サイトバトルその33 感想集その4〜ねえねえの人生は大バクチ!!

この特集(サイト作成運営10年:作者の告白編)とジャンル的にビンゴである、
上記タイトルとおりブログ名の管理人「ねえねえ」さんから非常に濃いメールをいただきました。
通常は迷惑がかかるかもしれないからリンクを避けるプライベートの内容でありながら、
ラストにブログへのリンクを張りました。

人間の愛とは何か?

存在意義から考えてしまう、特に家庭内暴力ドメスティックバイオレンスという暴力が、
命を左右するほどエスカレートしても察することが出来なくなっている現代。
少しでも相手の苦しみや立場を理解してあげる優しさが薄れているのではないか?
でも、原因は何だろうかと考えれば、評論家は「最近はネットが広まったせいで」とか、
「レベルの低くなったTV番組のせい」、「武士道精神が特に最近は薄れている」などと
指摘するかもしれないです。

でも、昔はなかったのかな?

前からあるのなら、原因をネットや最近の文化などに求めてはダメで、
人間の生物としての行動学から対策を考えるべきだろう…と思ったり。
何にせよ、ねえねえさんの旦那さんの破壊力はスゴイといいますか、
個人サイトがあればウオッチしたくなるはず。それほどスゴイです。

読者層の♂野郎率が90%以上と思われる我がサイトの訪問者さんは、何を感じるだろうか?

#文章の校正は未だです。


さくだいおうさま、

こんにちは。いかがお過ごしですか?

ようやく犯人が捕まって、全貌が明らかになったのですね。
本当は、もっと早くメールを書きたかったのですが 個人的に
いろいろありまして…。

メールを掲載していただいて、ありがとうございます。
あんなつたない文章で、お恥ずかしいです。
感情的になって書いてしまった部分もあり、本当にお恥ずかしい限りです。

愚か者たち(犯人たちを敢えてこう呼ばせていただきます)が捕まって、
本当に良かったです。
重い制裁を受けて欲しいものですね。
でも、わからないかもしれない。
何故、罰を受けるのかということを。
またすぐに忘れてしまって、逆恨み、次の犯罪へと進んでしまうかも
しれませんね。
正にバカは死ななきゃ直らない、かもしれません。

さくだいおうさまが書いていらしたように、あまりにも想像力が足りない
自己中心の人間が増えてしまっている、と私も感じます。
もしも想像力があったら、「こんなことしたら、この人は悲しいかな。
自分がもしも同じ目に遭ったらどう感じるだろう?」程度のことは
当たり前に考えられると思うのです。
それが考えられる人間は、歯止めを自分でかけることが出来るでしょうし、
とんでもないことはしない、と思います。

私がアメリカへ来て、最初の自殺未遂をした後(職場で陰湿な苛めに
何ヶ月にも渡って遭っていました。いろいろな人がかばってくれましたが
何せ苛めの張本人がブランチのトップだったもので…)
義理の母に言われました。
「もう二度とこんなことをしてはダメ。あなたは一人じゃないの。
家族がいるのよ。あなたが死んでしまったら、R(オット)も
おかしくなってしまうとは思わない?彼も死んでしまうかもしれない。
私だって、Dad(義父)だって義理弟妹たちだって、おかしくなるわ。
だって大事だもの。あなたは私の娘なんだもの。
日本のご家族だってそうよ。どんなに悲しまれるか考えてみなさい。
人間はひとりじゃなくて、いろんな人とつながっているの。
あなたの行動がみんなに影響を与えるの。
そのことをよく考えて、自分を大事にして頂戴。」と。
同じ内容を、何度も何度も言われ続けたので、覚えてしまいました。

今も私は「死にたい病」のままです。
根が深いそうです。
幼児期に性的いたずらをされたのが始まりで、私は他人が(家族でも)
口をつけたものは食べたり飲んだり出来なくなりました。
汚い場所をあるけなくて、足を着けることが出来なくて、避けたり
遠回りしたり。
自分が汚いと感じて、休み時間ごとにタオルとMyせっけんを持参で
顔だの手だのを洗いまくって。
私にいたずらをした人は、私の家族が家族ぐるみのお付き合いを
今もしている人です。
私はこのことを家族には知らせていません。
なんで幼稚園児に手を出したのか(その人にはちゃんと婚約者・
今の奥さんがいました)わかりません。
軽い気持ち、ふざけていたのかもしれません。
でも、私には大きな問題として残ってしまいました。

こんなこと、さくだいおうさまに書いたらご迷惑かもしれませんが
私は不感症です。
苦痛しか感じないのです。
早く終わってくれと。
TVや映画で見たのと同じように、演技するだけです。

男になりたいと思ったこともありますし、髪を短く刈り込んで
男物の服を着ていた時期もありました。
胸が大きいのをからかわれるのでひどい猫背になってしまい、
胸を切り取る手術を受けたいと、何度も思いました。
男だったら、と考えると 今も悔しくて泣けてきます。

