<サイト休眠・予定のご挨拶>

京都大学講師を断り、東京大学の卒業生を指導し、国家表彰を2通持っている男。
一応有名なK大学では2年講師をしたが、オカルトサイト管理人は常識がなく科学を知らない、
そんな先入観なのか、「この説明変だよ」指摘は山のようにありました。
たとえ指摘の方が間違っていても、そのやり取りは社会的立場がなく楽しくもありました。

10年目の今回、キャリアがバラされたせいで、気軽に読んで貰えない気がします。
それとも、読者層がガラっと変わるかも知れない。しかし、もう以前には戻れない。

サイトバトルその30 アイデンティティ−5(捕まえた後には私は……)

最初、このシリーズを書き始めたのは、2chスレとミクシイ・ヲチスレの内容を教えてもらって、
その2chスレにハンドルと共に説明をカキコしたことから始まりました。時に4月3日。

公安委員会番号を持つ警察と仲良しの人間、下手すれば警察に指示できる立場の人間、
プロフィールを見れば公安委員会番号が書いてある私に、知らずにケンカを売ってくるという、
世間をナメた相手に対して「2chは匿名ではない、さっさと特定され己のバカさ加減を知れ」と
どちらかというと「お馬鹿さんを反省させる」という、2chも匿名じゃない啓発の意味が強かったです。

例の保護団体さんが悪い事をしているなら、農水省の監査や集金システムのチェックでも入れ、
問題解決だって、確かにその気になれば速やかに出来るかもしれません。一般人だと困難でも。

どの作成サイトでも、それに合ったプロフィールが用意されてますが、公安委員会番号は共通です。
それは私個人が持つ番号だから。警察でネットの犯罪をモニターしている部署に行って、
当然、知ってる警官が「ちょっと教えて」と言われれば「これはああでこうで」とアドバイス。

その私に対して誹謗中傷・侮辱をすれば、否、たとえ知人の悪口を書かれても同様で、
前から私の事を知ってる人たちや第三者(ちゃんと読んでる読者さん)からすれば
ケンカを売ったり悪口を2chで書くなんて「相当なバカ」。

ところが、そんなにアッサリとした「世間知らずのバカ」を懲らしめるだけではなくなりました。
知らずに悪口を書いたバカなら楽なのに、知っててやってきたから用意周到、話は別です。

最初、知らずに乗った2人は1週間も経たずに特定され、聴取を受けたのがいい例。
自称「2ちゃんねらー上級者」は4〜5年ぐらいのキャリアで、その倍のキャリアの私に挑み、
見事に壁に当たって自爆・粉砕となった笑い話で終わってれば良かったです。

長い物語を読んでココまで来た方々は、この1ヶ月の展開で、初期のスタンスがどうだったか、
是非とも思い出してください。例えリンク部を飛ばして一気に斜め読みする方であっても、
今後、プロフィールを見て公安番号持ちや長いサイト運営をしている管理人に対して、
私怨で騒ぎを起こそうとは思わずに、最低、避けようとされるはずです。逮捕早いしね。

文章が長くなると、気にする場所が人それぞれとなり、チョイ出だった件に拘る人もいるし、
例えば「あめぞう」寄りと解釈する2ch側だと(別に誉めても味方もしてない=2ch司法手続き部)、
繋がりを探そうと私を調べまくる。申し訳ないけど、全然、繋がりはないです。
そういえば「あめぞう」関連1chTVの関連企業から月極広告を頼まれ宣伝したことはありましたが。

また、他を全く気にせず「私がボロクソに言われた」部分を気にしたりする方もいらっしゃいますが、
そもそも私はそんなに悪く言われてなかった(=下部に2回目の2ch住人のカキコ転載)からこそ、
私怨者の特定が容易かったのだから、微妙に人へ伝える難しさを実感する次第です。

古いITプロフィールで医療機関の光デスクによるカルテ、病院同士のオンライン患者情報共有化の
システムに関わった部分で、「旧知人」は思いっきりITへ進んで詳しくなった、私は普通のスキル、
このバトルシリーズでは書いてない部分を察知する「他までよく読む方」へは感謝したいです。
また、こういう↓意見が多くありました。

