サイトの表紙に置いていたテキスト「全白シリーズ」を残しておきます。



情報が古くなるということ

当サイトのジャンルはオンラインショップ向けではありますが、
個人サイトにも使える情報が多いと思っています。

これは作者の最初のサイトが”趣味”からスタートしていて、
販売するのは、自分のコレクションからだったからです。

人気の無いジャンルで、どうすれば巷に有る人気サイト並に
アクセスが出ないか、それはそれは工夫しました。

当時、私のサイトを見て「表紙がダラーンと長い」、
「表紙には2‐3リンクで分かりやすい入口にしなければダメ」と
よく辛口評価されたものでした。

表紙の作り方”というコラムは、その頃に感じた「長くたって
良いじゃないですか」とか「表紙にリンクが一杯有ったって、
問題ないです」という事を書いています。

しかし、現在では、表紙に当たり前のようにリンクが張られ、
ダラーンと長いものが多く見られます。

ブログなんてのも、ダラーンと長くなる前提に作られたもの。

従って、今はじめて見た訪問者さんは、古く役立たない情報と
見えてしまいます。これは当然のことです。

一方、”コンサルタントへ”という記事も、古さ最高でして、
当時、雑誌などで評判だった有料コンサル業者さん達と
契約を交わしたショップオーナーさんがたが、
お金だけ掛かって現実のアクセスや売り上げが得られないと
メールを下さって、典型的なものを選んで抜粋したものでした。

しかし、当時は多かった、そんな業者さんたちは、
今では閉鎖・休眠、方向転換しており、存在していません。

存在していないので、空を斬るような記事になっています。

数多くのサイトが生まれ、休眠、消え、また生まれる…。
短いサイクルゆえの情報の新しさ・古さの難しさがあります。

知恵の出し合いから保守へ

最初の頃・世紀末最後までは、成功サイトが少ないですから、
専門家を頼りにするという傾向が強くありました。

しかし、その専門家ですら上手く誘導できなかったため、
各種サイト・オーナーは手探りで成功を模索し始めました。
知恵を出し合い、これはこうしたほうが良いとか、
みんなで実践し、結果を求めました。

ネット上に有るCHIや支払い方式、セキュリティも色々で、
殆どが高額レンタルで、気楽に借りるわけにはまいりません。

その中で”日商工の保証マーク(解説)”は、典型的なもので、
雑誌で触れられなかった信頼を高めるものがあるよ…
という、ネットならではの記事だったと思います。

ところが、すでに「何が信頼性が高いのか」考え求めるよりも、
ネットの人口が爆発的に増え、検索で上位でなければ、
訪問者自体が無いという現実に移行していきました。

CEO(検索エンジン最適化)テクニックの出現です。

ネット人口が増えるとと共に、商用サイトも多様化し、CHI配布、
アフィリエイト、画像配布、アドセンスなど、取り入れるものに
迷ってしまうほど、面白く・興味深いものが出てきました。
広告バナー(解説)”だけの時代から見れば、選び放題です。

そういう時代を経て、教え合うことよりも、情報を保持するように
進んで行くのは、至極当然の成り行きでした。

もともとビジネスジャンルというのは情報を出す事は少なく、
しかも基本的に全て有料ですから、ネットだから無料というのが
特別に存在しただけでしょう。

さて、話がズレはじめました。元に戻ります。

ネット界隈では成功サイトがドンドン増えて行きました。
成功しているサイトが増えれば、そのサイトを眺め、良い所や、
自分でも使える所を拝借すればOKです。

古い記事が多くなってしまった当サイトの役割は少なくなり、
有効性も、私の他のサイトが閑古るまで…というリアルさ。

ネットでは閲覧できる成功ノウハウと言うものは無くなりました。
それは、如何に訪問者を得る為に宣伝するか…に集約され、
テキストを多く、分かりやすく書くなどは、後回しで可なほど。

Yahoo!の独占ポータルサイト状態では、次点でグーグル。
その後、オールアバウトや楽天などのようですから、
如何に彼らに取上げられ、見てもらう人を増やすか?