好きな人もいました。
小学校からの幼馴染で、中学も高校もずっと一緒だった子と
高校を卒業してから、なんとなく一緒にいるようになって
家族ぐるみのお付き合いだったので、
彼の妹さんにも「お願いだからわたしのお姉ちゃんになって。
お兄ちゃんと結婚して!」と いつも言われていて。
彼とクリスマスイブに一緒に食事に行って、でも私たちは
付き合いが長すぎたせいか互いに奥手で、手をつなぐ位しか
したことがなくて。
プロポーズは、高校のときにすでにされていたんですけどね。(爆)
彼は私と身長が同じくらい(172センチ)、野球部のピッチャーで
エースでした。
でも、甲子園には行けなかったんです。
ある日、教室で「俺は身長が足りなかったから野球選手としては
ダメだったと思う。お前は背が高いし、俺とお前の子供なら
絶対に背が高くてスポーツ向きの身体の子が生まれるはずだ。
だから、俺の子供を生んでくれ!」と言われたんです。

でも、クリスマスイブの翌日に 私は同じ会社に勤務していた
一回り年上の男性(K-1の武蔵選手と俳優の布施博に似てます)
に、レイプされました。
いわゆるデートレイプです。
入社した時から、ずっと付き合ってくれと言われ、付きまとわれ、
断っても断ってもダメで。
「一度だけ一緒に食事をしてくれたらあきらめる」と言われ、
私は承諾しました。
その帰りに襲われました。

その後、私は自分が許せなくて(自分を守れなかった・言いなりになった)
幼馴染とは距離を置くようになってしまいました。
彼は、その後統一教会を皮切りに、カルト宗教をはしごするような
状態になってしまいました。
今も、彼や彼のご家族に、申し訳なく思っています。
私にも責任の一端があると感じていますから。

私は家族にも、幼馴染にも、友達にも、レイプのことを誰にも言えませんでした。
怖かったからです。
私は奥手だったので、学校と家と会社以外に居場所がなくて。
もしもみんなに知れたら、はじき出されると思いました。
子供の頃、不登校になってしまいその時に父に相当な鉄拳制裁を
受け、でも家から一歩も外へ自力で出られなくなって。
学校の先生は私の様子を見て、虐待と判断されたらしく
父に話をしに来てくれましたが、「うちの教育方針です。」でおしまいでした。
私は自分が悪いと思っていたので、どんなに殴られても父を憎いとか
そういった風には考えませんでした。
自分が悪い子だから、としか。
で、ある日父が「お前みたいなのをもう家においておけないから、
悪い子だけが入る施設にお前を行かせる。」と言いました。
私は捨てられた、悪い子だから捨てられるんだ、と思いました。
で、人生初の自殺未遂をしようとしたのですが、祖父に助けられ、
大事には至りませんでした。

それからずっと私はいい子でいること、みんなに褒められること、
親に誇りに思ってもらえるようにと 精一杯突っ張って生きてきましたが
親には…いわゆる軽いネグレクトを受けたり、まあいろいろありまして。

父に胸をさわられるのが日常、という時期もありました。
(ある人の助けで、それは完全に止みましたが)
母は何も言わず、知らん振りでした。

今もいい子でいないと捨てられる、としか私は思えず
オットともめてばかりいます。

ストーカー騒ぎの時も、離婚のときも 両親は私の完全な味方では
ありませんでした。
ストーカーのときには、探偵と便利やという人たちに 毎日つけまわされ、
合成写真やいろんなデマを書いたビラを、勤務していた会社の社宅に
まかれました。
仲良くしていて、信頼できる同僚に理由を話し、会社と家の往復時には
車で一緒についてきてもらって、なんとか仕事は続けました。
部屋の電気を点けると、ドアを叩かれたり騒がれたりするので
懐中電灯の明かりだけで夜を過ごしていました。
親はデマのほうを半分信じてしまって、私を突き放しましたし…。

で、電車にも乗れない、とんでもない頻尿、パニック障害などを起こし、
偶然出会った今の主人と結婚してしまったのです。
正直言いまして、私は愛より何より日本から逃げ出したかったのです。

でも、病気は完全に私の中に巣くっていて、悪くなる一方です。
最近はオットにもなじられるようになり、もう行き場がなくなって来て。
このまま我慢してここにいるか、死ぬかの二者選択状態です。
日本へは、事情があってもう帰れませんから。
(訪問は出来ますが)
病気がひどいので、一人で生活することは難しくて。
情けないです。

ほんとうに、出来心で 自分の欲望優先でやったたったひとつの
アクションが、どれだけ他人の人生を狂わせるのか 私はいい標本
じゃないかなと思います。

だから中学生の女の子のことは、わが事のように感じました。
そして犯人たちを許せない、と 自分に対して危害を加えてきた
人たちへの恨みと重ね合わせるように、ものすごく激しい怒りを感じます。

