趣味ではない生活がかかっているEコマースの方は安定アクセスを求めます。
広告費を支払い続ける平均ショップのままか、必要なくなるか。しかし参考に出来るサイトが判らない。
そこでネットの立場で最高峰と言われるのがYahoo!サングラス・サイト登録サイトの約1.5%についてます

ただですら審査基準が厳しく登録されないYahoo!カテゴリーなのに、それを突破したサイト中での1.5%ですから、
厳選中の厳選中サイトなわけです。これらを見れば勉強にならない筈がない。詐欺サイトを見抜く目も出来ます。

多分、Yahoo!サングラス・サイト管理人がノウハウを公開しているのはココだけ(2003年=この記事を書いた当時)。
読まずにバックボタンで帰るのもよし、読んで実践するのも自由です。
サイト作成を行っている人にとって、クールマークが取れなくても姿勢として変わっていくはずです。

Yahoo!サングラス(クールマーク)のコツ!?

超マイナーな時計でアクセスも無いサイトで長い間苦労しました。

その経験で当サイト=ITジャンルでE・コマースのアドバイスやアクセスアップ論を展開してきました。
二つのサイトとも、まぁ正直、出来過ぎた評価を頂いています。
ここで終了しておけば過去の実績として(ビジネス界隈で)
サイト作成コンサルタントとして会社を作ったりしてやっていけるでしょう。

一般的には1サイトの成功でWebコンサルタントが成り立っています。
そもそも1サイトも成功できないケースがほとんどという現実がネットにおける厳しさを現しています。

本当に実力のあるWebコンサルタントというものは自分の得意分野に加えて、
他の分野も成功させてこそと思います。
一流のサイトを数多く作ってますといわれても、ブランドに乗った企業や、
資本金が莫大な大企業サイトでは正直誰が作っても成功しますよね。

しかし私は病院職員であり理学研究者だったため、元K大学講師で、コンサルもしてないです。
つまり何でも正直に暴露も書ける立場です。

では今の段階の作者はどんなサイトを作れるでしょうか?
ノウハウを結集した新しいサイト、特に趣味サイトを作らせたら、
一体どれぐらいアクセスを得れるのでしょうか。

自分の理屈が目に見える例=成果として出せるのか?
口ばかりということが読者さんに分かって失敗しないのか?
新たな試みと相成りました。新たな目標…それはYahoo!サングラス。

日本中どころか世界中に山ほど有るサイト。一生かけても全部見ることが出来ません。
サイト最初の導入で語りましたが、訪問者の平均滞在時間は1分以内。
しかし滞在時間が長い奇跡に近い存在のサイトが僅かにあります。
それはサングラス(クールマーク)が付いたヤフー登録サイト。

既に導入編で紹介しているサイト例ですが、
自己主張ばかりの内容ですら1日の表紙は10,000アクセスover、
そのサイト全体では1日50,000アクセス前後。これが、ずっと続きます。

来年はアクセスが閑古るということは殆ど無い可能性。
広告費で換算すれば、どれほどの価値なのでしょう。
広告を付ければ、どれほどの収入が発生するのでしょう。
googleのSEOや様々な検索エンジンの有料登録などもありますが、
現在の日本で遥かに効果があるのはコレです。

このサングラス・マーク、私も欲しいと思っていましたが、
思うのと実際に取るのでは違いがありました。

思うのと実際に取る…そう、私自身も実際にやる前までは「知ったか君」であり、
恥ずかしながら「自分は凄い症候群」だったのです。
「たかがYahoo!サングラス、取ってるサイトは別に凄くない。」
そう思っていた自分と今の自分では全く別の感覚です。

Y!登録が大学入学とすると、サングラスは博士課程の論文博士クラス(超困難です)。
いや、ウソのような本当の実感です。

ドメインじゃないとダメとか有料スペースじゃないとダメとか噂があります。
では、無料スペースでチャレンジしてOKであれば、どう判断できるのか?
3つ目のサイト、無料のジオシティーズ(当時の)でチャレンジ…。

サーファーが選ぶお勧めサイト(1週間)」や「サーファーのオススメ」までは、
なんとか引っかかりましたが、サングラスだけは手が届かない。
まさに出口が見えない死のロードみたいでした。