「捜査スキルや公安委員会を説明せずに、悪口を気楽に書くバカを検挙していって欲しい」。

「どうせ読まずにケチつけるバカは今でも多いのですから、この際、一網打尽にしてください」。

私は純粋な公務員ではないです。お金の流れはなく、国家イベントをはじめ全て自腹です。
報酬が発生しない限り無料奉仕=ボランティアみたいなものです(だから貧乏なんだって!!!)。
私に関わらない限り、正義感だけで色々するのは限界があり、それこそ公務員がすべき仕事。

もう私は、バトル告白シリーズを書き始めた前には戻れません。前後で違う人間です。

ノホホンと楽しいかな?みたいに記事を書いてた自分はどこかへ行ってしまいました。
潰そうとするなら、逆に、もっと潰してやるという姿勢が前面に出てしまいましたので、
引いてしまった読者も多い筈です。

私が訪問者なら、そんな管理人へは近づきたくないです。自覚していました。
10年運営をしてきて、こうなったらネット上の「さくだいおう」は死ぬと感じていました。

例え、私のサイトを攻撃した後に、10サイトほど潰そうと計画した連中が、
最初の段階で逆襲にあって反撃を食らった世間的には良かったにせよ、
私だって人間なので、やってられない心の傷を負います。なにせ拘束者が多すぎる。

悪口が積み重なり、耐えたり、スルーしたり、しかし繰り返されるネット世界。

雑誌連載の原稿は遅れるは(自分のせいだが)、罵声は2ch級だし(これも自分のせい)、
まぁ、自業自得という気持ちにもなりますから、どんどん凹んでいきます。

バトルが初めての管理人ではないです。そりゃ初めてであれば修正も効きますが、
10年の間に色々とあって、それを乗り越えてきた管理人としての”やるせなさ”は語り尽くせません。

相談者が亡くなったのは、まだまだ何件かあります。

2001年、大病を患った私は、リアル仕事を全ストップ。痛みを誤魔化すためにITサイトに集中。
Eコマースの相談、誹謗中傷相談のボリュームを増やしました。
その中で、脱サラしてネットショップを開いた方(若い元サラリーマン男性)から依頼が来ました。

客2名とのトラブルが発端だそうで、一対一なら普通のケースなのに、客2名が連携した為に、
2chの該当ジャンルのスレでローテーションを繰り返され、知ってた他客まで面白半分で参戦、
外見・容姿の中傷(本人だからこそ分かる)などのネチネチ系の悪口が4年も続きました。

数人しか当事者がいないせいか、思い出した頃にスレに書き込まれるので逆に厄介でした。
私への相談としても、止んだり始まったりで対応が難しく、結局、長期になっていました。
別のお店の中傷合戦があった時に思い出したかのように彼も叩かれるので、
「終わった、立ち直ろう」と思う間隔が乱れ、相手の想像してなかった苦痛を彼に与えました。

短期間に集中して炎上するのより、相手が思い出した時に投下する数年に渡ったものが、
すなわち2週間や1ヶ月に一度、捏造された中傷・侮辱が投下されるので神経をやられ、
私宛に感謝のメールを送った次の日に、彼は自殺されました。
口止めされたので、書き込み者たちへは知らせずに、そう、彼の自殺を知りません。

悪口が集中されるのに対して、月1〜月2程度で書き込み投下を継続されるのは、
第三者的には「軽いじゃないか」と思ってしまいますが、実は別の苦痛を与えるものだと、
そういう場合もあることを、私は実は先に経験上知っていたのに守れませんでした。

彼が逝った丁度その頃に大病がなんとか治り「私の方が先だと思っていたのに」と微妙な感覚。
完全匿名ではなく、トラブルを起こした客2名は最初から分かっていたので、通常と違ってた…。
ご家族や周囲も「ひどい誹謗中傷じゃないのに」と彼の苦痛は理解できなかったようです。

ここで詳しく紹介していこうと思いましたが、自分の力量の無さが露呈するだけじゃないかと思う。
どんなに止めさせようと2chへ行っても、次から次へと出てくる誹謗中傷、侮辱のキリの無さ。

過去に書いてるけど、スルーで止むなら何もしないでOK、しかし潰すのが目的だと延々と続くもの
警視庁の「スルー推奨」というのは、あくまでも普通の炎上であるので別次元の片手間レベルだし、
私が出て止まったケースなんて微々たるものだけど、何となく感覚が掴めて来た矢先でもある。

相談は慰めるだけではダメだし、ピットクルーのような誘導方式は最初から簡単すぎる感覚があり、
より炎上させる効果もある。個人名じゃない企業や芸能人(芸名)なら誘導などが通用しても、
私は無料にこだわり、個人の生きるか死ぬかに関わってきたのが自分の心をも削っていたと思う。

そんなサービスしなきゃ好いじゃないか?失敗ばかりなんだろ?

