サイトバトルその32 感想集その3

修正や削除依頼はメールにて放り込んで置いてください。BBSでは見逃す可能性が高いです。


佐久間様

はじめまして、2年ほど前にサイトを見つけて以来、
それこそ“表紙に戻らない一気読み”でハマりました(^^ゞ

時々覘いては、まったりとUMAの世界に浸っておりました。
また、その膨大なページにも感服していました。
自分も雇われでサイトの管理を2つほどしておりますが、
とてもタグ打ちでサイトなど運営できません。尊敬!

先日、久々に覘いたサイトで“バトル篇”に接し、
言葉では言い表せないような衝撃を 受けました
中学というまだ幼い心がどれだけ苦悩したか、考えるだけでも胸が
つまります。インターネットは麻薬のようなもの、人の人格を変え、
家族を崩壊させる事も出来る。また、人を殺し、廃人にも出来る。

もちろん、使う人間が悪いのは判っています。
インターネットの人間関係にどっぷりつかっている人間には
どんなに心を尽くして警告しても、聞いてはくれません
だってネットの世界に行けば心地よい言葉しか言わない“友人”が沢山いるから。
自分に都合の悪い言葉は見なければ良いから。

そんな人間に向かい合うのはとても消耗します
40過ぎのオバサンでもそうなのだから 14・5の女の子に何が出来たでしょう。
私はネットにハマって人格崩壊したダンナを お払い箱にして終わりましたがね。

佐久間様も体力・気力的に消耗したと思います、ゆっくり休んでください。
そしてまた、復帰してくれることを切に願います。
バトル前もバトル後も“さくだいおう”は“さくだいおう”で変わらないと思います。
ユーモアのある切り口で不思議に立ち向かってください、応援しています。

いや〜見ず知らずの人にメールするなんて、オークションの連絡くらいのもので
キンチョーするなぁ(⌒o⌒;A
でも、どうしても伝えたくて、筆ではなくてキーボードを叩きました。

復帰まで、UMA本をねぶねぶしながら
インターネット研究会のページで勉強しておきます。
それでは(@^^)/~~~

昌代さんより


RE:応援からありがとうメールへ 変更

さくだいおう様

ただの応援メールのつもりで書いていましたが、
休眠宣言後にメールいたしますので'ありがとう'メールといたします。
メール返信不要です。

(自分なりにメールを出さずに居られない気持ちになり、
お忙しい中読み飛ばしていただいてもかまいません。)

moo3game(も〜サン)です。
「プテラノドンの頭」の時に中国語云々でメール紹介されたものです。

ここのところのHP(バトルの一件)を拝見させていただいてさくだいおう様の心中を
おさっしし(復活していることを願って)、どうしても励ましのメールを出さずに
居られなくて(励ましになるかわかりませんが...)メールいたします。

悲しい・悔しい・残念・無念・怒りをどこに.....と思う非常に口惜しい一件
(イヤ、一件という一言で言うことも、どうかと思われる出来事ですね)
ご自分に対する苦悩・葛藤の一部しか判らないと思いますが、
余りあるご心情をお察しいたします。

---<<色々書きましたが、時間的経過から削除いたしました。>>----

バトル後半頃、何か予感がしておりましたが、UMA表紙に休眠の文字が....
非常に残念です。自分として何かなぜか 悔しさが残る感じがいたします。
決断された物に対してとやかくは申しません。

('お願いされても....と思う'と察しますし、
それほど重荷を背負わせるようなことは言いたくありませんので)

自分にとってこれほど面白い、興味あるサイトはありませんでした。
このサイトを読ませていただき
大きな夢(ウモッカ等 自分も行こうかと思っていた次第です。)も頂きました
ここまで情報量のあるサイトの休眠.....(何も申し上げないと言って女々しいな自分)

今自分の中には感謝と労いの言葉しかありません。
心から お疲れ様でした。ありがとう。 と言わせてください。


こんにちはです。初めてお手紙させていただきます。

普段まったく無反応のダメ読者ですがずいぶん前から楽しく拝見しておりました。
それこそ巨大生物ばりの大ボリュームを一通り読んだあとは、
月に何回か、たまに寄る程度になっていましたが・・・

しばらくぶりに見てみるとサイトバトル編が始まっていてビックリしました。
これもまた凄くためになる知識の連続で興味深く読ませていただきました。

が、サイト休眠の記事が!

