どういう手順で進めてるのか、知らない人が多くなってるので紹介しておきます。

サイトバトルその7:実際の例で手順の紹介

<司法の手順>

会社で顧問弁護士とやり取りをしたことがある経営者、幹部・役員、総務管理職、営業のチーフ、
この方々なら、ある程度、顧問弁護士と顔見知りで、やり取りも弁護士に信頼されていれば、
今から紹介するケースは想像がつくでしょうし、私と同じことが出来ると思います。

但し、弁護士と相談するだけで時間単位のお金(謝礼)が発生していきますから、
無料でこなしてくれるぐらいに仲良くなることが可能であれば、という条件がつきます。
では、私が過去にやった中で、典型的な手順を紹介しましょう。

”あるサイト”を消して欲しいとの相談が入る。リクエストは企業の管理職から。
ハッキング(クラッキング)して消すのは法律違反なので、手順が必要です。
     ↓
理由を詳しく聞く。対象のサイトをジックリ分析し証拠保存、相談者の事情が充分納得できた。
ちゃんとした証拠であることが重要なので、ここが一番肝心。
     ↓
サイトを管理しているのはホームページ作成会社。連絡しても、まったく繋がらないという。
     ↓
公開されている会社の電話番号。会社へ電話するも、相談者の言うとおり繋がらなかった(確認)。
     ↓
そのサイトのアドレス、会社名から、同じグループ内に複数の会社サイトや変な個人サイトを見つける。
     ↓
まともな客商売の会社を選んで電話をする。相談者と同じような立場の困ってる人が複数いた(確信)。
     ↓
会社名を登記簿で4社の関連会社(ペーパーカンパニー/幽霊会社)をピックアップ。
     ↓
全てに電話を入れるも繋がらなかった。
     ↓
主要取引銀行=旧東海銀行(都銀)で聞くと、どうやら社長以下、役員全員の夜逃げだったらしい。
     ↓
当然、他の債権者も困ってるとのこと。単純かと思ったら、結構大変だと頭を切り替える。
     ↓
(BBSの誹謗中傷の場合はココからスタート)
     ↓
全サイトアドレスからプロバイダーの技術者を特定する。書き込みならホストを含む接続ログで調査する。
     ↓
悪口書き込みはアクセスログを入手するまで削除せずに残すこと。
お試ツール:確認君。環境まで分かるものです。この確認君以上の情報を接続では出しています。
匿名プロクシ多用で簡単に分からなければ、詳細版を入手する必要があります。
     ↓
登録してある技術者が2名、自宅住所での登録だったので電話をかけるが繋がらず。
     ↓
ドメインの匿名登録と判断。通常の簡単コースから困難コースへ変更。
     ↓
相談者の会社顧問弁護士(無料100%)、又は、司法資格保有者へ連絡する。
     ↓
弁護士事務所に証拠をファックスし(注:メールはダメ)、ドメインの維持にお金がかかるので、
ドメイン管理会社へFaxをする用意を要請。
     ↓
ドメインを提供しているプロバイダーへ電話をする。こちらは夜逃げと関係ないので繋がる。
     ↓
受け付け⇒担当部署⇒そこの責任者に回される間、同じ話を繰り返す(普通なので承知の上)。
     ↓
消してもらうように説明するが、当然無理を前提(電話でお願いしてOKするはずがないので)。
     ↓
自動引き落してドメイン維持代金が落ちているかどうかを確認てもらうこと。
     ↓
ドメインの登録技術者が架空の人間だと分かったが、本名は銀行自動引き落としの名義だろう。
しかし「その名前や連絡先は教えれない」と返事をされる(のは分かっているが)。
     ↓
「個人情報を流して悪口を言う人」を守る個人情報保護って何だよと誰もが思うお約束の一瞬です。
     ↓
対策=ドメイン会社は弁護士名にて連絡が来るのを嫌がるので、責任者に次のことを知らせる。
     ↓
「今回の件は、弁護士から正式に連絡、申し込ませるので公開準備をしていて下さい、
ファックス&内容証明郵便が届いたら、なるべく早く善処をお願いします」
     ↓
先に依頼しておいた弁護士に連絡、証拠&事情をドメイン会社の責任者へファックスしてもらう。
     ↓
私宛にドメイン会社の責任者から連絡が来る。ハッタリと思っていたら本当だったので焦る責任者。
     ↓
「削除に応じさせて頂きます。手続き上、X日後には処理できますので、ご迷惑をおかけしました」
     ↓
削除されたのを確認後、相談者へ連絡、結果の報告をする。
     ↓
第三者の証明が困難で、根拠のありそうな悪口は侮辱、根拠のない悪口は誹謗中傷。
簡単に区別を説明してみます。「あいつはアバズレ」の例だと本当かもしれない可能性もあり侮辱、
「あいつは昨日本社の女子トイレを覗いた」で、昨日は出張で本社に居なかったことが証明できたら
誹謗中傷となる。警察や弁護士が動きやすいのは誹謗中傷。
     ↓
警察を巻き込めば刑事裁判、苦痛の代償を払ってもらいたいなら民事裁判で訴えを起こします。
(お金の無い方)弁護士協会で補助金の申請をして弁護士費用を立て替えてもらえます。

こんな面倒なことを無料でしていた初期の時代、「なんでもあり」状態は人の本性をさらけ出す。
Web110番は速攻で有料に切り替えたし、最後まで無料だったのは私だったと思ってるけど、
もう覚えてもらってないんだなと、ちょっぴり寂しく感じた今回の騒動でした(そりゃ6−7年前だもんね)。

2ちゃんねるの場合は特殊なので追記しておきます。



その6へ戻る←   最初:バトルその1   ⇒その82ちゃんねるの場合

初めてさんは、私の昔書いた記事でネット犯罪判例危機分析と対応
理解の役に立ちます。解説したのが”何でもアリ”の時代なので、多少古いのですが、
一応、現在のネット上にあるバトル解説、それらの元の基本になったページですから、
時代が経とうが変わらないものが多いので参考にどうぞ。スレ全部を調査できるとかあります。



<同管理人の作成サイト>
IT相談所     UMA     時計     サケマス(淡水釣り)     海釣り