出来ることなら、私がその中学生の女の子と代わってあげたかった。
本気でそう思います。


サイトをお休みされるとのことですが、私としては良いことではないかな
と思います。
サイトを運営されているからといって、更新するのはさくだいおうさまの
義務じゃないですもの。
みんな、わかると思います。
更新なさりたくなったら、そういう気持ちになったら、更新をなされば
それでいいのだと私は考えます。
さくだいおうさまの、サイトですもの。
他の誰の指示を受ける必要も、文句を言われる筋合いもないですよ。ね。
サイトを遺していただけることになって、本当にうれしいです。
ありがとうございます。

お仕事だけでも大変なのは、文面からもひしひしと伝わってきますし、
命を削るみたいに頑張りすぎないでください。
お身体を、大事になさってください。
それからさくだいおうさまの、心を一番に大事になさってください。

心は、壊れます。
ストレスや、事件や、衝撃や、いろんなもので壊れます。
最初はちいさな亀裂でも、それが大きくなってしまうかもしれないから。
辛いときは、心を出来る限り休ませてあげてください。
私はそれをしませんでした。
「甘えだ」「気合が足りない」と思い、もっと自分に厳しくしました。
さくだいおうさまには、それから世の中の多くの疲れている方たちには
私みたいになって欲しくないです。
だから、おいしいコーヒーとおいしいタバコをゆっくり味わって、
大物を釣り上げて、怪魚も釣り上げちゃったりして、
心に栄養をいっぱいいっぱいあげてくださいね。

さくだいおうさまの、
『努力をしている人のプライドの高さと、何もしたことがない人の
プライドの高さは全く異なるものだ。
特に前者の場合は、プライドの高さとは言わずに”誇り高きもの”と
表現するのが正確だろう。』
という言葉、とても納得できました。

私は家の事情で高卒で社会に出ました。
中学入学と同時に、父が私を触るのを止めてくれた方が
古いタイプライターを下さって、
「これから先は英文タイプが出来ないとダメ。
いつか機械も仕事で使う日が来るっていうし。」と言って、
私にタイプを学ぶことを勧めてくださいまして。
高校卒業時には英文タイプは問題なく出来るようになっていました。
で、入社した会社の“適正試験”でコンピュータ向き、と診断され、
短い期間でしたが富士通のパソコンスクールに通うことになりました。
その後、ワープロや古い古いPCを仕事で何機種も使い、
Windowsは独学でOfficeのすべてのソフトをマスターし、
いくつかの言語もマスターしました。
日本で最後にした仕事は、PCのインストラクター兼ヘルプデスク、
だったのです。
大企業だったので、それこそ東大卒の理系の博士がごろごろして
おり、一橋や早稲田だと出世不可能と言われるようなところでした。
でも、私は会社で、家で、もちろん休日もとにかく勉強して、
東大卒博士に「高卒の女なんかにパソコンおしえられんのかよ」と
言われても、講義終了後には「すみませんでした。」と謝らせるだけの
知識と技術を身につけました。
そのおかげで、渡米後も仕事に就けたのですが…。
仕事のスキル、やってきた仕事の業績は、私自身だ、と思うときがあります。
私は自分に自信がないけれど、やり遂げた仕事にだけは自信があります。
全力を尽くし、犠牲も払ったけれどとにかくやり遂げたのですから。

さくだいおうさまの国家表彰は、本当にすごいと思います。
…実はサツキマスの記事を新聞で読んだ記憶があります。

妬む人間は、どこかが劣っているから妬むのではないでしょうか。
だから妬む人間を蹴散らして、どうぞ前進なさってください。
陰ながら応援しています。

研究の件ですが、青色LEDの中村さん?は今、こちらの大学教授、なんですよね。
さくだいおうさまの研究も、アメリカの大学のほうが
もっと研究費も得られて 良い状況で出来るのではないのかなあ、と
私は思うのですが…いかがでしょうか?
まあ、こっちの国はこっちの国で、病んでますけど…。
大学、研究という面では日本の比ではない、とスタンフォードで学生をしながら
教えることもしている 知人の娘さんがおっしゃっていました。
余計なことを書いてしまいました。御気を悪くなさったらごめんなさい。

なんだかまとまりがなくてすみません。
私のブログのアドレス、公開していただいても構いません。
さくだいおうさまのところの常連さんたちなら、きっと大丈夫と思うので。

心を癒してくださいね。
それからお痩せになってらっしゃるようですが、栄養取って
健康にお気をつけてくださいね。

またメールをさせていただいてもよろしいですか?
OKだとうれしいのですが…。

どうかお元気で。
長文・乱文、申し訳ありません。
お読みいただきありがとうございました。


さくだいおうさま、

こんにちは。いかがお過ごしですか?

