作者、吠えてます(笑)

評価サイトの功罪

’99年や’2000年に書いた当時は、サイト評価機関の全盛でした。
日経までもが「ベストショップ」と銘打って、ショップを紹介していました。
良いショップと悪いショップがサイトを見るだけで区別できるのでしょうか。

楽天で有名だった旅行関係(観光)は、自転車操業で株式会社。
お金を集めてトンズラかましたそうです。サイトだけじゃ、分りませんですぜ。


評価の悪影響
評価サイト(特に企業)の担当さんには是非とも読んでいただきたいです。

実は、日経BPのI氏と当記事について話したりしていました。←後日追記

<前置き>

この日本でメジャーなネットショップ評価機関というと金融系、証券系シンクタンクや
日経、公的機関ではEC協議会系などがすぐに思い浮かびます。

その中で身近で一番と思うのは日経ネットビジネスではないでしょうか。
姉妹サイトの日経BPベストショップというサイトはショッピングモールです。
実績のあるネットショップ以外は評価されませんし、一ヶ月に一度の評価更新も
あって買い手側に立った、消費者側に立った評価が信用度を高めています。

現在はサイト活動を終了されました。
(だから言ったのに…)←マジメ

数百もの申請があってそれを吟味して評価する作業は大変だと思います。
この相談所の評価スピードを考えるとスゴイ作業過程が想像できますから
いつも陰ながらありがとうございます〜と思っています。これについては本音です。

今後、有料化になるようです。
(くどいですが、活動を終了されました)

さて、ネットビジネスのグランプリ受賞サイトなどを毎年じっくり見ていますが
最近自分のネットに対する感覚、理解が間違っているのかなと感じています。

というのは、どうしてもグランプリや部門賞を獲っている所と普通のネットショップの
差が判らないのです。この相談所を立ち上げた2000年前半より、
対岸の火事というわけにもいかず評価の仕方などは吸収するように勤めようと思いました。

それにしてもやはり判りません…。明確な差がないです。

審査基準はネットとしての特異性を有効活用していて良いビジネスモデルとなりうるとあります。
発展性があるという項目もありますネ。


2001年受賞のグランプリは綺麗なデザインでパソコンの安売り店さんです。
買取もしてくれるようです。

★少々問題がありそうですので、リンクとショップ名を外しました。
分かり難い記事になってしまいましたので、申し訳ありません。

チェーン店はすごくありますね(約40)。秋葉原が中心です。電話をすれば
近くの営業店舗から従業員さんが買取にも来てくれる様です。販売製品の解説も書かれていますね。
おっと、ネットでは販売できないものの紹介もあって総合的に取り扱いアイテムはすごい量です。
大企業ですね〜。

宣伝が上手く行っているサイト=広告媒体としての利用度がいいという形ですが、
これは大企業ならではの事で、資金のない店には真似できません。

あれれ?他のパソコンネットショップとのネットとしての差である特異性は?
宣伝広告媒体だけでしょうか?発展性は?理解出来ませんでした。

どうやら、100億を売上目標にしているということが大きいようです。

目標…これはイケマセン。出来なくても良いものを評価に加えてはいけないです。

<売上とは>

数年前、当時初心者の私が身内のホンダの新車会社(チェーン店アリ)を使って
下取りのディーラーオークション価格でネットに乗せ、サイト開始10日ちょっとで
2000万円をやりました。有名な商品なら価格を下げればかなり売り上げれます。

知名度のある商品数(高級車)、価格(ディーラーオークション価格)、
労力…(会社の人たち)があれば、売上は出るのはネットで工夫したわけではなく、
出来て当然と思います。


部門賞のひとつは、色々と有用な企画がてんこ盛りのウエディング製品のショッピングモール。
ウエディング系、結婚式関係の総合プロデュースを推し進めている企画の良さ・・・との評価。

”有用な企画”って企画というのは未定だから実際にやっていないと評価してはいけないです。
(予定、目標と一緒ですね)

しかし、評価コメントを読むと対象になるみたいです。
とすると、たとえ不可能な企画であってもド〜ンとぶち上げた方が良いようです。


<雑感>

私は、いつも期待しています。誰でもがおお〜ってすぐに思えるすごいネットショップモデルを。

私としてはグランプリを獲ったりするサイトは故マス大山が行ったような牛との格闘とか
人類として「こ、こいつはスゴイぜ」という偉業がビジネスに入っていないといけないと思っていました。

もしも私が評価委員ならば表彰するのは下のネットショップさんです。

評価で給料や報酬をもらっているのなら出来るだけこういうところを探してやって頂きたいものです。
(探したり、調査したりという大変さを承知の上で書いています。)

ウォッチ・コミュニケーションズ(残念ながら閉鎖されました。)

20代中ごろに交通事故に遭われ、マヒを起こされながら頑張る
時計コレクターの店主(ウエブマスター)の安藤さん。

サイトを作る苦労、メールを打つ苦労は想像してみてください。

私は前面的に応援しています。

交通事故後、病状と戦いながら勉学にも励み横浜の大学で修士学位も習得している
大変な努力家です。

#現在も麻痺は完治していません。

こういう方にこそ応援をしなければいけないと思います。

ネットショップの有効性はこういう場合に効力を発揮します。
評価サイト機関へ言いたいのはメールも満足に書かない
デザインだけの普通のサイトを表彰している暇があったら
こういうサイトを探して表彰しなさいって>マスコミ各社!