他のサイトの閉鎖を嘆いておられたのに、結局ご自分のサイトも休止とは、
あまりに悲しいではありませんか・・・

バトル自体は何とか勝利といえる結果だったようですし、
ここで止めてしまっては、2chのクズどもを喜ばせるだけになりませんか?
完全部外者の私からは差し出がましいことは言えませんが、
面白くてためになるこのサイトの停止は、とてもとても残念です。

・・・ただまあ「休止」となっているのがせめてもの救いでしょうか。
ほとぼりが冷めたら、そっと再開されることを切に願います。
では。こんな時期でもありますので返信ご無用です。

はせがわさんより


はじめまして、さくだいおうさん。

ご多忙中の身でしょうから、余計な前置きは書きますまい・・・
ここ1ヶ月余り、サイトバトル関連の記事を息を呑む思いで拝見してきました。
ふっと、こんな言葉が頭を横切りました。

「オラが強いから、より強いヤツが集まってきてその結果、
周りのみんなを巻き込んでいるんじゃないか・・・」
     ↑
詳細は忘れましたが、ドラゴンボールZ(?)の孫悟空の台詞です。

さくだいおうさんを始めとして各ジャンルの
いろいろな知識にあふれた人達が集うこのサイトは
「まさに、好奇心の闇鍋やぁ〜〜っ」←オイッ
子供の頃、初めて買ってもらった生き物図鑑を開くときのような
ドキドキの詰まった大切な場所です。

10年分の積もり積もった心労もいろいろあった事でしょう。
でも、世の中そんなに捨てたモンじゃない――と、私も信じたいです。
とりあえず、今は「お疲れ様です」と。

”帰ってきたさくだいおう”を楽しみに待っています。

     ――しし座・寅年・ニックネーム猫系の母より
              (会社のパソコンからで失礼)


はじめまして、岐阜県の雅博といいます。

UMA好きといいましても、ただの水スペ世代の雑魚です。
というか、本当の雑魚好き(日淡好き)。
何年も楽しませて頂いてありがとうございます。

と、個人的に今までネットのスゴさを知り合いに言う時、
(何人?ってなると、せいぜい50人以下の何十人)
謎の巨大生物UMA」を紹介させてもらってます。

大量の砂土に一粒の宝石ってのは、ネットも、本も、人の話にも
全てに当てはまると思ってます。

で、いきなり失礼なコトに反論!です、
さく大王様のキャリアが明らかになったトコロで
読者層が変わることは無いと思います


 キャリアがわかる前に、今まで読んでいればタダの学者さんじゃないって
最初からバレバレでしたよ。だいたい転覆病が不治じゃないとか、
遡上中の鮭が食うとか、ビックリをサラリと。

ベースの知識リンク幅が広くて深過ぎです、
オマケに哲学としての科学に裏打ちもされてて、普遍的な言葉に翻訳されてるし。
自分のイメージでは、子供と遊ぶのが好きな良寛さん。
(すみません、良い例えじゃないですか?)

 しかし、最近のバトルは泣けました。
全ては書ききれなかったでしょうけど、読んでるコッチがこれですから、
さく大王様には想像以上の悔しさ、落胆、疲労が・・・すみません、わかりません。

 自分だったら酒量が増え、ひきこもり、放浪、その後???
サンカ生活に戻る?・・・これじゃノーテンキな妄想です、違う!