ようやく犯人が捕まって、全貌が明らかになったのですね。
本当は、もっと早くメールを書きたかったのですが 個人的に
いろいろありまして…。

メールを掲載していただいて、ありがとうございます。
あんなつたない文章で、お恥ずかしいです。
感情的になって書いてしまった部分もあり、本当にお恥ずかしい限りです。

愚か者たち(犯人たちを敢えてこう呼ばせていただきます)が捕まって、
本当に良かったです。
重い制裁を受けて欲しいものですね。
でも、わからないかもしれない。
何故、罰を受けるのかということを。
またすぐに忘れてしまって、逆恨み、次の犯罪へと進んでしまうかも
しれませんね。
正にバカは死ななきゃ直らない、かもしれません。

さくだいおうさまが書いていらしたように、あまりにも想像力が足りない
自己中心の人間が増えてしまっている、と私も感じます。
もしも想像力があったら、「こんなことしたら、この人は悲しいかな。
自分がもしも同じ目に遭ったらどう感じるだろう?」程度のことは
当たり前に考えられると思うのです。
それが考えられる人間は、歯止めを自分でかけることが出来るでしょうし、
とんでもないことはしない、と思います。

私がアメリカへ来て、最初の自殺未遂をした後(職場で陰湿な苛めに
何ヶ月にも渡って遭っていました。いろいろな人がかばってくれましたが
何せ苛めの張本人がブランチのトップだったもので…)
義理の母に言われました。
「もう二度とこんなことをしてはダメ。あなたは一人じゃないの。
家族がいるのよ。あなたが死んでしまったら、R(オット)も
おかしくなってしまうとは思わない?彼も死んでしまうかもしれない。
私だって、Dad(義父)だって義理弟妹たちだって、おかしくなるわ。
だって大事だもの。あなたは私の娘なんだもの。
日本のご家族だってそうよ。どんなに悲しまれるか考えてみなさい。
人間はひとりじゃなくて、いろんな人とつながっているの。
あなたの行動がみんなに影響を与えるの。
そのことをよく考えて、自分を大事にして頂戴。」と。
同じ内容を、何度も何度も言われ続けたので、覚えてしまいました。

今も私は「死にたい病」のままです。
根が深いそうです。
幼児期に性的いたずらをされたのが始まりで、私は他人が(家族でも)
口をつけたものは食べたり飲んだり出来なくなりました。
汚い場所をあるけなくて、足を着けることが出来なくて、避けたり
遠回りしたり。
自分が汚いと感じて、休み時間ごとにタオルとMyせっけんを持参で
顔だの手だのを洗いまくって。
私にいたずらをした人は、私の家族が家族ぐるみのお付き合いを
今もしている人です。
私はこのことを家族には知らせていません。
なんで幼稚園児に手を出したのか(その人にはちゃんと婚約者・
今の奥さんがいました)わかりません。
軽い気持ち、ふざけていたのかもしれません。
でも、私には大きな問題として残ってしまいました。

こんなこと、さくだいおうさまに書いたらご迷惑かもしれませんが
私は不感症です。
苦痛しか感じないのです。
早く終わってくれと。
TVや映画で見たのと同じように、演技するだけです。

男になりたいと思ったこともありますし、髪を短く刈り込んで
男物の服を着ていた時期もありました。
胸が大きいのをからかわれるのでひどい猫背になってしまい、
胸を切り取る手術を受けたいと、何度も思いました。
男だったら、と考えると 今も悔しくて泣けてきます。

好きな人もいました。
小学校からの幼馴染で、中学も高校もずっと一緒だった子と
高校を卒業してから、なんとなく一緒にいるようになって
家族ぐるみのお付き合いだったので、
彼の妹さんにも「お願いだからわたしのお姉ちゃんになって。
お兄ちゃんと結婚して!」と いつも言われていて。
彼とクリスマスイブに一緒に食事に行って、でも私たちは
付き合いが長すぎたせいか互いに奥手で、手をつなぐ位しか
したことがなくて。
プロポーズは、高校のときにすでにされていたんですけどね。(爆)
彼は私と身長が同じくらい(172センチ)、野球部のピッチャーで
エースでした。
でも、甲子園には行けなかったんです。
ある日、教室で「俺は身長が足りなかったから野球選手としては
ダメだったと思う。お前は背が高いし、俺とお前の子供なら
絶対に背が高くてスポーツ向きの身体の子が生まれるはずだ。
だから、俺の子供を生んでくれ!」と言われたんです。

でも、クリスマスイブの翌日に 私は同じ会社に勤務していた
一回り年上の男性(K-1の武蔵選手と俳優の布施博に似てます)
に、レイプされました。
いわゆるデートレイプです。
入社した時から、ずっと付き合ってくれと言われ、付きまとわれ、
断っても断ってもダメで。
「一度だけ一緒に食事をしてくれたらあきらめる」と言われ、
私は承諾しました。
その帰りに襲われました。

その後、私は自分が許せなくて(自分を守れなかった・言いなりになった)
幼馴染とは距離を置くようになってしまいました。
彼は、その後統一教会を皮切りに、カルト宗教をはしごするような
状態になってしまいました。
今も、彼や彼のご家族に、申し訳なく思っています。
私にも責任の一端があると感じていますから。

