今回も、何を言っているのか分からない人続出…。すみません。
守秘義務があるため、メールで質問を下さった方々以外は意味不明の可能性大です。


アフィリエイトはサイトをジックリ作りこんでから

UMAサイト(傘下サイト)の移転により、広告が付けれるようになりました。
それをキッカケに、当サイトにも広告を復活アップ。

やったことが無いのに言及するのはよくない…というサイト姿勢から、
ひとまずサブサイトでやり始めてみますが、初めて聞いた時は、
アメリカから日本に入る間際でした。(2003年暮れ前ごろ)

それからずいぶん経ったなぁ〜。半年以上無視してきたのだろう。

手軽に儲ける⇒そちらに全力⇒サイト作成・運営が疎かになる

という考えがあったものですから、まぁ、今なら始めるのも良いタイミングでしょう。
更新をせず放っておいても大きなアクセスを得れるようにしてから、
広告などを始めるべき…と考えていました。

人によって考えは違うと思いますが、結果の差が、このあたりで出る…。(なんて)


質問

「アドセンス狩り」が流行っているそうなのですが?

えー、私もチェックはしておりました(2ちゃんねる始め…USAのフォーラムと)。
注意点はID抹消された方は月間60万円だったそうですが、
みなさんの数字から、そのサイトの規模を想像下さい。どれぐらいの規模のサイトでしょうね。

アダルトじゃないですよ。まともなジャンルで、それだけあるサイトは日本にどれぐらい?
私も当然知っているサイトでしょう。相互リンク先の方かもしれませんね。

つまり、常識的に考えれば「規約違反を酷くやっていた」ので抹消され、
バツが悪いので、他のせい(システムのせい、狩のせい)にしたと考えるのが妥当。

それを受けて、2ちゃんねるで次々と広がりました。

もっとも、初期の頃は基準に曖昧部分もあったと思われるので、
日本に入る前、USAで問題視されただけで、現在は殆ど問題になっていないと思う。

システムがシッカリしてきたからこそ、私も取り入れを決心できた…という経緯もあります。
知ってからずいぶん某氏と検討を重ねてきたものです。

▲ちなみに私の知人の中にgoogleの研究開発の博士(大学教員)がいます。
残念ながら話を聞いても専門が違い過ぎてチンプンカンプン。申し訳ありません。

電気屋やネットカフェで自己クリックしたって、統計的にそういうところでクリックされる
可能性は”一般に低い”わけだし、そういうのはカウントしないスルーコマンドにすれば良いだけ。

グループを作って、巡回するというのも、同じIP(普通に言うものより詳しいやつ)が
順繰り順繰り”普通のファン”のレベルよりも遥かに多ければ調査が入るのは当たり前。

▲普通のファンでも、当然バナー広告辺りの知識があるわけで、
読んで為になったら押す、これは普通にあります。
それらは行き過ぎでなければ容認の盛り込みはされているはずです。

ちなみに、同じような嫌がらせは、A8ネットやバリューコマースなどにもあるそうです。
別に特殊でもなんでも無いです。セキュリティの弱い所には有効かもネ。

まぁ、ちゃんとしたサイトなら「いやがらせ」に対しては堂々としていれば良いです。
誹謗中傷、侮辱はじめ、何でも太刀打ちできるのがシッカリ作りこまれたサイト。
私怨で嫌がらせがあっても、アクセスが増える程度に感じれば楽勝。

ジーザス・クライスト!!!〜グーグルよりクリスマスプレゼント届く〜

界隈で少し噂になっていて「ネタ炸裂」と誉れの高かったグーグルのラジオ。
DHLで届いておりましたので証拠としてアップしておきます。
これはグーグル社よりプレゼントです。マジです。太っ腹。