「たいしたことない」、「自分でもアレぐらい出来る」と思うのは簡単ですが、
その段階を過ぎ、やってみたら死ぬほど大変、そう、見事にプライドが砕け散った瞬間です。

ITカテゴリーは実績を見せなければ訪問者に信頼されない心底しんどいジャンルだと言えましょう。
ビジネスサイト評価をしていたため、サングラスが無かった当時は辛く、
自信を持ったアドバイスは逆に「偉そうに」と映っていました。

あんなサイトで? それはムリムリ。という評判

まずはYahoo!カテゴリー登録からスタート

いきなりサングラス・マークを狙っても無理です。断言できます。
一番最初にやる事は、基本ステップがいきなり難関であるYahoo!登録に審査合格することです。
この段階で多くの作成者が断念しますが、その後、努力しようとする人と「もういいや」に分かれます。

更にネットゆえに厳しいのが、ヤフー登録になっても一日IP15アクセスというサイトもあります。
せっかく登録したのに瀕死状態…というわけですが、(サングラスでもない)一般カテゴリーに登録するだけで、
5〜15万円を払ってまでビジネスエキスプレスをする必要にも悩んでしまう次第です。
効果があるのなら払ってでもビジネスエキスプレスに申請して良い訳ですが、
登録後に寂しいアクセスに戻っちゃっては話になりません。商用サイトは宣伝効果を維持しなければいけない。

戻らない様に、どうすればいいのでしょう?
なんにせよ、サングラスへ行く前にサイトを完成させなければなりません。
そして、第1歩のYahoo!カテゴリー登録は当然のごとく通過させるというハードルをクリアーします。

サングラス登録されたのは作者3つ目のサブサイト

取り扱っているのは、なんとオカルト(未知動物)。ネッシーとかです。
30歳以上の男性読者を対象にして「息抜きをしよう」とストレス発散のコラム的レベルでした。
その後、当サイトの見本羅列として”サイト例”として独立させました。

おまけサイトとしながらも、TVに情報提供を依頼されたりしましたが
専門的な堅苦しい色合いは、逆に人気が出ないということと紙一重。
しかもオカルト扱いでは正直、茶化される存在でした。

ただYahoo!だけでなくinfoseekやdmoz、@niftyのデレクトリ「オススメ」も取ってます。

絞れ込めないテーマ

●ネットショップはヤフー登録をされても直ぐに効果がなくなる傾向がある。

●趣味サイトでも、ジャンルによって効果が出る・出ないが大きい。

●一般的に商用サイトでなければ1日IP50アクセスで成功と考えられる(当時)。

●放置してもアクセスがあるような安定したサイトを工夫する。デザインではないコンテンツの優劣である。

●BBSやカウンターの無料レンタルCGI、素材提供がアクセス向上には1番OK。

同格であるサングラスサイトの2ちゃんねるのようなBBS群でコミュニティを重視するか、
トヨタ自動車のように巨大な資本を投入して真似の出来ないシステムを作るか…。

動画、音楽、ファンサイト、ニュースなど幅広い材料から、どれを重視すれば良いのか、
絞り込みだけで大変悩みます。
そもそもオカルトサイトでサングラスを狙うというのは一般的にはお話にならないと同意でした。
相当作りこんでも無理、Yahoo!サーファーに賄賂を贈ったとしても無理でしょう。

カテゴリーがイメージ悪い事に加えて、スキルの有る人がパッと見て、
「悪い印象」ではなく「良い印象」、怪しいジャンルを正統派にするのは不可能じゃないでしょうか。

で、「サングラスを取る」と宣言したものの、あまりにも大きな目標に放置気味だった所、
掲示板でヤフー登録競争…ということになりヤフーチャレンジに至ったのが機会です。

↓物件・当サイト(旧)BBSより


425. あの怪しいサイトと競争 さくだいおう  2002/09/20 (金) 06:47
(ある読者さんと⇒)競争だぁということで
UMAサイトを申請かましました。
オールアバウトにも先ほどやっておきました。