私は家族にも、幼馴染にも、友達にも、レイプのことを誰にも言えませんでした。
怖かったからです。
私は奥手だったので、学校と家と会社以外に居場所がなくて。
もしもみんなに知れたら、はじき出されると思いました。
子供の頃、不登校になってしまいその時に父に相当な鉄拳制裁を
受け、でも家から一歩も外へ自力で出られなくなって。
学校の先生は私の様子を見て、虐待と判断されたらしく
父に話をしに来てくれましたが、「うちの教育方針です。」でおしまいでした。
私は自分が悪いと思っていたので、どんなに殴られても父を憎いとか
そういった風には考えませんでした。
自分が悪い子だから、としか。
で、ある日父が「お前みたいなのをもう家においておけないから、
悪い子だけが入る施設にお前を行かせる。」と言いました。
私は捨てられた、悪い子だから捨てられるんだ、と思いました。
で、人生初の自殺未遂をしようとしたのですが、祖父に助けられ、
大事には至りませんでした。

それからずっと私はいい子でいること、みんなに褒められること、
親に誇りに思ってもらえるようにと 精一杯突っ張って生きてきましたが
親には…いわゆる軽いネグレクトを受けたり、まあいろいろありまして。

父に胸をさわられるのが日常、という時期もありました。
(ある人の助けで、それは完全に止みましたが)
母は何も言わず、知らん振りでした。

今もいい子でいないと捨てられる、としか私は思えず
オットともめてばかりいます。

ストーカー騒ぎの時も、離婚のときも 両親は私の完全な味方では
ありませんでした。
ストーカーのときには、探偵と便利やという人たちに 毎日つけまわされ、
合成写真やいろんなデマを書いたビラを、勤務していた会社の社宅に
まかれました。
仲良くしていて、信頼できる同僚に理由を話し、会社と家の往復時には
車で一緒についてきてもらって、なんとか仕事は続けました。
部屋の電気を点けると、ドアを叩かれたり騒がれたりするので
懐中電灯の明かりだけで夜を過ごしていました。
親はデマのほうを半分信じてしまって、私を突き放しましたし…。

で、電車にも乗れない、とんでもない頻尿、パニック障害などを起こし、
偶然出会った今の主人と結婚してしまったのです。
正直言いまして、私は愛より何より日本から逃げ出したかったのです。

でも、病気は完全に私の中に巣くっていて、悪くなる一方です。
最近はオットにもなじられるようになり、もう行き場がなくなって来て。
このまま我慢してここにいるか、死ぬかの二者選択状態です。
日本へは、事情があってもう帰れませんから。
(訪問は出来ますが)
病気がひどいので、一人で生活することは難しくて。
情けないです。

ほんとうに、出来心で 自分の欲望優先でやったたったひとつの
アクションが、どれだけ他人の人生を狂わせるのか 私はいい標本
じゃないかなと思います。

だから中学生の女の子のことは、わが事のように感じました。
そして犯人たちを許せない、と 自分に対して危害を加えてきた
人たちへの恨みと重ね合わせるように、ものすごく激しい怒りを感じます。

出来ることなら、私がその中学生の女の子と代わってあげたかった。
本気でそう思います。


サイトをお休みされるとのことですが、私としては良いことではないかな
と思います。
サイトを運営されているからといって、更新するのはさくだいおうさまの
義務じゃないですもの。
みんな、わかると思います。
更新なさりたくなったら、そういう気持ちになったら、更新をなされば
それでいいのだと私は考えます。
さくだいおうさまの、サイトですもの。
他の誰の指示を受ける必要も、文句を言われる筋合いもないですよ。ね。
サイトを遺していただけることになって、本当にうれしいです。
ありがとうございます。

お仕事だけでも大変なのは、文面からもひしひしと伝わってきますし、
命を削るみたいに頑張りすぎないでください。
お身体を、大事になさってください。
それからさくだいおうさまの、心を一番に大事になさってください。

心は、壊れます。
ストレスや、事件や、衝撃や、いろんなもので壊れます。
最初はちいさな亀裂でも、それが大きくなってしまうかもしれないから。
辛いときは、心を出来る限り休ませてあげてください。
私はそれをしませんでした。
「甘えだ」「気合が足りない」と思い、もっと自分に厳しくしました。
さくだいおうさまには、それから世の中の多くの疲れている方たちには
私みたいになって欲しくないです。
だから、おいしいコーヒーとおいしいタバコをゆっくり味わって、
大物を釣り上げて、怪魚も釣り上げちゃったりして、
心に栄養をいっぱいいっぱいあげてくださいね。

さくだいおうさまの、
『努力をしている人のプライドの高さと、何もしたことがない人の
プライドの高さは全く異なるものだ。
特に前者の場合は、プライドの高さとは言わずに”誇り高きもの”と
表現するのが正確だろう。』
という言葉、とても納得できました。

