サイトの最後をしめること〜うつろわざるもの〜

ネットショップでやって効果があるかどうか不明ですが、サイトの最後をしめること
というのはどうでしょうか。(ショップでなくてテキスト系趣味個人ページは特に重要ですが)

基本的に本や映画、テレビなどでもしめで失敗するとせっかくの好い物語も
ショボッッ!っと言われてしまいます。

大切でありますがなかなか出来ません。ゆえにエンターテイメント性がもっとも高く
重要なのだと感じています。

今回の記事にあたって、相談所ではどういう風にしめようかと考えましたがなかなかすぐには
思いつきませんでした。難しそうですが、ポイントは以下でしょうネ。

@読者さん、訪問者さんへの感謝の気持ちを表す。
A関連する内容(ジャンル)のもっともメジャーな話題、最新の話題を出して運営者としての考えを表す。


というところでしょうか。

面白いものの多くは、意外なパターンを狙っています。テキスト系の個人サイトで人気のところの
典型パターンは以下です。

ネック、ダークなものの正当化をサイトで展開⇒「終わり」で一般社会への出口をリンク

という形を取っています。例をあげたいところですが影響を考慮して避けておきますが、
皆さんで探してみてください。
(といいつつ、イメージが沸きそうにありませんので例をあげてしまいます。)

身体的なもののこと⇒恥ずかしくないと展開・いいではないか等⇒卒業:手術の出来る病院のリンク集

こんな感じがギリギリの表現でしょうか。(何か分かったかしら?男性諸君のお悩みのOウケイさん…
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
さて、ネットショップではダークなネタではありませんからしめって本当に難しそうですね。

今回は手を抜いた訳ではないのですが、ザ・懐中野郎の知識ページのしめの部分を
パクって来てご紹介しましょう。(手を抜いているじゃん…って思わないでネ!)

これ↓です。当時無意識に作ったものですが、理想的なしめになるよう今後は考え直すつもりです。

知識のページの終わりに〜
科学しよう!疑問を持とう!!



この文章と写真(と誤字脱字)のたっぷりの「ザ・懐中野郎」をお読みいただき
ありがとうございました。

貴重な時間に加えて、電話料金もたいそう浪費していただかないといけないのに
それでも読んでいただいて感謝の極みです。誤字脱字も多くあり申し訳ありませんでした。

さて、最後になりましたが、懐中時計を学ぶ上でのお話をしたいと思います。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
皆様も、ザ・懐中野郎を読まれてお気づきになられたかもしれませんが、
雑誌などの記事というのが結構いいかげんであったり、正しいかもしれませんが
不正確であったりということがポツポツあると言うことがお分かりいただけたかと
思います。

このことは時計に限ったことではありません。どちらかといいますと雑誌を作るのも
人がやっています。人であるがゆえに全てのマスコミにも言えることと思います。

ネットでもそうです。正確・不正確の情報が飛び交うネットではいかに正確な情報を
手に入れるかはそのままの記事を鵜呑みにしていたらだめと思います。
記事を鵜呑みにせず、疑問を常に持つということから始めて見ましょう。

科学するというのは「興味を持ち、疑問に思って自分で調査・研究する」
行為を指します。ロレックスがいいと言われますが、どこがいいのでしょうか?
確かに誰でも知っているブランドですが、デザインでしょうか。機械式時計を知らないのに
何十万円も払って購入するのでは科学的思考をその時点では放棄していることになります。
(もちろん、手に入れてから疑問を持ってという形の人が正直多いと思いますが、
上の件はいつまでたっても疑問を持たない人に対することが大きいですね。)

懐中時計に興味をもたれますと否応無しに科学的思考を強いられると感じます。
いかがでしょうか?これを読まれていらっしゃる貴方は科学的思考をされていますか?
疑問を常に持って物事を眺められていらっしゃいますか?

このザ・懐中時計の情報はじめ、ネット、雑誌などの情報に対して鵜呑みにせず、ご自身で
科学的思考をして色々な物を学んでいく…。これは、人生の生きる姿勢を変え、人生そのものを
変えていくのではないでしょうか?

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

ここで、わたしの科学的思考のいい例をご紹介しましょう。さくだいおうこと私は
雑誌に出たことがあり、雑誌にわたしの記事が載るとわれながら”立派”で
”凄い情報”に思えてしまいます。まったくごく普通の人間ですのに。

執筆者が言うのもなんですが、その記事を書いているのが私だからなぁって
(取材されたのが私だとか)思うといまいちな感じがします。

しかし、みなさんもちょっと科学的思考を繰り返していれば雑誌で活躍できる
のだと思います。そう!自分でも雑誌を作る立場としてイメージすればそんなに
記事を鵜呑みにするということはいけないと感じられるはず。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
わたしの科学的な行動部分で面白い例があります。(自慢も兼ねていますので、
読んでくださいネ!!)