サイト評価もしている当サイトで、運営者自身の私が掲示板で登録宣言してしまうとは、
どうしてこんなに私は自信を持っていたのでしょうか?実は自分でもわかりません。

まずは第一ステップ。Yahoo!登録。審査に受かる。

申請は9月20日、登録は9月27日。一週間でした。

ここは、申請から登録まで1週間かかったという事をデータに残しておきます。
サングラスまでの第1歩を踏み出し始めました。ひとまず登録からの道のりを紹介します。

ヤフー登録からの動き

1日1IP計測=純粋訪問人数

数万サイトが参加する日本最大の読み物サイトランキングReadMe!より
(約35000サイトが参戦、その中の順位です)

Y!登録後のアクセス

日付 1日のIPアクセス数 リドミ順位 表紙PVアクセス等
表紙ユニークアクセス
300〜400
550位前後 goo/ライコスのデレクトリのみ
2002年09-20 ヤフー、オールアバウト申請
2002-09-27 283 593 一日表紙PV1,200アクセス
2002-09-28 477 366 ヤフー登録、URLTODAY週間オススメ
2002-09-29 417 420 dmosデレクトリー
2002-10-02 534 339
2002-10-03 774 246 ローラのオススメ
2002-10-04 999 194 ローラ・ラジオ放送、MSNデレクトリー
Y!ジオシティのE−List掲載
2002-10-05 993 180
2002-10-07 1410 137 PV5,600アクセス
2002-10-08 1384 145
2002-10-09 1173 164
2002-10-10 1703 109
2002-10-11 1126 159 Dionデレクトリー
2002-10-12 1062 163
2002-10-19 1453 129 Biglobeデレクトリー
エキサイト、googleなどのデレクトリ
2002-12-28 7,352 21 表紙PV27,974:第1次ピーク
オールアバウトジャパン登録
2003年 安定4,000前後 65〜90 PV7,000〜10,000
2003−7−12 表紙ユニークアクセス
19,285
8 サイト内トータルアクセスは60万ぐらい
表紙PV93,000記録
2003年12月 安定 安定
50位前後
ヤフーサングラス
@niftyホームページ準グランプリ受賞
ベストオブ常習者サイト銅賞
オールアバウトジャパン別登録
9位を2回、8位を1回経験しました。

2002年の末には既にかなりの人気状態になっています。
それゆえYahoo!登録の影響はアクセス的にはほとんど無かったです。
純粋訪問者数のピークを迎えるまで、ある程度の助走期間があり効果は徐々に出ました。
ピークの後は徐々に下がって落ちつきます。その後、見てのとおり巨大化出来ました。

1日約2万人が訪問し、約10万アクセスの表紙PVを記録したのは
ウンチク系では画期的な数字と思ったりします。
UMAサイト全体では1日に60万のPVアクセスという感じでした。
(表紙に戻らず読まれるページ構造をしている為、PVが多く発生しました)

そして、読者数に後押しされ、毎日の質疑応答などを繰り返し、
メインの目標であるサングラスまではYahoo!登録から1年が経っていました。


結論

お金をかけた宣伝でアクセスを稼いでるのではなく、デザインに凝るのではなく、
コンテンツの作成努力をして、ある程度のアクセスを稼いでいるサイトならば、
ヤフー効果は最も大きなものとなります。

貴方もデザイン力が下手とか自信がなくとも、成功出来る事例として頑張って下さい。


登録のポイントを考えてみよう。

Yahoo!登録では、そのジャンルのポータル(入り口)・サイト、信頼性の高いサイトが求められます。
継続性があるか、説得力のある内容であるか、著作権違反をしていないか、
引用や転載には必要条件である「充分なオリジナル性のある解説」がついているか。

▲「充分なオリジナル性のある解説」が付いていなければ、著作物を勝手に引っ張ると違反になりがち。
自由に引っ張れる理由は、悪い事をしているなら許可を得ようとしても引用転載は断られるから、
充分なしかるべき要因があれば無許可で使ってもいい、という形です。

そして、カテゴリー担当の専門家であるサーファーさんを「ギョ!」と言わす部分が2箇所以上有る事。
登録を目指している方は、ご自分の強みを探してみましょう。サングラスならば多数あることです。

本など資料から引っ張ってきた転載物ばかりでは、誰もが作れるという考えに基づきます。
従って、立派なサイトに見えてもオリジナリティがあり、誰もが気付かなかったような説明を心がけること。
(当時、これらは某サーファーさんに聞いた話です。)

<誰も気づかなかっただろう例>

1、湖の科学
単なるオカルトとバカにしているほど衝撃が走る!!!・・・かな?