私は家の事情で高卒で社会に出ました。
中学入学と同時に、父が私を触るのを止めてくれた方が
古いタイプライターを下さって、
「これから先は英文タイプが出来ないとダメ。
いつか機械も仕事で使う日が来るっていうし。」と言って、
私にタイプを学ぶことを勧めてくださいまして。
高校卒業時には英文タイプは問題なく出来るようになっていました。
で、入社した会社の“適正試験”でコンピュータ向き、と診断され、
短い期間でしたが富士通のパソコンスクールに通うことになりました。
その後、ワープロや古い古いPCを仕事で何機種も使い、
Windowsは独学でOfficeのすべてのソフトをマスターし、
いくつかの言語もマスターしました。
日本で最後にした仕事は、PCのインストラクター兼ヘルプデスク、
だったのです。
大企業だったので、それこそ東大卒の理系の博士がごろごろして
おり、一橋や早稲田だと出世不可能と言われるようなところでした。
でも、私は会社で、家で、もちろん休日もとにかく勉強して、
東大卒博士に「高卒の女なんかにパソコンおしえられんのかよ」と
言われても、講義終了後には「すみませんでした。」と謝らせるだけの
知識と技術を身につけました。
そのおかげで、渡米後も仕事に就けたのですが…。
仕事のスキル、やってきた仕事の業績は、私自身だ、と思うときがあります。
私は自分に自信がないけれど、やり遂げた仕事にだけは自信があります。
全力を尽くし、犠牲も払ったけれどとにかくやり遂げたのですから。

さくだいおうさまの国家表彰は、本当にすごいと思います。
…実はサツキマスの記事を新聞で読んだ記憶があります。

妬む人間は、どこかが劣っているから妬むのではないでしょうか。
だから妬む人間を蹴散らして、どうぞ前進なさってください。
陰ながら応援しています。

研究の件ですが、青色LEDの中村さん?は今、こちらの大学教授、なんですよね。
さくだいおうさまの研究も、アメリカの大学のほうが
もっと研究費も得られて 良い状況で出来るのではないのかなあ、と
私は思うのですが…いかがでしょうか?
まあ、こっちの国はこっちの国で、病んでますけど…。
大学、研究という面では日本の比ではない、とスタンフォードで学生をしながら
教えることもしている 知人の娘さんがおっしゃっていました。
余計なことを書いてしまいました。御気を悪くなさったらごめんなさい。

なんだかまとまりがなくてすみません。
私のブログのアドレス、公開していただいても構いません。
さくだいおうさまのところの常連さんたちなら、きっと大丈夫と思うので。

心を癒してくださいね。
それからお痩せになってらっしゃるようですが、栄養取って
健康にお気をつけてくださいね。

またメールをさせていただいてもよろしいですか?
OKだとうれしいのですが…。

どうかお元気で。
長文・乱文、申し訳ありません。
お読みいただきありがとうございました。


さくだいおうさま、

こんにちは。
何度もすみません。

書き忘れたことを書かせてください。

さくだいおうさまが、犯人にパンチとキックを繰り出したのは
決して悪いことでも、おかしなことでも、恥ずかしいことでもない、
と私は思います。
もしも「やりすぎ」「お前それはないだろう」と警官が判断したら、
さくだいおうさまはお咎めを受けたはずですよね?
でも、文面からするとそれはなかったように見受けられます。
止めようと羽交い絞め、というのは 彼らの職務上の行動でしょう。

心の中で「そりゃあパンチもしたくなるのは当たり前だろう」と
人間としての良心の部分で、警官の方たちが
さくだいおうさまに共感された部分があったからこそ、
パンチ&キックをしても、皆さんある意味黙認だったのではないでしょうか。

人を一人殺している人間たちです。
昔の刑罰なら、彼らも同様に殺されても文句は言えない立場です。

私は人を殺したり、強姦したり、大した理由もなく襲ったりする人間は、
それを実行した時点で 人格だの人権だのを失っていると思っています。
もう、守られるべき存在なんかじゃないと。
野獣と一緒ですから。
いや、一緒にされた野獣が気の毒です。
彼らは鬼畜なのです。弁護も何も不要です。
私はそう思っています。
死刑?上等じゃあないですか、と思っています。

もしその犯罪が復讐であった場合、それは別問題だと思います。
やられたらたりかえす、大事なものを傷つけられたり、
殺されたりしたら、それも過失ではなく故意にやられたのだったら
復讐は許されると思います。

中学生の女の子は、さくだいおうさまの行動を、嘆いたりしていないと
私は思います。
ありがとう、って思っているのではないでしょうか。
彼女だって、彼女の親御さんだって、殴りたい 或いは殺したいと
思っていて不思議はないと思うのです。
だから、ご自分を責めないで下さい。

連中は、パンチやケリですんでラッキーと思うべきです。

私なら、超強力スタンガンかマイオトロンで相手を動けなくし、
金属バットか特殊警防で、時間をかけて撲殺します。
実際、元夫に対しては 出来ることならそうしたい。
この世に終わりが訪れて、無法地帯になったら、
或いは私が本当に死を選ぶ(衝動的ではなくて)時が来たら、
それを実行したいと考えています。

日本を出てくる前に、私は復讐を考えました。
元夫は離婚直後にお見合いで再婚し、女の子をもうけ、
家も建て(私への慰謝料のことは忘れたらしいです)、
いいひと、としてフツーに暮らしているそうです。
家の場所はわかるので(住宅地図でOKですし)、
待ち伏せして奴の娘に、すべてを語ってやろうと思いました。
それが一番キツイだろうと思ったからです。
「あなたの父親はね、人殺し同然なのよ。」
「人が一生苦しむ程の暴力を、楽しんで振るう男なのよ。」
「あなたにもその血が流れているのよ。」
そう言って思い切り傷つけてやりたかった。