株式公開の記念だったのか、いやはや、こうやって貰った皆が記事に書くことで、
宣伝効果も計り知れませんよねぇ。凄い(ビジネスセンスだ)なぁ……。

←日本の業者では考えられん…

アフィリエイト報告〜追記〜

「役に立ったサイトの広告ぐらいは踏んであげる様に」と、
多くのサイト作成者やサーファーがやっていたのは2000年ごろまで。
それ以降、内容無く広告バナーてんこ盛りのサイトが多くなってきたため、ゲンナリ。
特にエロサイトや非合法ジャンルで「バナーしか無いじゃん」が溢れかえりました。
今では広告は避けられるアイテムになっています。

でも、ネット人口が多くなってきた今日、役に立ったサイトだけへは、
その時一回だけでも管理人の努力を称えて…ぐらい、踏んであげても好いのじゃないか?
・・・と広げたくなる現状です。こういう初期の頃の考えは悪くは無いと思うんだけど。
(広告主にとっては迷惑でしょうが)良質なサイトはドンドン増えるはずだしね。

アフィリエイトについては言及するとトラブルの元になる場合もありますので、
表現に気をつけないといけないのがキビシイですが…

以前「怪しいサイトながら電脳卸が良い」という話を書いたと思うのですけど、
長期スパンでの結果で、バリュークリック(ライブドア)と楽天ブックス、
A8ネットを抜きました。はっきり言って意外でしたが、一応、ご報告まで。

ことアフィリエイトでは”紹介分”が注目され勝ちですが、物品からの収入の3%ぐらい
やはり”モノ”強というところでしょうか。紹介ばかりやっていると疲れますし。

私が初期の頃、人気も認知度も無い懐中時計を扱うに当たって、
普通のサイトさんのアクセスすら期待薄、工夫を重ねても中々上手く行かず、
途方に暮れていた日々が役に立っているのかも。

▲ロレックス、オメガ、カルティエ…などブランドで価値判断する”ブランド天国日本”の壁は
想像以上に大きいです。


まったく目立たせていなかった電脳卸を中心にしたアフィリエイトページ。
正直、調子が良いので、記念の表紙アップ中です(笑   ←この辺はスルーで

(カクタムクリック、b-クリックは下記解説ページで紹介しているだけで、同じ土俵に入れていません)


グーグルの方はジャンルの広告主がいないUMAサイトで変動しまくりですが、
あまり気にならない様になりました。検索結果でブログが上位に来ている昨今では、
あれこれ工夫してもサイト管理人側では如何ともしがたいと思っています。

それにしても、TV、ラジオ、雑誌に比べ広告主に支配されないメディアとして、
ネットはちゃんと発展して行きつつある状況に、ちょっと嬉しいかも。

ところで…

スパムメールが多いのは(各メールアドレスを登録する為)A8ネットでした。
メルアドが流出しているのかなぁ?

次々に流れて行くもの

「e-business解体新書をご存知ですか?」というメールを
嫌というほど貰っていました。
約4万円でEコマース・ノウハウを購入すれば、
1万円バックのアフィリエイトに参加できるとか。

アフィリエイトの世界で流行っているという話でしたが、
初期の頃、語句検索したら絶賛のブログばかりがヒット。
恐ろしいほどポジティブの記事。流石、4万円。

どんなサイトでも否定意見はあるものですが、
しかもブログばかりって、ターゲット層がハッキリしている。

先日、語句検索してみましたら、相変わらず絶賛状態でしたが、
ポツリポツリとネガティブな意見も混じるようになっていました。

こんなビジネスも実際にあるんだな…と感心すると共に、
「1件売れた!!!でも、それで終り?」(意訳)という妙な記事が…。

一瞬、私もやってみようかとか、こうやって記事を書いたのすら
見事に解体新書の作者さんの狙いにはまっているのかもね。

サイト内関連記事

独立開業など
アフィリエイト、副業サイトの確定申告関係に役立つ記事が有ります。
税務署から呼び出しを食らって、追徴課税が来たり…。

バナー広告関係
上で色々とノウハウを少し触れています。本来はここから。



表紙へ