遡上中のサケマス類はえさを採るかもしれないという実験をアマチュアの私がしました。

皆さん、鮭ってご存知ですよね?川の上流で生まれて3−4年海で育ち、また
川に戻って産卵してその生涯を終える魚です。この鮭は川に戻ってきたときは
産卵が目的ですので河川中では餌を採らないそうです。川での生活は期間も短い
です。

それでは、鮭の仲間、登ってきたときの河川の生活が長いものはいないでしょうか?
実はいまして、例えば山女(ヤマメ)、アマゴです。それぞれサクラマス、サツキマスという
名前で書物や新聞に載りますので、ご記憶のある人もいるかもしれませんね。。

この2種類は鮭と同じように海から上ってきて半年ほど河川で産卵するまで生活します。
(まぁ、鮭科ですし…)
しかし、書物(水産試験場の著作など)でこれらも餌は採らないとされてきました。
これは北海道で有名な鮭が餌を採らないということから安易に決定されたのではありません。

魚場で捕らえた遡上中のサクラマスやサツキマスに餌付けをしようとしても出来ず、
産卵時期の冬を迎えると死滅してしまう実験が色々な機関で繰り返され、
餌付けが成功しなかったこと、胃の消化酵素を調べたら消化酵素自体が働いていなかったこと
が主な理由でした。

ここで私の登場なのですが、釣り好きのさくだいおうは、どうして釣りで釣れるのか疑問でした。
餌はミミズです。でしょ?これもまた攻撃性が残っていて餌を攻撃する(食欲でなく)ときに針に
掛かるという説明もありました。

わたしは、それを信じていましたが、針を飲み込むサツキマスを釣ったり、家にもって帰ると
フンをしていたりで疑問を持ちました。フンをするって数日前に餌を採らないとしませんですね。
水産試験場や水族館でも餌付けが出来ず、年を越せなかったサクラマスやサツキマス…。
なぜっ?

それでは、わたしが挑戦してみようということでやってみますと、
なんと!!成功してしまいました。(でも、2年の試行錯誤が要りましたが)
上のリンク先の写真の物は昨年釣ったものですが、現在も生きています。
そう。河川でも食べていたんです。アマチュアが専門機関に勝ったんですね。公の書物の
事実記載を覆したのです。

そして、今までに10例以上を成功させています。

この件で読売新聞はじめ、渓流スペシャル(釣りサンデー別冊)などの書籍に取り上げられた
わけです。いわゆる、世界ではじめて養殖に成功したってやつです。この私がですよ!!
そして、その過程で致死経験で海に降りる体になったり、陸封型の体になったりすることも
発見しました。

しかも、もっと重要な付録がついてきてます。普通のヤマメ・アマゴは生後3年の産卵後には
90%以上が死滅します。海に降りたサクラマス・サツキマスは産卵後には100%死にます。
(鮭の産卵後の死骸はよく映像で流れますね!)

このことは、致死遺伝子が発動すると考えられているのですが、わたしは発動させず
何例も生かしています。

そうです。交通事故などでショック死のように致死遺伝子発動の関連する死亡を少しでも
時間が伸ばせれるヒントが隠れていると思うのです。
産卵後100%死亡するサケ類、それを
生き延びさせているヒントは…?

現在、生き延びさせることに成功した私は、その謎の物質を絞り込むために実験を繰り返しています。
(でも、資金難で実験は閉店状態でもありますが。所詮アマチュアですからね!
国もくだらないところに資金流入するより、わたしの実験に資金投入したほうがずっと人類のために
なるじゃない?と言わせていただきましょうか。まじめに…)

ということで、自慢をかねてご紹介しましたが、ほんのちょっとの科学的思考でヒーローや
ヒロインになれるものだと思います。

#わたしの成功した秘訣はちょっとノウハウがあり、それをしないと生存させられません。
ある微妙なことなんですが、それを怠った水産試験場、水族館は失敗に終わっていたのです。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー


追伸:上司の指示を「科学的思考」で考えながらやると、何らかのメリットがあるかもしれませんね!!


最後までお読み頂きありがとうございました。
またおいでくださいネ!

最初と最後のバカでかい赤文字は今見ますと恥ずかしいの限りです。
何を考えていたのかマスコミさんへの過激な攻撃が書かれていますが、当時の心境が反映されている
かもしれませんね。

この記事を書いた直後に恐ろしいことに大学の方から「わたしも科学したいと思います」と大変恐縮する
感想が届いたのを今でも思い出します。としますと、まずまず成功した例とも思えます。

一般的にしめをトチって、訪問者さんに生意気だとかと映ってしまいますと失敗です。
無難なところでは、ただ単に「ありがとうございました」ですね。=面白くない

PS:ここを読まれてこんな「しめ」を書きました!というお方はご連絡ください。紹介させていただきます。

今回の記事は一般的には大変細かいことかなと思います。しめをしっかりしても訪問者がいなければ
しょうがありませんから。しかし、この相談所ではこういう細かいところでも普遍的(うつろわざるもの)
法則を捜し求めるつもりです。

@私が使うおもしろ言葉
うつろうもの=良いことを言っているのにしょっちゅう言う内容が変わる人のこと(苦笑)。
有言実行タイプではない人に多いようです。=本来の意味は”変化するもの”です。


           ワイド・ツアーへ出る