運営方針を振り返ろう!

あなたのターゲット層は?

いろいろとあります。

ビジネス向け
趣味向け
一般
ネットサーファー
初心者>中級者>上級者
啓発
公共的
サイト運営者向け
高齢者向け
若者
男性
女性
面白おかしい系
真面目系
怪しい
告白(=日記系)
欲○吐き出し系
○望満足させる系

全部いただきましょう!という欲張りなケースは公的機関に任せましょう…

このネットショップ売上向上相談所は、強いてあげればネットショップのサイト運営者向けですね。
時計のサブサイト「ザ・懐中野郎」は時計好き&マニア&大人(購買力が要る)です。
UMAは少年から昔懐かしい懐古の大人、釣りサイトは釣り人オンリー。


ターゲット層について、その2

ショップさんの1番重要な方針:価格か品質か。

まず、1998〜2000年の時点でネットで買い物をしようとした一般層が、
どれだけいたか想像してみよう。買い物客は大多数は悲しいながら
ネットショップ・ウェッブマスターのお付き合いしている人だったのではないでしょうか?
義理っていうやつですか。

ネットへ入ってきた購入目的の人は巷の値段よりもずっと安くて質のいいもの
出歩くのが面倒なので手軽に…を探しに来ている層ではないでしょうか。

または現実ショップでは恥ずかしくて買うのに勇気の要るものとか入手が困難だとか…。

上の二つは分かりきっているだけに厳しいネットショップ運営を承知の上で
ネットショップを開くはずです。が、何を勘違いしたのか悲しいマスコミのあおりで
この現実から離れてなんでもネットで商売すれば成功すると勘違いしてしまう…
すこぶる多いです。

現実の正統派商品では巷より安くて、品質がいいとなると赤字覚悟のネットショップしか
売り上げてないのじゃないかと思っています。そう、宣伝目的、知名度アップの企業ですね。
(大企業に話を聞くと赤字はいずれ解消するという楽観的な運営のようです)

そうそう、ネット特有のアダルト商品でも新たな発想で成功したフェチ・ビデオなどでも
5割しか成功していないようです。
(これでこのレベルとすると一般商品のきつさが分かりますですね。)

上手く利益が上がらないのが当たり前です。
そこから飛びぬけるためにはそれ相応の努力が必要です。
多くのパターンは売上無し⇒アクセスアップ⇒宣伝費アップ
という話をモール側、コンサルティング側(ビジネスフォーラム側)に教えてもらって
更なる出費があるわけです。

儲かるのはあっちの人たちです。はい。

話がずれましたが、多くのサイトを見ていますと、方針が不明なところが90%以上と思います。
方針とは値段か、もの(質)か…です。ものなら大変な量の薀蓄はがサイト上で要ります。
値段ならばカタログの形でいいでしょう。

よくあるのは結局ガッチャマンショップサイト。
どうしても売れないので何かが売れれば…という考えに陥り、
あれこれの商品が並んでいます。

▲当時、本当に多かったです。楽天なんかもショボかったしアマゾンも無かった。

これは自分が購買層になり何か買おうとして検索で探して見てください。
専門店に行き着きませんか?
いろいろと扱っているネットショップが検索で引っかかってくることはまれでしょう。

この時点で他の専門店に負けているのは自明の理です。
(でも出来ない…これが現実。なんとか打破しましょう。いや、打破する勇気を持ちましょう)

値段を求める顧客へのサイト上でのアピール

次のページでサイトの表紙の作り方でも書きますが、運営方針で値段を安くするか、
品質を納得してもらって買って頂くかのはっきりした形を考える必要があります。
考えていなければぼやけた説明文などになっているはずです。

純粋にサイトで安いと書かれている場合はとにかくイメージで
ほんと??という意識が訪問者へ芽生えると思っています。

他店より安ければその根拠を、品質に比べて安いということでも
根拠をいれないと読者が他人に口コミで広めるときの足かせになります。
〜だからあそこは安い…という口コミですね。

たとえば、私のネットショップの値段についての言及の場合はメーカー発表の
コストなどを調べて比較して出したりします。高い設定でメーカーは出しますので使いやすいです。
(企業秘密というところが多いですが)

現在は価格で選ぶ場合もそうでない場合も混在したネットでは
だれもまだこうした方がいいと断定できない状態と思いますが、
少なくとも価格ではない顧客をターゲットにされるならその旨を大きく、
価格を狙う人を…の場合はそれなりに比較を…。

両方狙いは難しいですが、どちらかに偏ったサイトにされて様子を見てみるのも手だと思います。



表紙     ⇒表紙作りはこうする!!!