綺麗なサイトは山ほどあります。う、羨ましい!!!
私は表紙デザインがヘボいと言われつづけていますが、
もしも綺麗な表紙に出来ていたら、かなり取りこぼした読者さんを得ていた事でしょう。

曲線を多用した表紙デザイン、綺麗な素材を作って、
コンテンツの量に合わせてリンクを張りなおし、まとめて整理整頓。
ああ、夢のようです。言うは易しですが、やるのはなかなか難しいもの。

ここで、ある事にハタと気付きました。

1日3,000〜4,000アクセスを越えるとアンチと大ファンが出来るのを感じれます。
そこには何かの壁があるみたいな。不思議です。

表紙も”ある程度”を超えればアクセスに殆ど影響しない感じです。
どんなに変えても日々の誤差ってところ。不思議です。何故なのでしょうね。

見えない力がネット内にはあるのかもしれません。
ということで、その”ある程度”だけを押さえれば良いのではないか?とアドバイス。

▲ネット内の見えない力=私の妄想

サイトの表紙”ウリ”の表現で勝負!

あなたのウリ部分を突き詰めてみましょう。

まずは、基本の表紙デザインをご紹介します。
初期の頃に王道となった表紙の基本パターン。(橋本さんのパターンです)

  +---------------------------------------+
| Zone 1 | Zone1 屋号・タイトル画像
+--------+---------------------+--------+
| | | | Zone2 商品ディレクトリLink
| | | | Webナビゲーション
| Zone 2 | | Zone4 |
| | Zone 3 | | Zone3 セール・特集商品
| | | |
| | | | Zone4 関連ニュース
| | | |
+--------+---------------------+--------+ Zone5 コピーライト表示
| Zone 5 |
+---------------------------------------+

簡単(シンプル)なものほど強い。

細かい技術をマスターするのはゆっくり1年かけてやりましょう。
それよりもキャッチフレーズとか表現するものがもっとも大切です。

ネットサーファーの1サイト訪問時間は、平均56秒ということは
何回も伝えています。しかし”平均”というところに着目してみますと
当然ながら一つのサイトに15分いた場合、他の何十ものサイトは数秒ないし
十数秒で移動していると判断できます。
(このデータはアメリカの大学でのデータ発表から取っています。)

あなたも、数秒でトップを閉じて他のところへ行くことは、よくあると思います。
やはり、トップページは重要ですね。2回目のクリックを押してもらうためにも
分かりやすいトップにしなければいけません。

ネットショップでよく言われるのは1〜2クリックで商品ページが出ること。

しかし、私が作ったサイトでは、メイン販売商品の解説ページまでは
なんと3クリックです。改善前は4クリック!通常は売れない筆頭と言われるでしょうが、
それで売れていたんですから「良し」でした。どうして、巷の話と現実が違ったのでしょうか?

コンテンツが増えればデザインはヘボくなっても良い(かもしれない)

よく巷で言われる記事では、トップにイメージのみのページを置かないように、とか、
2クリック以内で商品のページにたどり着けることとか書いてあります。
あれって、そんなに気にしない方が好いと思いますよ。

何故かといいますと、商品の歴史や良いところ、悪いところ、ユーザーの感想、
などのコンテンツをぎっしり詰めた分量の多いサイトでは、
表紙から直ぐにリンクを張ると、表紙がゴチャゴチャになります。

テキストだけの相談所でも今の状態ですから、よほどデザインを考えなくては
少しのクリックで…とはいきません。

王道の表紙・デザインは既にみんながやってます。

実は、私のサイトの評価をちゃんと下したビジネスコンサルタントも
ネットビジネスショップオーナーも殆どいませんでした。
懐中時計サイトだから売れている…という安直な結論がいつもでした。
辛い時代でした(まぁ、今でもですが)

結局、王道のサイトデザインで綺麗に見せるのは最初だけで良いということ。
巷のネットショップの表紙をご覧下さい。ITコンサルタントとかサイト作成ウンチクを
なぞったタイプばかりです。まぁ、ウチもアクセス向上カテゴリーですけど。

運営も長くなり、常連さんも出来たら思いきって他には無いデザインを工夫してみましょう。
ウンチクなどを読ませるコンテンツが商品よりよく見えるデザインとか。

ウンチクを多用してみようか。

ウンチクのような、商品が直接売れないページですと、サイトの奥に仕舞われ勝ちです。
しかし、目立つところに置けばそのページだけをブックマークしてくれたり
奇特にもリンク紹介してくれるサイトさんがいらっしゃったり、
つまり、その部分だけページランクが高くなると予想できます。

そう、検索語の結果で上のほうでそのページが引っかかるようになるかもしれません。
すると表紙にも来てくれる方が増えるでしょう。
絶対的な効果では有りませんが、やらないよりもやった方が良いかなと思います。

直接このページに来た人は特に例で出しているサイト、特にカウンターが付いているほうを見て
このページの作者は誰?とか、少しは他のところを見てみようとか思いませんか?