人気サイトを毎日巡回し、どんな工夫をしているのか、
勉強するのも大事ですが、今、「有料の宣伝」が強くなり、
尚且つ、効果が大きい現実。

私個人が「有料の宣伝」を毛嫌いしていたのはさておき、
有料の宣伝が、最強の成功ノウハウ時代に突入…

…2005〜2006年は、重要なネットの転換期かもしれません。

スポンサーのマスコミ弊害

有料広告の宣伝が強くなりますと、TV、新聞、書籍のように、
スポンサーによって情報が歪むという帰来があります。

車の炎上は三菱車だけでなく、全メーカーであることや
(1日全メーカーで40件ぐらいだったかな=私はホンダ車)、
金融NEWSが、主に消費者金融から銀行集中へシフトしたのも、
スポンサーの進出状況を見れば分かりやすいですね。


今から始めても遅くない?

「ネットでアレコレするには、先陣を切った人達が多く、
いまさらという感じで遅いのではないか?」

よく耳にします。

私なんかも、当初はコンピューターが苦手で、
簡単な書類も同僚に打ってもらっていたほどでした。
自分のデスクにあるパソコンはCDプレーヤーと化し、
音楽をかけたりするぐらいの低レベル活用でした。

コンピューター用語ではウインドウズ98とか2000とか
年代が後ろにつく名称と思っていたらXPとか出てくるし、
統一してくれないかな〜などという情けなさ。

私が最初にネットをしたパソコンはタウンズでした。
富士通のコンピューターです。

テレホーダイという電話システムで夜中しか繋げれず、
延長して昼間にネットに繋げば10万円を超える料金が。

今のようにIP電話とか、使い放題で定額なんて夢、
光ケーブルが来ることもなく…。

で、遅いタウンズでダウンロードを待ち、
画面に表示された個人の手作りホームページを
楽しんでいました。

友人の家で「最先端」だったパソコン通信に
感動したこともありましたねー。

懐かしい思い出です。

そして1998年、ネットには世界が広がっていることを
自分がサイトを開いて実感しました。
レンタルサーバー、誰でも簡単ビルダーではじめ、
アット・ニフティでスタート(現在に至ってしまった)。

中には毎日1,000アクセスもの大きなサイトが数件有り、
広告までも取って羨ましい存在でした。
当時はソレで大サイトだったんですよ。

こんな新しい世界があったなんて!!!

それからコンピューターを道具として使う感覚になり、
どうすれば有効に使えるのか、勉強するのは辛いけど
楽しくマスターできないものか…に思考が行きました。

当時のサイトは手作りが殆どで、綺麗なサイトは
お世辞にも多くありませんでしたが、夢中になりました。
面白くってたまらなかったんですよね。

現在はプロの綺麗なサイトは多いけど面白味が少なく、
自己主張すれば直ぐに叩かれるような雰囲気で、
大人しい管理人さんが多いと感じます。

手作りだって面白く感じたあの頃、サイト作成のテクより
中身だよなと思う次第デス。自分もデザインがヘタだし。

コンテンツが面白ければ遅く無い!!!

そう、中身です…(永遠のテーマですけどねー)

何故、出来ないんだろう?

私には未だに分からない壁みたいなものがあります。

アクセスを増やすための知識は蓄えた。

その知識を生かして、実際にサイトを作り、運営すると、
アレレ?何故か上手くアクセスが増えない。

何故だろう?

ターゲットの語句検索では上位表示されるのに、
どうしてこんなにアクセスが少ないのか。

何が足りないのか。

訪問者さんが気に入ってくれないのかなぁ。
それなら納得です。

そこで壁に当たるわけですね。

どういう風にサイトを作って、どういう風な内容にするか
自分の持てる力で解説をする、その解説がイマイチだと
それは訪問者も増えて行かないでしょう。

ウケ狙いか、アダルト系を増やすか、
いや、参考書のように専門用語で確実性を高め、
誤解などを与えないようシッカリつくるか。

クレームも少なくなるだろうし。

しかしアクセスは増えなかったです。

専門用語で作ったサイトだと、訪問者にとっては、
書店で購入するノウハウ本で事足りるからでしょう。
(無料の参考書として訪問される方は少ないのかも)

そういえば、売られている参考書を買った時、
もう知識が増えたというような感覚を持ちました。

未だ勉強していないのにテストで100点取れているような
錯覚というか、ヤッタネ感を感じるのです。

私はその時「知識があっても出来る・出来ないは別物」と
痛烈に実感しました。

ああ…(天を仰ぐ)

知識があっても、別に必須なスキルが必要なんだと…
継続・忍耐力とか一杯いっぱい。



表紙へ