彼が時計を好きになった理由の一つに残りの人生とともに
時を刻んでくれる高級時計を探された事。
それがきっかけでショップを開かれるほどになりました。マージャン好き。株も好き…

<私の勧める理由>

・ネットの有効性大(運営者にとって)
・やり取りした人に「努力は大切」と甘っちょろい生き方への啓発力大
・発展性大「パラリンピックに匹敵する」

彼は車椅子です。腕にも力が入らずタバコにライターで火をつけられません。
彼がショップを持てたのはひとえにネットのおかげです。ネットがなかったら…

メジャーになって欲しいです。


<評価の基準を変えるべきでは>

広告媒体としてサイトを捕らえているからいけないんじゃないか?

マスコミ業界がネットでは撤退間際のダメッぷり進行中だった2000年、
そして21世紀は瀕死状態と感じている今日この頃。
さて、日経BP単独の話から日本の評価機関についての話に移ります。

巷にはびこるネット関係の編集長とかデレクターが評価・賞を
送っているサイトを探して見てください。なんと!
わりと大きな会社でサイトの運営は外注さんというパターンも含まれています。

敢えて例を出しませんが、外注が下請けだからでも株を51%以上持っている
子会社でも関係なしです。外注に出しているサイトを評価して
賞を送ったりしてはいかんでしょう。

その会社や個人が自分の力で出来ないから外注に運営などを
頼むのであってそれを評価してしまったら外注さんを評価しているのです。

外注さんというカテゴリーでジャンルを分けて欲しいものです。

日本のネットを遅れているものにしている元凶のひとつは
正直にここにあると思っています。現実に良い評価がされているサイトやショップを
ネットをやり始める方々は見るる事が多いわけですから、外注産業だけが伸びるのです。

▲しかし、初期だけはネットを広げる為、これで良いと思いましたが。

それにしても私は実際に記事を起こすときは自分で買い物をしたり問い合わせたりした
経験から書いたりするのですが、あるメジャーランキングの上位ランクのショップさんや
有名モールののショップさんで雑誌にビシバシ載っているような所はまったくもって
失礼なところが多いです(キッパリ!)。

注文しようとする前に商品の質問をしたりするのですが
メール量がお客さんである私よりも少ないし、返事をせかさないと来なかったり。

都合の悪そうなことや売買ではなく商品にまつわる事を質問すると2週間も返事を
待たされたり。まだですか?とメールを送ると
会議に図ってました等というのが常套文句。

あのね〜!

忘れていたスミマセン&売買以外のメールは無視でしたと素直に言ってくれ…

注文をしようと予算を組んでいたのに前フリのやり取りで注文を取りやめたところが
正直多いです。所詮買い物篭で勝手に買ってチョというやり方ですからメールが
苦手なのかもしれません。

(逆に商品によっては店員とのやり取りが嫌だという買い物客もいますので
絶対じゃないですけど…。アダルト商品とか。)

お客である私が「すみません」とか「たびたびメールを出して恐縮です」とか
言わざるを得ないとは何様が運営しているかと思ってしまいますネ。

どうしてこんなショップが多いのか?

こんなメールのやり取りなども評価に入れてほしいものです。ショップサイトのデザインは
いいですけど、私の評価は低いです。メールのやり取りが評価側もされる側も出来ないのなら
ネットショップとして素晴らしいという形での評価はしてはいけません。

サイトの構築がいいという程度。

私が50万円以上の予算で購入前提で問い合わせたのにこのショップさん達は
前振りのやり取りでこの売上を捨ててしまった訳です。残念でした!
次回はしっかりしてネ。(ウソ、次回はありません)

当時の予算50万円以上は丁寧なメールをやり取りできたショップさんで使いました。

▲性格が悪い典型的な客


ネット法人会(事業主会)

これを読まれている読者さんで市町村の法人会に出たことのある方は
手を上げてください。

私は医療機関の事務長(経営者)として出たことがありますが、
まったくもって面白い会ですよね。会費は結構出さなければいけないのに
内容は立食パーティー。本当のノウハウ提供なし。

たまにする講演会は「ハロー効果」の為の偉いさんが来てありがたいお話を。
ま、名刺交換会ですね。

ネットの多くのこういう会も同じようなものと思うのが最近(1998〜2000年)の感想です。

ビジネスチャンスを広げるという合言葉ですが、実際に享受しているのは
一部の人だけでしょう。

デザインや技術のことが立派に話し合われているでしょうが、
本当のところは話し合わないといいますか成功者は話しません。

当然です。
沢山のお金を払ってでも教えを請うものですので会費程度で
話すわけにはいかないからでしょう。

デザインや技術を木目細かく指摘し、売上などが上がらない方々には
「運営者の姿勢が悪い」とか、「個性が出ていない」とかの
謎の抽象的アドバイスを送っていればいいだけですから簡単です。

成功しそうなオーナーをあらかじめ集めておいて実績を作っておけば
後は自動的に申し込みが来ますな…。

まぁ、そんなものが現実と思います。

この相談所はノウハウといいますか本音が詰まっていますが、
相談したりノウハウを提供したりしてお金をいただかなくても
充分ネットショップでやっていけているからです。

私の所属するところでは売上に直結するようなノウハウの提供は無かったわ〜という
方はこのサイトの常連になりましょう。

(↑結局こう持っていきたかったらしい)


●私も数々の受賞を頂いています。

こんな記事を書いているのに、賞を下さった審査委員の方々には頭が上がりません。