でも、しませんでした。
もっと傷ついた女の子を増やして、一体何になるんだと思ったから。
だから殺るなら、本人を殺ります。

これって人間の本性だと思います。
復讐したいと思う心。
そうじゃなかったら、戦争が延々あちこちで続いてはいないんでは
ないかと。

これは私のあくまでも個人的な考え方ですが。
でも、ご自分を責める必要はないと思いますよ。
責められるべきは女の子を殺し、懲りずにまた人を傷つけて
喜んでいた馬鹿共です。

彼らは実際に手を下して、彼女を殺したわけではないから
実感が薄いというか、自分に自分で言い訳が出来てしまうのでしょう。
でも、言葉で人を殺すことは可能です。
言葉で、何気ない一言で、人の人生を狂わせることは可能です。

私事ですが、私は父方のある伯母そっくりの顔をしています。
誰もが私と伯母を親子だと思うようです。
その伯母は、私の母に相当酷いイジメを繰り返したようで、
まあ、実際私もいきなりひっぱたかれたり、顎で使われる(本当に
顎をしゃくって無言で指示をするのです)ことを体験していますので
母は相当やられたことは想像に難くありません。
子供の頃の私は母に似ていました。
でも成長するにしたがって、メイクをしたりするようになって
伯母そっくりになってきてしまいました。
そんな私に母は、「あんたの顔が大嫌い。ひとみさんにそっくりで
見るのも嫌!」と、何度か言いました。
母は突然感情的になる人です。
私はメイクの方法を変えたり、いろいろ工夫をしましたが
結局ダメで。
今は…母とは距離を置いていますが、心に残った言葉は消えず
とりあえず肌の色を変えるところから初めて、
東洋人とポリシアン、或いは東洋人とブラックの血が入っているように
見えるように自分の顔を変えていくつもりです。
もう、眉はアートメイク(刺青ですね)で、形を変えました。
これから薬等を使って、肌の色を褐色にしていきます。
髪は黒人の子のように、強いパーマをかけるか…
まあ、何か手を加えて、メイクも徹底的に変えるつもりでいます。

私はよく、「若い頃の山田五十鈴」「寺島しのぶ」さんたちに似ている、と
言われます。
色白和風顔です。
でも、この顔が母を苦しめるなら、そして私も嫌な思いをするのなら
変えるしか方法はないですから。

言葉で人生は変わってしまいます。
本当に私はそう感じて生きています。

まあ、何をやっても どうせ死ぬなら無駄ですけど・・・。

とにかくさくだいおうさま、ご自分を責めないで下さい。
人間として、心ある関係者として当然の行動だったのですよ。

それをお伝えしたくて、またもメールを書いてしまいました。

さくだいおうさまに、心穏やかな日々が出来るだけ早く訪れますように。
祈ってます。


さくだいおうさま、

こんにちは。
連日メールを差し上げてすみません。
お忙しかったり、お疲れでしたらスルーしてください。

自分のブログに書いたのですが、今日私は20年ぶりに
私をレイプし、無理やり結婚+DV…の張本人・元夫と話しました。
国際電話でです。
奴は20年前と全く変わっておらず、詭弁・話を逸らす・責任転嫁・
(自分の言ったことを忘れて)話を二転三転させる、等々を
やってくれました。
私はかなり精神的に追い詰められており、奴と直接対決して
謝罪をさせない限り、自分はもうおしまい、前には進めないという
思いで行動を起こしたわけです。

20年の間に、私は自分で書くのもヘンですが 成長と言うか
いろんなスキルが向上したと思っています。
が、元夫はどうも相変わらず…のようでした。

思い切り怒鳴りつけ、奴の最も痛い点も確認でき
(娘にだけは酒乱・DV男・現在の法律なら間違いなく警察モノと
言うことを知られたくないというのが はっきりしました)、
弱みを握ってやったという気持ちと、
私が幸せになることが絶対的な、これ以上ない復讐なのだと
認識出来たことで、ものすごく気持ちがラクになりました。

今後、サイトを立ち上げて 完全な実名は出しませんが
伏字を入れて奴の所業と、私の20年間を告発と言うか
書き綴るつもりでいます。

負けるもんか、と思っています。

さくだいおうさまが頑張ってらっしゃるのをサイトで痛いほど感じ、
それが私の背中を押してくれたと思っています。

悪人は、真の悪人は、更正しないと思います。
私の知人には「昔う〜んと悪かった」という人もいますが、
根が優しくて、困っている人や小さい子、お年寄りを
放っておけないんですよね…それが共通点で。
そして人を利用だけしよう、とはしません。
見返りを求めない部分のほうが、大きいように思います。
今回の犯人たち、特に“旧知人”氏は更正しないのではないか、と
私は考えています。
私の元夫は、自分の利益・快楽・他人と同等もしくは上に
常になっていたい、お店の人(お客である自分より立場が弱い)などには
ものすごく高飛車、自分より上の人にはへつらう…そういう人間です。
“旧知人”氏と共通点はありますか?
又、自分を悪人にしないために、平気で嘘をつきますか?
そうだったら確実に、更正は無理でしょう。