そう思う人が大多数でしょう。私も客観的にはそう思う。でも、何人かは救えたのがやってきた勲章。
表に出て活動する「XX先生」もいるけど、私は表出ることはなかった。病院勤務時代の守秘義務の癖。
そんなヤツの1人や2人いても好いよね。

リアル仕事では、海外向けの人助けが体力的にも無理になって、
「報酬は少なくてもいいさ」のやり甲斐は終盤。辞表を書いたのは昨年末です(まだ引継ぎ中)。
洞爺湖サミットまではフル稼働みたいな感じで、なんだかなぁ、辞めれるのか不安になる。

その中での今回、最後の輝きみたいな自分の主張を詰め込みましたが、これですら簡単にヒネれます。

「あいつは、いいやつそうに見えるけどさ」
     ↓
「いいやつに見えるが、本当は腹黒」

私が逆の立場で攻撃しようと思えば、自作自演でこんな切り返しは簡単に出来てしまいます。
そんなネット世界への知識が増えて、たまった10年。心が変わって行くのを抑えられない。
もし書かれているのを見れば「もっと工夫しろ」と思ってしまう自分が嫌になります。

最終的な気持ちは、灯台下暗し(とうだいもとくらし)、自分すら守り通せなかったとは…が大きい。
相手が天才IT技術者の旧知人とはいえ、画像交換を作為されてしまった事実は隠したかった。
ひとまずサイトの休眠をし、遅れてる雑誌原稿を作りながら、取るべき道を考えたいと思います。

PS懺悔:私が3人と再会した際、すかさず3連パンチが飛びました。無意識だったので、これぞ脊髄反射。
3人ともイスに座っていたので避けようがなく、一応、空手有段者(既出)のパンチでしたから重かった。
コブシが痛かったけど、心はもっと痛いと彼女(自殺した中3女子)を想って3人へ言い聞かす。

腐っても(空手有段者は)凶器扱いなので、それゆえ中東・亜細亜へ出張させられた経緯もある。
周囲の人たちが驚いた顔をして注目、焦ったけど、こんな条件反射は高校以来でした。
どんな理由があれ、有段者なのに手を出した自分が悪いと思う気持ちと、それでも済ませれない、
怒りが込み上げる気持ち、2chやミクシイでの強い彼らと、目の前の弱々しい彼ら。2回目の中傷。

『2chやミクシイに書き込んだ「氏ね」とか「ボケ」とか、今同じように言ってみろ!!!』と詰め寄る私。

ネットで傍若無人に暴れた彼らを、私はリアルで攻撃したくて止められなかった。
こんな連中に「クソ」と今度は蹴りだ。警官3人にはがい締めにされたが、止まらなかった。
怒った私に相当馬力があったらしく、2人を振りほどき…。クール男は鼻血を出した。

今はいかにも反省している姿だが、一人を自殺まで追い込んだ本性を隠し通すことは出来ない。
「オレは延々とお前等を監視しているからな」と胸倉を掴んで引き寄せ、相手の目を覗き込んで凄んだ。

素人相手に、平然とパンチやケリを放った私。
亡くなった彼女は、こんな私を見たくはなかっただろう。

親思いのマジメな、ちょっぴり男性が苦手な娘。
台所で母の水洗いを手伝う彼女は戻らない。残念だ。

人間、死ぬまでにどれほどの争いをするのだろう。警察署を出て、悲しい定めだと悔し涙が流れた。



その29へ戻る     バトルその1     次へ(特集への感想集その2)



<同管理人の作成サイト>
IT相談所     UMA     時計     サケマス(淡水釣り)     海釣り