たったひとり…、そのたった一人の読者を増やしたい、見てもらいたい…というのが
結果、大きな差になっていくと思います。

▲じゃぁ、読者が多くなり過ぎて対応できなくなったらどうするんですか?という方は、
そうなった時に考えてくれ給え。

ウソウソ。バナー広告やアフィリエイトでバンバン行って下さい。

用意するのは以下の4点です。

@ウリ・キャッチフレーズの部分。

扱われている商品はあなたの得意分野ですよね?
それなら、ここだけは誰にも負けないぞという販売文句を作ってください。

今、この場でもう一度考え直してみましょう。これだけは自信のある
ウリの部分はあなたの商品ではなんでしょうか?

Aタイトル・ロゴ

Bコンテンツ一覧

C所属団体などの法律記載部分


(重要!)

@が平均ですと、ネットでは埋もれますので、ウリが出るように
設定しなおす必要があります。
それが出来なければまずは撤退が一番の戦術でしょう。

では、このショップ相談所をモデルに思いっきり作ってみます。

主旨だけを強く現した典型的バージョン(下記解説用)

2000年12月31日時点:実際の表紙の保存版A:懐かしい
     ↓
    1年後
     ↓
2001年12月8日時点:実際の表紙の保存版B:現在より良いかもしれない…

かなりコンテンツが増えた為、デザインがゴチャゴチャ系になっていますね。
更新を重ね、サイトの分量が多くなったらこんなものでしょう。

解説

@最上部には、ウリである無料コンサルティング・ノウハウ・解り易い解説と入れました。

バージョン1

・ここはネットショップ向けの無料経営コンサルティングのサイトです。
・経営の突っ込んだ具体的なノウハウまで紹介しています。
・難しい単語でなく、解り易いテキストを心がけています。
実績のある作者が直にご相談に乗ります。

赤色は記事のため強調しているだけですから同じ様にするとイタくなります。

(ご注意)

他のサイトとの比較のキャッチフレーズだけはタブーです。

例:他所はこんなレベルなのにウチはこのレベルだからスゴイ
例2:他所はここまで語られていないのにウチは示している

トップでは避けることはお約束です。

もちろん、本文に入れば比較として書いても大丈夫ですが、ご注意下さい。
心象が悪くなるときが多いのです。ついでにライバルに見られたら
攻撃(掲示板などへ誹謗中傷)される事もあります。

バージョン2


60%以上の赤字EC(エレクトロニック・コマース)が当てはまる厳しい現実
サイトの構築や使い勝手に注目するのも良いですが、もっと大切なことを忘れていませんか?
#ネットショップで限定すれば75%以上が赤字と推定されています。

ネットショップのあるべき姿を追求し
謎のカラクリと実践を教える無料経営コンサルティング!


謎のカラクリと実践=ノウハウのことです。

解り易そうなテキストと実績のありそうな作者をイメージさせる書き方…になっているかな?

AとBを配置すれば出来上がり。

バックは白が基本です。黒はデザインが分からず初期は避ける事!

バックの色は基本的にはなんでもOKです。
しかし、黒だけはデザインが悪くても気がつかない場合が多く、
初心者は避けたほうがデザインの上達のためには良いです。

黒色のバックを取り外すと結構ひどいデザインの場合が多いです。
@私個人は黒色バックは好きです。

文字は通常よりもワンランク小さい文字が現在の流行です。
これが基本の形です。
後は装飾を施せば良いだけですので重要度は低くなります。

この@ABがメインということを時々思い出して更新するのが長くクオリティーを
保つ秘訣でしょう。大きくデザインが変わっても、この3つを押さえておけば良いです。
健闘を祈ります。

英語表記はやめよう

サイトでは、格好良く見えるため英語表記を採用しているサイトさんが
多くいらっしゃいます。しかし、どうでしょう?