 ただ、ファンとしては休眠というコトで一安心してます。
 また、仕事に没頭してリアル世界で大活躍してください、
自分もそろそろ店を出す頃です。

 で、来年にでもウモッカ発見か、新ネタ登場の時は、
疲れない程度にサラッとお願いします。
 こんな馬鹿なファンもいますってだけです。

長々と駄文、失礼しました。


頑張ってくださいとお伝えしたく実に数年ぶりにメールします。

既にUMAサイトの読者の中では古株ではないかと思いますが、
そのわりに気が向いた時しか来ないもんでこんなことが
おっ始まっていたとは露知りませんでした。

ウモッカが発見されるその日までサイトが休眠しないことを願って。

あ、あとNHKからのアクセスがたまにあるかと思いますがあれも 私です
なーんて他にもいっぱいいたりしてな。←私はOさんかなとByさくだいおう
「仕事中だろ!」という突っ込みはなしでお目こぼし下さい。

HIDEさんより


さくだいおうさま

さくさまのUMAのサイトが大好きで、子供達を寝かしつけた後、
コッソリ楽しんでいました

でも、今回の事件の文を読んで、胸が締め付けられました。
さくさまの心臓から血がダラダラ流れてしまっているからです。

どうかこれ以上ご自分を責めないで下さい。心配です。
さくさまは自分にできることは、すべて立派になさいました。
心残りがあっても、それはしかたなかった事だと思います。

下手な文章で、ネットのことはサッパリわからず、
このメールもうまく届いてるのかわからない私ですが、
どうしても気持ちを伝えたくなりました。はやく元気になってくださいね!

岡本Y子さんより


はじめまして。

いつもは、キリ番ゲットとかいろんな記事を楽しみに、偶然見つけたのですが、
しばらく見なかった間にとんでもない状況になってしまっていて言葉もありません。

あまりにも内容がヘビーだったので、全てを完全に理解してる訳ではないのですが、
“ひとまずサイト休眠その後取るべき道”という事で、閉鎖かなと感じまして、
今までのお礼が言いたくてメールしました。

野郎からのメールじゃ嬉しくないでしょうけど
さくだいおうさんのたまにある、おバカでちょっとエロな記事は楽しかったし、
何より人を見下さない人柄(モチロン良識ある人に対して。事件の連中は外道です。)
に共感を覚えました。

その気になればこの愚民どもが〜と言う事も出来るでしょうけど、
知識は知識として嫌味なく分かりやすく説明してあって、読みやすく楽しかったです。

>もう以前には戻れない

発言からして、ダメージは想像出来ないほど深いと思います。
無責任に休眠してから復活をとも言えません。

キャリアがバレたって、私は何とも思わないし、気軽さも変りません。
けれど、さくだいおうさんの何かが変ってしまったのなら、
それは仕方のないことですよ。今まで有難うございました。&お疲れさまでした。
返信不要です。それでは、お元気で。

Takahiroさんより


こんにちは、さくだいおう さん。御無沙汰しております。
イラストサイトKanzin吉田ひであき です。

急遽出張、お疲れさまです。
このメールを読む頃にはこれが相応しいかと。
サイト10年おめでとうございます!と能天気に行きたかったのですけど・・

>サイトバトルの誘いその1 〜 30

ありがとうございます。また良い勉強をさせて頂きました。
直接な反応はなくとも多くの人の指針にもなったのではないでしょうか。

サイトが休眠から閉鎖へと向かうのかは分かりませんが、
たとえ更新が無くとも今後の人の為にもなると思いますので
可能な限り残してもらいたいです。(こちらの我侭ですが)

思う事・・

自分がされて嫌なことは人にはしない。
自分が良いと思うことでも全ての人に当てはまるとは限らない。
この辺を押さえていれば大抵問題は起こらないと思うのですが。

「磯・投げ情報」読みました。(3月号から)
ああ、さくだいおうさんらしい文章だな〜と共にこんな軽い雰囲気で大丈夫なの?
というのが初感想でした。

一般の人が考える科学者ぽい方がよいのでは?なんて考えてもみたものの・・
だからこそ さくだいおうさん なのだ!という思いに至りました。

「戦争エネルギーと温暖化」6月号では戦争中の二酸化炭素の排出量なんて
殆ど考えた事が有りませんでしたので自分の視界がまた一つ開けた感じです。

色々とありますがサイト10年をお祝いしてイラストをお贈りします。10年は凄い!
どうぞ♪(サイズ変更などご自由に〜♪)