2、シーラカンス
両生類の特徴の「内鼻腔」がなかったので両生類になる前の魚なのか?
…という進化に関する説

3、ニューネッシーの足のヒレ
写真で確認。本当だったなら首長竜の特徴となるとか。

4、科学的考察例
これはインドで目撃された怪魚ですが、検証の仕方。

▲今では王道の手法ですが、当方が出る前まではこのような形はなかったです。
審査した数人のサーファーさん&幹部の社員の方の談話です。

<サイト作成時に心がけた事>

どれが当たったのかは判りませんが、基本を羅列します。ご自分の作成サイトへ応用ください。

解りやすい簡単な単語にして、解説は短く、読者が第三者に紹介・引用しやすい形にした。

⇒当サイトは、正確さを出す為、うっとうしい・クドイほど記事を繰り返す手法ですので、違う作りです。

最初から最後まで、表紙へ戻らなくても最後のリンク集まで読める形をとった。

⇒これは、本の作りと一緒。表紙は目次にしてあります。
従って、分量の多いテキストにすると追加更新が大変になります
(挿入ページを作るたびに、3ページはリンクの張りなおしが必要)。

若年層を意識して、アダルト指向な部分を削除して行った。

⇒アダルトへ持っていこうとするサイトが多いので、その逆を行きました。

食うという部分を意識して作った。

⇒動物・魚類=食べ物という設定。アユの塩焼きや赤身の美味しい魚とかの表現を多様。

本やTVなどに負けない知識の部分を出した。

⇒彼らに対抗すると人気が出る場合が多いですが、下手をするとクレームの嵐ですから、
如何にトラブらない表現にするかを苦心しました。

最後まで読んだ人が、口コミで「スゴイサイトだった」と広げてくれる様に作った。

⇒途中で帰ってしまう方々のことを全く考えていないです。
自分を信じて徹するというのが努力としては一番でしょう。

こんなところでしょうか。

サイト作成をYahoo!登録まで進める方法

さて、サイト内で紹介しているアクセスアップの記述に従って
紹介しながら「進める方法」を書いていきます。

Yahoo!登録前〜審査の申請、落選まで

1、サイトを作ったら、一発太郎で登録する。

2、ライコスとgooだけは何もしなくても登録をやってくれるが、それから1年は何処もやってくれないので、
アクセスが少なくともコツコツとコンテンツを作っていきます。労力を投入すれば、誰だって慣れて行きます。

3、Yahoo!審査申請の自信が出来たら、編集して確認。自信を持って。
作成をし続けると読者の反応などで見る目やコツが理解できてきます。慣れてきた末のご褒美ですね。
それで一番おススメな記事を集めて構成しなおしてYahoo!へ登録の審査申請をします。

4、Yahoo!のデレクトリーに順次チャレンジしていく。
公共機関、大企業、有名人などは自動的に登録されるので、一般サイトは踏ん張りどころです。
決して、上記のサイトを見て「自分の方が出来る」と思わない事。

5、Yahoo!各デレクトリーが登録してくれない場合は、5万円でライコスやビッグローブ、エクサイト、グーグルへの
一括登録をしてくれるサービスを使う手もあります。

6、商用サイトのみはヤフーへビジネスエクスプレスで優先的審査を繰り返して登録します(5〜15万円)。
この金額は残念ながら審査優先料であり、確実に登録できるサービスではありません。
あくまでも登録基準は「出来の良いサイト」に徹底されています。

<幸運にもYahoo!登録された後>

1、ほとんど他の検索エンジン・デレクトリーは勝手(自動的)に登録されていきます。(Yahoo!登録の凄い所)

2、瞬間風速の間に相互リンクを結びまくります。相手の管理人は選べない立場という事を念頭に礼儀正しく。

3、瞬間風速が落ち着いた時から、他のジャンルに訪問。相互リンクも良い感じでしてくれるケースが多いと思う。
既存のお付き合いの有るところを大切にしながら、未知のエリアへ遊びに行き、相互リンクを広げる。
大変厳しい努力が必要ですが、これが醍醐味でもあり、Yahoo!登録された恩恵は丁寧に受けてもらえること。