ちなみに私は、20代のころ延べ60カ国、純粋26カ国を医療関係で出張してます。
しかし、サイト中には、ほとんど英語表記は無いです。それですぞ!!
日本語の表記ですら、長文なら読むのに疲れますし、電話料金も電気代もかかります。

英語なら更に…というところでしょう。読まれなくしている原因の筆頭と思います。
止めたほうが念のために無難ということです。


いや、実は別サイトの記事中でやった事があるんですけどね(笑)

やってみてから読者さんに聞いたら普段良く読む方でも読んでいなかったです。
「面倒なのは読まないよ」というのが達した結論でした。
ネットはテキストではなくビジュアルなもの…なのかな。

フレームページの注意するところ

個人サイトなどではなく商用サイトならではの注意点を書こうと思います。

フレームページは私も作ったことがありますが、なかなか使い勝手がいいです。
読者向けとしては一番良いものとも思います。

案内をする部分と表示する部分が別けられますので、
ページの分量が多くなってくると、作る側もまことにラクチンです。

しかしある一点を忘れてしまうと、せっかくの読者さんを逃がしてしまうことも多いのです。
個人サイトならまだしも、商用サイトならもったいないところです。

ある点とは、表紙へ戻るリンクを各ページに必ずつける…ということです。

それはアクセス解析を付けていて判ったのですが、訪問者数が
カウンターと解析でかなり違う数字を出していたからなのです。

「何故なのかなぁ?」と他の運営者さんからも質問を受けたこともありました。
数が違えば、せっかくのデータも信頼性を失います。

この事に気づく場合は、サイト内で全ページが対象の純粋訪問者をカウントする
ニフティーサイトの運営者さんがアクセス解析を付けた場合によくあり、
私もそれで気づきました。

もったいぶらずに話してしまえば、検索エンジンから言葉(単語)で訪問された方が
フレームページのある部分へ直接訪問すると、カウンターは純粋訪問を+1にしますが、
トップだけにある解析はカウントしません。これが大きな差になります。

でも、直接内部に飛んできた方がトップへ行ければ+1カウントで一致するじゃないかと
思われることでしょう。

フレームページでは、ナビゲートの部分に各ページへの案内がありますが、
表示されるページには何トップへ戻るリンクが省かれているのが普通のパターンです。

楽にページが出来るからこそフレームを使うのですから。

表示されているページに「トップに戻る」などがないと戻れません。
上級者はアドレスを一部消してトップへ行ったりしますが、行かない人が多いのが
現実なのだと思います。

それならフレーム式で作るのは止めてしまった方が安心という事です。
ダラ〜ンと長い1枚の表紙でも、フレームを使った表紙よりか好いではないですか。

ただし、キッチリ作られる方なら問題はありません。
スッキリした表紙を実現できるフレーム使用サイトの方が見栄えも良いですからネ。

表紙まとめ

どこが一番大切なのか皆さんはすでにご存知の通り一番上に来るところですね!
皆さんのサイトでは上手く表現されていますでしょうか?

大切なのは如何に考えたか…ではなく表現するか、ですので
普通にはない、特殊な商品・値段・サービスなどを扱っていることを
思いっきり大アピールしてみましょう。

又、焦点のボケたキャッチフレーズを書いているよりは、思い切って書いた方が
ましだと思います。

あなたの商品での、ここだけは負けないぞ!という部分は何でしょうか。
もう一度これを読まれた機会に思いを馳せて見ませんか?

サイトでよく見かける注意書きについて

サイトに注意書きを書く場合、いろいろと難しい面があります。
大きなサイトになると摩擦が起きたりしますので逆に慎重にしなければなりません。

・IE〜で見れますとか、ネスケ〜で動作確認していますなどの
注意書きはそんなに重要ではありません。見れなければそれまで。
わざわざバージョンアップやダウンロードして見てくれるぐらいのサイトはまずありません。

・著作権を放棄していません〜という注意書きもたまに見かけますが、パクられる対象は
出版社サイトや作家サイト、超巨大サイト、超人気サイト、デザイン優秀サイト…
それ以外ないと思います。

そして、貴方自身が気付かずに著作権を侵している場合、矛盾してしまいますよね?

