事実を知らない人が多いので、この際と簡単に触れました。



その26へ戻る   バトルその1   ⇒アイデンティティー3



<同管理人の作成サイト>
IT相談所     UMA     時計     サケマス(淡水釣り)     海釣り