4、ネットはあくまで「遊び道具」として考えるなら、大変少数しかいないと思われる購買目的者。
Yahoo!登録でも充分な効果が得られない場合、大手のショッピングモールに登録するしかありません。
出費に見合った売上が確保できないと感じた場合は、撤退も決断するのが良いかもしれません。

5、ネットの売上は、かなり伸びています。もっと伸びるのをじっと待つのが良いとも言えます。
その間は別件で食って行きます。幅広いスキルが生き残るためには必要です。これはどのジャンルでも一緒。
ここの読者さんであれば、サイト作成などのサブビジネスを考えて見ましょう。得意の分野で。
じっと待つというのは重要と思います。もっと購入者が入って来れるネット環境になれば(2003年時点)、
サイト運営のキャリアが訪問者からの信用に繋がると思います。

6、ネットが広がるには高年齢層も簡単に使えないといけません。
こういう面のプッシュをビジネス評価(政府、日経など)の大御所達が怠った為にネットは発展が遅いのだと思います。
アメリカが発展しているのは、高年齢層がビシバシ、オークションなどで自宅のものを売っているからです。大きなPRです。
「タグ」、「フォント」、「スタイルシート」、「フラッシュ」…。ご老人でも理解出来るようにしなくてはいけません。

アクセスアップ論とか売上向上論とか机上の理論も大切です。その上で実践で出来るかどうかがカギになります。
出来るかどうか…こればかりは記事を書いても難しく、貴方自身がやってくださって経験されないと分りません。

根気の有る方、飽きっぽい方、博識タイプの方、狭い見識の方…文系・理系…。
色々なタイプの方々が居てこそ面白い世界になっているわけですから、自分を見つめなおすのも必要です。
参考書を本屋で買ってきて勉強が出来るようになったと感じる、それと同じような感覚は絶対にダメです。

再度、自分を見つめなおすのが重要です。ノウハウがあったって出来るかどうかは別物。
一般の趣味サイトとは違う、生活をかけた商用サイト(E・コマース)をするなら
真剣に取り組まないと、広告宣伝費ばかり掛かり、裕福は程遠いだけです。
では、引き続き勉強していきましょう。↓

7、ショップのテキスト分量を50ページ程度にしてみる(商品ページは含まず)。
分量が多かった場合はウンチク系を趣味サイトとして独立させ、単独で活動させると良いかもしれません。
Yahoo!をはじめ各種デレクトリー登録が出来た後で思いっきり目立つところへショップをリンクします。
タイミングを間違えると常連サンを掴む前に避けられる可能性もありますから、ご注意下さい。
喜んで早くするより遅い方が良いと思います。

8、ロボット検索に引っかかりやすい様にズバっと面白いコピー文句を表紙に出す。
商品イメージを広げて連想して見よう。
(三大欲望の食う・寝る・エッXを連想させる形もやって見ても良いかもしれません。)
アダルト系ネタは、まともなショップとしてやってはいけないです。
至るところでライバル業者に悪く言われるネタとなります。

9、自分の主張を書くウンチク系のテキストでは限界があります。
ユーザーに使いやすいリンク集やレビュー、ランキングを作るのが一番良いかもしれません。
ただ、もっと使いやすい所が出てくれば下がって行きます。
レビューでは、キツイ事を書けば言われた方から文句を言われ、
サイトバトルというアクセスが爆発するケースが多く見られます。
ショップではトラブルは避けなければなりません。

10、私のサブサイトの一つ「機械式時計研究会」がYahoo!も「趣味・時計」で入ったことがありました。
アクセスは正直倍増しました。個人売買がありますので、本来、商用カテゴリーに入ります。
サーファーが気付いて「ビジネスと経済」に戻されましたが、アクセスも又戻ってしまいました。
これは結構重要なポイントです。
アクセスだけを考えるなら「ビジネスと経済」カテゴリーではなく「趣味」カテゴリーが優位かもしれません。
ジャンルによるでしょうが、趣味のエリアで登録してから、ショップとリンクすると言う荒業も可能です。

