サイトバトルの誘いその5 疑問・不自然その1

最近では巻き込まれなくなったトラブルだったのだけど(サイトジャンル的にも)、
思い返して私の書いたもの(その1〜その4)を読んでみると、非常に分かり難い。
その理由は、相手もスレも無いからで、自分が読んでやっと分かるという感じだった。

一般の啓発で公開するものじゃないな…と思って削除しようとするが、一人逮捕者が出たし、
その前に、発端となった2chスレを、もう一度冷静に読み返して、解説に貼ってみた。

この作業は、いつも親サイト(海釣りじゃなくUMAの方)でやってるページ化の作業と一緒。
BBSが何と言っても2ch式なので、いつもの感じで注釈などを書き加えて、
挿入作業も気楽に進めていった。読み返してみれば、非常に分かりやすい。

事件は、やっぱり一人語りじゃダメで、第三者の書き込みなどは必要だよなと思った次第。
特に今回は2chだし。削除しようとする前に、切り貼りの作業を終えて2−3回読み返すと、
これは啓発に、類似事件の抑止にも使えるなと考えを改めて思い直してみた。

とはいえ、ショックで凹みがちな状況のボクだから、2chスレ入りNEW解説(今の状態)は
微妙な気持ちだけど、第三者には笑える部分もあるので、以前に読んで「わけわかめ」だった方は
もう一度どうぞ。実に、リアル映画「トゥルーマン・ショー」だったことが分かります。

自分では有名とか全く思っていないのだけど、あれを読んでいると有名人と勘違いしそうになる。
もちろん、芸能人というのではなく、ネットだけの話だから「う〜む」と思わずにいられない。

それにしても、未だにスッキリしないので、保存してある2chスレを読み直してみた。
何かヒントになるものがあるかもしれないからだ。今読むからこそ、気になる点が何個かあった。
確証がまだないので、類似の他スレを含めよく読み、様子を見ることにする。

久しぶりの2ちゃんねる。巡回していたら自分のアドレスが貼られているスレに遭遇、笑った。
何個もあるけど(正確には何千もだが)、こうやって発見するのも新鮮だと少し気が紛れた。
殆どに悪く書かれてないからね。それだけ、あの問題スレだけが異様な印象を受ける。

単純な話と思っていたら、少々訳が分からなくなってきた一件。さっさと納得したいです。

<不自然さ>

実は、例の一件で「納得できない、おかしな点」が多くあることに触れてはいるものの、
それが何なのか書いてません。小問題は片付いたけど、本丸があるのです。
事件解説も思惑があって208もさぞエキサイティングしていることでしょう。
あんな風に返ってくるとは、でも、先にボロカス書いたのを忘れてもらっては困ります
事件が私へ絡んでくる間、なんだか変なところが多々あって、実は208の事ではないです。

多々あるうちの1点、無難なものを出してみましょう。これは私への課題でもあります。

例えば、ここを読んでいる貴方が5年以上、2chで悪口を言われていたとします。
長い間なので心も痛めています。表面上は気力を絞ってスルーし平然としています。
私が絡んでから数日後に、2chスレを教えてもらい、背景と今後を報告しました。

「どうしてそんなにアクションが早いのですか?」

「警察に顔でも効くんですか?」

とか貴方だったら私のことを聞きませんか、素朴に。聞かないかなぁ。
プロフィールの”公安の番号もち”だからって言っても、あれこれ深い話については、
このサイトバトル解説記事やスレを読んで、初めて知った人が多いはず。
私から先に言う事ではないから、結局、その「実はボクは…」はなかったですけど。

貴方と私は、メールでのやり取りも、裏の打ち合わせも無いです。一切無しでBBSのみ。
私が一人で進めていたので、心配や不安があったはずです。
その結果、一人の特定と、事情聴取で動機を聞き出しました。

ミクシイのネットウオッチ・コミュは消えました。この間で、1週間ぐらいだったでしょうか。
5年以上の苦しみの一つが、たった1週間で減ったことになると思うのです。

私への威力妨害・名目なので名前は今は教えれませんがとBBSに報告で書いた後、

「おかげさまで、少し敵を減らしてくれて、ありがとう」

「実は、今まで本当に悲しくて辛い思いをしていました。気が少し晴れました。」

「もう気にならないので、あのサイトバトル記事を消してください」(私に注目が集まるので配慮)

色々な要望があったはずでしょう。以前はネットトラブルの相談をしていたことを思い出します。
でも、貴方は「細かいことは知りたくない」と一言、私へレスし、私のアドバイス通り全削除します。
(私の書き込みを残しておけば予防になるかも、の2択でしたが)

最初、私より先に、誰かに、スレ内容を教えられてるのかな?と疑問に思いましたが、今は違います。

<自殺した相談者一人目紹介:サラリーマン男性>

私が沢山の無料トラブル相談を受けていた頃、受付を最後にしたのは2001年だったでしょうか。
ネットのルールは決まっておらず、個人情報保護法もなく、政府サーバー上で私の住所は公開。
電話番号も掲載されていたし、本当に今から考えれば相談を受けながら、凄いネット環境でした。
無論、家に遊びに来た人もいらっしゃったりしましたが、公開しててもトラブルは無かったです。

ただ、喜んでくれる人が多かった反面、相談者の悪口を書いていた人が”近い人”でショックを受け、
早く忘れようと、そして、全て忘れたいと「苦痛のセリフ」だけを残し消えてしまった人も多々いました。
以前、サイトに書いていて消した、実際の私が経験した例をもう一度書いておこうと思う。

「死の直前、面会に訪れた私に社員食堂から笑顔を見せたサラリーマンの顔を思い出した。
出張の際、東京青山で本田技研との打ち合わせに向かう携帯にその家族からの電話が鳴った。
笑顔から数日しか経っていなかったけど、今朝亡くなったと言われた。がんばると言ってたのに。」

▲私はガンバレとは言っていない(念の為)。

この件は、サイトで受付していた相談を止めたキッカケであり、少し経ってから消した悲しい一件。
覚えている読者もいるかもしれませんね(ITサイト)。
2ちゃんねるの悪口で自殺した人が少ないというのはウソだ。私だけでも相当知ってる。

私が「2ちゃん初期からの生粋のねらー」と書いたレスがあったのを見たときの気持ち、
それを書き込んだ人の認識、その差を埋めることは出来ない、非常に口惜しかったです。
私はやれる事はやったけど、所詮一人の力、無理だったの意味が、解説その4の最後でした。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

「細かいことは知りたくないです」

初めて聞かされた気がします。その気持ちを想像していましたが、相当、重い気がします。

「解説に書いてある以外に、伏せていることを教えてください」

数日経ってから来るかと思っていたこの質問は、「知りたくない」通り、来てないです。
今とネット初期は違う。今の私は余計なことをしているだけなのかもしれない。それとも…
今日、はっとして気付きました。少し考えてから、静観しようと思う。



その4へ戻る←   バトルその1   ⇒その6疑問の続きと私の立場で書くと…



<同管理人の作成サイト>
IT相談所     UMA     時計     サケマス(淡水釣り)     海釣り