体験や経験の投稿記事は特効薬

〜でも、注意点があります〜

サイト運営で、行き詰まりを感じて閉塞感が漂ってきましたら、
打破する最良の特効薬があります。
体験や経験の投稿を読者さんから集めて、選別・編集したコラムを充実させるのです。

もしも、閉塞感を感じられている運営者さんがいらっしゃったら、
ひとまずやって見てください。必ず効果が出ます。断言!

「美人な人魚と思って捕まえたら、ジュゴンだった。ウッカリ間違えちゃったよ」

という船乗りさんの体験記事があったとします。

「たとえ3日間酒を飲みまくってゴキゲンなオレでも、ジュゴンを人魚とは間違えないぜ」

と思っているひとが実は大多数でも、体験記事を否定できません。
巷では美人な人魚の正体はジュゴンなのです(キッパリ!)。
体験や経験の説得力は、すべてのものを凌駕すると言っても過言ではありません。

健康を扱った雑誌や本をご覧頂きたいですが、全てのものに読者投稿の記事が
大きな紙面を割いて載っています。「〜が治った」という体験・経験談が載っていない
ものを探すのが大変です。それほど、体験記は効果覿面(てきめん)です。

極端な話、

「私はタバコのセブンスターを1日80本吸い巻くって、ガンが治りました。」

という体験談が載っていたとします。恐ろしいほど怪しい体験記ですが、
ちょっとセブンスター80本にチャレンジしたくなりませんか?(失礼…)

一方、良く載っているパターンのもうひとつが医学博士の肩書きがある方の

「私の実験で、セブンスター80本がちょうど効果が出る事を実証しました。」

と効果の裏付けを語っているものです。これはこれで必須事項で、
どの健康産業の記事にも載っています。
しかし、さすがに医学博士の肩書きの推薦でも、
セブンスター80本は吸いたくありません。

読者が体験してみたいと思う事は、医学博士の話より他の方がどうだったのか
という体験記事のほうが効果が大きいと思います。

健康産業では、病気が治ったなどという効果・効能を書いてはいけないなどの
薬事法できっちり縛られていますので、うっかり効能を宣伝に書いてしまうと、
薬事法違反や誇大広告で責められます。

実は、読者投稿という形が良い理由は、第三者が体験や経験をしたのですから
誰もイチャモンを付ける事は出来ないことです。薬事法も誇大広告にも引っかかりません。

ゆえに、効能が謳えない業者さんの宣伝ツールとしては大変有用なのです。
体験が宣伝の大部分を占める業者もいるわけです。

他の例では、「幸福の〜」が挙げられます。投稿者の写真付きで「すぐに大金を手にした!」
「モテない自分に恋人が出来たっ!!」などと解説紙面の大部分を占めてますネ。

また、良い事を経験したりの方は他の人にも伝えたくなるものですので、
投稿やアンケートを呼びかければ結構集まります。

良い事ばかりではない。体験を悪い事に応用されれば…

ウソの専門家を作り効果を語らせ、創作した体験記は簡単です。やらないように。
(現実社会では、ムチャクチャ多いけどね)

ネットならではの悪いこと

私怨の有る人が顧客を装って悪口を掲示板に書いたりするのも
同じ効果を狙っているからですネ。「あそこの店で買ったら粗悪品だった」って。
誰もが「へぇ、そうなのか」と思ってしまうものです。

まとめ

しっかりと投稿を選別し、編集すれば、読者にとっては大変有用な記事になるばかりか、
販売促進には最高の記事になります。

閉塞感を打ち破るには、一番の特効薬です。
簡単だった体験集を見なおして、是非、充実させてみてください。




関連記事=JAROに怒られる!
特に補足部分の”入ってはイケナイ領域”「幸運のXXX」関係の理由をちゃんと考えよう。


表紙へ