さくだいおうさま、「エリート」だと私は思いますよ。
お金じゃない、モノでもない、肩書きでもない。
そんなもんは火事か泥棒か、転職なんかでカンタンに無くなります。
でも、さくだいおうさまには 誰にも奪うことの出来ない“知識・経験”
があって、“優しい心・正義感”がありますよね。
これは絶対に奪われない財産だと思います。
人間としてのエリート、それがさくだいおうさまだと思います。
EQが高い、とかちょっと前に流行りましたよね。
それとも似ているのかな?
私はリアルさくだいおうさまを存じ上げませんし、お目にかかったこともありません
が、
人間的に魅力のある方なんだろうなというのは感じています。

私も一応、物書きの端くれを10年近くやってましたし、
一応書くこと・読み取ることに関する指導をしてくれる方が
何人もいましたので、文章でその人柄を感じる力はちょこっとは
あるつもりです。
さくだいおうさまは、偉ぶらない、自然体で好奇心に満ちた
真面目で優しい方だと感じます。
だからこそ、今回のことは大きなダメージになってしまったのでは
ないのでしょうか。
“俺様”タイプの人間だったら、平気の平左でいると思います。

どんなに嫌がらせをされても、足を引っ張られても、
「幸せになる・ハッピーな自分でいるのが最大の復讐」だと
私は学びました。
さくだいおうさまのケースにあてはまるかどうか、自信がありませんが
勝つ・負けるとかではなく、「好きなことをマイペースでやってハッピー」
でいらっしゃっていただけたらな、と思います。

そうそう、ウモッカの募金のことですがPayPalはどうですか?
サービス、なんて項目もあるので スリリングなツアーに
間接的にせよ参加するサービスを受ける、という形なら
OKなんじゃないかと思うんですけれど。
もしくはほんとにドネーションつーか、お賽銭方式。
誰か一人、宗教関係の人がチームにいたら その人への
お布施・お賽銭にして集金しちゃえばOKでは?
ウモッカのトゲをもらえなくっても、写真・干物とでも記念写真が
撮れれば満足な人もいると思います。
記念写真代の前払いってことで…だめですかね。

そうだ、さくだいおうさま いつかサクラメントへいらしてください。
11月初旬がベストです。
というのも、ゴールドラッシュで沸いたアメリカンリバーという川
(うちのほんっとに近所です。徒歩…10分かからないですね。)
には鮭が遡上してくるのです。
一応漁をするためのお金$30は払わないといけないのですが、
払っちゃえば釣ろうが 川に入ってクマのごとく・ハトヤの宣伝のごとく
つかみどりも可能です。

レイク・タホという湖もネバダとの州境にあるのですが、
相当深そうで、そりゃあ水がきれいなんです。
UMAがいないほうがおかしい…と私は思うのですが、
周りにそういう興味を持った知人が誰もいないので
よくわかっていないんですけどね。
釣りも出来ますし、いいところですよ。

それから文章のことですが、巧けりゃいいってものではないと
思います。
まとまっていなくても、想いがこもっていて 読み手がわくわく
出来、きちんと情報が伝われば良いと思います。
それにさくだいおうさまの文章は、わかりやすくて体温が伝わってくる
素敵な文章だと思いますよ。
読んでいて不快になったこと、一度もありません。
ブハッと噴出したことは何度もあります♪

私なんて自殺未遂は何度もやってER送り・強制収用施設送りに
なってますし、頭は何回か強打してますし(良く死ななかったね♪と
お医者さんに言われました。)、抗精神薬漬け歴10年どころじゃないですし。
脳は相当死滅していると思います。
でも、その中で その状態で持てる力を使って書けばいいんだ、と
思っています。
昔、ねむの木学園の生徒さんの描いた絵を見て、
一目でどうしようもなく気に入ってしまって、決して“上手”な絵じゃ
ないんですけれど、気持ちが伝わってくるな、この人は
本当にこの猫が好きでこの絵を描いたんだな、と感じる絵で。
それまでは、私は文章を巧く書く・テクニックを身に着けたいと
思っていましたが、そこで考えが変わりました。
自分がとっても強く感じたことを、一番好きな友達に向かって
彼女が楽しくなって、わくわくしてくれて、彼女の役に立つように
書けたらいいかな、と。

さくだいおうさまの文章は素敵です。
だから自信をどうぞお持ちになってください。
巧いよりも、魅力的・たのしくなるほうが 強いと思います。

ゆっくり休眠なさって、それからゆっくり眠る時間も出来れば
お取りいtだいて、お元気でお過ごしくださいね。

では、また。

管理人(ねえねえ)さんのブログ⇒ねえねえの人生は大バクチ!! 



その32へ戻る     バトルその1     次(その34)へ



<同管理人の作成サイト>
IT相談所     UMA     時計     サケマス(淡水釣り)     海釣り