サブポイント

★Yahoo!登録時のド〜ンから、更にサイトを充実する方と維持系に回る人。
(相互リンクを急に断ったり、掲示板を簡易にする)
管理人のタイプでその後の発展が変わって行くと思われます。

★すぐに帰らせるウオッチ・アクセスと、中身まで読んでくれるアクセスは別物です。
語句検索で各ページへ飛んできた読者さんに表紙を見てもらえるかも大きく、
各ページの記事が読者に興味を持たせるのかどうかが重要ですね。

更新をやると良いこと。

・色々な文章表現を使えるようになる(マズイ表現を使わないプレゼンテーション能力が高まる)。

・どうすれば人の心が動かせるのだろうか?と考えるようになったりします。

ネット依存=サイト内記事=に陥ったりする。これは注意点ですネ。

などの効果が出るんじゃないかな。

サングラス登録は奇跡的な発展を遂げないと難しいものと思います。
当然、Yahoo!登録絡みだけで多く記事を書いてしまいましたが、これが基本レベルです。
応用して自由に道具を使えるためには、基本をおろそかにしてはいけません。

幅広い層でも楽しめる要素

結局の所、私がサンスラスを意識して重視したのは、
読者を絞り込んでいながらも、幅広い層でも楽しめる要素をいれた事。
これを如何に具現化するか…でした。

思うのは簡単でしたが、どういう文章にするか、荒れないか、著作権の許可は何処に出せば良いか、
何を取り入れて何を捨てるか、専門家から暇潰し(=小学生から大学の先生)まで反応を良くするには?
結果、ずいぶんヘンテコなものになってしまいましたが、
今では珍しくない爬虫類⇒哺乳類?の記事に代表されるようにアレコレ工夫しました。
このリンク先記事は2ページありますが医師(読者)からのコメントを要チェックです。

今はマジメに「なんらかの本物UMAを証明し世間を震撼させる」と頑張っています。
遊びの上に各博物館の先生や輸入元請け、環境庁の許可など、専門的になると遊びを超えます。
当サイト作者が世に出るとしましたら、このUMAサイトがキッカケでしょうが、
インターネット研究会J(売上向上相談所)は志は高かったのですが、
内容を知ってしまえば要は無くなりますし、機械式時計研究会(ザ・懐中野郎)も同様です。

お分かりの通り、常に新しく満足させる情報を載せるのは大変ですよね。
個人の能力では作業的にも無理と思いますし、同じ人物が作っていながらUMAサイトとの大きな差は、
人類共通である「夢」を取り込んだのが大きいかもしれません。
結局、ノウハウらしきものを考えたら幾らでも出てきてしまい、全部書くには相当な分量になり、
正直、正確な表現が出来ないものに陥ってしまいました。
あまり、まとまった良い記事にならなかったのは心残りですが、お許し下さい。

ネット上での評価を突き詰めればYahoo!サングラス・サイトに行き着きますが、一般的には不要です。
ひょんなことから迷い込んだ読者さんでは読む目的が違いますから念のために付記しておきますと、

・サングラスじゃなくとも安定したサイトであればいい。

・サングラスじゃなくても楽しく更新できるテーマであれば良い。

・サングラスじゃなくても人に役立つ物であれば良い…。

・好きでやって、何かいい事があるとイイナという気持ちでいれば問題なし。

大切なのは、初心者としての感情に立ちかえること、1読者は1アクセスをもたらしてくれます。
自分の作った最初の1ページをサーバーに転送して、ネットにつないで自分で出来を見た時の感動、
ふと、そんなことを思い出します。懐かしさ120%。忘れたくない気持ちですね。

サイト内関連記事

ヤフー登録のコツ
申請前のポイント整理です。ごく基本的なことが書いてあります。
意外と基本が出来ないというのもお約束で、応用ばかりを求める傾向がある事実。
何年も経ったベテランが読み直すと良いかもしれません。

まゆりんさんの評価シート
ニュース機能を持たせよう…という裏話をしています。
アクセスだけなら大きく得れますが、労力が大変な事、継続性が見込まれない事、難しいです。
Yahoo!登録されれば、世間一般にはそのジャンルの上級サイトとしての認知になります。
評価シートに触れていますので併せてお読みください。



戻る   表紙   次へ(輸出入の仕方)超簡単解説版