⇒拡大

こちらは、こちらで別件にて人生とは何かとか哲学しちゃって頭が痛いです。
いや〜参った参った〜
佐久間さんは休めないタイプに見えてちょっとハラハラ。バ〜〜ンと休息して下さい!
それでは、この辺で失礼します。


さくだいおうさんご無沙汰しております。かつお節でございます。

もう少し早くメールしたかったのですが、何を書いてよいのか分からず
悩んでいるうちに時間だけが過ぎてしまいました。すみません。
バトル編を最後まで拝読しましたが、改めてさくだいおうさんの苦しい状況に
お見舞い申し上げます。本当に辛かったと思います。 

「もう私は、バトル告白シリーズを書き始めた前には戻れません。前後で違う人間です。」

この気持ちは分かります。あまりにも「理不尽」な状況でしたから。
ちょっと横にズレますが、「苦労」と「理不尽」はよく似ていますが、
全く別モノと思っています。 
私の言葉の定義としては(国語的にはどうか知りませんが)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

苦労:
本人が選択した人生で生じる、肉体的・精神的ストレス
これを乗り越えると、本人に有形・無形のメリットが発生することがある。
歳をとってから人生を振り返ったときに「もう一度同じ体験をしてもよい」と思える状況

理不尽:
本人が望まない状況下での強い肉体的・精神的ストレス
「苦労」と違い、乗り越えても当人にはメリットは全くなく、
むしろ有形・無形のデメリットしか残らない。
何年たっても「あの頃の人生を消去したい」と思う状況

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

大雑把に分けると、苦労はポジティブ、理不尽はネガティブです。
例えば、プロボクサーを目指している若者でしたら、練習や試合で殴られたり、
きつい練習で体を壊したりしても、納得できるでしょう (※本人の選択)

克服したら、憧れのプロボクサーになれたり、
優勝できるわけですから (※有形・無形のメリット)
ボクサーの道を諦めたり引退しても、本人は「わが人生に悔いは無い」でしょう 
(※もう一度同じ体験してもよい)

しかし、暴漢に襲われて殴る・けるの暴行を受けた場合 (※本人は望まない)
怪我をしたり精神的ダメージを受けたり、最悪の場合はボクシングの道を
断念することになります( ※デメリット)
おそらく、被害を受けたことは人生でずっと暗い影を落とすハズ (※人生から消去)

でも、世間では「理不尽」に苦しんでいる人に対して、
「苦労」とゴッチャにして「甘えるな」「他の人たちは苦労しても頑張っている」と
言ってしまう人が多いですよね・・・自分自身に対してもですが。

さくだいおうさんの状況は明らかに「理不尽」の方です。
理不尽な目にあった場合、「前後で違う人間」になることは当然だと思います。
理不尽に対処する方法は今回のような「バトル」しか無いと思っています。
ただし、動物的な闘争本能に火が付くので精神に与える影響が大きいのでしょう。

今後も辛い記憶を背負ったまま、人生を歩いていかなければならないのですから、
尚更でしょう。これが「前後で違う人間」になる原因だと思います。
この他にも、さくだいおうさんは自己嫌悪的なことを書かれていますが(失礼)、
私はごく自然な行動・心理状態であり、恥ずかしいこととは全く思っていません。

本当です。

いつも以上にダルイ長文・駄文で失礼しました。
ミャンマーや中国の件で、お仕事がキツくなるようですが、どうかご自愛下さい。
さくだいおうさんの心が楽になる日が来るのをお祈り申し上げます。

またメールします。

※サイトに関しては、どうか継続でお願いします。更新は気長にお待ち申し上げます。

まだまだ続きます。



その31へ戻る     バトルその1     次へ(ねえねえさん特集)



<同管理人の作成サイト>
IT相談所     UMA     時計     サケマス(淡水釣り)     海釣り