方針の考え方と見つけ方

会社の方針、あなたの方針をじっくり考えてみましょう。
実社会で信頼される人では「あの人に聞けば大丈夫」とかありますネ。

ネットですと「あそこを見れば大丈夫」ってあるでしょうか?まずないです。
「実社会のあの人に聞けば大丈夫」と「ネット上であそこを見れば大丈夫」とは
相当なレベルの違いがあると思います。

ゆえに、ネット上では「なんでもOK」より「一ジャンルで詳しく」が基本になっています。

@値段ではなく質を取って販売していくのか

A質より値段をとっていくのか

B品物によって方針の扱いを変えるのか

実社会でも、もちろんこういう方針はしっかりしないといけません。

例え大企業でも、こんな簡単なことが決められなかったりしてませんか?
役員が多くなったりして、権限の細分化で、まとまるのもまとまらずに
徐々に落ちていく…(手形は落ちなくなっていく…汗)。

なんらかの消費者トラブルが起きて謝罪するのも役員会に諮ってからとか。
理想的には消費者は神様といいながら、会議に諮っているひまよりも
急いでトラブルを全力でフォローするのが大切なのに、出来ないのが現実。
分かっていても出来ない…難しいですね。(管理職・役員職のころの経験より)

方針をもう一度明確にしてみましょう。

私は結果として懐中時計の詳しいサイトになっていますが、
最初から狙ったわけではなく、初期はごちゃ混ぜでした。

今でも残っていますが、掛け時計(ボンボン時計)あり、安い腕時計ありです。
自分を棚に上げてしまった今回の記事ですが、結果として1ジャンルに
詳しくなったほうがいいのは現実です。

でも意識して出来ない…そういう時には

アクセス解析を全ページで視聴率調査をしてみる

一番注目度の高い分野を詳しくしていくというやり方です。
取扱商品でなくて、ふとコラムで書いたことが注目を浴びていたり
意外な事が判るかもしれませんネ。

更新して色々と試すことを積極的にやってください。
ひとつの手段として提案してみました。

ゆっくりと自分の表紙デザインを作っていきましょう。
凄いデザインに目覚めるかもしれませんよ。

私は無理だったみたいですが(笑)


以上を理解してから作者のサブサイトを見てみると・・・

⇒機械式時計研究会
あんまり参考になりませんが(汗)。

⇒謎の巨大生物UMA
デザイン的に誉められる事皆無!!!しかし、約4ヶ月で100万アクセスです。

これのアクセスを超えるサイトは少ないです。
(広告宣伝費を掛けていない↑趣味サイトで)この辺で助かってる、わたし。
サブサイト達が閑古ったら、説得力も何もなくなります…

⇒ジョン・アングラー・ランドJAL(最も新しいサブサイト)
上はこれから。とりあえずYahoo!の良いカテゴリーに審査登録できました。

表紙いじってます。

表紙が落ち着かなくなってしまいましたが、根本的な理由は広告が多くなったこと。
どう整理整頓するか、これが問題です。

尤も、訪問者さんから「見づらい」と言われればそれまで。

過去、広告が無かった時代が(とある事情で)3年間ほどありますが、
その頃と何が変わったか?中身は変わっていません。

表紙は項目が多いため、デザインが下手等、
色々とご意見を頂戴したことがありました。

工夫しても作者にセンスが無いせいか、ページ数が多いからか、
中々イイカンジにならないのが玉にキズ。

そんな状態の表紙に広告が加ってますので、非常に頭を悩ましています。
増やそうか、減らそうか。そして、工夫した結果、その効果は…。

訪問者さんの立場では関係ない事が多い広告も、
作者にとっては結構重要なものでして、
どう迷惑がられず、美しく、バランス良く出すか?を日夜研究しているのであ〜ります。

ソフトバンク、楽天、ライブドアはじめ有名所も、
ネット初期は主に広告で発展してきましたからねー。

しか〜し、今回、時間が出来た時に表紙をいじって工夫していますが、
作業すればする程、酷くなっているような気がする…(汗

うーん、美術は得意だったのですけどね。

(本当に)

サイト内の関連記事

作成・運営の簡単まとめ(=ワンポイント集その1)
上のページ以降を何回も読むと見逃していた発見があるかもネ。

おすすめ相互リンク・サイト一覧

1時間で作るホームページ
HPは簡単にスタート出来るのが本来なのに、難しいアレコレを言われすぎるのが
最近のネット界隈。初心に戻って見なおせば、新たな発見が。
久しぶりにヤフー登録されたサイト作成ジャンル。

訪問者に優しいWebサイト作り
訪問者に優しい!を徹底した研究を進められている運営者さんの熱意が伝わってきます。
ユーザビリティの自動チェックもあります。

Decoration HTML Room
HTML、DHTMLとスタイルシートなどの情報支援。少し上達したらどうぞ。
時事ネタ放談など、他のジャンルの記事もあります。



戻る     表紙    次へ